ゆめたまご@KUMON沢口南教室

公文式学習教室の指導者のブログです。 教室情報や、公文式学習法などについてお伝えするとともに 日々の子育てなども綴ります。        

2013年07月

こんにちは!埼玉県東松山市の公文教室、指導者・庭野です
地域の子供達のために一生懸命指導にあたらせていただきます
『ゆめたまご』のタイトルは、子供達はいっぱい『夢』をもった『たまご』という意味です
お預かりした生徒さんは、一人一人大事に育てたいと思います

地域の子供達の学力UPを目指して・・・その一助となることを使命として
出会った子供達全員、学年を越えて学習していくことを目標に頑張ります!

入会随時受付中です!
(お問い合わせ)niwano55@hctv.ne.jp 庭野まで

一読即解

CIMG6063CIMG6064






CIMG6065CIMG6066






CIMG6067






一体、何の写真だろう?って感じですね
新聞?そう思えるぐらい細かい字の文章ですが
これは、25年度の公立高校の国語の入試問題ということで
事務局から頂いた資料です

どこで紹介しようかと、ずっと考えていて、今になってしまいました・・・

さて、この国語のテストですが
50分という制限時間内で解く量としては、多いな~という感触
長文をいかに早く読んで、理解できるか
初見で『一読即解』の力が必要です
何度も読み返していたり、設問からキーワード探しして文章を眺めていても
しっかりと内容を読み取れていないと
選択肢を選ぶにしてもちょっと迷う感じ
キーワードだけでは選びにくいです
『何十字でまとめよ』みたいな設問も日頃の練習がないと手が出ないかも
そんなところでウロウロしていたらタイムアウト
一番最後の作文までたどり着けない

上記にも書きましたが
『初見で一読即解ができる力』をつけるには
一朝一夕というわけにはいかないでしょう
日頃から文章に触れて、長文を一気に読みこなす訓練をしておかないと

公文式国語学習は、受験を目的とした学習ではありません
高度な読書力を養成するための教材です
しかし、上記のような長文を読みこなす問題において
公文式国語学習はかなり有効であると感じました
公文の国語教材でつけたい力は、まさに『文章を一読即解できる力』
文章を深く読む、読める
そういった力をつけていきます

また、基本的な読解力がついてきた生徒さんは
国語教材に関しては、何度も何度も同じ教材を繰り返すことなく
どんどん新しい課題、教材に進んで行きます
まさに日々『初見で一読即解』の練習をしていきます

様々文章にどれだけ触れられるか
多くの文章を読みこなして行く中で
『初見で一読即解』の力を鍛えていきます!

3つのご飯

今日は、娘たちの小学校の終業式です
あっという間に1学期も終了
明日からは長~~~~い夏休みへ突入ですね
楽しい計画も色々とあるかと思いますが、勉強もしっかりと続けてまいります
教室は、15日(木)はお盆休みですが
あとはいつも通り教室を開けますので頑張って通ってきてください
公文の子は、宿題も毎日ありますから
お出かけもあるかもしれませんが、公文タイムをうまく取り入れてください
どこかに帰省しても、宿題を持って行ってやりましょう
基本・・・公文学習にお休みはありません

公文は『頭のご飯』
毎日『体のご飯』は忘れずに食べるのですから
頭にもちゃんとご飯あげてくださいね

そうそう・・・ご飯の話が出たついでに・・・
ご飯には3つの『ご飯』がある!なんて、よく先生達との間で話題になります

体のご飯⇒いつも食べているご飯
頭のご飯⇒公文のプリント
心のご飯⇒読書(本)

子供達には3つのご飯をしっかり食べて成長してもらいたいものです
長い夏休みですから、読書にもチャレンジして欲しいですね
絵本だっていいのです、自分の好きな本を見つけて欲しい
是非、ご家族で図書館へも足を運んでみてください<(_ _)>

当教室からは、また『先生手作りの栞』を配布いたします
(さてさて、これから作らなきゃ!!)

