夢の「楽園生活」を目指して

2008年6月末に60歳で定年退職しました。 37年間、一生懸命に働いて、やっと手に入れた第二の人生です。  夫婦の知識と経験、工夫と努力で、健康と家計を維持し、お金を余り掛けずに、夢のような『楽園生活』の実現を、目指しています。(^O^)                                                                           長年の努力と苦労で得た「幸せに生きて行くための知識や技術といった経験(知恵)」を、次の世代に伝えるために、「老後」という時間が有るのかもしれません。                                                                          ***写真日誌として、当日の出来事や考えたり感じた事に関する記事や写真を、順次追加したり補正しています***

 背景画像は、今年、夫婦でつがる市に日帰り旅行した時に、私自身が撮影したオリジナル写真です。
◎つがる市定期観光バスツアー
http://blog.livedoor.jp/mhf02760/archives/1066186856.html

 春夏秋冬の四季がはっきりしていて、大雪が積もる青森市こそ、暖炉が好きな私にとっての「楽園」です。自宅を建てる時に、色々工夫したので屋根の雪下ろし不要、玄関前の雪片付けても数分で済み、開口部の完全二重化や断熱材で家の中は23℃以上で、ぽかぽか陽気です。

 記事に貼り付けている写真をクリックして、写真ページに移動してから、再度クリックすると画質は原則1MBに圧縮しているもののフルハイビジョンサイズの画像が表示されます。(原則としてExif情報も確認できると思います)

 なお、2015年4月以前のブログは記事は、
「『楽園生活』を目指して - Yahoo!ブログ」http://blogs.yahoo.co.jp/mhf02760
「アメーバーブログ」http://ameblo.jp/moto-analyzer/ を、
ご参照ください。

 今朝も起床アラームで6時に起きました。
 雪の朝です。
PB177232
PB177233
 キャベツと大根も雪に埋まって居ます。
PB177236
 朝のおやつは、淹れたてのコーヒーと、昨日作った紅玉のアップルパイです。
 8時半頃から、金曜日なので、非常用飲料水の水替えを兼ねた浴槽の水替えです。
 妻は、青森大学のオープンカレッジに首席するために出掛けて行きました。

 一階全体に掃除機掛けをして、トイレに暖房機を設置したりしていました。

 12時少し前に、みぞれが降る中、傘をさして、油彩の道具を背負って、バス停に向かいました。
 いつもの老舗とんかつ店で、12時半に妻と待ち合わせをして昼飯です。
 先日から、カキフライ定食が、始まったのです。
IMG_20171117_124443
 ヒレカツにも、カキフライが1個サービスで付けてくれました。
 さすがの美味しさです。
 
****************************************************************

 9年前の6月末で退職し、翌年の4月からデッサン教室に通い始め、その1年後の7年前の4月から、月に2回(第1・第3金曜日)、午後1時半~3時半まで2時間のNHK文化センター「初めての油絵」教室に通っています。

 原則として3か月6回で、一枚の油絵を仕上げるのが、一応の目標です。(1年間で4枚)
 油絵教室も、丸7年経過し、今年4月から8年目に入り、10月から31作目の油絵です。

 色々試行錯誤して来て、私が目指す絵画の方向性が、やっと見付かりました。

 目の前の題材(風景、静物、人物、背景など)全体を構成する各個体の形や大きさや角度、色と明暗、配置などの構図も含めて、全て一度、自分の頭の中で再構成してから、平面の二次元であるキャンバスに、写実的に質感を重視して、理想的に表現する写実風絵画です。
 立体的で時間経過も含めると四次元の現実世界を、特定の構図や角度から、写角(レンズ焦点距離)・被写界深度(F値)・合焦点距離、明度や彩度で、一瞬を切り取る二次元の写真とは違うのです。
 言わば、現実世界を再構成した仮想現実の写実風絵画です。


 画法も自分なりに工夫しています。
 今回は、この教室での31作目の第3回です。
 題材は、トルコ製の馬の置物と、中国製の堆朱の壺などです。
IMG_20170929_144535
1.写真・動画撮影
 題材(風景、静物、人物など)の全体と、各個体別に写真・動画で、色々な角度や距離から撮影する。
IMG_20171006_144215
IMG_20171006_144107
IMG_20170929_144600
IMG_20170929_144557

