2017年02月24日

オランダミミナグサ(阿蘭陀耳菜草) by P7100

オランダミミナグサ 170219

この「オランダミミナグサ」も、陽が当たらないと開かない花で、その開き具合でお天気が分かるほどです。でも、まだ寒い日が多いので晴れた日でもこれくらいの開き加減です。ヨーロッパ原産の帰化植物で、これから暖かくなってくるともっと開きます。

ナデシコ科 ミミナグサ属

※画像はクリックで拡大します。

・モデル名:Nikon COOLPIX P7100
・撮影日時:2017/02/19 14:30:40
・画質モード:Jpeg Fine
・焦点距離:6mm
・絞り値:f/6.3
・シャッタースピード:1/320秒
・露出モード:プログラムオート
・露出補正:0
・測光モード:スポット測光
・ISO感度:100
・ホワイトバランス:晴天

mhc0408 at 18:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 徒然 

2017年02月23日

オオイヌノフグリ(大犬の陰嚢) by P7100

オオイヌノフグリ 170218

良く晴れた暖かい日には群生しているところをよく見かけます。そのコバルトブルー一色の中で少し赤紫色の花がありました。朝開いて夕方には閉じる一日花ですが、中には次の日にも開くのがあるそうです。このアングルで撮ると意外と花茎が長いのが良く分かります。ヨーロッパ原産の帰化植物。

別名:ルリカラクサ(瑠璃唐草)

オオバコ科 クワガタソウ属
(ゴマノハグサ科からオオバコ科になったそうです。)

※画像はクリックで拡大します。

・モデル名:Nikon COOLPIX P7100
・撮影日時:2017/02/18 13:54:09
・画質モード:Jpeg Fine
・焦点距離:6mm
・絞り値:f/6.3
・シャッタースピード:1/100秒
・露出モード:プログラムオート
・露出補正:0
・測光モード:スポット測光
・ISO感度:100
・ホワイトバランス:晴天

mhc0408 at 17:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 徒然 

2017年02月22日

フヨウカタバミ(芙蓉片喰) by P7100

フヨウカタバミ 170218_1

先日の開いていなかった「フヨウカタバミ」を、後日天気の良い日にもう一度見に行ったら、直径は5cm程でしょうか、見事に開いていました。薄いピンクの花びらは少しの風でも捲れるほど薄くしなやかです。
別名(学名):オキザリス・プルプレア、オキザリス・バリアビリス

フヨウカタバミ 170218_2
上の画像の写真を撮ってから2時間も経っていない午後3時前には、綺麗に折り畳まれて閉じていました。
(撮影日時:2017/02/18 14:45:37)

カタバミ科 カタバミ属


※画像はクリックで拡大します。

・モデル名:Nikon COOLPIX P7100
・撮影日時:2017/02/18 13:02:41
・画質モード:Jpeg Fine
・焦点距離:6mm
・絞り値:f/6.3
・シャッタースピード:1/1000秒
・露出モード:プログラムオート
・露出補正:0
・測光モード:スポット測光
・ISO感度:100
・ホワイトバランス:晴天

mhc0408 at 18:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 徒然 

2017年02月21日

フヨウカタバミ(芙蓉片喰) by P7100

フヨウカタバミ 170216_1

やっと「フヨウカタバミ」が咲き始めました。薄いピンクと基部の黄色、二段になっている上の雄しべの明るい黄色の色合いが綺麗なので、いつものように真上から撮ってみました。

フヨウカタバミ 170216_2この日は時間的に早いのか開ききっていませんでした。南アフリカ原産の帰化植物で、花は咲いても種子はできず地下の鱗茎で増えるそうです。茎が赤く、横に匍って伸びています。
別名(学名):オキザリス・プルプレア、
オキザリス・バリアビリス

