DORA麻雀

レンタル農家では未だにレンコンがねばっていますv(T▽T)イエーイ
さらに白菜を植えるために、
今鉢植えでレンコンを栽培してるから現在は大量になってきました((アイソワライ…))○o。(; ゚∇゚)ノ_彡☆バンバン

あと2~3日で植えるつもり♪ウキャキ☆彡ヾ(⌒∇⌒*)(*⌒∇⌒)ノ彡☆ウキャキャ

楽しみだ~マッテ!ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

映画って本当に面白いですよね~
そう思うたびに映画の魅力を伝えたい!と燃えております!!||| \( ̄▽ ̄;)/ |||ワーイ?
ってヤフーに載ってる感想ですが(^◇^)ケッケッケ...


今回は「タイタニック(1997)」の感想について紹介しようかと思っています!!ギャハハ(*≧д)ノシ彡☆


この映画の製作年は1997年です!!

監督はジェームズ・キャメロンで、脚本がジェームズ・キャメロンです!キャーゞ(^o^ゝ)≡(/^ー^)/"""パチパチ

この映画のメインは何と言っても!!!ジャック・ドーソン演じるレオナルド・ディカプリオです!( ̄_ ̄ )。o0○(ウヘヘ…)

取り敢えず、この映画の俳優さんは、レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット、ビリー・ゼイン、キャシー・ベイツ、ビル・パクストン、グロリア・スチュアート、フランシス・フィッシャー、バーナード・ヒル、ジョナサン・ハイド、デヴィッド・ワーナーって感じですね( ̄w ̄) ぷっ

思い起こせば10年前・・・。
好きでもないオトコとの断われないデート。

あんまり会話したくないので「映画で
も・・・」と誘って見たのがコレだった。

話題作だけあって劇場はほぼ満席。

途中、ラブシーンで隣のオトコがこっちを
気にしているのがメチャメチャ腹立たしく、
しばらくして、あちこちからすすり泣きの音の嵐とわざとらしい音楽に
イライラし、ラストは「結局、アンタだけ助かったわけね」と心の中で
毒づいた、思い出深い映画です。

極めつけは、劇場を出た後、オトコの言った一言、
「あ~、感動したッ!」。
ゲゲーーッ! その後、見た環境が
悪過ぎたと、数回、TVオンエア&DVD等で
鑑賞したものの、何度見ても、私に
はダメな映画。

これの一体どこが泣けるの? 非日常空間で
の恋ほどアテにならないものはないのだよ。

しかも、お相手がお亡くなりとくれば
、なおのこと。

でも、映像は、劇場のスクリーンで
見たときはなかなか迫力があり良かった・・・、
のだが、ブラウン管で見たら、ちゃちかった・・・。

あー、つくづくイイとこなし。




◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

麻雀の役って一杯ありますよね~。Ψ(`∀´)Ψヶヶヶ
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!!!
という事で、今回は嶺上開花に焦点を当てたいと思います。ヾ(>▽<)oきゃはははっ!


アンカン、ミンカン、ツモの明槓を行った時に、
王牌の定められた場所から引いた嶺上牌で和了りとなる役。

この役は偶然役と言われるから、
先付け以上のルールが採用されているところでは、
他に確定役がなければアガルことは出来ません。


複合役:オールの役(役満はルールによる)


注意

・アンカンの際は、カンをした時点でカンドラ表示牌をめくることができるよΨ(`▽´)Ψウケケケケケ
嶺上開花で和了ってもカンドラがつきます。

・ミンカンの場合は、嶺上牌をツモって切ってからカンドラ表示牌をめくるため、嶺上開花で上がってもカンドラはつきません。


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう



------------------------------------------------------

嶺上開花(出現割合:0.28%)
カンをした後に上がれる役。
こちらは運による要素は大きいものの、東風戦でテンパイ時ならばカンに抵抗が無い場合は多い。初心者は良くカンを好む傾向があるが、その時にどこまで嶺上開花を視野に入れるか? また確率的にほとんどが失敗するとして、その後のドラ表示牌をどう捉えていくか?
嶺上開花というよりは、カンに対する考え方が大きく変化しそうだ。

------------------------------------------------------

・・・とこんな感じの説明です。どんなだろう・・?(・・*)。。oO(想像図)



こちら

今晩はこの辺で
けど今日は太ももが痛いなあ
腹を冷やさないようにして寝ます。おやすみ~。( ̄○ ̄)お( ̄◇ ̄)や( ̄o ̄)す( ̄ー ̄)ノみ♪

DORA麻雀 登録




おすすめ記事




とりあえず「スポーツの秋」ということで、
運動をスタートするべきかε=ε=ε=ε=ε=~~\\(m▼_)mパララ♪パララ~♪♪

何がミーに適してるかな?~(=^‥^A アセアセ・・・
やっぱり手軽にできるスポーツで無いとダメだよね
なぜならシンドイと継続しないからね( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ー ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)ニヤリ

さっさと考えよう(`∇´ )にょほほほ

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ここんとこ映画にぞっこんラブなので映画の感想をご紹介したいと考えています。(・ω・)bグッ

え??あなたの紹介文ではないの??
なんてツッコミはスルーΨ(*`Д´*)Ψグヘヘヘ!!


