ゆめたまご@KUMON沢口南教室

公文式学習教室の指導者のブログです。 教室情報や、公文式学習法などについてお伝えするとともに 日々の子育てなども綴ります。        

教室情報

こんにちは!埼玉県東松山市の公文教室、指導者・庭野です
地域の子供達のために一生懸命指導にあたらせていただきます
『ゆめたまご』のタイトルは、子供達はいっぱい『夢』をもった『たまご』という意味です
お預かりした生徒さんは、一人一人大事に育てたいと思います

地域の子供達の学力UPを目指して・・・その一助となることを使命として
出会った子供達全員、学年を越えて学習していくことを目標に頑張ります!

入会随時受付中です!
(お問い合わせ)niwano55@hctv.ne.jp 庭野まで

図書館の自習室風・・・

今日は、震災から5年が経った3月11日
テレビでは、忘れてはならない震災・・・ということで、連日のように番組が組まれています
娘達の学校の教科書にも、震災のことはちゃんと掲載されて
学校でも教えているようです
当時、微々たる力ではありましたが
私はパパ様や仲間と物資を運んで、現地に何度か足を運びました
その時の様子は、私自身忘れられません

宮城県に足を運ぶ中で繋がりができた方々がいました
皆さん、いい方々ばかり
そんな中で、エコたわしを作って販売したりする活動で
親交があった東松島のMさんのお嬢様が
このtomoko先生のブログをずっと見ていてくれたそうです
(こちらの『ゆめたまご』は2つ目のブログで、以前は支援活動中心のブログを書いていました)
そして、東北で公文の先生を目指してくれて
今月ついに教室を開設した!という、お知らせをもらいました

お知らせをもらった時は、ついにやった!!万歳!
と喜びました
長い研修を頑張って受けてくれたんだ~と思うと嬉しいものです
同士が増えたって気持ち
震災を通じて、こんな繋がりができたこと
やっぱり、この日は忘れられない日です
東北のT先生!これから、それぞれの地で頑張ってまいりましょう!

さてさて・・・
tomoko先生自作のパネルを設置しての『図書館の自習室形式』の教室の様子
DSCN1060
















こんなことぐらいではあったのですが
昨日は、思いのほか良い効果があったかと思います
BlogPaint
















実は、初めて、教室の様子を写真で撮ることができました
初めて・・・というのは、まずもってtomoko先生は教室中はそんな余裕はないから
通常は、あっちこっちで手が上がり
『分かりません!』という子達に指導を入れています
しかし、昨日は『分かりません!』と手を上げる子が格段に少なかったのです
新出の子達や、テストの子達もたくさんいたはずなのに・・・
また、集中できずにぼんやりしている子の姿勢を直したり
だらけている子に注意したり・・・と、学習内容以前の問題でもtomoko先生は忙しいのです(笑)
しかし、昨日は生徒さん達の学習姿勢は素晴らしかったです
この写真を撮影した時は、私語は一切ありません
鉛筆の走る音のみが響いていました

右手の席は幼稚園生達です
すごいでしょ・・・・小学生達に混じって普通に勉強しています!!

多分、この仕切りパネル1枚ですが
仕切られていることで、安心感があるのかもしれません
その結果、気持ちが安定して集中して取り組めた
だから、いつもはすぐにあきらめて質問していた子も
集中することで、自力学習が継続できた・・・
しかも、昨日テストを受けた子は全員合格したんですよね
成績表の居場所もはっきりしているので、机上もすっきり片付いています

たかが仕切りパネル1枚ですが
子ども達の学習に大いに役立ってくれそうです



5月の無料体験学習受付中

5月の無料体験受付中です

ここのところ、野村萬斎さんがCMでだいぶ宣伝してくれています
当教室でも、無料体験学習が18日(月)から始まります
近辺の方々には、すでにチラシを配布させていただきました
事前に電話でのお問い合わせをお願いいたします
ブログを見て・・・の場合は
メールにてお問い合わせくだされば、こちらからまたご連絡申し上げます

公文式 沢口南教室
指導 庭野ともこ
niwano55@hctv.ne.jp

すでに、たくさんのお申込みいただいております
BlogPaint





















カレンダーの下に、ズラズラと申込書を張り付けているtomoko先生です
生徒さんの妹ちゃん、弟くん達の名前もたくさんあります
だいぶにぎやかになりそうな体験学習

今回は、漢検・英検の申し込みも重なっているので
その申込書もズラズラと・・・
みなさん、大変積極的で、色々なことにチャレンジしてみたいといった様子
素晴らしいですね