2.鉛筆デッサン
 撮影した題材写真や動画を元に、キャンバスに、題材の各個体毎に配置や形、角度や大きさ等を、自分が理想と思う構図になるよう、時間経過も含めて自由に変えて、詳細に鉛筆デッサンする。


 馬と壺に、南天の実を添える構図にしました。
 馬の置物を主体にしたいので、壺に比較して馬を大きく描き直しました。
 壺も、実物は肩を張った形ですが、控えめにしたくて、なで肩に変えました。
PA065158
 初回は、試行錯誤をしながら、何度も何度も描き直したので、鉛筆デッサンだけで、時間切れになってしまいました。
 以前は、デッサンは適当で、後で油絵の具で描いている間に、自由に修正すれば良いと思っていたのですが、今は、先ずはしっかり鉛筆デッサンをして、その基本的な精密製図に基づいて、油絵の具で描くくようにして居ます。

 初回の後、自宅でグリザイユ画法での下塗りまで描き進めました。
3.下塗り(グリザイユ画法)
 鉛筆デッサンの上に、シルバーホワイトをテレピン油で溶いて、各個体毎に下塗りし、乾いてから、白黒モノトーンのグリザイユ画法のように、更に詳細に鉛筆描きする。

PA205612
 2回目の前回は取り敢えず、全体に彩色しました。

4.彩色
 題材の各個体毎に、色の濃淡や明暗に配慮しつつ、不透明絵の具をクリスタル・メディウムとテレピン油で溶いて、おおまかに彩色する。

PA205629
 自宅で、少し背景を変えました。
 砂漠をイメージしてみましたが、あまりにも適当過ぎます。
PB096915
 今回は、更に実際のシルクロードの写真を元に、背景を描き直しました。
Screenshot_20171111-104554
 壺や馬にも手を加えました。
 妻は、背景が砂漠には見えないと・・・・・(;_;)ヴヴヴ 
PB177244
 残り3回で、完成予定です。
 次回からグレージングに入りたいと思います。

5.グレージング
 題材の各個体別に、個体の基本となる暗くて濃い色の透明色や半透明色の油絵の具を、クイックドライング・メディウムとペインティングオイルで薄く溶いて、各個体全体に塗る。
 更に、題材の各個体毎に濃淡や明暗など、細かな質感を描き込む。
 これを何度も何度も繰り返して、形の不具合なども修正しつつ、題材の各個体の質感を微細かつ詳細に写実風に表現して行く。

 なお、個々の題材の質感を忠実に描くために、題材写真だけではなく、現実の題材の各個体そのものを良く見る事は勿論、実際に触ったり持ち上げたりして、感触等を確認する事も大切だと思います。
 写真のように見たままを描くのではなく、自分の頭の中で再構成・再構築した世界を、出来るだけ実像に見えるように、質感や実在感を重視して、美しく描きたいと思います。

****************************************************************
 バスに乗って、午後4時過ぎに自宅に帰って来ました。
 妻が買って来た活きアワビです。
 3個で765gが税込2千円だったとの事です。
PB177239
 260g程度の活アワビ1個が、税込700円弱なのです。
 たまには贅沢も良いものです。
PB177245
 

 今朝も枕元のタブレットの起床アラームで6時に起きました。
 15分前には、石油ストーブに点火しているはずなのに、居間の室温は未だ15℃です。
 青森市は市街地で雪との予報も有りましたが、未だ雪は積もって居ません。
 青森市郊外の東岳(652m)は、薄っすらと白く雪を被って居ます。
PB167192
 みぞれ交じりの雨なので、屋外での作業は出来ないので、室内での作業です。
 8時半頃から、スーツケースやリュックを二階の納戸から居間に下ろして来て、来週のベトナム旅行の荷物の準備です。

 9時過ぎから、アップルパイ作りを始めました。
 紅玉がそろそろ傷んで来たので、妻から頼まれたのです。
 5~6個で600gです。
PB167194
 パイ生地も手作りです。
 手間は掛かりますが、慣れると意外に簡単なのです。
 18cm2台分で、300円程度と、極めて割安なのです。
PB167206
 結構、上手に出来ました。
PB167211
アップルパイ作りの途中で、雪が降って来ました。
*********************************************************

