本日のモチベーション(∩゚∀゚)∩アゲアゲ

だらだら続けているMHFのモチベーション維持のために作成・・・ したのですが今はミニッツに夢中

タグ:mini-z

先日のなんちゃってエアサスペンション失敗により‥‥

チッキショー
image

からの
image


からの
image


と言うわけで

サスがビヨンビヨンしなけりゃイイんでしょ。
プンプン!

で。
image
フロントハード!
image
リアもハード!

っと、殺人機械モードとなりました。
BB知らない人はググって下さい。

チョット走ってみましたがAWDのドリフトはコレでいい感じがします。

グループBの装い。狂気の走りです。

また動画撮ります。


モンテカルロラリーの映像を見ていて車の挙動がやはり実車とラジコンで違いすぎるので、懲りもせずまたウェイトを満載してみました。ミニッツで10分の1のような挙動を目指します。コレで全備重量320gを超えます(≧∇≦)。

ツルツルのドリフトタイヤを重量で路面に押し付ける事で、滑りながらもグリップする様な状態を作り出したい。さらに、サススプリングが静止状態で少し縮む様な状態を作り、粘るような足回りを目指します。mr-03の2駆ではココまで積むと前進しませんでしたが、流石AWDの4駆はパワフルです。
私は仕事でハイエースに乗ってるんですがこういった小型貨物とかの車はある程度荷物積んで沈んだ状態でサスが適正に動くようになっており、カラの状態だと
リアが跳ねるんですね。そんなこんなでウェイトです。
 動画撮ったんでまたそのうち載せます。マル

ワンウェイの中にキングピンオイル(フッ素)を塗ってみました。ひょっとして逆回転も滑るようになって、ワンウェイが効かなくなるかとヒヤヒヤしながら慎重にやりましたが全く影響ありませんでした。軸を支えてる小さいプラメタルをベアリングに出来ればとか妄想しています。調べてみるとシャーペンの芯位のサイズのベアリングもあるようなので、探せば適合品が有るのかも?
その後、各所に注油してスルスルにし、メンテ完了。ずいぶん前に気づいて買っておいたリアのシャシーパーツも取り替えました(ビス穴がバカになって、少しヒビが入っていた)。
おかげでリアをロックした際の変な姿勢の乱れが軽減し、バックも含めて03の操作フィールに近づきました。まだ少し左右の回転差がありますが、操作で修正可能なレベルです。そんな週末でした(^-^)

スポーツシリーズのブレーキが弱く感じておりましたが解消しました。
Vモーター(非AWD用の普通の)に換装することでブレーキが強くなり、さらに初期駆動がパワーアップしました。狙い通りの感触になりました。配線の半田付けが結構適当ですが、動いてるので多分いけてるんでしょう。

Vモーターだけあって、発熱の方もさすがですが、前のようにモーターヒートシンクを付けてあっさり解消。かなり放熱効果があるようです。

昔サーキットをmr-03で走ってた時のやつを綺麗に掃除して置いてたやつだけど家で走る分にはこれで十分ですわ

AWDに手を出す前、駆動をマイルドにすることばかり考えてましたがドカ切りと瞬発力がないとAWDはねじ伏せられないことがわかりました。

電池がへたってくると全然曲がらないことからもこれが分かります。

新品のダイソーREVOLTESも2セット追加し、やる気満々ゴキゲンです。

なななんと!
セリカのOZホイールがそのまま付きました。色々いじってたらピッタリでした。
フロントN+2、リアW0だったと思うんですが良い感じです。
リアワイドだなんて戦闘力高そうでたまりません。

乗ってきたのでデカールも追加作成。
PIRELLIの白ロゴ、タイヤロゴ、STIのマッドガードロゴ、
モンテカルロ2014のロゴなんかをバシッと。
ホイールのツライチ感もサイコーです(≧∇≦)

再び回ってみました。

今回天井裏に40g、ボンネット裏にさらに10g重りを追加。
そしてドリフトタイヤにシリコンを塗布しました。
ケンブロックの動画をいっぱい見て、4駆のドリフト挙動を研究しています。スポーツシリーズはブレーキの強さを調整できないのでそのあたりなんとかしたいなと思っとります。

目指すドリフトのイメージがケンブロックのジムカーナなので、これをもっと研究です。

7までいってるのね。

こういうモンスターマシンもイイっすね。

私は3あたりが好きです。

↑このページのトップヘ