お化粧のいらない美肌づくりと健康的なダイエット!

漢方の力も借りて調査。健康で元気な体を保ちつつダイエット!。痩せる食べ物・美肌食品&食生活とは

肌を改善するならやはり食生活を見直すところから

カレイに含まれるコラーゲンは本当に肌にいい?

 

 カレイの調理法でもっとも一般的なのは、煮付けだろう。カレイの身は刺身で食べるにはかたいので、煮てやわらかくして食べる調理法がポピュラーになったのだ。
 そのカレイの煮付けを作ると煮こごりができる。カレイの身には、タンパク質の一種であるコラーゲンが含まれているので、それが煮汁に溶け出して冷えて固まり、ゼリー状になるのだ。では、カレイに含まれるコラーゲンを食べると、どんな効果があるのだろうか?
 現在、コラーゲンを多く含む健康食品が、関節の痛みをやわらげたり、肌のハリを保つなどとして売られているが、じっさいにはそのメカニズムはまだ十分に解明されていない。コラーゲンは体内でアミノ酸に分解されるので、コラーゲンが直接体に吸収されることはないと考えられてきたからだ。
 ただし、近年の研究で、摂取したコあることがラーゲンのすべてがアミノ酸に分解されるわけではなく、アミノ酸が2~3個結合したコラーゲンペプチドの状態で吸収されることがわかってきた。そしてこのコラーゲンペプチドには、皮膚のコラーゲンをつくる繊維芽(せんいが)細胞を活性化する働きがあることが判明したという。
 ただし、それもまだ試験管レベルの話であり、コラーゲンを摂取した人体でも、同じことが起きているかどうかはわかっていない
 したがって、コラーゲン摂取が本当に肌のハリをもたらすかどうかは、依然として不明確、今後の研究が待たれるところだ。

 

 

この食材!からだにどう効く?(毎日の食べ物の効能)

年金が分かって暮らしに安心!【(国民 共済 厚生)年金共通】

「厚生年金」早わかり!

「お化粧のいらない美肌づくりと健康的なダイエット!」のページのトップへ

 

ぜんぜん痛くないムダ毛の抜き方

ブログネタ
つるつるのお肌になる! に参加中!

 

 夏になると、気になるのがムダ毛。女性だけでなく、近頃では、剛毛の男性は不人気なので、ひそかにムダ毛のお手入れをしている人も多いだろう。
 ムダ毛のお手入れで困るのが、ムダ毛を抜く時のあの痛さだ。かみそりで剃るだけではすぐに生えてきてしまうので、ムダ毛を根元から抜くほうがベターなのだが、とにかく痛い。
 そんなときに試してほしいのが、ムダ毛を抜く前に保冷剤で肌を冷やす方法。保冷剤で冷やされた肌は無感覚状態に近くなる。ムダ毛を抜いてもあまり痛く感じない。こうすれば、苦痛だったムダ毛のお手入れがかなりラクになる。
 そのうえ保冷剤で冷やした肌は、ムダ毛を抜いたあとが赤くならず、見た目にも美しいと一石二鳥だ。

 

 

この食材!からだにどう効く?(毎日の食べ物の効能)

年金が分かって暮らしに安心!【(国民 共済 厚生)年金共通】

「厚生年金」早わかり!

「お化粧のいらない美肌づくりと健康的なダイエット!」のページのトップへ

 

炭水化物抜きダイエットを続けると、脳に影響があり記憶力が悪くなる

ブログネタ
健康的にダイエット に参加中!

炭水化物を抜くと、最初は体重が減るが、脳に影響があり、記憶力が悪くなる。脳と、脳にまつわる神経系のエネルギー源は糖質だけだから、糖質や、体内で糖質に変わる炭水化物をぜんぜん食べないと脳が働けなくなるのだ(血糖値が下がりすぎると昏睡状態に陥ることがある)。

このダイエット法はアメリカからやってきたものだが、本家本元のアメリカでも問題になっている。炭水化物を長期間摂取しないと、体は肝臓に蓄えられているグリコーゲンをブドウ糖に分解して使おうとするから、肝臓は余分な仕事を増やされて、解毒作用が低下する。これは女性が大嫌いな肌荒れの原因にもなる。さらに、不足した分を補おうと体内のタンパク質を分解してブドウ糖を合成するから、病気に対する抵抗力まで弱くなってしまううえ、とても疲れやすい体になってしまう。