PB167200
 青森市の初雪は、平年よりも10日、昨年とも10日遅いとの事です。
 私にとっては、まさに待望の雪です。\(^o^)/

 ところが、青森市民には、雪が嫌いな方が多いようです。
 我が家の屋根雪は、自然に裏の畑に落ちるだけで手が掛かりませんし、玄関前の雪片付けもほんの数分で済みますから、大雪も全く苦になりません。
 それにしても、青森市には、雪対策が出来てい無いお宅が多過ぎるように思います。
 大雪が降ると、雪片付けに追われて大変な住民の姿が報道されますが、私に言わせると、馬鹿丸出しの自業自得の哀れな姿なのではと・・・長年にわたって毎年繰り返しているのに、何の工夫や改善も無く、過酷な労働を続けているのですから、頭が悪過ぎます。

 つまり、頭を使って、予測したり現状を深く分析して、対策を考え出したりしようとせずに、気分や惰性に流されて、何も行動を変えようとしない人々が大多数という事のようです。

 雪は周囲の汚れを真っ白に覆ってくれますし、吸音材で騒音が少なく無くなり、家をすっぽり覆うと、むしろ暖かいのです。 雪対策さえ、十分に出来て居れば、青森市の冬こそ、日本国中探しても他の地域とは違う、最高の季節なのです。
 暖炉や燻製作りのためにも、雪は不可欠ですから、雪に覆われて、しかも北海道のように極端に寒くない青森市の冬こそ、私の大好きな季節なのです。青森市の冬こそ、他には無い、まさに最高の季節と風土なのです。

 まして、私が選びに選んだ我が家の一戸建て用の土地は、家庭菜園付きで、地元スーパーや生協まで歩いて10分程度ですし、銀行や郵便局、市民センターも、至近距離ですから、どんなに吹雪いても、生活に支障は有りません。
 食料などの備蓄も十分ですし、どんなに大雪が降り続いても、我が家の生活には、何の支障も無いのです。
 我が家のように、予め雪対策さえしっかりしていたら、高齢者所帯でも、豪雪地帯の青森市でも、快適に生活できるのです。

 毎年繰り返される事なのに、大雪対策が出来て居ないお宅も多いのが、実態のようです。(・・?)
 悲しいかな政党支持と同様に、頭を使っていない方が多いようで、自己責任と言うべきでしょうか。
 安倍政権の支持者の多くが、こうした頭を使わない人々と、知識と経験の乏しい若年層なのですから、我が国の将来が心配になります。

 まさに衆愚政治です。
*********************************************************

 今日は、ボージョレヌーボーの解禁日ですね。
 昼隙から、妻が歩いて買い物に出掛けました。
 何時ものラブレロワは、今年から取り扱わなくなったとの事で、新しい銘柄です。
PB167213
 風呂から上がって、自由飲食です。
 やや渋みの強い、味わいの濃いワインでした。
 肴は、カマンベールチーズとオリーブの実です。
PB167218
 ころころ砂肝も。
PB167214
 夜の雪景色です。
PB167230


 

 今朝は6時にアラーム音で起きました。
 今日は、月に一度の診療所通いです。
 来週はベトナム旅行なので、少し早めに病院に行く事にしたのです。

 何時ものように野菜ジュースと牛乳とを飲みましたが、朝のおやつは無しです。
 8時15分過ぎに、妻と一緒に歩いて罹りつけの診療所に出掛けました。
 8時半前に着いたのですが、待合室はほぼ一杯の盛況でした。

 体重と血圧の測定の後、久し振りに医者にお会いしましたが、特に変わりはないという事で、聴診器も無しで、5週間(35日)分の血圧降圧剤の処方箋を出して頂きました。
 診断無しだと4週間(28日)分の薬しか処方してもらえないので、空いている月末の予定が少しずつ前に繰り上がってしまうのです。
 これでまた、来月から月末に行く事が出来るようになります。

 妻も診断を受けて、血液検査も受けて、9時15分過ぎに診療所を出て、隣の調剤薬局で薬を受け取り、傍の地元スーパーで安売りの冷凍子持ちシシャモを買って、9時半過ぎに自宅に戻りました。
 早速、酒盛り開始です。
 最近の我が家のルールでは、月に一度の診療所から、特に飲食の制限指示が無く、帰って来れたら自由飲食なのです。\(^o^)/

