2010年06月14日

ゴキブリコンビナート「何も言えなくて…唖」見てきました

●AYWALK結成30周年記念公演だそうw

6/11(金)〜6/13(日)木場公園前日19時開演

ゴキコン以外のお芝居を見なくなって久しいわけですが、ゴキコンはお芝居に含まれるのでしょうか?

久々の野外で何があるのかドキドキしていましたが、行ってみると小屋は囲ってあって屋根もちゃんとある。あれれ?と思って見てましたが、途中ユンボが出てセットをぶち壊し、その後もう1台出てきて、ユンボVSユンボでガツンゴツンと格闘。ユンボ手話。ユンボ愛撫、とユンボ大活躍で納得。確かに普通の会場じゃあの重機2台を搬入するは難しいでしょう。

今まで立っていた場所にユンボが出てくるとお客さんがざわめきます!しかもユンボのバックから強めのライトが眩しく、逆光になって異様なかっこよさ!ユンボなのに!トランスフォーマー的なかっこよさです。それに芝居を見にきたはずなのに、重機を見ることになるとは誰も予想していません。しかも客のいる場所を押しのけてユンボが突進。

ユンボのアーム(?)を動かすのはすっごい難しそうです。操縦してる役者さんの目がすごく真剣で、それを見て、もしかして一歩間違うとリアルな大惨事になりかねない?と逆にドキドキ。だってアームの先の手のとこ、人が乗って、そこで演技しても揺るがないほどの重機加減。けっこうでかい。

ユンボで愛撫は、むかしテレビでユンボ名人みたいなひとが、ものすごい細かい作業(缶ジュースのプルトップ空ける的な?)をこなしていたので、日々特訓していけば可能かもしれないと思いました。

私が見た回が初日で役者さんたちも加減したのかもしれないけど、あんまり汚れるようなことはされませんでした。どろんこの役者さんたちがお客さんをかき混ぜるような動きが少なかったから?舞台上から飛ぶ汁系のものもあまりなく、客席側のスペースがさほど汚れなかったので、レインコート着るほどではなかったです。むしろ自分の汗でびしょびしょに。

役者さん、あいかわらず容赦なくからだを張ってて、それ見てるだけでなんか感動。あと、曲の感じがいままでと少し変わったような。それからダンスがバリエーションに富んでて面白かったな。

mi_kashima at 00:30コメント(4)トラックバック(0)ゴキブリコンビナート演劇 

2010年06月11日

明日からゴキコンの本公演「何も言えなくて…唖」

「何も言えなくて…唖」

なんていう勇気のあるタイトル。
苦情来なかったのだろうか。

明日6/11〜6/13の3日間木場公園にてゴキブリコンビナートの第25回公園です。18:45開場/19:00開演

久々の野外。汚れてもいい格好で行きますよ。わくわく。レインコートもいるかな〜。それとも着替え?パトカー来ないといいな。


mi_kashima at 00:40コメント(0)トラックバック(0)告知ゴキブリコンビナート 

2010年06月10日

明日のいま殺り

明日発売になる「いま、殺りにゆきますRE-DUX-恐怖実話集」ですが、いまはなき英知出版から既刊の1,2のよりぬきと書き落ろしが3作のようです。
よく考えたら、仮題に「ファイナルカット」ってついてましたね…。
ともあれ、あの恐怖をもう一度!書き下ろしもあります!