脂肪の摂取を減らし果物と野菜を増やすダイエット(アメリカの癌研究財団推奨)」と、この炭水化物抜きダイエットとの比較調査では、最初の6ヶ月は低炭水化物ダイエットのほうが急激に体重が落ちるが、体重を減らす効果は1年後にはほぼ同じになるという。

炭水化物を食べないような偏食系のダイエットは、栄養バランスがかたよるため、体内で代謝異常が起こって体重が減るだけという専門家も多いという。

炭水化物抜きで一時的に脂肪は減少しても、停滞期のあとはリバウンドで異常に増えてしまう。ダイエット中でも1日に2杯は、ご飯を食べよう!。





この食材!からだにどう効く?(毎日の食べ物の効能)

年金が分かって暮らしに安心!【(国民 共済 厚生)年金共通】

「厚生年金」早わかり!

「お化粧のいらない美肌づくりと健康的なダイエット!」のページのトップへ

 

巨乳は肩こりの原因ってホント?

ブログネタ
健康雑学 に参加中!
 巨乳の女性には密かな悩みがあるという。それは肩こり・・・。そういうと、誰しもが自分のおっぱいの重みが原因と思ってしまうが、ほんとうの原因は別にある。

 人体工学の研究によれば、肩こりの原因は、じつはブラジャーのストラップ(ヒモ)の長さにあることがわかっている。
 ストラップの長さは調節が利くように作られているが、それを「動いて肩からずり落ちてくるとイヤだ」と、少しキツめに調節すると、肩の血行障害、つまり肩こりになりやすいのだ。

 また、胸が大きいのをコンプレックスに感じて、猫背気味の姿勢をとっていると、やはり血行障害や背筋力の低下で、肩こりを起こすこともわかった。

 どんなに巨乳でも、堂々と胸を張って、正しくブラジャーをつけていれば、肩こりに悩むことはなくなるのである。



この食材!からだにどう効く?(毎日の食べ物の効能)

年金が分かって暮らしに安心!【(国民 共済 厚生)年金共通】

「厚生年金」早わかり!

「お化粧のいらない美肌づくりと健康的なダイエット!」のページのトップへ

 

湿疹、ニキビ、じんましん、肌荒れは、「亜鉛不足」が原因かも?

ブログネタ
肌トラブル(にきび・ニキビ痕・赤ら顔) に参加中!

 

原因不明のじんましんが続いている人は、レトルトパックなどの加工食品を頻繁に食べているのが原因であるケースが多く見られるという。また、じんましんだけではなく、湿疹ニキビ肌荒れも出てくるという。

これは、亜鉛不足が原因だそうだ。

抜け毛が多かったり、毛髪がパサつく、つめが弱くなるなどの症状も亜鉛不足が原因。そのほか性機能の後退も起こる恐れがあるという。

亜鉛不足を招くのは、フィチン酸。食品添加物のフィチン酸亜鉛などの吸収を阻害してしまうという。

加工食品を食べるのをやめなければ、見た目の老化を進め、かゆみや皮膚炎に悩まされるなど、つねに体のどこかに不具合が生じるという。また、亜鉛不足は食事が偏るダイエットのときにも起こりやすいので、ダイエット中の人は注意だ。

亜鉛を多く含む食品は牡蠣やウナギ、大豆、豆腐、そば、緑茶など。また、胚芽や米ぬかにも亜鉛は多く含まれている。

 

 

この食材!からだにどう効く?(毎日の食べ物の効能)

年金が分かって暮らしに安心!【(国民 共済 厚生)年金共通】

「厚生年金」早わかり!

「お化粧のいらない美肌づくりと健康的なダイエット!」のページのトップへ

 

にんじんとさつまいも、どちらが太る?

ブログネタ
ダイエット方法 に参加中!