 大根菜とちりめんの和え物です。
PB157151
 その後、昨日、プランターに植え付けたサンチュを2階のサンルームに移しました。
PB157152
 ついでに、夏場は玄関前に出していた水連鉢も、2階のサンルームに移しました。カラスに食べられたりして、2匹しか生き残れなかったメダカをアクアボトルに移して1階の食堂に置きました。
PB157154
PB157167
◎【中古】正規品 甲州雨畑硯 すずり 山梨栄寿堂硯本舗 書道具 書道用品 写経 携帯硯 木箱・栞付き
https://item.rakuten.co.jp/auc-e-value/rk1847/

 注文していた「雨畑硯」が、倉敷から宅配便で届きました。
 先日の基礎デッサン教室で急遽、絵手紙を描いた時に、道具を持って行かなかったので、教室備え付けの硯を使ったのですが、凸凹で酷い状態でした。
 その後、録画しておいた「和風総本家」の山梨県版を見て居た時に、以前も見た事がある「雨畑硯」が紹介されていて、改めて欲しくなりました。

 早速、ネットで探してみたら、楽天の新品に混じって、たまたま中古品の送料込で3千円弱の雨畑硯が見付かりました。
 中古品なので、致命的な傷や割れなどが有るかもしれませんが、業者がアクセサリーなども手掛ける普通のリサイクルショップのようなので、一か八かで掛けてみる事にしました。
 注文から二日目の今日、届きました。

 ハラハラドキドキで、開梱しましました。
 桐箱入りです。
PB157170
PB157171
 印刷した由緒書き付きです。桐箱の蓋の裏には作者(山下芳石)の署名も書かれています。栄寿堂硯本舗は今は無いようですが、鰍沢「かじかざわ」は、まさに雨畑硯の発祥地です。
PB157172
 同じ雨畑石製の蓋付です。
PB157174
 硯の裏底に、「雨畑」の文字が掘られています。
PB157176
 硯の外形は、長さ14cm×幅7.7cm厚さ2.6cm程度で、やや小ぶりの硯です。
 それでも、絵手紙や、普通の筆書きの手紙、写経などを書く程度には、十分な大きさです。 
 硯には、心配していた、使い古しの凸凹は、ほとんど有りません。PB157177
 この蓋は、硯と同じ一塊の岩を割って作ったまさに逸品のようです。
 硯の上に蓋を置くと、割れ目がピッタリ合って一塊になりますし、蓋の底と硯の上の分は、割って剥がされたザラザラの状態のままなのです。
 実に見事な作りです。
PB157178
 蓋と硯が、まさにピッタリ合うのです。
 ネットで調べた限り、このような硯は、現在は軍配型以外は売られてい無いようです。
PB157181
PB157189
 絵手紙などに使う青墨も、約3千円弱ですが、やっとふさわしい硯に出会ったように思います。
PB157184
 ヒビが入って居ないか、一番心配だったので、硯と蓋とを、叩いてみましたが、鋭い金属的な音がしましたから、ヒビは無さそうです。

 品評会で何度も入賞した作者のようですが、ネットオークションでは、まあ妥当な価格水準のようです。
 意外に高値は付いていないようです。
 書道人口が減っているので、硯などの道具にも、高値は付かないようです。

 私にとっては、何よりも、墨を使った絵や書が、これで気持ち良く描く事が出来そうです。
 私の満足できる道具が手に入ったという意味で、今回は大当りだったと思っています。
 でもやはり、中古品は駄目元覚悟で、自己責任なので、届いて確認するまでは心配なのだと思います。

 元々、趣味の世界の道具ですから、自分自身が使い易ければ。第三者が如何に鑑定するかには関係なく、それで十分なのです。
 なお、40年以上前に買った安物の長方形の端渓の硯よりも、黒色が濃くて味わいも有る見事な硯です。
 私が生きて居る限り、大切に使い続けていきたいと思います。 

