2017年11月19日

柿の木の紅葉 by P7100

柿の木 171112

いつも歩いている里山の路ですが、木漏れ日が差したところに見事な紅葉が見られました。何の木だろうと下に行ってみると、赤、黄、緑と紅葉した柿の木の葉が落ちていました。

※画像はクリックで拡大します。

・モデル名:Nikon COOLPIX P7100
・撮影日時:2017/11/12 14:02:41
・画質モード:Jpeg Fine
・焦点距離:6mm
・絞り値:f/2.8
・シャッタースピード:1/200秒
・露出モード:プログラムオート
・露出補正:-0.3
・測光モード:スポット測光
・ISO感度:100
・ホワイトバランス:晴天

柿の木の葉 171112

下に落ちていた、紅葉した柿の木の葉。

mhc0408 at 17:18|PermalinkComments(0) 徒然 

2017年11月18日

イヌビワ(犬枇杷) by P7100

イヌビワ 171111

名前は「イヌビワ」と付いていますが、形はイチジクのようです。これで花の状態で、花嚢(かのう)言い、赤黒く熟すと果嚢(かのう)と言うそうです。赤黒く熟すと甘くなり食べられるそうですが、雌果嚢は食べられても、雄果嚢はかたくて食べられないそうです。画像のもので直径は1cm程です。
雌雄異株の落葉小高木。

別名:イタビ

クワ科 イチジク属

※画像はクリックで拡大します。

・モデル名:Nikon COOLPIX P7100
・撮影日時:2017/11/11 13:53:22
・画質モード:Jpeg Fine
・焦点距離:6mm
・絞り値:f/2.8
・シャッタースピード:1/160秒
・露出モード:プログラムオート
・露出補正:-0.3
・測光モード:スポット測光
・ISO感度:100
・ホワイトバランス:晴天

mhc0408 at 17:30|PermalinkComments(0) 徒然 

2017年11月17日

カタバミ(傍食・片喰) by P7100

カタバミ 171106

外来種の多いカタバミの中で、このカタバミは日本在来種です。この花も天気の良い日でないと開きません。曇りや雨の日は閉じたままです。花の直径は約1.5cm程。花が終わると円柱形の櫺未上向きについて、熟すと少しの刺激が加わるだけで小さな種が四方に弾け飛びます。

カタバミ科 カタバミ属

※画像はクリックで拡大します。

・モデル名:Nikon COOLPIX P7100
・撮影日時:2017/11/06 10:40:33
・画質モード:Jpeg Fine
・焦点距離:6mm
・絞り値:f/6.3
・シャッタースピード:1/640秒
・露出モード:マニュアル
・露出補正:-0.3
・測光モード:スポット測光
・ISO感度:100
・ホワイトバランス:晴天

mhc0408 at 18:03|PermalinkComments(0) 徒然 

ムラサキカタバミ(紫酢漿草) by P7100

ムラサキカタバミ 171106

例年より少し早く顔を出した一輪の「ムラサキカタバミ」。いつも咲き始める場所は、葉は確認できましたが、まだ咲いていません。カタバミの仲間は、天気の良い日でないと開きません。曇りや雨の日は閉じたままで、画像の花で直径は2cm程でした。南アメリカ原産の帰化植物で、種子はできず、地下の鱗茎で増えるそうです。
別名:キキョウカタバミ(桔梗片喰)

カタバミ科 カタバミ属

※画像はクリックで拡大します。

・モデル名:Nikon COOLPIX P7100
・撮影日時:2017/11/06 14:19:53
・画質モード:Jpeg Fine
・焦点距離:6mm
・絞り値:f/5
・シャッタースピード:1/50秒
・露出モード:プログラムオート
・露出補正:0
・測光モード:スポット測光
・ISO感度:100
・ホワイトバランス:晴天

mhc0408 at 18:01|PermalinkComments(0) 徒然 

2017年11月16日

ヤマジノギク(山路野菊) by P7100

ヤマジノギク 171105_1

野菊の一つ「ヤマジノギク」。舌状花は淡い紫色をしています。花の直径は3〜5cm程で、大きな野菊です。草丈はそんなに大きくなく50〜70cmくらいでした。
別名:アレノノギク(荒野野菊)