 

 「白米とパスタ(どちらも精白の場合)、どちらが太りやすいと思いますか?」。正解は、白米! パスタのほうが“太る”イメージがありますが、実は同量食べたときには白米のほうが太るのです。
 
 もうひとつ、「にんじんとさつまいもは、どちらが太りやすいでしょうか?」。正解は、にんじん! さつまいものほうが甘いし、デンプンも多そうなので、太りそうですが、答えはにんじんです。

 さらにさらに、「大福とプリンでは?」。答えは、大福! 大福のほうが和菓子で小豆だから、太らなそうですが、違うのです。

 これは“GI(グリセミック・インデックス)値”によるもの。食後に血糖値が上がるスピードを数値化したもので、血糖値が急激に上がる食品は“高GI食”、血糖値がゆるやかにしか上昇しない食品を“低GI食”といっています。
 
 太りにくくするためには、カロリーだけを気にしていたのではダメ。血糖値のコントロールが大事なのです。血糖値は、食事をするたびに増えますが、何をどう食べるかで血糖値の上がり方が変わります。

 “血糖値を急激に上げない食べ方”をすることがダイエットには大事。太らないだけでなく、“老化防止”のためにも、血糖値を急に上げないようにすることが必要だということが、最新医学でわかってきています。

 “高GI食”を食べてはいけないのではなく、もしも食べるなら、“低GI食”の食品から食べること。これだけでも違います。  そこで気になる“高GI食”は、いずれも精白した食パン、米、フランスパン、もち、うどん、ロールパン、じゃがいも、にんじん、グリーンピース、完熟バナナ、アイスクリーム、大福、ドーナツ、キャラメル、ホットケーキ、あんこなどなど。

 ダイエットに上手に取り入れたい“低GI食”は、全粒粉のパスタ、麦、さやいんげん、たまねぎ、トマト、キャベツ、ピーマン、大根、なす、ほうれん草、小松菜、きゅうりなどなど、小豆、豆腐、納豆、大豆、牡蠣、しじみ、あじ、いか、たらこ、しらす、いくら、チーズ、牛乳、りんご、いちご、なし、グレープフルーツ、プリン、ゼリーなど。

 “高GI食”と“低GI食”の間の“中GI食”は、もち米、クロワッサン、玄米、そば、パスタ(精白)、かぼちゃ、さつまいも、とうもろこし、そら豆、ちくわ、ツナ、ぶどう、キウイ、すいか、ハチミツ、ポップコーン、チョコレートなど。  いかがですか? 今日からの食事の参考にしてみてください。

 

 

この食材!からだにどう効く?(毎日の食べ物の効能)

年金が分かって暮らしに安心!【(国民 共済 厚生)年金共通】

「厚生年金」早わかり!

「お化粧のいらない美肌づくりと健康的なダイエット!」のページのトップへ

 

極端なダイエットがリバウンドしやすいのは、「半飢餓実験」によって明らか

ブログネタ
ダイエットいろいろ に参加中!

 

 減量した後、体重がもとに戻ることを「リバウンド」という。ダイエット経験者なら、リバウンドを繰り返していると、やせにくい体質になってしまうことをご存じだろう。
 このことは1950年、米軍がおこなった「半飢餓実験」によって明らかにされている。その実験では、32名の健康な人を対象に、7か月間にわたって食事量を必要エネルギーの20〜60%に抑え、体の変化を観察した。すると、7月後の体重は平均23%減り、体脂肪は65%も減ったという。
 その後、通常の食事に戻したところ、被験者の体重は4か月でもとに戻った。ところが、体脂肪だけは、実験前より増えていたことがわかったのだ。これは「ウエイトサイクリング現象」と呼ばれるもので、ダイエットでリバウンドを繰り返すと同様の現象が起きることがわかっている。
 食べ物が与えられないと、人間の体は蓄積されたエネルギーを消費して命を維持しようとする。その際、真っ先に使われるのが糖質で、次に脂肪が使われる。それでも栄養が足りなくなると、筋肉などのタンパク質が使われはじめる。
 極端な食事制限で減量するとリバウンドしやすいのは、筋肉内のタンパク質が減るからだ。筋肉量が減ると基礎代謝(消費エネルギー)が落ちるため、以前と同じ食事をしても、体重が増えてしまうのである。
 体内のタンパク質は、5%減るだけでも筋力が低下し、傷の治りが遅くなるなるなど、免疫機能も衰えてしまう。タンパク質が30%減ると、生命の維持が危うくなり、むくみ、血圧の低下、下痢などが起きる。また、抑うつ的になるなど、精神面にも異常があらわれやすくなる。

 

この食材!からだにどう効く?(毎日の食べ物の効能)

年金が分かって暮らしに安心!【(国民 共済 厚生)年金共通】

「厚生年金」早わかり!

「お化粧のいらない美肌づくりと健康的なダイエット!」のページのトップへ

 

 
検索
ブログ内記事検索