役者は一人ひとり異なる個性と素質を持っており、そのような人たちが揃っているので面白い作品が作られていきます。前田裕幸さんは役者として活躍する人の1人ですが、彼が役者として必要だと思っている素質とは何なのでしょうか。

目立つことが好きな、前田裕幸

目立つことが最初は苦手だったという役者は少なくありませんが、基本的に目立つことが好きな人は何か表現することが好きだと前田裕幸さんは思っています。なので、表現力が重要な役者は目立つことが好きな人に合っていると考えているようです。

自身も元々目立ちたがり屋な方なので、撮影は緊張しながらも自身を持って演技をしています。恐れず堂々とした演技をするので、監督やスタッフも安心して見ていられるのでしょう。目立つことが好きなのでアドリブも積極的で、爪痕を残そうという姿勢が個性的なキャラクター作りにつながっているとも考えられます。

あくまでも面白い作品にしようとすることを最優先に目立つ所でしっかり目立ち、控えるところは控えるという意識も彼は大切にしているので、スタッフや役者仲間からも愛されているのでしょう。

情熱を持って努力すること

頭が冴えている人は機転を利かせて役を演じることができますが、全ての役者にその素質が備わっているわけではありません。しかし、経験を重ねれば頭が冴えている人に劣ることなく、個性を持って役を演じきれるでしょう。

そこで前田裕幸さんは演技に情熱を持ち、常に努力できる素質が大切だと思っています。役によっては殺陣など特定の技術を覚える必要があり、またセリフや立ち回りなど基本的なことも覚えなければならず、そのための努力を惜しんではいけません。

他にも肉体改造や過酷な環境下での撮影など色々な苦労があるので、努力が重要と言えます。ただ、熱意に欠けると中途半端な努力となるので、いかに情熱を持って努力に取り組めるかがポイントとなるでしょう。

自分の考えを持つこと

役者は自分以外の誰かになりきる必要があり、声のトーンや表情などは自ら考える必要があります。人に指示されたとおりに動けば簡単ですが、リアルな演出には自分で考えて行動する力が必要です。

また、現場では度々設定や演出が変わることもあり、役者の意見が反映されることも珍しくありません。黙っていても自分の意見や考えていることは伝わらないので、前田裕幸さんは自分の考えを持ち、しっかり発言して役柄を自分のものにしています。また、考える力は受けた指示を的確に汲み取る意味でも必要でしょう。

他にも役者として必要な要素はたくさんありますが、前田裕幸さんが意識しているのは上記の3つです。必要な素質を意識した上で役者の道を進んでいるので、地道に成功しているのでしょう。役者は努力が基本なので、目指している方は彼が必要だと思う素質を参考に夢を目指してみてください。

前田裕幸さんは役者として活躍されており、ドラマなど様々な映像作品に出演してきました。ドラマなどの撮影の際は準備を念入りにする役者が多いようですが、彼はどのような準備をして撮影に挑んでいるのでしょうか。前田裕幸さんが撮影の際にこだわる準備についてご紹介していきます。

役のイメージを固めていく

役者は監督の求める役を自分の力で演じる必要があるので、まずは役のイメージを固めていくことから始めます。前田裕幸さんは台本をもらうと内容や自分のセリフを念入りに確認し、少しずつイメージを固めていくようです。上手く固まらない時やイメージしづらい時は監督や演出家、脚本家とも相談し、イメージを明確にしていきます。

ただ、監督によっては具体的なアドバイスがなく自分で考えさせられることにこだわる人や、かなり抽象的なアドバイスであることも少なくありません。なので、彼はすぐ関係者に相談するのではなく、まずは自分で考えた上で役のイメージを意見し、その反応から正しいイメージかどうか見極めているようです。また、役によっては職種・業界に取材をお願いし、より具体的でリアルな人物像をイメージして
いることもあり、プロ意識の高さが伺えます。