キク科 シオン属

※画像はクリックで拡大します。

・モデル名:Nikon COOLPIX P7100
・撮影日時:2017/11/05 14:50:04
・画質モード:Jpeg Fine
・焦点距離:6mm
・絞り値:f/5.6
・シャッタースピード:1/800秒
・露出モード:プログラムオート
・露出補正:-0.3
・測光モード:スポット測光
・ISO感度:100
・ホワイトバランス:晴天

ヤマジノギク 171105_2

花が終わった後に、舌状花の花びらが外側に丸まっているのが面白い。綿毛(冠毛)がこのように赤褐色になるのが特徴です。

mhc0408 at 18:04|PermalinkComments(0) 徒然 

2017年11月15日

ムベ(郁子、野木瓜) by P7100

ムベ 171105_1

今まで気が付きませんでしたが、いつも歩いている里山で、天智天皇由来の不老長寿の実、「ムベ」の実が赤く色づいていました。画像の実で、長さ10cmくらいです。アケビに良く似ていますが、ひとまわり小さくアケビのように熟しても実が割れません。常緑のツル性木本植物で雌雄同株。また、葉が幼木のときは3枚、成長するに従って5枚、実が成る頃には7枚になるので、「七五三の縁起木」ともいわれているそうです。

別名:トキワアケビ(常磐通草)

アケビ科 ムベ属

※画像はクリックで拡大します。

・モデル名:Nikon COOLPIX P7100
・撮影日時:2017/11/05 13:32:34
・画質モード:Jpeg Fine
・焦点距離:6mm
・絞り値:f/2.8
・シャッタースピード:1/50秒
・露出モード:プログラムオート
・露出補正:0
・測光モード:スポット測光
・ISO感度:200
・ホワイトバランス:晴天

ムベ 171105_2

ムベの葉。7枚あります。右奥に見えているのが上の画像の実です。

mhc0408 at 18:38|PermalinkComments(0) 徒然 

2017年11月14日

ヤブコウジ(藪柑子・十両) by P7100

ヤブコウジ 171104

「ヤブコウジ」が数本自生している中で、この木だけが赤い実を2個着けていました。リンゴのような形をしたこの赤い実の大きさは、7〜8mm程です。俗に「十両」と呼ばれているヤブコウジ科の小さな木です。周りに数本あるこの木の樹高は大きい物でも10cm程でした。

因みに・・・

万両は、ヤブコウジ科 ヤブコウジ属 別名:ヤブタチバナ(藪橘)
千両は、センリョウ科 センリョウ属
百両は、ヤブコウジ科 ヤブコウジ属(唐橘)
十両は、ヤブコウジ科 ヤブコウジ属(藪柑子)別名:ヤマタチバナ(山橘)
一両は、アカネ科 アリドオシ属(蟻通)

※画像はクリックで拡大します。

・モデル名:Nikon COOLPIX P7100
・撮影日時:2017/11/04 13:26:18
・画質モード:Jpeg Fine
・焦点距離:6mm
・絞り値:f/2.8
・シャッタースピード:1/50秒
・露出モード:プログラムオート
・露出補正:0
・測光モード:スポット測光
・ISO感度:100
・ホワイトバランス:晴天

mhc0408 at 17:34|PermalinkComments(0) 徒然 

2017年11月13日

ヒヨドリジョウゴ(鵯上戸) by P7100

ヒヨドリジョウゴ 171104

ヒヨドリジョウゴの実が緑色から朱赤色に色づいてきています。もう少し熟すと透明感のある朱赤色になり、他の緑の中でも目立つ存在になります。熟すと美味しそうに見えますが、ソラニンという有毒物質(神経毒)を含んでいるので食べられません。しかし、薬効もあるようです。詳しくはコチラに載っています。