スタッフ一同、みなさんの学習を全力でサポートしてまいります(*^_^*)

そうそう・・・
太郎君は、以前40分近くかかっていたひっ算のたし算が
昨日は10分でできるようになり
『先生!学校でも、計算アタック(?)では、一番になりました!』と報告してくれました
『おおおおーーーー凄いね!成果でてきているね!』
自信がついてきたのか、何事も積極的になってきた様子
漢検にも挑戦したいということで、9級からチャレンジすることにしました
たった1か月ぐらいのことです
練習して下手になる人はいない
勉強だって、練習すれば必ず上手にできるようになる!
最初に会った時にそんな話をしました
これからもどんどん伸びていく様子の生徒さんです
できるようになってきた自分が嬉しいのか・・・
お友達も今回の体験に誘ったんだ~と話してくれました
こういうシェアはいいですね
いい意味での競争相手ができると、男の子の場合さらに伸びていきます
お友達と一緒に、ぐんぐんできるようになっちゃいましょう!
BlogPaint





















長女が玄関ホールのボードに、今月のお知らせを書いてくれました
tomoko先生、ずいぶん可愛く描いてくれました(笑)

2014年『進度上位者のつどい』

7月19日(土)、川越プリンスホテルにて『進度上位者のつどい』が開催されました

『進度上位者のつどい』とは
学年を3学年以上越えて学習している生徒さん達が招待されるイベントです
(英語教材については特別な基準があります)
各地域から優秀児達が集まってきます
004













大変広い会場となっております
ここに招待生の生徒さん300人ほど、保護者の方なども含めると
1000人近くの方が着席することになります
去年に引き続き、私は裏方のお手伝いの先生も引き受けておりました
今年の担当は中学2年生以上の生徒さん

今年度は、当教室から2人の生徒さんが招待されました(*^-゚)vィェィ♪

小4女子1名、小2男子1名、それぞれ算数・数学部門です

010













小4の生徒さんは・・・長女です
昨年に引き続き、算数でオブジェゲットしました
(*^▽^)/★*☆オメデト♪

003













今年は趣向が変わりまして、撮影パネルの前に見本オブジェが置かれていて
これを持って、保護者の方が撮影するというスタイルになっておりました
本人がゲットしたオブジェは、後日各教室の先生から手渡しされます
今年のオブジェ・・・です
この写真では分かりにくいのですが、クリスタルの中に色々な動物が彫刻されています
可愛い!
そして、その細工が素晴らしい~

BlogPaint


















このテーブルに生徒さん達が向き合って座りました
これも、新しい趣向で、生徒さんが左右の列で交互に自分の教材を解法するため
うわぁ~~、みんなどんな所を解くのか楽しみ♪
とワクワクしながら、生徒さん達が着席するのを待ちましたo(^^o)(o^^)oワクワク

BlogPaint













私の担当席の隣は、実は幼児部門
幼稚園児達が、解法を開始したところです
みんな、C、Dなどの掛け算や割り算をスラスラと解き始めたところ♪⌒ヽ(*゚O゚)ノ スゴイッ!!!

015
















014













私のお隣に座っていた、中学生のお兄さんやお姉さんの教材もチラ見
おおおお~~やってますな~凄いところ!
すでに高校生レベルの教材です
国語なんて、もうすぐで最終教材じゃない?!
これを、スラスラと読んで解いて・・・解法しておりましたよ
♪⌒ヽ(*゚O゚)ノ スゴイッ!!!

BlogPaint













左右列、交互に解法しますので、解法しない生徒さんや保護者の方々は
実際に解いている生徒さんの様子を見て回れます
人気は、やっぱり幼稚園児達や中学2年以上の子達の席
最終教材間近の子達の難しい教材を、たくさんの方が見に来ていました
私も、他教室の生徒さんの様子を見て回りながら
もちろん、うちの生徒さんもちゃんと解いているか確認にしに行ったりとウロウロしていました
うちの小4は、H教材の方程式の応用問題←解法OK
小2のT君はE教材の分数のひき算←解法OK
ε=( ̄。 ̄;A フゥ…なんとかできていました!
ちょっと楽しい7分間

