★micとすけーと★

NO SKATE NO LIFE. micの日常.

一年で4回は更新しようと思ってたのに ←目標値が低いw
4回も更新できない予感・・
と、思って只今慌てて3回目を更新中!

ついでに言うと、ページを持たせてもらってる
トランスワールドのブログはログインページにアクセス出来なくて
もうかれこれ数ヶ月書けてない・・
そんな状況も440くんに連絡してないけど・・

インスタとFBでちょいちょいPOSTしてるからか
長文(ブログ)を書く頻度が少なくなったのは事実
SNSのせいにしようという魂胆ですw
ま。そんな中、新しいネタのブログも始めてみたり・・
自己マンで使い分けてます。

P1110126











さてさて、ここからが本題

『興味』というものは最強で、誰にも邪魔されたくなくて
私の場合は「今?!」みたいなのがいっぱいあって
やり遂げたい一心で周りが見えなくなることもあるけれど
でも、そんな自分の性格は好きなのである◎

ー 努力は人を裏切らない

みたいなことをリスペクトしてるCHAOさんが言ってて
(なのにちゃんとしたセリフは忘れたんだけどw)
裏切らないことをこの一年はやってみようかと思ってます。
一年だけじゃなく、スタートの一年

目標はただの通過点でしかないけど、
今はその目標に向かって進んでみる!
とか言ってみるけど・・、ぃゃー 大変だぞーーw

と、相変わらずイニシャルトーク的な ←古い?
核心には触れない自己マンブログ完成〜♫ 

一年ないしは一年半後に目標クリアしたってことを
書けるといいな〜♫

P1110127

いくつになっても新しいことにチャレンジすることは
すごく楽しいね

チャレンジさせてくれる環境
その環境を取り巻く仲間
その中で笑っていられる自分

すべてに感謝して
今日も目標に一歩近づこう

IMG_3991

Spring has come  ですね

やろうやろう思って、気付けばもう桜の季節 早っ

“時”というものは私を置き去りにして駆け足で去ってゆきます
でも、追いかけようとなかなかスタートを切れずにいたりもします

頭でっかちが時に行く手を阻む
治すになかなか治せないこの性格

「慎重」というのは長所でもあり、短所でもあるんですね

昼から悩んでも仕方ないんで
とりあえず滑りにでも行きますかー

練習練習っ!大会まであと1ヶ月ちょいだ!
P1100173
I prefer Mimosa rather than Cherry blossom*
2010.3.20 @Yoyogi park


 

うひゃー!久々のログイン! え、1年ぶり?!ww 
久々すぎてログインパスワード忘れて焦っちゃったよw

FacebookやInstagramがあって、長い?文章を書くことを忘れてる
家でもiPhoneでSNS見たり、iPadではラジオしか聞かないし
Macは埃を被ってるw 
久々にブログ書きたいな〜って気持ちになれてMacを開いた次第です

昨日は学生時代の友達と母校を訪ねました
卒業後に建った、都庁に並ぶデカさのコクーンなビル
1年生の頃の先生にでエレベーターでばったり「新潟出身」ってのと
「スケボー」ってワードは覚えててくれてた(・∀・)

昨日会った友達は 現役メイクアップアーティストさっつん
メイクアップアーティスト 兼 美容ライターのえり
そして、随分昔にメイクアップのお仕事をしてたスケーターの w 
彼女達と会うのも久々すぎるんだけど、全然自然(・∀・)
日頃使ってるSNSのおかげかもしれないけどw
mode
昔(10年前!?)も十分刺激は貰っていたけど、同時とはまた別の刺激
「夢」を実現させて成功させてる力
ちゃんと立派に仕事してるな〜っていう感心と羨ましさw と尊敬する気持ち
今更「夢」を語るのはどーなのかな〜って思ったりもするけど
やっぱり自分の好きなことを仕事にするってステキだな〜って、
好きなこと(仕事)から離れてやっと気付いたかな! 遅っw

もっとワクワクすることに向かって準備していくのもいいかもね
少なくともあと4項目は努力して勉強しなければいけないけど
向かってる方向が明るいから頑張れそうな気がする

あ、あと。彼女達に会って反省したこと...
同い年にも思えないくらいお肌がきれい・・・・
最近シワ・乾燥が気になり出した自分としては、がっつり落ちる前に
気付けてよかったかも!と、凹みながらもボジティブシンキングですw

半年も前の出来事だけど、年内中にアップしようと思っててやっとの投稿です

5月に参加したカナダでのフリースタイルスケートの大会 "The World Round Up"
現地ではたくさんの人の助けを受けて、約1週間の楽しい思い出や貴重な体験
2軒のプチホームステイまでできて、行ってよかった〜!ってつくづく思う
感謝感謝の気持ちでいっぱいです★
仕事のお休みや懐が許すのであれば毎年行きたい!ほんと、そう思います
でも仕事を変えたから来年は難しいかな.. ちなみに次回は2014/5/16-19に開催です!
1013660_10151697275134533_1974948271_n
楽しかったことは上げればキリがないけど、そんなハッピーな思い出とは反対に
コンテストジャッジを引き受けたことに対して日本での(一部での)ディスりが
すごかったのも覚えてます
「アマなのにプロクラスのジャッジをして... 」「女のくせに... 」

