ゆめたまご@KUMON沢口南教室

公文式学習教室の指導者のブログです。 教室情報や、公文式学習法などについてお伝えするとともに 日々の子育てなども綴ります。        

2015年04月

こんにちは!埼玉県東松山市の公文教室、指導者・庭野です
地域の子供達のために一生懸命指導にあたらせていただきます
『ゆめたまご』のタイトルは、子供達はいっぱい『夢』をもった『たまご』という意味です
お預かりした生徒さんは、一人一人大事に育てたいと思います

地域の子供達の学力UPを目指して・・・その一助となることを使命として
出会った子供達全員、学年を越えて学習していくことを目標に頑張ります!

入会随時受付中です!
(お問い合わせ)niwano55@hctv.ne.jp 庭野まで

教科書はただちに読んでしまいなさい

『のびてゆく幼稚園』という幼稚園が大阪にあります
この幼稚園は、公文式創始者、公文公(くもんとおる)先生が創立したものです。
公文先生は生前、必ずこの幼稚園の卒業式に出席して
毎年同じ事を卒園生に話していたそうです。
その内容とは・・・

『学校に入ったら、皆さんは教科書を学校からもらいます。
もらったら、ただちにみんな読んでしまいなさい。
そして、2年生になったら、また新しい教科書をもらいます。
そうしたら、またみんな読んでしまいなさい。
3年生になったら、また新しい教科書をもらいます。
そうしたら・・・?』と問いかけていたそうです。

子供達は一斉に『みんな読んでしまう!!』と答えていたそうです。

そんな様子を見て、公文先生はニコニコして『よくできました!みんな頑張ってください』
とエールを送って祝辞としていたとのことです。

学校の先生から、読みなさい、書きなさいと指示を出されないと何もやらない
いや、指示を出されるまでやってはいけないと思い込んでいる子供や父兄は
大変な損をしていると思っていたようです。
指示待ちでは、いつまでたっても自学自習の力など育ちません。
だから、あえて・・・

『教科書は、もらったすぐに見ても良い!ただちに読んでしまいなさい』

と、積極的に学習に向かう一つの姿勢を教えていたんだと思います。

ちなみに、『のびてゆく幼稚園』は、園児達に公文式学習を取り入れています。
園児達をすでに読み書きができる状態にしてから
小学校に送り出しているので
安心して『教科書を読んでしまいなさい』なんて仰られたのかもしれません。

さて、新学期が始まりまして娘達も新しい教科書をもらって帰ってきました
今年から、教科書がガラリと様変わりしていてビックリ
お姉ちゃんお兄ちゃんの教科書や、テストをいつもあてにしていた子は
今年はあてにできなくなったようです(笑)
意図的にそうしたのでしょうかね~
長女のクラスの子の中には、完全にお姉ちゃん達のテストやら
作文やらをしっかりパクッて提出・・・なんていう子もいましたから
さぞかし困っていることでしょう
結局は、自分の力だけが頼りです

公文先生に言われるでもなく、娘達は新しい教科書の中身に目を通していました
「ママ!国語の教科書に、古文が出てきた!!これ公文でやったばっかり~』
と教えてくれました
公文教材で「竹取物語」の課題を少し前に長女は終わらせております
(公文教材では段階的に出題。J教材でしっかり取り組みます)
ただ、小学校の古文ですから、古文に触れるということで
音読のみで、4作品のみの掲載

ほほぅ~・・・こんなところをスラスラ読めたら格好いいね~
いまのうちから練習して、覚えちゃおうか?と提案

と、同時に、教室の5年生達の顔が思い浮かびました
中でも、最近入会した太郎君(仮称)
勉強ができなくて困っているということで引き受けた生徒さん
算数のみの学習者でたし算からやり直しています
勉強ができない子と、レッテルを貼られてしまっている状態のようですが
tomoko先生は、1年後には、間違いなく学年を越えさせようとしている子です
この太郎君が、もしクラスで古文の音読の際
みんなの前でスラスラと流暢に読んだら、絶対に格好いいのではないだろうか・・・
みんなビックリするのではないだろうか・・・
みんなの見る目だって絶対に変わるのではないだろうか・・・・

tomoko先生の妄想の結果、新5年生達には古文の音読と暗唱を
今年度の課題に付け加えることにしました
DSCN0655
















国語学習者とかなんとかっていうのは関係なし
さっそく、こんな物を作ってみました
5年生達全員に配布
高進度の子が多いので余裕で「やってみる!」と受け取ってくれました
太郎君に見せると・・・
(え?これ何?)という顔されて・・・(笑)

太郎君?新しくもらった教科書見た?2学期頃に古文っていうのやるんだよ?

「え?見てない・・・古文・・・って何?」

こういう昔の文章なの。慣れていないと読むのが難しいから、先生のところで先に練習しておこうね
ついでに覚える練習もしよう!こんなのスラスラ読めたら、格好いいじゃん!!
音読と暗唱ができたら、合格シール貼るからね!
 