前田裕幸の体型作りのこだわり

役をこなす上で体型作りも大切な下準備です。イメージによって体型も異なるので、前田裕幸さんは筋トレやダイエットを通じて肉体改造を図り、撮影に挑んでいます。役が決まってから撮影までのスケジュールは決して長くないので、かなりストイックな肉体改造となるようです。

ある役では体重を落としてスラッとしたビジュアルになり、またある時は筋肉を付けて体重を増やしガタイのしっかりした役柄を演じました。また、長期的な撮影となると疲労も重なるので、肉体改造は疲れにくく、過酷な環境での撮影も乗り切ることを目的に行っているところもあるようです。

前田裕幸の発声や喝舌の練習

聞き取りやすいようにセリフを言うために、発声や喝舌を鍛える事前準備も欠かせません。普段から練習を重ねているものの、撮影前は念入りに行うようです。役によっては大きな声を出しますし、かっこいいセリフなのに喝舌が悪いと締まりません。理想的な役を演じきるためにも、ボイストレーナーの指導を受けて発声練習や喝舌を良くする練習に励んでいます。

ご紹介した撮影の準備は役者なら誰でもやることですが、同じ準備でも前田裕幸さんと他の役者とはこだわる部分に少し違いがあると言えます。プロ意識が高く妥協を許さない性格なので、念入りに準備を行うのでしょう。しかし、この準備が魅力的な演技につながっているのだと思います。

モデル・俳優として活動しつつ、自身でお店もプロデュースしている前田裕幸さんは、爽やかなルックスとファッションセンスの良さで同年代を中心に人気を集めています。2018年の時点ではまだ20代ですが、30代・40代で行いたいことは何なのか、前田裕幸さんの目標や夢についてご紹介します。

自身のお店をもっと多くの人に利用してもらう

前田裕幸さんは東京・外苑前に自身が代表を務める下着専門店を経営しています。このお店は国内の下着ブランドの直営店舗で、さらにテレビや雑誌でも取り上げられることが多いブランドのアンダーウエアを多数販売しているようです。

彼のファンを始め、モデル・俳優仲間、芸能関係者も度々訪れており、経営は順調とみられます。まだ新しいお店なので、30代の目標はもっと多くの人に自分のお店を利用してもらうことのようです。

ネットが普及したので様々な集客方法がありますが、彼が2016年から始めているのがライブ配信になります。一般的な動画配信は録画して編集したものをアップロードして公開しますが、ライブ配信はリアルタイムで動画をWeb上にアップするものです。リアルタイムで情報を伝えられ、またコメントを通じて反応を確認できることから、マーケティングで活用するケースが増えてきています。

彼が使用しているライブ配信アプリは全世界で配信されているものなので、もしかして海外の方も見ているかもしれません。そうなれば、国内だけではなく、国外からもお店に訪れたり、ショッピングサイトから購入してくれたりする可能性もあります。

いずれにしても、もっと多くの人に自分のお店と商品の良さをアピールするために、今から動画や画像でプロモーションを頑張っている様子です。

前田裕幸、俳優としても活躍

現在はお店の経営に集中していて、時折モデルやヘアモデルの仕事も行っています。前田裕幸は俳優を目指して芸能界の道に入っており、30代から40代あたりで俳優業も頑張りたいと思っているようです。彼は過去に連続ドラマでレギュラーとなり、さらにバラエティー番組のイメージドラマにも出演した経験があります。

頑固な性格なので自分の夢や目標は貫き通す真面目な面もあるので、俳優として活躍する夢も捨てていないのでしょう。のんびり屋でマイペースな一面もあるので、ある日突然俳優としてテレビに出ている可能性も考えられます。

前田裕幸さんの30代・40代で行いたい事についてご紹介しましたが、まずは自分のお店を大きくしていくことが間近の目標のようです。また、芸能界での夢も捨てていないので、30代・40代のうちに俳優としてドラマや映画などに出演する機会も狙っています。まだ若くこれからの活躍を期待される方なので、30代と40代はどんなことを行うのか、今後の活躍にも注目してみましょう。

↑このページのトップヘ