ミニッツ2駆ドリに於いて、ウエイトを付けたり外したり、重くしたり軽くしたり。

何故かコレでもう絶対OK!とならない理由が分かりました。

それは電池のヘタリ。

今更気付いたコレ、ずっと電圧が安定供給されていれば満足する動きが持続するはず。

しかしニッケル水素充電池が燃料であるミニッツは時間が経つと遅くなる。

実車のレースならむしろ燃料が減ってきて軽くなったあたりで好タイムが出そうなものだが、ドリフトにはケツが出せるだけの持続的なパワーが必要。

おうちドリフトは気が向いたときにチョットやるだけなので、パワーソースが安定してないのね。

もちろん動かす前にその都度フル充電すればいいだけの話だが、めんどくさくて無理。

誰かと勝負する訳でないおうちドリフトは適当が命。

だからセッティングも行ったり来たり(;´∀`)