2007年01月12日

ピントが合わない

体育でサッカーでした

年明けて初の運動

みなぎるエクスタシー

サッカー部でもなくサッカー初心者でもないというこの微妙な立場から何の遠慮もなく超初心者のキーパーから点を量産するおれ




そうです






オナニープレイってやつです(やらしい意味は微塵もない)




B型ですけど血液型は関係ないです

僕が自己中なだけです












月曜から学校行きません

僕の人生センター試験にかかってるのでこの一週間は必死こきます

こんなblogこうしんしてるひまねぇんだよぉおれはぁ!←じゃあするな












今日友達がmixiで死についての文章を書いていたので、批判的なコメントをいれてやった。なんか何気なく打っていたら長文に





〜〜〜〜


批判的内容でコメントします悪しからず
死んで周りが悲しむって書いてるけど、じゃあ本当に身寄りもいないで孤独に生きている人(日本にいる人に限らず)は死んでもいいのかい?

乗り越えられない壁を神は与えないって言ってるけど神様って何?何で人間にだけそんな神なんて存在がいて他の動物にはそういう存在がいるということさえも考えずにモルモットにされて死んでいくわけ?生物はみな生物であってそれ以上でも以下でもない。知能が発達した人間が作り出した虚像が神だよ。そもそも信じるものしか救わない神なんておかしいよ(ミスチルの歌詞から)

んーで命の話に戻すけど、日本の年間自殺者は約三万人強。この人たちが死に急いで軽はずみに「辛い」と思って死んでいったとお思いますか?まだおれらの周りにはそこまで追いやられて命を絶った人なんていないからわかんないかもしれないけどさ。絶対この三万人のほとんどがほんっとのほんっとに追いやられて精神的、もしくは経済的苦痛から開放されたいがために自殺したんだよ?死ぬのなんて誰でも怖い。それなのに自殺したってことはその恐怖を超えるほどの「辛い」があったんじゃないかな。

確かに命は尊いものだと思う。そこまで考えれるようになった人間の進化のたまものかもしれない。でもその進化のせいで「自ら命をたつ」という選択肢を作ることもできるようになった今の私たち。自殺志願者に「不慮の事故、病、寿命、飢えで死にたくないのに死んじゃうひとがいるんだよ。だから頑張って!」って言うのは間違っている。何も理由がないのに死にたいなんていう人はいない。(まれに例外はいるが・・・)死にたいって言う言葉には「死ぬしかない」と「逃げ出したい」という2パターンがあるとおれは思う。前者の例は会社でリストラくらってたいりょうの借金のせいでそっち系の人に毎日追われて生きるすべを失った人。ほんとにどうしようもなく、死しか選択肢がない。まぁ今のおれたちの身近にはまだいないのではないかと。後者はその他全部。前者はしにたいなんていわずに死んでしまうパターンが多いな。後者は「死にたい」と口にするパターンがおおい。これは死にたいのではなく「生きたい」を暗に意味するのをご理解してほしい。そのしにたいと思う原因を解決してほしいのであってきれいごとをぶつけてほしいのではない。きれいごとで立ち直れる「死にたい」なんてほんとに死ぬ勇気もないやつがいう。そういう人は「死にたいくらい辛い」って言ってほしいものです。

まぁ命について語ったら一晩かかるのでこれくらいにしときます。かなり批判的な意見で申しわけない。ただ自殺する人を止めるなら意見をぶつけるんじゃなくて、その人に共感し、解決策を一緒に考えてあげるのが一番いいと思ってるから。不快に思った人がいるなら申し訳ない





〜〜〜〜〜



本人の記事よりなげぇよ!!!



こういうことを考えるのはもう10月で卒業したつもりだったのに、ついかっとなりないてしまいました。。。。

はい、またまたオナニープレイです

何をいだいて何を思おうが世界のちっぽけな僕にはせいぜい自分の周りぐらいしかかえることはできないのです

ああああああああああ
















あっ




2ちゃんねる一時的にとまる可能性あるらしいね




僕や他のねらーたちはその時何をたよって生きていけばいいんでしょうか?(切実に)




廃人になるか意外と充実した日々を過ごせるのか





ん〜マンダム



















そんなことより

































1月13日はわたすの誕生日ですよ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!





メール来るかな・・・・・・orz

miagetabokuwotutunda at 22:09│clip!