本日のモチベーション(∩゚∀゚)∩アゲアゲ

だらだら続けているMHFのモチベーション維持のために作成・・・ したのですが今はミニッツに夢中

タグ:AWD

image

本日2回目の更新。

全バラしたついでに、ボディの掃除とマッドガード(泥除け)の位置修正と、ドレスアップパーツとしてマフラーを取付。

セリカボディにマフラー付いてなかったのが前から気になってたので‥‥‥

image

リアのバンパー取り付け位置に銅箔を巻いたストローをネジ込みました。

今はピカピカですが取り付け時にまんべんなくベタベタ触っといたんで、しばらくすると良い風合いに腐食するハズ。

ちなみに取り付けたストローは先日のコチラ。
image

転んでもタダでは起きません(^^)v

image

初めてMINI-Z AWD スポーツ、全バラしてみました。

image

ここまでバラしたのは初めて。

特に解説サイトとか見ずに、フィーリングでやってみたのですが、これがいけなかった。

image

電池ボックスから伸びている黒とグレーの線。
逆に取り付けてしまいまして。

image

コレが間違い。黒とグレーをクロスしてしまっている。
image

コレが正解。赤の下がグレー。

逆に配線して電池セットして立ち上げるとウンともスンともいいません。
単に逆回転になるのかと思ってましたが、コレはやってはいけない間違いだったようです。
ものの1分で、電池、モーター、基盤が触れない程激アツに(*_*;

異常に気付き、すぐさま電池を外すがしばらくずーっと熱かったです。ヤバイヤバイ。

image

バラそうかなと思った原因がコレ。
リアの下部パーツ、ネジ穴が割れてバカになってました。

ココ割れたの2回目です。
全くおんなじビス部分。
弱いんですかね。

某京都のサーキットで、こないだ補充しといたパーツに変えて完了。

可動部全てにキングピンオイル注しといたので、幾分か滑らかに動くようになった気がします。マル

終わり

コレ

サイドブレーキ引いたクイックターンな感じを練習中。

よくmini-z awd driftで上がっている動画は
ブン回してパイロンに紐がついているような
オモチャっぽい不自然な動きのが多いので、
実車のようなリアルな挙動のドリフトを目指しています。

直線は真っ直ぐ行って(ココ重要)、軽くステア切りながらフルブレーキング!
フロントワンウエイによりリアだけがロックしてフロントは少し転がる。
ロックしたリアが回り込む。
すかさずステアを戻しつつ、スロットルを煽りながら立ち上がる。
振り過ぎたケツをカウンター当てて戻しながら抜ける。

って感じです。
電池がご機嫌で調子がイイ時はもっとクイックに曲がります。

自分のデバイスがiPhone5sからAndroid(GR5)になり、
手順がめっちゃめんどくさかったデス。
GR5のスローモーションカメラがダメダメなもんで。

こんなの・・・
嫁のiPhone6を借りてスローモーション撮影。
同じくiPhone6のパーフェクトビデオで編集。
自分のAppleIDが分からなくなり、
嫁のやつで対処。
(課金情報も無くなってしまって、無料版30秒制限)
編集後のビデオをiCloudにアップロード
(一旦クラウドにアップロードしないとスローモーション情報が解除されます。コレ豆知識)
Windows7のデスクトップPCで動画をクラウド共有、ダウンロード。
スマホ(GR5)にコピーして、YouTubeにアップロード。

・・・てな具合でした。

スローモーション撮影が240FPSもしくは120FPSで出来る
ウェアラブルカメラっぽいのを模索中です。
7000円くらいで中国製の安いやつがあるんだけど、
iPhone6程度のクオリティと安定感・操作性があるのかわからんので躊躇中^^;

先日のなんちゃってエアサスペンション失敗により‥‥

チッキショー
image

からの
image


からの
image


と言うわけで

サスがビヨンビヨンしなけりゃイイんでしょ。
プンプン!

で。
image
フロントハード!
image
リアもハード!

っと、殺人機械モードとなりました。
BB知らない人はググって下さい。

チョット走ってみましたがAWDのドリフトはコレでいい感じがします。

グループBの装い。狂気の走りです。

また動画撮ります。


ブッブ〜。後日談ですが1日置いたら固まってしまいました。失敗デス(-_-;)マネシナイデネ
image

AWDのサスが跳ねるんです。

オイルダンパー欲っしいぃ〜。

かれこれ悩んだ末辿り着いた答えがコレ。
image

お分かりだろうか。

年配の方は駄菓子屋等で見たことがあるハズ。

ストローで膨らませるビニール状の風船のような物が出来るヤツだ。

壊れないシャボン玉のような物と言った方がイイかも。

コレをフロントサスの中に膨らませて、スプリングの内面に貼り付ける感じで充填する。

実際のトコロ、エアが入ったというよりもなんかねちょねちょになっただけな感じもするが、これがなかなかどうしていい感じのダンパー効果を生み出す。

問題はリア。
ストラットタイプのキングピンがスプリングを貫通してるので中に充填出来ない。

なので、一度膨らませた風船の伸びたビニール状のものを薄くスプリング周囲に貼り付けながら巻いていく。

これにより、スプリングが縮む時も伸びる時も粘りが出てビヨンビヨンした感じが無くなりオイルダンパーに近い効果が得られた。
マシンを少し持ち上げて落とした時にシュタっと着地する。

安上がりな、なんちゃってエアサスと名付けよう(^^♪


↑このページのトップヘ