解法タイム終了後は、各学年の生徒さんの名前が全員呼ばれ
檀上に勢ぞろいします

BlogPaint



















自分の名前をマイクで言います


BlogPaint













小4生勢ぞろい



小5、小6は人数も大変多いので、2組に分かれて檀上へ

BlogPaint













優秀な幼稚園児達
将来が楽しみですね


BlogPaint













将来は、最終教材まで解いちゃうような、
凄いお兄さん、お姉さんになるんでしょうね


ここに招待された生徒さん達は、それぞれに色々なドラマを経て
それなりに苦労して、いっぱい努力してきた子達ばかり
簡単にこの檀上には登れないのです
だからこそ、その努力を称えたい

そして・・・
百聞は一見にしかず
このイベントにうちの教室の生徒さんを全員を連れて行きたい
経験させてあげたい
苦労した先にあるもの
それは、本当に乗り越えた人にしか分からないんだけど
まずは学年を越えた学習を体験させ、達成させること
私自身の目標としてあらたなに決意いたしました

しかし残念なお知らせが・・・
この『つどい』は2015年の夏で終了だそうです
щ(゚ロ゚щ) オーマイガーッ!!

2016年からは名称が変わり、基準も新たに設けられるらしい
さらにハードルが上がるのか??!
頑張るなら今年度!
みんな、頑張るぞーーーーーー



KUMON三角鉛筆購入できます

大切な『鉛筆選び』
可愛いデザインの鉛筆に、ついつい目がいってしまいがちですが
『鉛筆』は学習する子供達にとっても最も大切な道具の一つ
何を選ぶのか気を付けたいものです
鉛筆の持ち方は小学校に上がって教えてもらうものの
個別に指導をしてくれるわけではありません
ちなみに、小学校での持ち方の教え方は
『2本でつまんで、中指まくら』なんていう風に教えてくれるようです
『書く・描く』という行動は、小学校に上がる前から子供達は始めますので
実は、小学校に上がってから教わるのでは少々遅い・・・
やはり、ご家庭での注意が必要

変なクセの持ち方が体に定着してしまわないうちに
きちんとした持ち方を習得して欲しいと思い
教室では、きちんとした持ち方をサポートしてくれる『公文の三角鉛筆』を在庫しています
随時購入可能ですので、お気軽にお声かけください (・◇・)ゞ

教室での学習中、鉛筆の持ち方が気になる生徒さんには
随時声かけするとともに、鉛筆選びのアドバイスもさせてもらっています
本気で鉛筆の持ち方を修正する場合は
お母様と相談の上
教室中だけの指導では直りません
ご家庭の協力が不可欠
ご家庭での協力が得られない場合は・・・あきらめるほかないです
(まっ、しょうがないですね~
子供達にとって学習するという行動は、毎日のことなので
毎日クセを直す練習をしなければなりませんから
週2日の教室中だけでは、焼石に水(経験上)

だから・・・できれば、きちんとした持ち方を習得するなら幼稚園、低学年のうちです

さて、それではどんな鉛筆がいいか?ということになります
鉛筆を持つ場合、上記の小学校の先生の教え(2本でつまんで中指まくら)からしても
3本の指で持つという形が理想的です
2本というのは、親指と人差し指のことです
3点が鉛筆の面にちゃんとくっついている状態を作るのに適した形は『三角』
ということで、公文の三角鉛筆は作られています
握った時に、三角ならば自然とこの3本の指でもつように導いてくれます
小さい方は、普通の形(六角、丸型)の鉛筆だと握りこんでしまいがちですが
三角でしかも太い鉛筆なら、自然に3本指で握ることができていくでしょう
以前の記事にも書きましたが、芯は濃いものが手が疲れなくて良いです
また、細い鉛筆は手元の力が入らないので、太めがおすすめ
あまり長い鉛筆も、ふらつく原因となるので、短めがおすすめ

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

当教室で購入可能な鉛筆のご紹介
(ご紹介の商品の見本は教室の玄関ホールに展示してあります)
6B

鉛筆を使い始めにおすすめ
幼児さん用
6B三角鉛筆(太い)

長さは市販の通常鉛筆よりも短め
運筆力の弱いお子さんでも
ふらつかず力を入れて書けます
(専用の鉛筆削りが必要)

¥370(会員価格)




4B


6B鉛筆が慣れてきたら
ワンステップあげて
こちらの4B三角鉛筆
6Bタイプよりも少し長め
太さは6Bタイプと同じ
(専用の鉛筆削りが必要)

¥370(会員価格)