それにしてもすごい表紙だ。
いま、殺りにゆきますRE-DUX―恐怖実話集 (光文社文庫 ひ 14-3)
いま、殺りにゆきますRE-DUX―恐怖実話集 (光文社文庫 ひ 14-3)
クチコミを見る


mi_kashima at 01:16コメント(0)トラックバック(0)平山夢明先生'10 

2010年06月08日

ダイアログ・イン・ザ・ダークに行きました

ダイアログ・イン・ザ・ダークというのは、どんなに目を凝らしてもまったくの暗闇のなかを、視覚障害者のかたにアテンドしてもらいながら、進んでいって、いろんなことにチャレンジするというイベントです。

完全に視覚を奪われた「本当の真っ暗闇」というのがどんな感じなのか、見えない世界に精通する視覚障害者のかたにアテンドしてもらうというのも面白そう。いったいどんなことになるのか、わくわく。

会場は千駄ヶ谷で下りて10分くらい歩いたところ。洗練された小綺麗なビルの半地下です。いい場所にあるなあ。さすがチケット代5,000円とるだけある。と思ったけど、5,000円のうちのいくらかはチャリティ的なところに回るのかな?

受付を済ませて、ロッカー(100円戻ってくるやつ)に、手荷物を預けたり、壁の掲示物を見たりしながら予約した時間が来るまで待つ。携帯、時計など、光が出たり、音のなるものは厳禁です。待ってるあいだちょっと緊張し始める。

一回のツアーで8名が限界だそうです。私の行った回は5名。予約時間になるとその時間の予約者が集められて、カーテンの先の薄暗い部屋に通され、ウォーミングアップ。そこで注意事項を聞き、視覚障害者のひとがよく持ってる杖を借りて、さらに暗い部屋に。

そこでアテンドしてくれる視覚障害者の方が現れ、自己紹介。参加者5名も全員自己紹介しあいます。そして暗闇のなかでほかの参加者さんになんて呼んでもらいたいかを言います。なんて呼んでもらうか、待ってるあいだに考えておくとあせらなくていいかも。

このあと、このツアーの参加者5名と隊長(アテンドのかた)で、真の暗闇へと向かいます。電気の消えた自分の部屋でさえ、まっすぐ進むのは困難なのに、初めての場所で真っ暗闇というのは、1m進むのでさえ怖い!!!

声のほうに向かってきてくださいと言われても、自分がちゃんと声のほうに向かってるのか確認しようもなく、ふらふらと足元がおぼつかなくなります。むやみに歩くとほかの参加者さんにぶつかりそうだし。

でも面白いことに、この不安な手探りはあっというまに慣れます!手(他人に怪我させないように、手のひらではなく、甲のほうを外側に向けること!)と杖で暗闇を探って進む。進まないと置いてかれちゃうという不安で、頑張って進んでいきます。(実際はアテンドしてくださる方が心を配ってくださってるので大丈夫。でも迷惑はかかるので頑張って進みましょう)

ツアーの始まりは、とにかく必死です!声をかけあって、見知らぬ誰かと協力しあわないと何も出来ない。テンションあげて、声をかけあっているうちに、どれが誰の声でどんな性格のかたか、ふつうに目が見えているようにわかってきます。狭い空間を密集して進んでいくので、服の素材で誰だかわかるようになってきたり、通常の生活のなかではありえない感覚。

暗闇のなかで6人で何をしたかは内緒。これから行こうというかたに、ネタバレになってしまうとつまらない。私の進んだルートは常設ルートですが、ときどき設定を変えてリピーターでも楽しめるようにしてるようです。

最初は必死!中盤あたりから楽しくなってきます。声を出さないといけないからちょっと性格変るよ。人見知りしてたら何も出来ないです。最後の部屋で明かりに目を慣らしてるときに参加者さんとアテンドさんで円座になって感想を言ったり、質問をしたり出来るのですが、そのときに「暗闇のなかではしゃべらないと存在がなくなっちゃう」とおっしゃってた方がいて、まさにそのとおりだと思いました。暗闇でしゃべらない人は、あっという間にそこからいなくなります。「声」が存在感そのもの。

暗闇でいっとき仲良くなったほかの参加者さん達。明るいとこで見ると誰が誰やらわからないという…。参加者さんのひとりは福岡から来てるので、お先に失礼します!と超特急で帰られました。福岡から!!

体感時間は40分くらいなのに、実際の経過時間は90分でした。楽しかったな〜。興味のあるかたは、ぜひ。

mi_kashima at 00:42コメント(0)トラックバック(0)イベント日記 

2010年06月06日

「東京ガベージコレクション」ゲストは宮部みゆきさん、田辺青蛙さん

ラジオのゲストは、宮部みゆきさんと田辺青蛙さん。
田辺青蛙さんは、円城塔さんとご結婚されたそうで、おめでとうございます!

「ゲゲゲ!水!水!」という擬音が「はだしのゲン」にあるか、ないか。
白土三平さんの「カムイ伝」とかじゃない?
→京極さんが今度確認

田辺さんは第一印象が悪いと言われる。目線を合わせないから?ホラ大の授賞式に綾波のコスプレで現れた。
→アラマタさんが使途にしかみえない。

宮部みゆきさんは初めて田辺さんを見たとき、美少年かと思った。子供の頃からかわいいと言われてたでしょ?
→セーラー服を着たおじさんにゲイ雑誌を配るのを手伝えといわれたことならある。

アメリカには「金縛り」を現すことば(概念)がない。それが宇宙人という概念になったんじゃないか?

「闇の英会話」ゲイのひとが好きなアレの言い方
→CHOCOLATE STARFISH

京極さんの不思議な話しは、ずっと床暖を使ってなかったのに、ある日ある一角の30cm四方だけが三日間だけ暖かくなってた。
→中学1年生の女子が体育で体育座りをしたとき亡くなった、その霊です。

京極さんは今年の2月から冷房を入れている。


---

・現在発売されている「てのひら怪談 庚寅」の巻末解説を書かれてます。そして、あともうひとつ、一読感涙ものの凄いヤツも書かれてるらしいです!それは買いに走らねば。てのひら怪談 庚寅―ビーケーワン怪談大賞傑作選 (ポプラ文庫)
てのひら怪談 庚寅―ビーケーワン怪談大賞傑作選 (ポプラ文庫)
クチコミを見る



・6/10(木)発売予定「いま、殺りにゆきますRE-DUX―恐怖実話集」
これは、再録ではなくて、完全な新作なのかな?
RE-DUXってどういう意味?あわあわ。
いま、殺りにゆきますRE-DUX―恐怖実話集 (光文社文庫 ひ 14-3)
いま、殺りにゆきますRE-DUX―恐怖実話集 (光文社文庫 ひ 14-3)
クチコミを見る


・「ミステリーYA!」にも執筆されるようです!
ミステリーYA!の執筆陣に平山夢明さんが加わってくださいました! 平山さんの作品の仮題は『コードネームは奈落』です。お楽しみに!



今後の予定も盛りだくさんです!
お話しはラジオでも十分に堪能できますが、そろそろ話されてるお姿がじかに見たい!イベントもやってほしいな〜。

mi_kashima at 23:25コメント(2)トラックバック(0)平山夢明先生'10ラジオ 

2010年06月02日

平山夢明先生と深町秋生先生の対談がアップされました。

その人の素顔
「誰も書かない表現で買ってもらう」
http://www.sakuranbo.co.jp/livres/sugao/index.html

川崎で過ごされた子供時代のサバイバルな日々、映画制作に明け暮れた大学時代から下積み時代まで、もう何度も聞いてるはずのお話ですが、聞くたびに、いままで聞いてなかった細かいディテールを話されるのが面白く、というか、平山先生の記憶力と観察力に驚かされます。そういうの小説を書かれる上で必要な能力なのだろうな。