カタバミ科 カタバミ属


※画像はクリックで拡大します。

・モデル名:Nikon COOLPIX P7100
・撮影日時:2017/02/16 11:21:20
・画質モード:Jpeg Fine
・焦点距離:6mm
・絞り値:f/4.5
・シャッタースピード:1/80秒
・露出モード:プログラムオート
・露出補正:0
・測光モード:スポット測光
・ISO感度:100
・ホワイトバランス:晴天

mhc0408 at 17:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 徒然 

2017年02月20日

オオキバナカタバミ(大黄花酢漿草) by P7100

オオキバナカタバミ 170216

2週間程前にアップしたのとはまた別の場所で咲き始めた「オオキバナカタバミ」。
花の大きさは4cm程で、高さ15cmくらいに茎を伸ばして咲いていました。以前撮ったのと比べて、花びらの形が細長く違う花のように見えます。
別名:オキザリス・セルヌア、オキザリス・ペスカプラエ
南アフリカ原産の帰化植物。

カタバミ科 カタバミ属

※画像はクリックで拡大します。

・モデル名:Nikon COOLPIX P7100
・撮影日時:2017/02/16 11:14:35
・画質モード:Jpeg Fine
・焦点距離:6mm
・絞り値:f/6.3
・シャッタースピード:1/800秒
・露出モード:プログラムオート
・露出補正:+0.3
・測光モード:スポット測光
・ISO感度:100
・ホワイトバランス:晴天

mhc0408 at 17:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 徒然 

2017年02月19日

ムラサキシジミ(紫小灰蝶) by P7100

ムラサキシジミ 170219

今日、春のような暖かい日差しの中、一匹の蝶が足元を横切って道から下の斜面に消えたので、探してみると、草の葉の中に綺麗な青紫色の模様が見えました。翅の傷みから、成虫で越冬していた「ムラサキシジミ」です。翅を開いて日光浴をしているようなので取り敢えず一枚、押さえに撮っておいて、もう少し近づこうとしたら逃げられてしまいました。貴重な一枚になりました。

シジミチョウ科 ムラサキシジミ属

※画像はクリックで拡大します。

・モデル名:Nikon COOLPIX P7100
・撮影日時:2017/02/19 13:12:13
・画質モード:Jpeg Fine
・焦点距離:42.6mm
・絞り値:f/5.6
・シャッタースピード:1/320秒
・露出モード:プログラムオート
・露出補正:0
・測光モード:スポット測光
・ISO感度:100
・ホワイトバランス:晴天

mhc0408 at 18:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 徒然 

2017年02月18日

ヤハズエンドウ(矢筈豌豆) by P7100

ヤハズエンドウ 170215

まだまだ小さな葉を着けた蔓が伸び始めている中、偶に花を咲かせているのが有ります。画像は、西日が逆光となり花びらが薄いピンク色に透けて見えていた「ヤハズエンドウ」。
学術分類では「ヤハズエンドウ」で統一されていますが、花後に出来る豆の鞘が黒くなるので「カラスノエンドウ」の方が一般名として定着しています。

別名:カラスノエンドウ(烏野豌豆)

マメ科 ソラマメ属

※画像はクリックで拡大します。

・モデル名:Nikon COOLPIX P7100
・撮影日時:2017/02/15 16:23:43
・画質モード:Jpeg Fine
・焦点距離:6mm
・絞り値:f/6.3
・シャッタースピード:1/250秒
・露出モード:プログラムオート
・露出補正:0
・測光モード:スポット測光
・ISO感度:100
・ホワイトバランス:晴天

mhc0408 at 17:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 徒然 

2017年02月17日

黄色いスイセン(水仙) by P7100

スイセン 170214

これまで白い花びらのスイセンに見慣れてきた所為か、咲き始めたこの黄色いスイセンを見ると新鮮に感じます。花は黄色ですが、葉や茎の形状から「黄水仙」では無く、「キブサズイセン(黄房水仙)」でしょうか。
黄色い花びらが6枚あるように見えますが、外側の3枚(先端に爪のような突起がある)は、萼(がく)。内側の3枚が花弁だそうです。蕾を見ると、確かに花を覆っているのは3枚ですね。地中海沿岸地域原産の帰化植物で、アルカロイド系のリコリンや、シュウ酸カルシウムなどの有毒成分を含んでいて、全草が有毒。