「・・・は、、、、い・・・」

ということで、太郎君も古文の取り組み始みも開始
ついでに、「もらった教科書はみんな読んでしまいなさい」と公文先生の言葉を伝えました

太郎君を勉強でカッコよくしたいtomoko先生
余計なお世話と言われそうですが・・・

お帰り♪

ご入園、ご入学おめでとうございます
娘達の通う小学校でも、今日は入学式&始業式でした。
しかし・・・なんともあいにくのお天気で驚きました
この前、桜が満開だったというのに
今日は、雪!!!∑( ̄[] ̄;)!ホエー!!
こちらは、数センチ積もりましたからね・・・
たまたまお電話頂いた新1年生のご父兄の方とも
「この天気のような荒れたクラスにならなければいいけど・・・(笑)」
なんて、話しました

さて!
3月に書きたいと思っていて、書きそびれていたことがありました
以前、ブログでご紹介した双子の兄弟T君とK君が、また教室に戻ってきました
以前の記事⇒http://blog.livedoor.jp/mhpn-kumon/archives/41336558.html
『つどいで会おう!』とお別れした生徒さん達です
遠方から約1年通って来てくれたけど、日々のこともそれなりに忙しいので
自宅から歩いて5分の公文教室に転校していったT君とK君
tomoko先生との約束を片時も忘れずに、必死に頑張って『つどい』を達成してくれたという話
そんな嬉しいを報告をしてきてくれたママから、またまた連絡が来ていました

「tomokoさん・・・ちょっと相談!また、そっちに戻っていい?」

あらら~どうしたのΣ(゚д゚;) ヌオォ!?

「カクカクシカジカ・・・ということで、子供達が、やっぱりtomoko先生の所に戻りたいって。
私もそうしたいんだけど・・・」」

そっか・・・色々とあったのね・・・
もちろん!!!ちょっと遠いけど、来てくれるのなら喜んで♪

どうやら、『つどい』の達成はtomoko先生との約束だから
何があっても頑張ると、慣れない転校先の教室で頑張ったものの
その後の目的を失ってしまったらしい
何をどう頑張ったらいいのか、それよりも辛い思いもしたから
公文を辞めたい
でも、本当ならもっと先に進めるのに・・・
なんていう、どうしていいか分からない状況だった様子
一度私の教室から出たから、また戻るなんていいのだろうか?
そんな心配もしていました

心配ご無用!!!
すぐに戻って来~~~~い!!!


ということで、次の週に速攻で、私の教室に帰ってきた彼ら
涙が出るほど嬉しくって、久しぶりの再会時は
ハグしまくりでした

もう小4だった彼ら(今月からは小5)なので
ちょっと照れてtomoko先生にハグされていました

お帰り!!!また一緒に頑張っていきましょ!v(*'-^*)-☆

T君は『つどい』達成後も、着々と数学を進めていたものの
H教材終了テストで合格できなかったから、先に進ませてもらっていないとのことでした
しかし、どこがどう間違っていたのかウィークポイントも教えてもらっていなかったので
力のいれどころが分からなかったという状況
tomoko先生は、さっそくH終了テストを実施
なんでだろう・・・文句なしの合格ラインじゃん
『OK!進めーーーー!』ということで、I教材に進級させました
全く問題なし
苦労した分力をつけて、理解も早いT君は間もなく完全平方式です

K君は、『つどい』達成後、ちょっと心配になってG教材を一気におさらいしてから
H教材に進んでいるということで、その続きから

そして、二人ともやってみたかった『英語学習』も同時に開始
面白がって、毎週1冊ずつ仕上げていってます
(彼らの覚えるスピードは凄いのです)

教室が、またもとに戻ったとはいえ、変わったことで様子はどうかな?
と、次の日電話を入れてみました
そうしたら・・・
『あんなに嫌がっていた公文の宿題を、朝起きたら速攻で自分たちでやっていて
パパが驚いているよ!特に英語は楽しくて仕方ないみたい・・・

手前味噌ですが、先生が変わるとこうも変わるのか~
という、嬉しい一言も付け加えていただきました( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ

それと、実は、彼らには弟(今月小3)のY君もいるのですが
Y君も一緒に学習を始めました
兄ちゃん達が、『つどい』達成したものだから
それに早く追いつけと、この春休み中は毎日20枚学習を自ら課していました
ひっ算の足し引きのあたりは、完成時間もそれなりにかかるから無理すんな?
と言っても本人は聞かない(笑)
『C教材に入るまでは20枚頑張ると決めた!』と言って燃えていました
男に二言は無し
彼は、しっかりやり抜きました
お見事な三兄弟(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ

さらにパワーアップして帰ってきた優秀児達の第2部開幕
これから、どんなドラマが展開されていくのか
tomoko先生は楽しみでたまりません

ちょっと余談ですが・・・
うちの教室では『春休みなので・・・』『冬休みなので・・・』『夏休みなので・・・』ということで
宿題をいつもの倍やりたいから宿題を増やしてください
と申し出てくる生徒さんが長い休みの度にいます
先に進みたい意欲が満々なのです
大変嬉しいことです
お母さんに言われたから・・・とかではなく、ほとんど自主的な感じ
エライですよね~

念のため言っておきますが、tomoko先生が脅したりしてないです(笑)


ギャラリー
  • イギリス旅行記・エピソード3
プロフィール

Niwano

公文式 沢口南教室
(算数・数学・英語・国語)
教室日 月・木
3時~7時
指導者 庭野朝子
東松山市沢口町5-22
090-7837-7925
niwano55@hctv.ne.jp
入会金なし
幼児・小学生
月謝6480円(1教科分)
中学生
月謝7560円(1教科分)
高校生
月謝8640円(1教科分)
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: