海外に行くとよくわかりますが、
日本はとりわけ湿度が高い国です。

身体を様子を観察していると
一年は四季というよりは、五季ではないかと思えます。

春夏秋冬・・・そして梅雨です。


梅雨の時期、湿度が高いと水の循環が悪くなり、膿みやすくなります。
(澱む水は腐る

膿みやすいとは腐りやすいこと。


『腐るは氣去る』…そうともいえます。


食べ過ぎても血行が悪くなり歯茎が膿みます。
(歯茎が腫れている人は、甘いモノを控えましょう)

その他
打ち身、打撲、
虫刺され・・・蚊やハチに刺される
ヘビなどに咬まれる。


異物や毒が体内入れば身体は『化膿』して腫れてきます。



膿んで腫れるというのは、見方を変えれば
身体が解毒している働き…その姿ともいえます。

だから、それ自体は悪いことでもなく
むしろ、とても良いこと…なのです。




そのように膿んで腫れても
化膿活点を押さえれば
解毒の働きが高まり、驚くほど経過が早くなり腫れが引いていきます。


化膿活点の場所は
上腕(二の腕)の外側の真ん中あたり。

膿んでいる方の腕を押さえます。


kanoukattenn




写真のような感じで、反対の手の指でジワーッと押さえます。

ちなみに左右の腕を押さえて比べると
膿んでいる方が明らかに痛い、鈍い、変な感じがします。


その化膿活点をジワーッと二〜三回、
押し込むように押さえましょう。

そして外側に少し弾くようにします。


子ども場合は弾かなくても大丈夫です。

押さえながらそこに意識を集注するようにしましょう。


虫刺されなどは、翌日には軽快しているはずです。


梅雨から夏、そして秋口までは
大活躍するのが、この化膿活点です。


腫れたら化膿活点を押さえて、
気分も晴れやかに


お試しください。




ヨガ・整体・セミナースケジュール
http://holon-harmony.com/schedule/action~month
宮田ひさもちフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)
https://www.facebook.com/hisamochi

宮田ひさもちツイッター(フォローご自由にどうぞ。)
https://twitter.com/ISTHayabusa

ホームページ
http://holon-harmony.com/

宮田ひさもちメールマガジン
http://holon-harmony.com/mailmag


WEB講座