美穂の投資勉強日記

ネットビジネス、FX,バイナリ、仮想通貨投資についてブログ書いてます! ブログ初心者なので色々教えてもらえると嬉しいです!!! お仕事の紹介も気軽にしてください!

こんばんは

download

シアトルに拠点を置く仮想通貨取引所であるビットトレックスは、法人投資家が厳選された仮想通貨を法定通貨と取引できるようにするための銀行協定書に署名したよ

ブルームバーグが5月31日に伝えたよ

ビットトレックスは200以上の仮想通貨を取り扱っており、世界中に300万人以上の顧客がいると伝えられている。この仮想通貨取引所は今後、ニューヨークに拠点を置くシグネチャーバンクと協力し、ビットコイン(BTC)、テザー、そしてトゥルーUSDと法定通貨との取引を開始する。今回の新しい銀行協定について、ビットトレックスのCEOであるビル・シハラ氏はその過程は「長い道のりだった」と発言したと伝えられているよ

「銀行側はビジネス全体について徹底的に目を通し、注意深く調べ上げている。彼らは私達が堅牢なAML/KYC(マネーロンダリング対策/顧客確認)プロセスを保有し、自分たちの財政を適切に管理できているかどうかを確認したがっている。彼らは身元調査など、あらゆることを行っている。本当に、私達の事業を何から何まで調査しているのだ」

 シハラ氏は今回の協定が既存の金融部門と仮想通貨の領域との交流という、より広範な動向に向けられた物であると述べており、以下のように語っているよ

 

「今回の件は単に銀行がビットトレックスを信用できるかという問題ではなく、銀行が仮想通貨全般を信用できるかという問題である。そして今回の件により、仮想通貨がメインストリームとして受け入れられるかどうかについては難所を抜けたことが本格的に示されたのではないかと私は考えている」

 このサービスはまず、ワシントン州、カリフォルニア州、ニューヨーク州、そしてモンタナ州の法人顧客に限定して利用可能となる。これは法的な理由による物と伝えられている。ブルームバーグは更に、ビットトレックスは最終的には仮想通貨と法定通貨の取引をリテール顧客にも提供することを計画していると報じている。記事の掲載時点で、ビットトレックスの24時間の取引量は9800万ドル以上となっているよ

 現状、仮想通貨取引所がプラットフォーム上で仮想通貨同士の取引と並行して仮想通貨と法定通貨の取引を行うためにはコルレス銀行と協力する必要がある。米国の大手仮想通貨取引所であるコインベースを例に挙げると、彼らはクロスリバーバンク、メトロポリタンバンク、そしてシルバーゲートバンクとの関係を築いており、最近ではイギリスの銀行であるバークレーに口座を開設した

 最近のウォールストリートジャーナルの記事ではコインベースは現在、自身の活動を支援するパートナーとなる銀行を探す必要性を無くすために、連邦の銀行設立許可証を取得しようとしていることが伝えられている

 仮想通貨取引所の口座が立て続けに停止や制限されてきたことが示すように、規制の遵守に関する銀行側からの疑念により、銀行からの協力に仮想通貨取引所が依存していることについては、複雑な問題が発生する可能性が常に存在してきた。ちょうど今週、ポーランド最大の仮想通貨取引所であるビットベイは、国内の銀行が同社に対する協力を止めてしまったことで国内での活動を停止せざるを得なくなってしまったよ

仮想通貨の情報を手に入れるならここだ
詳細→https://goo.gl/Pz2vxx

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ブログへのコメント、ライン@への直接のご連絡頂ければ幸いです!
まだまだ、私自身が理解しきれていないこともあります。
ビジネスのご先輩方や専門職の方からのご意見も頂ければと思います。
ビジネス本の紹介、ご意見、はお気軽にライン@までご連絡ください
             ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
                                              @fff9976d
             ラインはここ

こんばんは
download
「WankCoin」という新たな仮想通貨が誕生した。Wank(自慰行為を意味するスラング)の名が示す通り、WankCoinはアダルトサイトの有料コンテンツを誰にも知られず、安全に購入するための仮想通貨だよ