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

ちょっと嬉しい話です・・・
今日の終業式では、各学年の代表者一人が
『一学期にがんばったこと』と題して、檀上で作文を発表するのだそうです
1年生代表には・・・
我が家の次女が選ばれました
ちょっとビックリですオオーw(*゚o゚*)w
先日持ち帰った台本(作文)を見ると、なかなかの文章力
幼稚園から一緒に小学校に行ったお友達が一人もいなかった次女は
最初はとまどいと不安がいっぱいで苦労したことが書かれていました
しかし、今では、クラス全員とお友達になれたこと
また、体力テストや勉強でも頑張ったこと
朝顔を種から育て、毎日世話して花を咲かせるまでのことなど
短い一学期ではあったけど、大きく成長できた様子がその作文に書かれていました
母としては感動!!!
いい作文が書けたなぁ~・・・と感心

今頃、次女は発表している頃かな?
昨日はリハーサルまであって、6年生が、マイクを持ってくれたようです

長女も先生方の離任式では、2年連続生徒代表で発表していますが
なんとも頼もしい娘たち

母の知らないところで、しっかりとやっているようです

私の小学生時代を振り返ると、引っ込み思案で
人前で何かしゃべるなんて一切できない子でした
そんな自分と比べて、娘たちの頼もしさ
ただただ・・・凄いなぁ~エライなぁ~と感心するばかりです





夏期特別学習受付中

当教室でも、夏期特別学習の受付開始しております
内部生の方には、他教科にチャレンジをお勧めしています

夏期特別学習とは、夏休みの間、約40日間
一か月分の月謝で学習ができますので
ちょっとお得感があります
公文生と同じに、教室に通ってきます
長い夏休みなので、遊んでおしまいにするのではなく
この時こそ、力をしっかりつけたいものです(もったいないでしょ~)

7月19日(金)~8月31日(土)
教室日は、月曜日と木曜日となっています
他の曜日は、宿題を受け取り自宅学習します
1教科分・・・小・幼(6300円) 中(7350円) 高(8400円)
英語学習希望者には、Eペンシルを貸出します
詳しいことは、沢口南教室 庭野までお問い合わせください
niwano55@hctv.ne.jp

゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆
夏期特のお知らせがすっかり遅くなってしまいましたが
内部生さんにはすでに通達済
先行して、夏期特学習を開始しております
外部の方で、迷っている方がいたら・・・と思って、あらためてブログにてお知らせしました

迷っている方がいたら・・・
やるなら『今でしょ!?』ということです

数か月前に当教室に通い始めた幼稚園生さん達
最初は、数字などたどたどしく読む練習から始めましたが
今となっては、たし算レベルにまで力がついてきました
『面白い!!』と言って、スイスイたし算をやり始めた子も出てきました
すごいでしょ~~

小学生達も、この夏に一気に学年を越えていく子が続出しそうです

そんな様子を見ていて・・・
子供達の能力って鍛えると凄い!!!とつくづく思います
だから・・・
ただただ、野放しで遊ばせているだけでは勿体ないではないですか!
この夏休み、しっかり鍛えれば、子供達の力も一気に伸びるでしょう
やる子とやらない子の差が出てきちゃう夏休み

迷っているのなら・・・この夏は公文にチャレンジ!!



学問に王道なし

勉強ができるようになるためにはどうしたらいいか?

答えはただ一つ

練習を積み重ねるということに尽きると思います

教室で出会った生徒さん、お母様にもいつも同じことをお話しています
『どんなに素晴らしい先生の講義や説明も
聞いているだけでは決して勉強ができるようになんかなりません
一問でも多くの問題を自分の力で解くこと。練習すること。
これが勉強ができるようになる、一番の近道です』

では、どんな問題に取り組んだらいいのか?

それは、学年だとかにとらわれない、その子のレベルに合ったところ
『ちょうどの学習』の積み重ねです
課題をこなしながら、一歩一歩進んでいくのです

参考記事・・・『自分の力で伸びていく』

レベルといっても知識面だけにとらわれません
学習を積み上げていくために必要なのは
作業力、集中力、思考力、継続力など色々な力も平行して育たなければなりませんから
そういった点も踏まえて、一人一人に与える教材も決定します
習熟度の見極めは指導者がするとしても、練習を積み重ねるのは生徒さん自身
自分の力で進んでいきます
練習回数も人それぞれ
100人いたら、100人違う進み方があるのです
そういう学習が可能なのが、公文式学習法です

『学問に王道なし』

このようなことわざをご存知でしょうか?

この句は、西洋の古いことわざのようです
紀元前300年ごろの、エジプトの王様(トレミー)は
 空間の図形を研究する学問(幾何学)を学んでいたようですが
その学問を教えていた、ユークリッドという数学者に
 「簡単に学ぶ方法はないのか」と訪ねたとき
ユークリッドが「幾何学に王道なし」と答えたことに由来しているようです
この句は、他の事にも当てはまるかもしれませんが
自分で、この世界の真理を学ぼうとするには
 王様や、庶民の区別はなく、みんな、等しく、同じように努力をしなければ
学問を得る事はできないという ことを言っている、と思います

王道=王さまだけに許された、努力しないで簡単に学ぶ方法

という意味なのですが、どんなにエライ人でも
学問に限っては、努力せずに体得できないということです

国語はすべての学習の基本

国語学習は、すべての学習の基本です

算数・数学、英語、社会、理科・・・何を学習していく上でも
かならず教科書を読みます
その内容を理解・納得できる力がなければ
何事も進んでいきません

『よく、公文の算数だけでは文章題ができません・・・』
という声を聞きますが、そういうお子さんは国語力が弱い場合が多いです
国語の力も合わせて鍛えていかないと
結局、他教科にも影響が出ます

算数・数学、英語学習で学年を越えて学習していく生徒さんは
たいてい国語の力も合わせて高い傾向です

国語は母国語ですから
自分の力とそれほど変わらないレベルの問題なら、何となく解けてしまいます
でもじょじょにレベルの高い読み物を読んでいくうちに
設問の意図が分らなくなり、どう解答していったらいいのか・・・分からなくなる
きちんと系統だった学習を積み上げなければ
国語は母国語とはいえ、知らない間に難しい教科となっていってしまう
読書力も身につけないと、国語の力は育ちません
国語も練習が必要だということです
系統だった学習
読解力&読書力
読書力は、本を読まないお子さんは力のつけようがありませんね

公文式の国語学習では、読解力を高めるために
教材上で様々な課題の学習をします
課題の提示があるので、国語学習が具体的で分り易いです

今、自分は『主語』の学習だな
今度は『述語』の学習だな
『修飾語』という物を学習中だな・・・など

生徒さん自身が、自分は今、何を学習しているのかよく分った上で
プリントに取り組んでいきます
そして、高度な読み物にだんだんに進み、『要約』、『縮約』などに繋げます

(幼児さんは、ひらがな読みを楽しくできるようなカラフルプリント学習、または教具を使います)

様々な課題に合わせ、幅広いジャンルの読み物に出合いながら
少しずつ読書レベルも上げていくように教材が導いてくれます

公文式国語は、古文、漢文も学習していきます
ここまでいったら、たいしたものです



ギャラリー
  • イギリス旅行記・エピソード3
プロフィール

Niwano

公文式 沢口南教室
(算数・数学・英語・国語)
教室日 月・木
3時~7時
指導者 庭野朝子
東松山市沢口町5-22
090-7837-7925
niwano55@hctv.ne.jp
入会金なし
幼児・小学生
月謝6480円(1教科分)
中学生
月謝7560円(1教科分)
高校生
月謝8640円(1教科分)
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: