2017年09月21日

スズメウリ(雀瓜)の花 by P7100

スズメウリ 170913_1

スズメウリの花を見つけました。一年草だからか毎年違う場所で見かけます。
この花の大きさは径7〜8mmくらいで、スプリングのような巻きひげを近くの植物に絡めながら伸びています。この近くに果実も出来ていました。(果実の画像はこの下に)

ウリ科 スズメウリ属

※画像はクリックで拡大します。

・モデル名:Nikon COOLPIX P7100
・撮影日時:2017/09/13 16:02:01
・画質モード:Jpeg Fine
・焦点距離:6mm
・絞り値:f/4.5
・シャッタースピード:1/100秒
・露出モード:プログラムオート
・露出補正:0
・測光モード:スポット測光
・ISO感度:100
・ホワイトバランス:晴天

スズメウリ 170913_2

スズメウリの果実です。まだ生育途中なので卵形ですが、熟すと丸くなり、色も灰白色になります。

mhc0408 at 18:47|PermalinkComments(0) 徒然 

2017年09月20日

アオスジアゲハ(青筋揚羽) by P7100

アオスジアゲハ 170912

山側の法面補強のコンクリートの壁の一部に水が染み出ている所があって、その辺りを行ったり来たりしている「アオスジアゲハ」がいたので、暫く様子を見ていると、コンクリートの壁に留まり水を飲み始めました。よく見ていると、水を飲みながらオシッコをしています。これは、吸水しながらミネラルやイオンを吸収して余分な水分を排出したり、体温調節の為の「ポンピング」という行為だそうです。

アゲハチョウ科 アオスジアゲハ属

※画像はクリックで拡大します。

・モデル名:Nikon COOLPIX P7100
・撮影日時:2017/09/12 16:45:40
・画質モード:Jpeg Fine
・焦点距離:42.6mm
・絞り値:f/5.6
・シャッタースピード:1/80秒
・露出モード:プログラムオート
・露出補正:-0.7
・測光モード:スポット測光
・ISO感度:200
・ホワイトバランス:晴天

mhc0408 at 17:35|PermalinkComments(0) 徒然 

2017年09月19日

ネコハギ(猫萩) by P7100

ネコハギ 170910

草本のハギ、「ネコハギ」が昨年と同じ所で咲いていました。小さく可愛い花で、茎や葉に猫のように細い毛が多いので、ネコハギと名前が付いたそうです。。茎は地面を這うように伸びています。花の長さは7mm程で中央に紅紫色の斑点があり、花そのものはメドハギや蒔絵萩によく似ていますが、蒔絵萩のように細いランナーはありません。

マメ科 ハギ属(草本)

※画像はクリックで拡大します。

・モデル名:Nikon COOLPIX P7100
・撮影日時:2017/09/10 14:45:44
・画質モード:Jpeg Fine
・焦点距離:6mm
・絞り値:f/2.8
・シャッタースピード:1/250秒
・露出モード:プログラムオート
・露出補正:-0.3
・測光モード:スポット測光
・ISO感度:200
・ホワイトバランス:晴天

mhc0408 at 17:53|PermalinkComments(0) 徒然 

2017年09月18日

キツネノマゴ(狐の孫) by P7100

キツネノマゴ 170910

淡い紫色の小さな小さな花の「キツネノマゴ」が咲いていました。花の大きさは、長さ4mm程。毎年こうして写真を撮っているから名前を知っているけど、一般的には知名度は低いと思う。

キツネノマゴ科 キツネノマゴ属

※画像はクリックで拡大します。

・モデル名:Nikon COOLPIX P7100
・撮影日時:2017/09/10 14:30:16
・画質モード:Jpeg Fine
・焦点距離:6mm
・絞り値:f/2.8
・シャッタースピード:1/80秒
・露出モード:プログラムオート
・露出補正:-0.3
・測光モード:スポット測光
・ISO感度:200
・ホワイトバランス:晴天

mhc0408 at 17:29|PermalinkComments(0) 徒然 

2017年09月17日

アオメアブ(青眼虻) by P7100

アオメアブ 170910

初めて見る昆虫に出会いました。「アオメアブ」と言うそうです。
体長は2.5cmくらいで、まるでサングラスを掛けた蝿の親分のようです。複眼が日光の反射具合で緑色や金色に見えたりします。トンボや蝶、蜂・蝿・アブなどの昆虫を獲物とする、凶暴な肉食昆虫だそうです。

ハエ目 ムシヒキアブ科

※画像はクリックで拡大します。

・モデル名:Nikon COOLPIX P7100
・撮影日時:2017/09/10 14:20:43
・画質モード:Jpeg Fine
・焦点距離:42.6mm
・絞り値:f/7.1
・シャッタースピード:1/100秒
・露出モード:プログラムオート
・露出補正:-0.3
・測光モード:スポット測光
・ISO感度:100
・ホワイトバランス:晴天

mhc0408 at 17:45|PermalinkComments(0) 徒然 

2017年09月16日

ツチイナゴ(土蝗、土稲子)の幼虫 by P7100

ツチイナゴ 170910

コセンダングサの上に居た、全長2cm程の小さな「ツチイナゴの幼虫」です。
背中の羽根がやっと生えてきた頃で、これから徐々に伸びて来ます。
目の下に、涙が流れたような筋があるのが特徴で、幼虫の頃は緑の葉と同化する黄緑色、成虫になると秋の枯れ草と同化する茶褐色と、見事に保護色として変化します。

バッタ目 イナゴ科 ツチイナゴ属

※画像はクリックで拡大します。

・モデル名:Nikon COOLPIX P7100
・撮影日時:2017/09/10 14:06:09
・画質モード:Jpeg Fine
・焦点距離:42.6mm
・絞り値:f/5.6
・シャッタースピード:1/100秒
・露出モード:プログラムオート
・露出補正:0
・測光モード:スポット測光
・ISO感度:100
・ホワイトバランス:晴天

ツチイナゴ 170908ツチイナゴ 170912

ツチイナゴ 170913

緑色や黄緑色、ピンク色など様々な色をしたのがいますが、成虫になるとどう変わるのか私には分かりません。

mhc0408 at 14:28|PermalinkComments(0) 徒然 

2017年09月15日

ショウリョウバッタ(精霊蝗虫) by P7100

ショウリョウバッタ 170909_1

ショウリョウバッタには、緑色型と他に褐色型がいますが、これは緑色型のメスです。メスの方が大きく、画像のもので7cm以上はあったと思います。日本では一番大きなバッタです。

別名:キチキチバッタ、コメツキバッタ、ハタオリバッタ

バッタ目 バッタ科

※画像はクリックで拡大します。

・モデル名:Nikon COOLPIX P7100
・撮影日時:2017/09/09 14:37:25
・画質モード:Jpeg Fine
・焦点距離:28.9mm
・絞り値:f/5
・シャッタースピード:1/100秒
・露出モード:プログラムオート
・露出補正:-0.3
・測光モード:スポット測光
・ISO感度:100
・ホワイトバランス:晴天

ショウリョウバッタ 170909_2

褐色型のオスです。これで体長4cmくらいです。
飛んだ時に「キチキチキチ」っと音を出すのは、オスだけだそうです。

mhc0408 at 17:20|PermalinkComments(0) 徒然 

2017年09月14日

ヒガンバナ(彼岸花)の芽 by P7100

ヒガンバナ 170913

これは昨日撮ったものですが、高さ10cmくらいの芽が顔を出していました。今日見たら、15cm程に伸びていました。例年なら花が咲き始めるのが9月15日頃ですが、この様子だと3〜4日はかかりそうです。「赤ずきんちゃん」ならぬ「緑ずきんちゃん」ですね。

別名:マンジュシャゲ(曼珠沙華)

ヒガンバナ科 ヒガンバナ属

※画像はクリックで拡大します。

・モデル名:Nikon COOLPIX P7100
・撮影日時:2017/09/13 16:33:09
・画質モード:Jpeg Fine
・焦点距離:6mm
・絞り値:f/2.8
・シャッタースピード:1/30秒
・露出モード:プログラムオート
・露出補正:-0.3
・測光モード:スポット測光
・ISO感度:100
・ホワイトバランス:晴天

mhc0408 at 18:35|PermalinkComments(0) 徒然 

2017年09月13日

キマダラセセリ(黄斑せせり) by P7100

キマダラセセリ 170909

ヨモギの葉の上で休憩中の「キマダラセセリ」。
アニメキャラのような黒い大きな瞳を持つ愛らしい蝶です。大きさは2〜2.5cmくらいで、見かけによらず結構俊敏な飛び方をします。

セセリチョウ科

※画像はクリックで拡大します。

・モデル名:Nikon COOLPIX P7100
・撮影日時:2017/09/09 13:44:15
・画質モード:Jpeg Fine
・焦点距離:42.6mm
・絞り値:f/7.1
・シャッタースピード:1/160秒
・露出モード:プログラムオート
・露出補正:-0.7
・測光モード:スポット測光
・ISO感度:100
・ホワイトバランス:晴天

mhc0408 at 17:54|PermalinkComments(0) 徒然 

2017年09月12日

キンミズヒキ(金水引) by P7100

キンミズヒキ 170908

一月前程に撮ったのとはまた別の所で咲いていました。ここは条件が良いのか草丈も80cm程あり、画像の穂の部分が20cmくらいありました。花は下から順番に咲いていくようです。花の径は1cmくらい。花後は、種子の周りに萼の部分が棘状に変化した「ひっつき虫」になります。
全草が薬用として、生薬名を龍牙草(りゅうげそう)という漢方薬として用いられるそうです。薬効・用い方は・・・コチラに詳しく載っています。

バラ科 キンミズヒキ属

※画像はクリックで拡大します。

・モデル名:Nikon COOLPIX P7100
・撮影日時:2017/09/08 15:23:30
・画質モード:Jpeg Fine
・焦点距離:6mm
・絞り値:f/5.6
・シャッタースピード:1/250秒
・露出モード:プログラムオート
・露出補正:-0.7
・測光モード:スポット測光
・ISO感度:100
・ホワイトバランス:晴天

mhc0408 at 18:07|PermalinkComments(0) 徒然 

2017年09月11日

オシロイバナ(白粉花) by P7100

オシロイバナ 170904

白い花びらのように見える部分は・・・、実は「萼(がく)」だそうです。
1本の雌しべと、5本のカラフルな雄しべが真っ直ぐに伸びています。萼が開いた直後は、雄しべ雌しべ共にゼンマイのようにクルクルッと丸まっています。今は夕方にならないと咲きませんが、もう少し涼しくなると昼間でも咲いています。
南米原産の帰化植物で、全草が有毒植物とされていますが、薬用植物としての効能もあり、コチラに詳しく載っています。

別名:ユウゲショウ(夕化粧)

オシロイバナ科 オシロイバナ属

※画像はクリックで拡大します。

・モデル名:Nikon COOLPIX P7100
・撮影日時:2017/09/04 17:13:21
・画質モード:Jpeg Fine
・焦点距離:6mm
・絞り値:f/6.3
・シャッタースピード:1/100秒
・露出モード:プログラムオート
・露出補正:0
・測光モード:スポット測光
・ISO感度:100
・ホワイトバランス:晴天

mhc0408 at 18:07|PermalinkComments(0) 徒然 

2017年09月10日

ベニシジミ(紅小灰蝶) by P7100

ベニシジミ 170904_1

フジバカマの葉の上で休憩中の「ベニシジミ」。
前翅のオレンジ色と後翅の赤が鮮やかで、遠くからでも良く分かります。後翅の尾状突起のような部分がこんなに出ているのは初めて見ました。

シジミチョウ科 ベニシジミ属

※画像はクリックで拡大します。

・モデル名:Nikon COOLPIX P7100
・撮影日時:2017/09/04 16:29:06
・画質モード:Jpeg Fine
・焦点距離:42.6mm
・絞り値:f/5.6
・シャッタースピード:1/60秒
・露出モード:プログラムオート
・露出補正:0
・測光モード:スポット測光
・ISO感度:100
・ホワイトバランス:晴天

ベニシジミ 170904_2

夏型は翅を広げると、春型に比べて鮮やかなオレンジ色の部分が、黒っぽく見えます。

mhc0408 at 17:47|PermalinkComments(0) 徒然 

2017年09月09日

ノブドウ(野葡萄)の花 by P7100

ノブドウ 170903

つる性落葉低木「ノブドウ」の花です。同じブドウ科のヤブガラシの花によく似ています。ヤブガラシの雄しべは4本ですが、このノブドウは5本ですね。葉の切れ込みが深い「キレハノブドウ」も葉の形が違うだけで、花も実もまったく同じものです。
薬用植物として、葉・茎・根などに様々な薬効があるようです。
薬効・用い方は・・・コチラに詳しく載っています。

ブドウ科 ノブドウ属

※画像はクリックで拡大します。

・モデル名:Nikon COOLPIX P7100
・撮影日時:2017/09/03 15:37:31
・画質モード:Jpeg Fine
・焦点距離:6mm
・絞り値:f/5.6
・シャッタースピード:1/500秒
・露出モード:プログラムオート
・露出補正:-0.3
・測光モード:スポット測光
・ISO感度:100
・ホワイトバランス:晴天

mhc0408 at 17:29|PermalinkComments(0) 徒然 

2017年09月08日

ヤマトシジミ(大和小灰蝶)♀ by P7100

ヤマトシジミ 170903

アレチハナガサの花で吸蜜中のメスの「ヤマトシジミ」。
頭から翅の先まで1.5cmほどの小さな蝶です。この頃たくさん見かけるようになりました。この辺りは、お彼岸が近くなると草刈りされるかも知れないところなので、それまでしっかりと蜜を吸っておくんだよ〜。

シジミチョウ科 ヒメシジミ族 ヤマトシジミ属

※画像はクリックで拡大します。

・モデル名:Nikon COOLPIX P7100
・撮影日時:2017/09/03 14:16:17
・画質モード:Jpeg Fine
・焦点距離:42.6mm
・絞り値:f/5.6
・シャッタースピード:1/200秒
・露出モード:プログラムオート
・露出補正:-0.3
・測光モード:スポット測光
・ISO感度:100
・ホワイトバランス:晴天

mhc0408 at 18:53|PermalinkComments(0) 徒然 

2017年09月07日

オオシオカラトンボ(大塩辛蜻蛉)♂ by P7100

オオシオカラトンボ 170903

近くに居たウスバキトンボに影響されたのか、体を垂直にして留まっていた「オオシオカラトンボの♂(雄)」。君はオオシオカラトンボだぞ!ウスバキトンボじゃないよ。

トンボ目 トンボ科

※画像はクリックで拡大します。

・モデル名:Nikon COOLPIX P7100
・撮影日時:2017/09/03 15:13:42
・画質モード:Jpeg Fine
・焦点距離:42.6mm
・絞り値:f/7.1
・シャッタースピード:1/200秒
・露出モード:プログラムオート
・露出補正:-0.3
・測光モード:スポット測光
・ISO感度:100
・ホワイトバランス:晴天

mhc0408 at 17:51|PermalinkComments(0) 徒然