仮想通貨とブロックチェーンのコンセプトを理解するのはそれほど難しいことではない。子供の頃、「チャッキーチーズ(Chuck-E-Cheese)」(ゲームセンターが併設された家族向けレストラン)でトークンを購入してゲームをプレイしたり、商品を購入したのと基本的な仕組みは同じだ。カジノでプラスチック製のチップを購入するのも同じ理屈といえるね

ブロックチェーンの利点は、取引きや契約の際に個人情報を安全にやり取りできることだ。WankCoinが何を目的に開発されたかは一目瞭然であり、男性ユーザーの多くは狂喜しているに違いないね

ネット上には無料のアダルトコンテンツがあふれているが、最高のものを視聴するのに代金を支払うのは、動画のストリーミングサービスに加入するのに似ている。WankCoinはイーサリアムをベースにしており、怪しい仮想通貨との関連はないよ

現在、100以上のアダルトサイトでWankCoin決済を行うことができるという。クレジットカードだと銀行やクレジットカード会社、家族などに購入履歴が知られてしまうが、WankCoinであればそうした心配は一切ないよ

WankCoinを開発した「Foshan」は、広告プラットフォームや出会い系サービス、VRや仮想通貨を手掛けるテクノロジー企業で、「WankzVR」の親会社なんだって

「Foshanは長年に渡り顧客が抱える課題を理解し、最先端の手法を使ってユーザーエクスペリエンスを高めてきた。アダルトコンテンツを楽しむ上で、多くのユーザーが個人情報を公にせず、セキュアな方法で決済を行いたいと願っている。我々は、そうした要望に応えるためにWankCoinを開発した。ユーザーに関する情報はマーチャントに一切開示されないため、ユーザーは個人情報や性癖の漏洩の心配の必要がない」とWankCoinのマネージングディレクターであるBradley Phillipsは声明の中で述べているよ

WankCoinが他の多くの仮想通貨と異なるのは、既に多くのパートナーシップを実現し、現実社会で機能していることだ。これまで多くの仮想通貨が意味不明なサービス向けに開発され、投資家もそれに踊らされてきた。これに対し、WankCoinはアダルトコンテンツを誰にも知られず、安全に購入したいというニーズを的確に捉えたと評価できるんだって

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ブログへのコメント、ライン@への直接のご連絡頂ければ幸いです!
まだまだ、私自身が理解しきれていないこともあります。
ビジネスのご先輩方や専門職の方からのご意見も頂ければと思います。
ビジネス本の紹介、ご意見、はお気軽にライン@までご連絡ください
             ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
                                              @fff9976d
             ラインはここ


こんばんは
download

家計簿アプリなどを手掛けるマネーフォーワード(東京・港)は23日、年内に仮想通貨取引所を開始する計画を明らかにした。また、夏には仮想通貨メディアの運営も始めるんだって

完全子会社のマネーフォワードフィナンシャル(MFフィナンシャル)が同事業を担う。ユーザーインターフェースなど利便性にこだわり、セキュリティを最優先した取引所にするよ

日経新聞によると、ビットコインやイーサリアムといった主要な仮想通貨を取り扱う。決済や送金、ポイント交換といった付帯サービスで、他社と差別化する。同社は2600以上の金融機関やポイント事業者と連携しており、口座の残高、クレジットカードなどの利用明細の情報を利用者に提供している。これと同じサービスを仮想通貨でも展開するよ

今年の夏以降に仮想通貨取引所を開始する計画のSBIバーチャルカーレンシーズと同様に、マネーフォーワードも手数料を抑え顧客を呼び込む戦略。日経によると、家計簿アプリを20社の仮想通貨交換事業者の取引データと連動させ、仮想通貨専用の損益計算で確定申告をしやすくするサービスも始める方針だよ

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ブログへのコメント、ライン@への直接のご連絡頂ければ幸いです!
まだまだ、私自身が理解しきれていないこともあります。
ビジネスのご先輩方や専門職の方からのご意見も頂ければと思います。
ビジネス本の紹介、ご意見、はお気軽にライン@までご連絡ください
             ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
                                              @fff9976d
             ラインはここ

↑このページのトップヘ