本日のモチベーション(∩゚∀゚)∩アゲアゲ

だらだら続けているMHFのモチベーション維持のために作成・・・ したのですが今はミニッツに夢中

タグ:巻き舌

巻き舌の必勝法を編み出しました。

前回に引き続き追記します。

①まず、唇を尖らせて口をすぼめます。
コレは風の通り道を狭めて口の中の圧力を高め息の風速を高めるためです。

②で終わってしまいますが、舌先に力を入れずに思いっきり息を吹き出しながら「震える〜っ!」って叫んでみて下さい。

「ふ」の時に舌先が下の前歯の裏あたりに行きがちですが「る」に行く前に舌を上の方に持っていくことがポイントです。ただし舌の力は抜いて。

腹に力を入れて思いっ切り吹いてください。どうですか、文字通り舌がマシンガンのようにフルルルルルルと震えませんでしょうか?

口の中の形や舌の大きさに個人差があると思いますので、自分なりのベストポジションを探ってみて下さい。

一度出来れば、フロロロロでもダララララでもブリリリリでも理屈はおんなじです。

どうか皆様に見事なフロイデが訪れますように(^^♪


やったぜ。
昨年に引き続き、1万人の第九参加決定しました。盆休み明けから毎週土曜のレッスンが始まります。
年末年始にかけて毎週末、嫁とデートみたいなもんです(*^^*)

昨年は、地域の第九合唱と合わせて2回歌ったんですが、今回もう一つお隣の地域のも申し込んだんで3回デス^_^;

本番は11月、12月、2月とズレてるんでうまいこと調整します。

何回かダブルヘッダーがあるようですが、喉を傷めないように頑張ります。

こんなに第九歌ったら、そのうち髭が生えてドイツ人になってしまうかもしれません。

もう巻き舌は完璧です(オレ的に)。

ドイツ人はそんなに巻かないらしいですけど、日本で第九歌う分には巻いた方がカッコイイ気がします^_^

巻き舌のコツは舌を、熱い物食った時とかにベロ~ンってなっちゃう上の方(なんて言うの?)スレスレに、力を抜いて置いておいて息を強く吐き出す事。

フロイデ!だったらフの時に下に下がりがちな舌を意識して上に持っていく。フからロにかけて強く息を吐き出せばハーモニカの弁のように勝手に舌が震えます。

難しければフローよりも母音の動きをなくしてホローに近くするとイイかもです。

「ろ」って発音する時の舌の動きを自分自身で注意深く観察してみて下さい。実は一回巻いてるはずです。柔らかくした舌と、ベロ~ンってなるとこの間に強い風を通し、コレを風速で連射するのです。
出来ない方はお試しあれ(^^)

今回ワタクシのパートはバスなんで、ドンと構えてステキな胸声を響かせてやります。

Facebookと違ってブログなんで言いたい放題です(^^♪

↑このページのトップヘ