今回は「ドラゴン・タトゥーの女」の感想を紹介しようかと思っています!Ψ(`∀´)Ψヶヶヶ


この映画が作られた年は2011年です。

監督はデヴィッド・フィンチャーで、脚本がスティーヴン・ザイリアンです!!!!v(`皿´)ノ~'' ヤッター!!

この映画のメインは、ダニエル・クレイグ (ミカエル・ブルムクヴィスト)、ルーニー・マーラ (リスベット・サランデル)です!!!!うーん・・(〃 ̄ω ̄〃ゞ

取り敢えず、この映画の他の俳優さんを列挙すると、クリストファー・プラマー、ステラン・スカルスガルド、ロビン・ライト・ペン、エンベス・デイヴィッツ、ジョエリー・リチャードソン、ゴラン・ヴィシュニック、ジュリアン・サンズ、ジェラルディン・ジェームズってな感じo(↑∇↑)ノ彡☆バンバン ウレシナキー!!

評判どおり、おもしろかったです。
わりと長い上映時間でしたが、そんなことは
気にもなりませんでした。


とてもテンポがよいストーリー展開なので
、次から次へと衝撃的な出来事が起こります。

何十年も謎となっていた出来事のわりに
は、新しい事実が簡単に判明してしまうという、
上映時間の都合による事情もありますし、
R-15指定の原因となるようなシーンは
余計だったなとも思えますが、そういったマイナス面を
差し引いても、楽しめました。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

麻雀の役って一杯ありますよね~_(-_- )ノ彡☆ばんばん!
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!
という事で、今回は役牌を説明したいと思います!!!!ぷぷぷぷっ!!(* ̄m ̄)ノ彡_☆ばんばん!


役牌(ヤクハイ)

完成の中に役牌が刻子・槓子(カンツ)であれば成立します

刻子とは同じ牌が3牌あることです。
自分の手の中にあるなら暗刻、
鳴いているかロン牌なら明刻(ミンコ)といいます。


字牌のうち3牌あれば白,発,中は無条件で役牌です。
東,南,西,北は場風か自風の時に役牌となります。

南場なら全プレイヤーの南が場風となり役牌です。
北家の際、東は自風となり役牌です。


東場で東家、南場で南家の時、
それぞれ風牌の刻子で役牌が重複するため2翻となります。


この2翻を、ダブ東とダブナンと言います。

計算時の読み方は「ヒトヤク」、二つあったら「ヤクヤク、フタヤク」と表現することもあります。

鳴いても成立します。


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

役牌(出現割合:40.0%)
今流行(?)の早上がりのスタンスでは、一番に鳴くのがこの役牌。
鳴いた瞬間に1役確定するのは上がり重視の観点からしても大きく、DORA麻雀で人気のある東風戦での戦いの中では一番世話になる役だ。もちろんドラが役牌の場合はすぐに飛びつくことで序盤から他家にプレッシャーをかけながら優位に卓を進めることもできる。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

・・・とこんな感じの説明です。`s(・'・;) エートォ...


本日はこの辺で!
しかし今日は何故か腰が痛い。。治ってほしいなあ。。
疲れたので寝よ~っとお(^o^) や(^O^) す(^^) みぃ(^-^)



おすすめ記事




3日前健康診断の診断結果が戻ってきた┫ ̄旦 ̄┣ フフッ

その結果はというと
どの数値も異常なし゚▽゚=)ノ彡☆ギャハハ!! バンバン!

ふ~マジで問題無くて良かった
近頃、キャッチボールを週6でしてる成果ですかな?ヽ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∇ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)ノ

今後も継続しよ(ι´ω`)つ彡☆キャパキャパ♪

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

ここのところ映画にハマりまくっているので映画の感想をご紹介したいと思います ̄m ̄ ふふ

え!?あんたの紹介文ではないの??
というツッコミはスルー☆^∇゜) ニパッ!!


