南三陸町港仮設での炊き出しを終えて
粥菜坊チーム&岐阜チームとは
仮設住宅でお別れ
我々も帰路につきました・・・が、
事前に少々気になる仮設住宅の情報がありましたので
帰り道に確認してから帰ることにしました

ちなみに、我々の帰宅は夜11時頃
粥菜坊チームの帰宅は深夜0時を回ったとのこと
車がI顧問のものでしたので
粥菜坊さん達を送った後、岐阜チームはもちろん岐阜まで帰宅
連絡もらったのは、朝の6時半頃でした・・・
I顧問!まさに鉄人です
12時間近く運転・・・しかも、その日はフルマラソンに参加すると言っていました
南三陸から帰宅して、フルマラソン!!
どんだけタフなの!w( ̄▽ ̄;)wワオッ

さて、気になる仮設は二つ
林仮設・大久保仮設
事前に地図の上ではおおよその場所は確認してきたのですが
住所までは分からず
ここら辺だろう~ということで、まずは林仮設住宅を目指します

志津川の近くですが、近辺は壊滅的な被害を受けたことが分かります
とにかく何もありません
ちょっと町から離れると、一変する感じ
住宅街だったのか、畑だったのか、よく分からない何もない中に山に通じる細道発見
看板が一応建っていたので、この道いいんだろう・・と突き進みました
その道がまた凄い道∑(=゚ω゚=;) マジ!?
破壊された岸壁に向って直角に曲がって上がっていく道
勾配45度?っていうぐらい、凄い急な坂道です
凍ったら最後、絶対に上り下りできないと思います
また、荷物が多いと登れるか心配するような坂道
う~~ん、説明しにくいのですが
とてもその坂の上に人が住んでいるとは思えないような道なのです

でも、ちゃんとありました!人、住んでる・・・
CIMG1795CIMG1796









とっても小さい仮設住宅です
掲示板もありますが、あまり活用されていないような雰囲気
今まで見た掲示板では、炊き出しだとか、移動スーパーだとか
生活に密接したような掲示物が張り出されていることが多いのですが
こちらではサウジアラビアからのガス支援のこと・・・?!
それって、いつの話なんだか・・・よく分からないです
ここでは班長さん不在
たまたまそこに居合わせた、こちらの仮設に知り合いがいるという
バイクに乗ったお兄さんにお話を伺いました
「ベイサイドなどのバザーなどはもちろん知っているが
こちらの仮設の方のための物資支援や炊き出しなど一度も来ていませんよ・・・
全部失った人達だから、気の毒でもう少し何かしてあげてもいいのでは・・・
心配なのでたまに様子見に来ているんです」

そっか・・・どっこも来ないんだ

実は、ナースみかさん現地調査してきてくれています
本日の情報
子供幼児5~6人います(私も小学生3人とお話しました)
20代~60代まで
集会所あり(写真見ると一番奥にありますね)
物資支援というものは今まで一度もないとのことです
CIMG1799
人の気配がほとんどないもので
私は話を聞くことがあまりできませんでしたが
みかさん情報にもありましたし
その場にいた方の話もありますし
こちらの仮設は
あまりに山の中なので忘れられているような印象です



写真の一番奥の家が班長さんの家だというので
そこにいた子供に名刺にメッセージを書いて渡して
ここを離れました
帰り際、一人の男の子に
「お菓子ちょうだい!デュエルマスターズのカードちょうだい!みんななくなっちゃった!」
と、何度も言われました
ここのところ、寄り道することが多いので
お菓子の箱の一つでも持っていれば良かったと
後になって反省
お菓子一つあげられなくてごめんね・・・(≧≦) ゴメンヨー
-------------------------------------------------

次なる仮設に出発です
林仮設の近くだという記憶だけを頼りに・・・
後は地名でなんとか分かるだろうと車を走らせましたが
ん?
迷った?(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?
だって~看板が見当たらないどこーーー大久保仮設
グルグルしながら、もしかしてと入って行った所にいきなりありました
看板が無いというのは非常に困ります
なんせ、南三陸はとにかく何も目印になる物が無いんです
CIMG1800
こちらは1期と2期とで工事が分かれたようで
二つの集落が一緒になったようです



最初に伺ったお宅の方に
「班長さんのお宅はどこですか?」
と聞きましたら
「さぁ~・・・一番端のうちかしら?」
そんな返答が返ってきまして・・・
実は、真ん中に駐車場スペースを設けてしまっていて
2つに分かれてしまっています
それで右と左で分かれてしまっているのかな・・・と思いました
さぁ~・・・なんて返答からして、まとまっているよう印象ではありません

班長さんの奥さん(おばあちゃん)とお話すると
こちらも何の支援団体も入っていないとのこと
その前に「炊き出し?物資支援って?そんなことしてもらえるのですか?」
という、そんな返答
色々話せば長くなりますが、とにかく色々な面で困っている、不便である
行商は来ない
この仮設の人達は家も車もみんな失くしたので
町からお金が出て(多分義援金)すぐに全員車を買ったとのこと
車が無いと生きていけないから・・・
なんとかしているが、
支援とやらをしてもらえたらありがたい・・・なんて話になり
まずは、看板作りに困っていると相談されました
仮設の人達に、班長なんだから看板を立てろ!
看板がないからどっこも来てくれないんだ!と言われているが
どこにペンキを売っているのか、
どうやって看板作ったらいいのかさっぱり分からない

おばあちゃんとおじいちゃんが班長さんとなったけど
こういったことも全部やらなきゃ・・・とはね・・・
行政で看板ぐらい立ててあげればいいのにね

こちらの仮設についてもナースみかさんから本日現地情報入っています
幼児1人
中高生6人
だいたい3~4人家族40代~70代
猫1匹・犬1匹(私が確認した限り)
近くに「さかなのみうら」という魚屋さんが開店して
そこが2回ほど物資支援してくれたらしいですが
あとは誰も来ないとのこと
具体的に無い物も聞いてきてくれています
お玉・菜ばし・フライ返し・フライパン・片手鍋はないようです

今までどうやっていたのでしょうか・・・
ちなみに、のれんもかかっていませんでした
チラっとお部屋を見た感じでは、がらんどうのお部屋のイメージ
今まで見てきた仮設とは、ちょっと物資的に乏しいです

帰宅してすぐに何人かのママ'sの支援者の方に報告しました
そうしたら、ありがたい!
NPO里山クラブの高野さんが
今月19日に現地入りしてくれることになりました
しかも、看板作って持って行ってくれるとの事
大久保仮設に2つ
林仮設に1つ

高野さん、ヨロシクお願いいたしますm(__)m

そして、もう一つありがたい!
あのohana戸田チームが
11月6日にこちらの二つの仮設の
物資支援のため現地いりしてくれることになりました

リッキーありがとう(*゚▽゚*)

ohanaチーム、リーダーのリッキー
私が南三陸町でこちらの仮設の下見に行くのを待っていてくれて
物資も準備してくれています
仲間と日程の調整もつけてくれていて
本当に支援の入っていない状態だったら我々が行きます!と言ってくれています
頼もしいね~

ということで、次なる支援先は林仮設と大久保仮設となりました
----------------------------------------------------------------
さっそく支援物資を送ってくださっています
CIMG1890
ダスキンのお掃除セットが入っていました
岩手の仮設でもダスキンが
お掃除セットを配っていましたが
こうした生活用品は助かります

他、とにかく色々・・・
K様、気にかけてくださり
本当にありがとうございましたm(__)m


今後も支援物資の御協力をお願いいたします
まずは、庭野までメールください niwano@hctv.ne.jp