あれっ 昨日投稿した筈なんですがありませんね、

慌てて探してみました
 あっ ありました!



16日早朝
門を出たら5分でここへ。


八尾駅前雲一つ無いでしょ、
素晴らしい青空ですが
あと二時間もすれば
バスが雲の中に入っていくのを
知りませんね。
数えてみますと同じコースのバスが



3台並んでいます。


クラブツーリズム
「初秋の蒜山高原ウォーク 2007」

今年は関西方面から
72台のバスで3200人の「歩こうやんか」さんが
参加している筈です。

この筈は”添乗員から殆ど案内が無かった為の筈です!”

普通、バスツアーですと
五月蝿いぐらいの案内があります、
「もうわかったやんか・もうええやんか」と思うほどに。
でも、参加者の気持ちを高揚させるにはいいんですね。


ぶつぶつ云っている乗客を無視して
バスは素直に4時間で岡山蒜山高原(地図へと到着。


高原到着低い雲が広がっていますが、
そんなことお構いなしに
次々とバスが到着して来ています。
8キロコースのスタート地点です。
正面の道を行けばいいんです。




お兄さんが「それやったらこっちやで」と教えているでしょ
そのこっちに行ってみる事にしました。


塩釜冷泉塩釜冷泉です。
それは何やねん?でしたら ここ

人が少ないのでこちらで差し入れ弁当を。





ランチ差し入れされた弁当

 








箸が写っているのが今年、容器が少し違うだけで
中身はまったく同じです。


8キロ先のゴールをめざして8キロの地点まで戻ってきました。
冷泉まで行って戻ってくるだけでしたら
40分もあれば十分です。
含むランチタイムで1時間。
時々あたる程度の雨が
降り出してきました。




あと5キロあと5キロですよ地点です。
この辺りから
雨さんも本気になったらしく
雨足が強くなってきました。
青空が見えていますが降っているんです!





傘を差しているのが見えるでしょ!

皆足早に通り過ぎて行きます、
だんだん人影も少なくなってきます。

涼しいのやら暑いのやらわかりません、
雨合羽に包まれていますから。

合羽のズボンはバスの中です、
まさか雨さんが本気になるとは思いませんでしたので。

足は重くなるしズボンは濡れて重くなるし、の
やっさもっさのウォーキングの後半は
                             明日につづく・・・・・


 

ゲンノショウコゲンノショウコ

 

 

 





出発地点でまず目に飛び込んできたゲンノショウコ
紅白揃っての群生は見事でした。


キンミズヒキツリフネソウ

 

 

 

 

 

キンミズヒキが草むらでひっそりと。
黄色い花が目を惹きました。


ツリフネソウの花も沢山咲いていて堪能してきました。
素敵な花なのに花にも葉にも根っこにも毒があるそうです。
去年初めて目にした時の感動を思い出しました。


ワレモコウ

草むらからそっと顔を出したワレモコウ 
花期は7月〜10月で
最盛期だと思いましたが

あまり咲いてなくてちょっとがっかり。

 



「吾も亦(また)  紅(くれない)なりとひそやかに 」
高浜虚子 の和歌が頭に浮かびました。
 

         11枚の拡大画像の部屋

写真日記 - livedoor Blog 共通テーマ