この対談で平山先生が小説を書くうえで注意されてることを読んでいて思ったのは、とにかく平山先生がサービス精神旺盛で、読者に対してどうアプローチすれば読者の心に響くか考え抜いて書いてるんだなってことです。面白いはずだよね。平山さんを通すと見落としていたくだらないものがなんでも面白いことになってしまう。これからも誰も考えもしなかった突拍子もない小説を書いてびっくり楽ませて欲しいな。

mi_kashima at 01:19コメント(0)トラックバック(0)平山夢明先生'10イベント 

2010年05月31日

大哺乳類展に行きました

金曜の夜はナイトペアチケット。二人で2000円で入れます。
来てるひともほどほどの数で、ゆっくり見られるので金曜夜に行けるひとにはオススメ。

会場内の剥製ブースは撮影が自由に出来ます。

1

3

4
いろんな種類の動物が一箇所に集められて展示されてると不思議な感じ。


5
いろんな角。鹿さん達もぎゅうぎゅう詰めに展示されています。


6
堂々。これはガゼルだっけか。余裕の笑顔です。


7
金持ちの家にあるやつ。キリンの剥製は長いまつげ。あれ、植えてるのかしら。


9
おさるさんたちは謎の存在感があります。


10
骨もぎゅうぎゅう詰め。マンモスの骨が馬鹿でかいです。


11
オカピってこんなにデカかったのか!


おもしろかったです。
単に剥製を並べてるだけなのにテンション上がった!!
これはこどもは喜ぶだろうな。
日曜はまだまだ混雑してるらしいので、金曜夜に連れていくお母さんは賢い。



12
帰りは寂しい道を通って鶯谷まで歩いて「モンスターカフェ」でビールとハンバーガー。
写真はサタンレッドのビン。強いけど苦味がなく飲みやすかったです。

mi_kashima at 00:53コメント(0)トラックバック(0)イベント日記 

2010年05月26日

ラジオ録音成功

今週の「東京ガベージコレクション」はクリアな音質で無事に録音できました。ほっ。

あいかわらず深夜にふさわしい、着地点のよめないなりゆきトーク。
とりあえず、出てきた話題を箇条書きしておきます。

・ホームで電車を待っていたら、後ろのひとが「いのちごい、いのちごい…」と延々とつぶやいていた。
・甘栗ギャング
・【お便り募集】思い出したくもないイヤな話し
・爪抜き一口メモ。ニッパーではなく、ペンチを使おう
・ワインのコルク栓のような耳垢が
・給食で出たうずらの卵を放課後までもたす
・中華丼のうずらの卵を3回に分けて食べるやつとはわかりあえない
・頭のいいひとはうずらをおかわりする
・いま話していたのは概ね無駄話しです

ということで
募集するテーマは【あなたの無駄な努力聞かせてください】だそうです。


mi_kashima at 02:21コメント(0)トラックバック(0)平山夢明先生'10ラジオ 

2010年05月24日

小説家になろう講座のレポがあがってます

「小説家(ライター)になろう講座」だより...vol.23(2010.5.24)
http://www.sakuranbo.co.jp/special/narou/023.html

小説家(ライター)になろう講座
4月講師・平山夢明氏
「作家になること、そして喰い続けること」


4月に山形で行われたイベントのもようが主催のさくらんぼテレビさんのサイト内にあがってます。

今回も平山先生は丁寧に誰にでもわかりやすい喩えで講評されてました。
でもフランクに受講者さんに話しかけたりしていて、とっても楽しそうなイベントだったことが伺えます。くぅー、行けばよかったっ!!

このあと続きが


以上の講義のあと、深町氏が聞き手になり、平山さんの多彩な経歴や小説への姿勢について語っていただいた。そちらの模様は近日中に、同サイト内の「その人の素顔」でアップいたします。あわせてご覧ください。


だそうです。こっちも早くアップして欲しい。

mi_kashima at 22:41コメント(0)トラックバック(0)平山夢明先生'10イベント 

2010年05月15日

平山夢明&町山アメリカ珍道中の中後編

「魔女の洞窟と進化論否定博物館」

さらに「ほぼワン」の続き。
ニコニコ動画の埋め込みかたがわからないので、町山智浩さんのサイトをリンクさせていただいてます。

すでにロフトプラスワンで映像は見てるのですが、テレビに出ててもあのテンションのまま不謹慎トークに花が咲くおふたりが見られます!
本当に楽しそうだな〜。ピエール瀧がふつうのひとに見える…。



mi_kashima at 22:51コメント(0)トラックバック(0)平山夢明先生'10映画・動画 
平山夢明先生のおしごと
●ラジオ出演中!●
TOKYO FM
「東京ガベージコレクション」
(旧「バッカみたい、聴いてランナイ!)
毎週火曜AM3:26頃〜(55分)
毎週ゲスト:京極夏彦センセイ

●ダイナー●
ダイナー
ダイナー
クチコミを見る

平山流エンタメ作品
読む絶品バーガーの食感をご堪能あれ

●コメカミ草子〜串刺し●
怪談実話 コメカミ草紙 串刺し (幽BOOKS 怪談実話)
怪談実話 コメカミ草紙 串刺し (幽BOOKS 怪談実話)
クチコミを見る

過激な描写は少ないけれど、ボディブローは徐々に効いてくる

●怖い人2「隣人悪夢」●
隣人悪夢―怖い人〈2〉 (ハルキ・ホラー文庫)
隣人悪夢―怖い人〈2〉 (ハルキ・ホラー文庫)
クチコミを見る

たまたま居合わせた隣人が狂人だったら…
手のほどこしようがない都会の現実

●東京伝説ベストセレクション●
(恐怖文庫)東京伝説 ベストセレクション 壊れた街の怖い話 (竹書房文庫 HO 65)
クチコミを見る
よりぬき東京伝説!
一人暮らしのあなたに送る、都会で生き残るためのサバイバルバイブル

●「超」怖い話 ベストセレクション 屍臭●
「超」怖い話 ベストセレクション 屍臭 (竹書房 ホラー文庫) (竹書房文庫 HO 59)
「超」怖い話 ベストセレクション 屍臭 (竹書房 ホラー文庫) (竹書房文庫 HO 59)
クチコミを見る
「超」怖い話から平山さんのお話しだけ集めたベスト版が登場!

●独白するユニバーサル横メルカトル●
独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
独白するユニバーサル横メルカトル (光文社文庫)
クチコミを見る
2006年日本推理作家協会賞短編部門賞受賞
2007年度『このミステリーがすごい!』国内部門一位
伝説の作品集が文庫になって帰ってきました。
覚悟を決めて読みましょう。
うかつに手を出すと痛いめにあいます。

●狂気な作家のつくり方●
狂気な作家のつくり方
狂気な作家のつくり方
クチコミを見る
ついに出ました!
吉野朔実さんとの対談集
一見おふたりがが好き勝手に話されてるようですが、その端々に創作の秘密が垣間見れます。

●怖い本8●
怖い本 8 (8) (ハルキ・ホラー文庫 ひ 1-14)


●平山夢明卒業!!●
「超」怖い話M(ミュー) (竹書房文庫 HO 52)


●絶賛発売中!●
他人事
第2短編集『他人事』
理解出来ない他人達に囲まれているという日常的不安が生み出す数々の悪夢を、その残酷さを愉しむように露悪的に描き出した14篇の作品集。
収録
「他人事」
「倅解体」
「たったひとくちで」
「おふくろと歯車」
「仔猫と天然ガス」
「定年忌」
「恐怖症召還」
「伝書猫」
「しょっぱいBBQ」
「れざれはおそろしい」
「クレイジーハニー」
「ダーウィンとべとなむの西瓜」
「人間失格」
「虎の肉球は消音器」

●絶賛発売中!●
ミサイルマン
第2短編集『ミサイルマン』
収録
「テロルの創生」
「Necksucker Blues」
「けだもの」
「枷(コード)」
「それでもおまえは俺のハニー」
「ある彼岸の接近」
「ミサイルマン」


--- DVD ---

●眼球遊園●
「超」怖い話 フィクションズ 平山夢明の眼球遊園 I~III DVD-BOX
「超」怖い話 フィクションズ 平山夢明の眼球遊園 I~III DVD-BOX
クチコミを見る
平山先生自らがメガホンをとられた「大日本ノックアウトガール」が収録されてます。激レア!
2009.6/27(土)
渋谷TSUTAYAシアターにてイベントあり

●セル版『東京残酷警察』●
東京残酷警察 初回限定“GORE EDITION” [DVD]
東京残酷警察 初回限定“GORE EDITION” [DVD]
クチコミを見る
特典映像に出演されてます!

●「超」怖い話~都市伝説編 IV●
ドキュメント「超」怖い話~都市伝説編 IV~ [DVD]
ドキュメント「超」怖い話~都市伝説編 IV~ [DVD]
クチコミを見る
(2008/12/5)
平山夢明版
「心霊どうでしょう」
第4弾
またしても嬉々として
いろんなタブーを…

--- ポッドキャスト ---

怪ラヂヲ
変な人について
変な映画について

ライムスター宇多丸のウィークエンドシャッフル
配信限定!
放課後DA★話(7/26)
"町山智浩/高橋ヨシキ/平山夢明"
三大野獣を迎えての放課後DA★話・特別編!!!
平山先生の真実の姿を知りたければ、これを聴くのが一番てっとりばやいかも

--- 連載 ---

●『平山夢明のどうかと思うが面白い』●
エッセイ
扶桑社
週刊SPA!(毎週火曜)

●『彼岸の情景』●
角川携帯小説(毎週火曜)
ただいま休載中
文庫読み放題

●『怖い人2』●
角川春樹事務所
POPTEEN(毎月1日)

●『ビキマン!』●
角川春樹事務所
PR誌ランティエ(毎月1日)

●『平山の不道徳教育講座(仮題)』●
光文社PR誌
本が好き
(終了)

●『平山夢明御乱心録』●
マガジンイーノ
(月刊少年マガジン増刊)
偶数月20日発売

●『頭医者:首里シリーズ』●
光文社
小説宝石(毎月22日)
2009年1月号
「蛇両断」
(終了)

●『ダイナー』●
ポプラビーチ
webマガジン
(終了)

●『頭脳警察』●
集英社
小説すばる(偶数月17日)
2008年1月号
第一章
「ファイヤーボール」
(終了)

●『SALVAGE』●
徳間書店
問題小説(奇数月22日)

●『朧夜半次郎』●
KENZAN!(季刊)

●『コメカミ草子』●
幽(夏・冬 年2回)

《対談》
●『平山夢明と
カルマの国のアリスたち』●

不思議ナックルズ(季刊)
→「怖い噂」としてリニューアル



--- 近日発売(だといいな) ---

《書き下ろし予定》

●『1/3物語(仮題)』●
角川ホラー文庫

●『鳥肌口碑?』●
宝島社

《がんばれ〜!!長編小説》

●『ボリビアの猿』●
 光文社文庫



《ありえるの?連載予定》

●『バベルタウン』●
野生時代

●『タイトル不明』●
レンザブロー
(集英社のWEBマガジン)



--- 3Dアニメ ---

●『独白するユニバーサル横メルカトル〜卵男〜』●
東京国際アニメフェア2008
独白するユニバーサル横メルカトル Egg Man [DVD]
独白するユニバーサル横メルカトル Egg Man [DVD]
クチコミを見る

待望の短編集第二弾!
祝☆このミス1位!
冥れる街
怖い本シリーズ最新刊
あなたの隣の…
日本の夏、平山の夏
「祈り」            せつなく、おそろしい
溺れる街
月ごとの日記を見る
プロフィール
新しいメガネはこんな感じです。
平山先生関連作

  • ライブドアブログ