ナス科 ナス属

※画像はクリックで拡大します。

・モデル名:Nikon COOLPIX P7100
・撮影日時:2017/11/04 13:30:41
・画質モード:Jpeg Fine
・焦点距離:6mm
・絞り値:f/2.8
・シャッタースピード:1/50秒
・露出モード:プログラムオート
・露出補正:0
・測光モード:スポット測光
・ISO感度:200
・ホワイトバランス:晴天

mhc0408 at 17:56|PermalinkComments(0) 徒然 

2017年11月12日

シマカンギク(島寒菊) by P7100

シマカンギク 171103

黄色い小さな菊が、斜面に沿って垂れ下がるように咲いています。まだ咲き始めで直径は2cm程、横の蕾は6mm程です。この辺りでは一番早く咲き始める「シマカンギク」。現代の菊の原種とも云われています。

別名:油菊(アブラギク)

キク科 キク属

※画像はクリックで拡大します。

・モデル名:Nikon COOLPIX P7100
・撮影日時:2017/11/03 14:16:11
・画質モード:Jpeg Fine
・焦点距離:6mm
・絞り値:f/5.6
・シャッタースピード:1/800秒
・露出モード:プログラムオート
・露出補正:-0.3
・測光モード:スポット測光
・ISO感度:100
・ホワイトバランス:晴天

mhc0408 at 16:55|PermalinkComments(0) 徒然 

2017年11月11日

ショウリョウバッタ(精霊蝗虫)♀ by P7100

ショウリョウバッタ 171103_1

アスファルトの割れ目に産卵していた「ショウリョウバッタ」。
辺りには土の所もあるのに何故わざわざこんな所に産卵するのでしょうか?
ショウリョウバッタには、緑色型と褐色型がいますが、これは緑色型のメスです。日本では一番大きなバッタで、メスの方が大きく、画像のもので7cm以上はありました。

別名:キチキチバッタ(飛んだ時に「キチキチキチ」っと音を出すのは、オスだけだそうです。)、コメツキバッタ、ハタオリバッタ

バッタ目 バッタ科

※画像はクリックで拡大します。

・モデル名:Nikon COOLPIX P7100
・撮影日時:2017/11/03 14:10:56
・画質モード:Jpeg Fine
・焦点距離:42.6mm
・絞り値:f/5.6
・シャッタースピード:1/200秒
・露出モード:プログラムオート
・露出補正:-0.3
・測光モード:スポット測光
・ISO感度:100
・ホワイトバランス:晴天

ショウリョウバッタ 1711032_2

アスファルトの割れ目というのは、こちらの方が分かり易いかな。

mhc0408 at 17:36|PermalinkComments(0) 徒然 

2017年11月10日

アキグミ(秋茱萸) by P7100

アキグミ 171103

いつものルートからちょっと逸れたところにある「アキグミ」の木。今年も赤い実をいっぱい着けていました。一つの実の大きさは直径7〜8mmで、渋いかな?と、思いながら思い切って一粒食べてみると、渋味はあるものの甘味もあって充分いけました。
この実は、果実酒やジャムに利用できるそうで、コチラに詳しく載っています。

グミ科 グミ属

※画像はクリックで拡大します。

・モデル名:Nikon COOLPIX P7100
・撮影日時:2017/11/03 13:55:56
・画質モード:Jpeg Fine
・焦点距離:6mm
・絞り値:f/2.8
・シャッタースピード:1/100秒
・露出モード:プログラムオート
・露出補正:-0.3
・測光モード:スポット測光
・ISO感度:100
・ホワイトバランス:晴天

mhc0408 at 17:57|PermalinkComments(0) 徒然 

ヤマハッカ(山薄荷) by P7100

ヤマハッカ 171103

昨年からこの一画だけに咲き始めた「ヤマハッカ」。画像は、もう花が終わりかけていますが、草丈は30cm程で4本程育っています。ハッカ属のハッカに似ている訳でも無く、葉を触ってもハッカのような匂いはしません。