今日は「ダーク・ウォーター」の感想ですね!!(^▽^)/


この映画が作られた年は2005年です!

監督はウォルター・サレスで、脚本がラファエル・イグレシアスです!!\(▽ ̄\( ̄▽ ̄)/ ̄▽)/ヤッタァー!!

この映画の主役はジェニファー・コネリー (ダリア)とアリエル・ゲイド (セシリア)ですハイロッカ((( -_-)ヤメヨッカ(-__- )))カンガエチュウ(;-_-)o"

この映画の俳優さんは、ジェニファー・コネリー、アリエル・ゲイド、ジョン・C・ライリー、ティム・ロス、ダグレイ・スコット、ピート・ポスルスウェイト、カムリン・マンハイム、パーラ・ヘイニー=ジャーディンってな感じ。ヽ(*⌒∇^)ノヤッホーイ♪

久しぶりにティム・ロスがスクリーンで
見られるという事で映画館まで足を
運びました。
もとネタの「仄暗い水の底から」は
未見なので比較はできません。

それでも同じジャパニーズホラーのリメイク作「ザ・リング」とは
だいぶ趣向が違いますね。

なにしろ全くと言って良いほど怖くないので
す。


なぜならこの作品はホラーがメインで
はなく、ある悲しい女性の物語が軸に
なっているからです。

これも因果応報なのでしょうか、親のなした罪のために
娘が贖罪をするのです。


その悲劇的物語が実に丁寧に撮られています。

登場場面は少ないながら脇役陣もいわゆる実力派で
固めてます。

いかにも商売人な不動産業者のジョン・C・ライリー、
なおざりな管理人にピース・ポスルスウェイト、
そして一癖ある弁護士にティム・ロス。

こういうありがちな設定は作品をチープに
しがちなのですが、そうはならないのは
やはり監督と俳優が巧いからに他なりません。

でもだからと言って演技を楽しむタイプの作品で
はありません。
彼らの技量によりスキの無くなったストーリーを
じっくり観るという事です。

 もしこれから観ようと思っている方が
いらっしゃったら、ホラーとして観ない事を
お勧めします。




□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

麻雀の役って一杯ありますよね~ワーイ♪ ヘ(゚∇^ヘ)(ノ^∇゚)ノ ヘ(^∇゚ヘ)(ノ゚∇^)ノ ワーイ♪
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!
という事で、今回は大三元を説明したいと思います。(*^-^)ニコ


三元牌をすべて刻子(コウツ)にすると成立

何らかの牌による雀頭および1面子に加え、三元牌を使った3面子(メンツ)を揃えた場合に成り立つ役満です。

字牌のうち三元牌(サンゲンハイ)を使った麻雀役をご紹介しましょうカエルネー (  ¨)ノ.・.・.・・.・ミ☆゛

大三元は小三元をさらにパワーアップさせた形ですね。
1種類が雀頭になっていた小三元に対して、全面的に3枚の刻子にすれば役満大三元が成り立つ。

役満の中では「四暗刻」「国士舞双(コクシ)」と並んで見かけることができる、難易度の低い役満といえるでしょう。

実戦では以下のシャンポン待ちのように、小三元と大三元の別れ目となるんです場合が登場します。
大三元と小三元


7s 7s 7s 四萬 四萬 白白 中中中 發發發


大三元は3種類の牌だけで完成することができる
特に相手が三元牌(さんげんはい)のうち、2種類をポンしている中盤以降の状況では、
残りの1種類を捨てると大三元にロンされてしまう可能性が高いといえるだろう( ̄w ̄) ぷっ

責任払い「包(パオ)」とも関係してくるので気をつけてください


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓


------------------------------------------------------

大三元(出現割合:0.039%)
手牌の偏り方によっては早上がりの延長線上で狙うことができる唯一の役満。
もちらん、白發中を2枚ずつ持っていたとして、鳴けるのは通常は2回まででどうしても小三元になりやすいが、DORA麻雀ではパオ(責任払い)が実装されていないので、ラスのプレイヤーはどんどん突っ込んでくる可能性も十分にある。
逆にこっちがラスで2位狙い、1位狙いの時に大三元の気配がある相手がいたとしても、オーラスならば引く必要性はDORA麻雀では通常の麻雀よりも要素は少なくなる。

------------------------------------------------------

・・・とこんな感じ「(゚ペ) エットォ…


今から12時間後にはついに待ち焦がれた面白い懇親会です。
楽しみだなあ~~川*'-')フフ♪

人生の中の麻雀。麻雀の中の人生




おすすめ記事




このページのトップヘ