ヒガンバナ科 スイセン属

※画像はクリックで拡大します。

・モデル名:Nikon COOLPIX P7100
・撮影日時:2017/02/14 16:42:17
・画質モード:Jpeg Fine
・焦点距離:6mm
・絞り値:f/2.8
・シャッタースピード:1/100秒
・露出モード:プログラムオート
・露出補正:0
・測光モード:スポット測光
・ISO感度:100
・ホワイトバランス:晴天

mhc0408 at 18:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 徒然 

2017年02月16日

ナガバタチツボスミレ(長葉立坪菫) by P7100

ナガバタチツボスミレ 170215

今年最初に咲いた「ナガバタチツボスミレ」。昨年より2週間程早い開花です。
淡い薄紫色の花で、中心部に目立つオレンジ色の部分が雄蕊、白く突き出ているのが雌蕊です。

スミレ科 スミレ属

※画像はクリックで拡大します。

・モデル名:Nikon COOLPIX P7100
・撮影日時:2017/02/15 16:00:37
・画質モード:Jpeg Fine
・焦点距離:6mm
・絞り値:f/3.5
・シャッタースピード:1/50秒
・露出モード:プログラムオート
・露出補正:0
・測光モード:スポット測光
・ISO感度:100
・ホワイトバランス:晴天

mhc0408 at 18:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 徒然 

2017年02月15日

メジロ(目白) by P7100

メジロ 170213

満開の枝垂れ梅の込み入った枝の中で、数羽の「メジロ」が忙しそうに花の蜜を吸っていました。カメラを構えたまま近くの枝に来るのを待っていたら、目が合ってパチリ。メジロも驚いて隠れてしまいました。メジロは少しもジッとしてないので、早いシャッタースピードで連写できるようなカメラじゃないと難しいですね。

スズメ目 メジロ科

※画像はクリックで拡大します。

・モデル名:Nikon COOLPIX P7100
・撮影日時:2017/02/13 16:30:35
・画質モード:Jpeg Fine
・焦点距離:42.6mm
・絞り値:f/5.6
・シャッタースピード:1/160秒
・露出モード:プログラムオート
・露出補正:0
・測光モード:スポット測光
・ISO感度:100
・ホワイトバランス:晴天

mhc0408 at 18:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 徒然 

2017年02月14日

トキワツユクサ(常磐露草) by P7100

トキワツユクサ 170210

気の早い「トキワツユクサ」が咲いていました。
普通ならば5月の初め頃から咲き出すはずですが、ちょっとフライング気味ですね。花びらも寒さで傷んでいるようです。黄色いのは雄しべで6本、雌しべは中央に1本で、直径は1.5cm程の大きさでした。
茎の色は確認していないので、ミドリハカタカラクサ(緑博多唐草)かも知れません。

南アメリカ原産の帰化植物。

別名:ノハカタカラクサ(野博多唐草)

ツユクサ科 ムラサキツユクサ属

※画像はクリックで拡大します。

・モデル名:Nikon COOLPIX P7100
・撮影日時:2017/02/10 15:57:08
・画質モード:Jpeg Fine
・焦点距離:6mm
・絞り値:f/2.8
・シャッタースピード:1/100秒
・露出モード:プログラムオート
・露出補正:0
・測光モード:スポット測光
・ISO感度:100
・ホワイトバランス:晴天

mhc0408 at 18:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 徒然 

2017年02月13日

テイカカズラ(定家葛)の種子 by P7100

テイカカズラ 170212

いつでも落下準備完了状態の「テイカカズラ(定家葛)の種子」。
長さ2cm程の茶色の種子に絹のような光沢を持った綿毛。肌触りも絹のようでした。ただ、タンポポの綿毛のように風に乗って遠くまでふわふわと飛ぶものでは無く、落下傘のように少し離れた所に落ちるという感じでしょうか。
花の時の様子は、下のタグから「テイカカズラ」をクリックして見て下さい。面白い(扇風機の羽根のような)形をしています。