 今朝も6時のアラーム音で起きました。
 天気予報は一週間前からコロコロ変わり、今朝の予報では午前中は晴れになりました。
 我が家の墓の雪囲いをする事にしました。

 8時半少し前に、妻と一緒に自転車で10分程の近くの市営墓地に出掛けました。
 池の端にシラサギがたたずんで居ました。
PB147127
PB147137
 我が家の墓です。
PB147129
 先ずは、箒で枯葉を履いたり、雑巾で墓石の汚れを落としました。
 その後、ロウソク立てと線香立て、それに花立てが有る墓石を、漬物用のビニール袋で覆って、縛りました。
PB147130
 簡単ですが、これで、雪囲いは完了です。
 今年最後のお参りをしました。
PB147131
 続いて、近くの妻の実家のお墓にもお参りして、9時半前には、自宅に戻りました。

 火曜日なので、浴室の壁と床の清掃と、浴槽の清掃と非常用飲料水の水替えを兼ねた浴槽の水替えです。
 30分程掛かりましたが、続いてブルーベリーの雪囲いと、サンチュをプランターに植え替えしました。
 冬の間、葉を少しづつ収穫するためです。
PB147143
 11時近くまで掛かりました。
 昼食は、私の好物の鮭の塩焼きです。
PB147140
 昼過ぎから、パソコンに外付BDレコーダーを接続しましたが、据え置き型はどうしても認識できません。
 ポータブル型は、何とか認識できましたが、光テレビで録画した番組をコピーしようとしたのですが、パソコン本体では光TVチューナーをネットワーク機器として認識できているにもかかわらず、コピー用のアプリケーションからは、サーバーが未接続だとして認識できませ。
 以前は、コピーできたのですが・・・・・

 という事で、光テレビで録画した番組のダビングは諦めて、音楽CDをパソコンに取り込んで、スマートフォンにコピーしました。
 BOSEのワイヤレスイアホンが、実に使い易くて、音が良くて、毎日聞いているのです。

 そうそう、夕方風呂を焚いたのですが、いざ入ろうとして蓋を開けたら、何とお湯が有りません。
 風呂の底の栓が傾いていて、水が漏れていたのです。
 エラー表示が出て居たのかもしれないのですが・・・・・

 まあ、何とか30分程で再度水を張って沸かして、風呂に入りました。

 夕食です。
PB147146
 メインは、未だ冷凍庫に残って居たナガツカの刺身です。
PB147149

 今朝は6時に起床アラームが鳴りましたが、少し未だ眠たかったので、6時15分頃に起きました。
 久し振りに、快晴の朝で、放射冷却で気温も下がって居ます。
 6時42分頃、やっと太陽が顔を出して来ました。
PB130959
PB130963
PB133564
PB130980
 8時過ぎから、暖炉の灰を片付けました。
 二日間、薪を焚いた暖炉の中です。
PB137059
 先ずは、燃え残りの炭を拾い集めました。
PB137061
 100均で買った炉箒で、灰を落としました。
PB137064
PB137067
 灰受け皿の灰を、ショベルで一斗缶に移しました。
PB137073
PB137075
 灰受け皿の下の灰も、片付けました。
PB137077
 灰受け皿を戻しました。
PB137078
 空気調整器も戻しました。
PB137079
 スパークカーテンを立て掛け、暖炉の前の絨毯に掃除機掛けして、作業終了です。
PB137083
 描き掛けの油絵を飾って居ます。
PB137084
 その後、先ずは隣地の大根を一本抜きました。
 続いて、隣地のサンチュの収穫です。
PB137087
 10株ほど収穫しました。
PB137089
 未だかなり残って居ます。
PB137090
 この後の処理は、妻に頼みました。
PB137107
PB137110
 私は、畑の片付けです。
 ピーマンとナスも、もう育たなくなりました。
PB137093
 支柱も含めて、株を抜き取りました。
PB137099
 これが最後の収穫です。
PB137113
 カボチャは未だ小さいのですが、茎が枯れてしまったので収穫しました。
PB137105
 絹サヤエンドウの芽が伸びて居ます。
 このまま雪の下になって、来年まで生き延びてくれると良いのですが・・・・
PB137102
 薄く雪を被った八甲田ロープウエーの山頂駅も、珍しく見えて居ます。
PB130985





 

このページのトップヘ