シソ科 ヤマハッカ属

※画像はクリックで拡大します。

・モデル名:Nikon COOLPIX P7100
・撮影日時:2017/11/03 13:08:50
・画質モード:Jpeg Fine
・焦点距離:6mm
・絞り値:f/5
・シャッタースピード:1/200秒
・露出モード:プログラムオート
・露出補正:-0.7
・測光モード:スポット測光
・ISO感度:100
・ホワイトバランス:晴天

mhc0408 at 17:55|PermalinkComments(0) 徒然 

2017年11月09日

ホシササキリ(星笹螽斯) by P7100

ホシササキリ 171101

名前の知らない小さなバッタを見つけました。全長は2cmくらいだったのでバッタの仲間の何かの幼虫かなと思っていましたが、背中が茶色で触角が長いという特徴で調べてみると、「ホシササキリ」というキリギリスの仲間で、これで成虫らしい。本当に小さなバッタでした。

キリギリス科 ササキリ亜科

※画像はクリックで拡大します。

・モデル名:Nikon COOLPIX P7100
・撮影日時:2017/11/01 15:36:09
・画質モード:Jpeg Fine
・焦点距離:42.6mm
・絞り値:f/5.6
・シャッタースピード:1/400秒
・露出モード:プログラムオート
・露出補正:-0.3
・測光モード:スポット測光
・ISO感度:100
・ホワイトバランス:晴天

mhc0408 at 17:36|PermalinkComments(0) 徒然 

ハタケニラ(畑韮) by P7100

ハタケニラ 171101

普通春から夏にかけて咲くのですが、この辺では今頃咲いていました。春と秋の2度咲き種?
名前にニラと付いていてもニラの仲間では無く、葉の形や、花後にできる実の様子がニラに似ているところから名前が付いたそう。明治時代に鑑賞用に持ち込まれたものらしく、花は綺麗ですが、今では害草扱いされています。
因みに、ニラはユリ科ネギ属。

南北アメリカ原産の帰化植物。

ユリ科 ステゴビル属

※画像はクリックで拡大します。

・モデル名:Nikon COOLPIX P7100
・撮影日時:2017/11/01 15:30:16
・画質モード:Jpeg Fine
・焦点距離:6mm
・絞り値:f/5.6
・シャッタースピード:1/125秒
・露出モード:プログラムオート
・露出補正:-0.3
・測光モード:スポット測光
・ISO感度:100
・ホワイトバランス:晴天

mhc0408 at 17:31|PermalinkComments(0) 徒然 

2017年11月08日

ルリタテハ(瑠璃立翅) by P7100

ルリタテハ 171031

この蝶も撮りにくい蝶の一つ「ルリタテハ」です。近づいても3m位までで、それ以上近付いても逃げられます。こちらがジッとしていると逆に向こうから意外と近くに留まったりもします。翅を広げると見える、表側の鮮やかな瑠璃(ルリ)色のラインが綺麗な蝶です。画像は、左の翅の内側が見えています。この後、ゆっくりと近づいたのですが、逃げられてしまいました。

タテハチョウ科 ルリタテハ属

※画像はクリックで拡大します。

・モデル名:Nikon COOLPIX P7100
・撮影日時:2017/10/31 10:57:54
・画質モード:Jpeg Fine
・焦点距離:42.6mm
・絞り値:f/5.6
・シャッタースピード:1/640秒
・露出モード:プログラムオート
・露出補正:-0.3
・測光モード:スポット測光
・ISO感度:100
・ホワイトバランス:晴天

mhc0408 at 16:56|PermalinkComments(0) 徒然