テイカカズラ 161217

昨年の12月に撮った時は、まだこんな状態で、8個の種子が綺麗に格納されていた様子がわかります。


キョウチクトウ科 テイカカズラ属

※画像はクリックで拡大します。

・モデル名:Nikon COOLPIX P7100
・撮影日時:2017/02/12 13:32:06
・画質モード:Jpeg Fine
・焦点距離:6mm
・絞り値:f/4.5
・シャッタースピード:1/250秒
・露出モード:プログラムオート
・露出補正:-0.3
・測光モード:スポット測光
・ISO感度:100
・ホワイトバランス:晴天

mhc0408 at 18:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 徒然 

2017年02月12日

ツクシ(土筆)発見! by P7100

ツクシ 170212

まだ早いけど、毎年最初にこの「ツクシ」が顔を出す辺りを探していたら・・・
有りました。まだ頭を出したばかりですが、昨年よりも2週間程早い「初土筆」です。このすぐ近くにも3本見つけました。土筆はスギナの胞子茎で、胞子を飛ばすことによってスギナを殖やします。
スギナには様々な薬効も有り、その効能はコチラに詳しく載っています。

トクサ科 トクサ属

※画像はクリックで拡大します。

・モデル名:Nikon COOLPIX P7100
・撮影日時:2017/02/12 13:40:37
・画質モード:Jpeg Fine
・焦点距離:6mm
・絞り値:f/4
・シャッタースピード:1/125秒
・露出モード:プログラムオート
・露出補正:0
・測光モード:スポット測光
・ISO感度:100
・ホワイトバランス:晴天

mhc0408 at 16:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 徒然 

2017年02月11日

ヒメオドリコソウ(姫踊子草) by P7100

ヒメオドリコソウ 170211

ホトケノザと花の形がよく似ている「ヒメオドリコソウ」。
まだ早いけど葉だけでも出てないかと探していたら、なんと、もう花を着けているのがあり、雪がちらつく中での撮影となりました。上の葉と下の葉が重ならないように、交互に出ている葉の基部から薄いピンクの花が顔を出しています。

ヨーロッパ原産の帰化植物。

シソ科 オドリコソウ属

※画像はクリックで拡大します。

・モデル名:Nikon COOLPIX P7100
・撮影日時:2017/02/11 14:45:28
・画質モード:Jpeg Fine
・焦点距離:6mm
・絞り値:f/2.8
・シャッタースピード:1/200秒
・露出モード:プログラムオート
・露出補正:-0.7
・測光モード:スポット測光
・ISO感度:100
・ホワイトバランス:晴天

mhc0408 at 17:28|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 徒然 

2017年02月10日

ノゲシ(野芥子) by P7100

ノゲシ 170207

寒い中、元気に咲いている「ノゲシ」。花の大きさは、開ききっていませんが、2cmくらいです。葉の縁にある棘は触っても痛くありません。若葉や茎は食用になるそうです。詳しくは、コチラに載っています。

別名:ハルノノゲシ(春の野芥子)、ケシアザミ(芥子薊)

キク科 ノゲシ属

※画像はクリックで拡大します。

・モデル名:Nikon COOLPIX P7100
・撮影日時:2017/02/07 16:02:08
・画質モード:Jpeg Fine
・焦点距離:6mm
・絞り値:f/5
・シャッタースピード:1/60秒
・露出モード:プログラムオート
・露出補正:0
・測光モード:スポット測光
・ISO感度:100
・ホワイトバランス:晴天

mhc0408 at 17:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 徒然