2B

筆圧・持ち方も良くなってきたら
さらにワンステップ上の2B三角鉛筆
太さは6B・4Bともに同じく通常よりも太め
長さが少し長くなります
(専用の鉛筆削りが必要)
¥370(会員価格)






ここまでの6B・4B・2B三角鉛筆は、専用の鉛筆削りが必要です
えんぴつげずり




三角鉛筆専用の鉛筆削り

¥130(会員価格)






ホルダー

三角鉛筆用ホルダー
三角鉛筆は
芯が柔らかいため早めに短くなってきます
少しでも長持ちさせて使うために
左のようなホルダーも合わせて使用することも
お勧めです
キャップにもなるので
筆箱の中にしまう時には
芯を保護してくれます

¥150円(会員価格)




2Bかきかた鉛筆さらにステップアップ
通常の鉛筆とほぼ同じ太さ・長さの
2Bかきかた三角鉛筆

¥430(会員価格)






公文教室の生徒さんは、すべて会員価格で購入可能です

市販の物でも、探せば似たような商品があるとは思いますが
教室でも手軽に購入できますので、一つの情報としてお知らせしておきます

参照:http://www.kumonshuppan.com/wp/special/039sp/index.html




標テ終了

4月27日(土)に『標準学力テスト』(=標テ)を実施し、無事終了いたしました
このテストは、新2年生以上の生徒さんが受験可能
テスト内容は、教科書(学習指導要綱)で学んだ内容です
形式は多肢選択法(記号を選ぶ方式)で、記述式ではありません
記述式解答法だと、採点者の甘辛が生じる可能性があるからです

日頃は公文式で訓練していますが、また違った角度からの出題
どうだったでしょうか?
監督していた様子からすると、生徒さんは少々戸惑いながらも
しっかり実力を発揮されたようでした

標テの結果レポートは6月頃の予定となります
またその時期がきたらお知らせいたします
結果には、偏差値などが記されています
そういった評価基準を作るために、公文では2009年に問題制作をスタートし
2011年~2012年に、実際に公立の小・中学校に協力を依頼し
予備実施を行いました
小学校:22県49校で各学年約1700名の児童
中学校:14県23校で各学年約1200名の生徒
数度の実施で、のべ3万1000人という受験者データをもとに
標準化作業を行い、しっかりとした評価基準を設定しているため
公文の『標テ』は全国規模での基準を持っているといえるでしょう

偏差値などについつい目がいってしまいますが
全国レベルでの自分の位置がおおよそ分かることのみが目的ではありません
このテストの結果によって、得意分野、不得意分野が明確となることにより
ご家庭と一緒になって今後の学習対策が立てられればと思っています

また、公文式での学習が
どの程度反映されているのかも確認しておきたいところ
公文式で、学年を越えて学習している生徒さんは
学校の授業に余裕を持って臨まれているはず
公文式で練習をしていない分野においても
高い理解がある傾向であるということが
実証されればと、当教室でも受験された生徒さん達に期待しています

年に一度の『標準学力テスト』

また、来年もチャレンジしてみてください

正直・・・
公文式のプリントに無い内容については、私自身が教えていないので
生徒さん達はできるのだろうか・・・?
と、ちょっと心配していましたが
始まったら、サッサと鉛筆が動いてどんどん解答していく生徒さん達

さすが!!

公文式で学んでいる子は、こういうところでも力が発揮できるんだなって感心して監督しました
学校でもちゃんとやっていることが分かって、ちょっと安心
目新しい問題もじっくり考えて、ちゃ~~んと解答していました

生徒さんにとっては、とってもいい経験ができましたね!

ちなみに、『標テ』は公文生だけでなく、一般の方も参加可能です
全国レベルでの自分の実力を知りたい小中学生の方も
気軽にこの時期になったら、公文教室の『標準学力テスト』に申し込みされるというのも
一つのチャレンジとなりますね
詳しいことは、お近くの公文教室へお問い合わせください

ちなみにこちらの教室は・・・
埼玉県東松山市の沢口南教室  指導者 庭野です
お問い合わせ・・・niwano55@hctv.ne.jp  

ギャラリー
  • イギリス旅行記・エピソード3
プロフィール

Niwano

公文式 沢口南教室
(算数・数学・英語・国語)
教室日 月・木
3時~7時
指導者 庭野朝子
東松山市沢口町5-22
090-7837-7925
niwano55@hctv.ne.jp
入会金なし
幼児・小学生
月謝6480円(1教科分)
中学生
月謝7560円(1教科分)
高校生
月謝8640円(1教科分)
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: