April 26, 2006

2006.4.26

キーシンのリサイタルを目前に、彼のDVDを観て涙している私です
当日も、感激のあまり会場でボロボロ泣いていそうです(笑)

今日のレッスンは
 バーナムピアノテクニック3 グループ3 10番
 ハノン39・41番 ♭2個のスケールとアルペジオ
 モシュコフスキー20の小練習曲 7番
 愛の夢 第3番/リスト
 連弾 『新・譜めくりのいらない やさしいピアノ連弾 9/ディズニー・プリンセス』より
    いつか王子様が
    美女と野獣

バーナム。
両手で弾く3度の半音階。
頭で考えるとわからなくなってきます。
何度か先生の指示通りにに弾きなおして合格に。

ハノン。
今日の指定は♭2個のスケールとアルペジオ。
まずはg moll。そしてB dur。
どちらも練習不足でうまく弾けなかったのですが、合格。

モシュコフスキー7番。
以前に比べればずいぶん指も覚えてきたのですが
まだまだスピードは上がらないし、ミスタッチも多い。
次に進むよりも、こちらをしっかり仕上げましょうとのことで
もう1回。

愛の夢 第3番。
前半はペダル&曲想OKの指示が出ていましたので
沈みがちなメロディを意識して出すため、
右手と左手に分かれているメロディを色鉛筆で結んでいきました。
(曲のイメージから、色はピンクを選びました 笑)
音楽用語も全部調べて、横に意味を書いて。
やる気まんまんな楽譜で挑んだのですが、結果はボロボロ(笑)

・冒頭、ミの音は少しためて。
・7小節めの左手ミはペダルをきちんと切り、新しく始める。
・11小節めの左手ファとそれに続く右手レがすんなり弾けない。要練習。
・14小節め以降、メロディがきちんと出てきていない。
・30小節めがどうしても弾けない。こちらも要練習。

16小節めと60小節め、音符が細かいところは
試しにテンポをあげて弾いてみてと言われたのですが
練習の成果が出たのか、この調子でいけば大丈夫♪とお褒めの言葉をいただきました

この曲で一番大変だと思われるのは、42小節め以降。
確かに、音が飛ぶので最もミスタッチの多い部分です。
飾りの音は省いて、右手のメロディと左手のバス音のみでの練習もします。

少し曲らしくなってきたので、余裕ができれば全部ペダルを入れ、
テンポをあげてよいとのこと。
ただし、部分的にfの練習や、メロディを出す練習も必ずすること。
発表会まで、あと2ヶ月になりました。
ピンクのふわふわドレス(←今月初めに購入しました)に負けないよう
演奏の方もしっかり頑張らなければ・・・
ちなみに、私はトリだそうです。。。プレッシャーです(笑)

連弾。
「いつか王子様が」
1回目から、rit.を自然にかけたりしてよい感じでした。
さらっと弾くのが目的でしたので、そのあともう1回最後まで通して終わりです。

「ついでに『美女と野獣』もやってみない?」と先生。
・・・私、初見です。
曲は知っているけれど、プリモは高音だし、
高い音って譜読みしづらくないですか?(←言い訳
ボロボロでしたが、楽しく合わせました。
それにしても、久しぶりの初見でした。
相変わらず初見能力ゼロな私です(>_<)

次回からはハンガリー舞曲1番。
家に帰ってから1/3ほど弾いてみましたが、かっこいい!!
合わせるのが楽しみです

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/mia_piano/50534672
この記事へのコメント
こんばんは。
お久しぶりです。
>譜めくりのいらない やさしいピアノ連弾
って、面白い本ですね。曲が短いのでしょうか?
『いつか王子様が。。。』は好きな曲です。ジャズでは定番ですよね。みあさんの楽譜はどんなアレンジなのかな〜?
Posted by テツ at May 02, 2006 01:00