ヘクソカズラ(屁糞蔓)の実 by J5ツユクサ(露草) by J5

2018年08月20日

ハルシャギク(波斯菊) by J5

ハルシャギク 180814

いつもの路で初めて出会った、花の径2cm程の「ハルシャギク」。これも、排水溝のコンクリートと道路のアスファルトの隙間から生えていました。どこから種が運ばれてきたのだろうか?
北米西部原産の帰化植物で、黄色の舌状花は8枚。その基部は紫褐色が少し見えます。中心部の筒状花は紫褐色。「波斯(ハルシャ)」とは、ペルシャ(現イラン)の事ですが、関係は無いそうです。
因みに、オオハルシャギク(大波斯菊)とは、「コスモス」の事です。

別名:ジャノメソウ(蛇目草)

キク科 ハルシャギク属

※画像はクリックで拡大します。

・機種:Nikon 1 J5
・撮影日時:2018/08/14 14:18:02
・露出時間:1/1000秒
・絞り値:f/4.00
・露出モード:プログラムAE
・ISO感度:160
・露出補正:0
・測光モード:スポット測光
・光源:晴天
・焦点距離:10.0mm

mhc0408 at 18:07│Comments(0) 徒然 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ヘクソカズラ(屁糞蔓)の実 by J5ツユクサ(露草) by J5