現地でジャッジを依頼されたときはかーなり戸惑った。不安な気持ちが第一にあって
でも.. レジェンドでありBOSSであるKevin Harris直々に依頼されたことに対しては
すごく光栄なことだとも思えて
昨年から新しくできた大会。今までのフリスタコンテストの基?になってきた
"WFSA"ルールではないコンテストのためルールやジャッジスタイルも違う
初年度・二回目と経験してみて、試行錯誤だな〜ってのも同時に感じる

帰国後(コンテスト・ルール・ジャッジに関して)
参加した日本人ライダー達にも聞いて
感想や意見を求めたり、それプラス、ジャッジ(mic)に対しても批判があったことを
主催者側へ伝えたりしました。今、日本へ留学中のRyanの助けも借りて

数ヶ月に渡ってやりとりをした後、主催者のひとりであるKevin Harrisよりお手紙を
頂きまして、Ryanの日本語訳も付けて転記します
半年間も更新していなかったので閲覧数はかなり減っていて(当然だけど)
どのくらいの人に見てもらえるかわからないけど

アップすることを先方も望んでくれているので、ちょびっと気が重いけど.. アップ!

これを期にいろーいろ考えたり思ったりしたけどね、想いは人それぞれ
(スケートに限らず)10人いたら10通りの考えがあるわけで
その想いを押し付けるのはまた違うと思うし、環境が変われば想いも変わる

Too late post about the competition. I had decided what I post it, I'll upload some pictures on fb. (I'm going to do before the end of the year!)
Some Japanese people who didn't take part in the competition said mud for me and the judge system on thier website. Then I asked about it Japanese riders who took part in the one, then I told Kevin and Ryan their and web's opinions. And then, Kevin sent me a letter and I post with Japanese translation by Ryan.
..I think anyone should ask organaizer directly if you have any opionions and questions.
1001063_10151675497389533_933753527_n
※本件に関して意見があれば直接公式HPに問い合わせてみてください
World Round-Up参加者の皆、お疲れ様です。コンテストは本当に楽しかったです。しかしコンテストの詳細を理解できていない人もいるようなので説明して明確にさせて頂きます。
To everyone who entered the world round-up, I would just like to say thank you. This was an incredibly fun contest, however there are some people who don't seem to understand that, so I would like to explain some things and make some things clear to some people. 

コンテストの後から今にかけて一つも不満を聞きませんでした。皆は本当に楽しんで、よく滑って、努力の結果が順位に表れたと思われます。このコンテストはダントツに良かったという人も驚くほど多かったです。本当にMonty Littleの努力はあっぱれであります。でも、確かにこのコンテストに参加していなかったらその事が分かりませんね。それではジャッジやコンテストのルールを説明して記載します。
To begin with, there have been no complaints about the contest until now. Everyone really had a fun time, skated well, and thought that the results matched the efforts of the skaters runs. I was also surprised at how many people said this was one of the best contests ever. The efforts of Monty little are truly praise-worthy. Of course, if you didn't enter the contest, you wouldn't know that now would you. Even still, I would like to explain and write down how the contest worked with the judging and the format. 

The World Round-Upのきっかけ
The reason for The World Round-Up

フリースタイルコンテストは復活して以来、ジャッジの体制について不満を言っていた人は多くいました。しかも、大きな大会ではありませんでした。フリースタイルをあきらめた人もいました。それに対して私とMonty LittleはThe Freestyle World Round-Upを考案しました。論争はないようにジャッジの体制や演技の構築といった、コンテストの形の全部を改正するように試みました。最終的に一番大切なのは観客を集めて楽しくフリースタイルを実演できる事です。だから演技は3回1分ずつの形に変更しました。この構築でそれぞれスケーターはもっと安定した演技ができ、すぐに観客は新しいスケーターの演技が見られます。さらに、The World Round-UpはWFSAに全く関係ありません。
Since freestyle contests have been brought back there have always been people who were disappointed with the judging. On top of that, the contests weren't very big either. There were also some people who quit skating because of this. In response to this, myself and Monty Little came up with the World Round-Up however we wanted to change the judging and the format of the contest so there would be no controversy. In addition the important thing is to gather a large audience and showcase freestyle in a very fun way. That is why we changed it to three one minute runs. With this format, the skaters can do more consistent runs and the audience can see a new skater very quickly

ジャッジの体制について
About the Judging

以前、ジャッジ3人でスケーターの演技を評価していましたが、問題は一人のジャッジがでたらめに点数をつけたことです。それにより、大きく結果に影響を及ぼしました。
Before, there would be 3 judges judging each skaters routines, however the problem with this was that if there was a judge who did not appropriately give a proper score, it had a great influence on the final results of the contest. 

Kevin Harris
 Judge 1 - 51
 Judge 2 - 55
 Judge 3 - 79  
 Total:185

Ryan Brynelson
 Judge 1 - 60
 Judge 2 - 62
 Judge 3 - 60
 Total: 182

すごいでしょう。一人でも飛び抜けて高いor低い点数をつけたらコンテストの順位は全然違いますね。でも、必ずしもそのジャッジは悪気を持って点数をつけたとは考えられません。多分その人にとって79は低い点数でしょう。だから、自分の基準しか違いません。
Incredible, right? Even if one judge gave a score that was a little too high or low, the final results changed quite drastically. However, it wasn't the case that the judges had any bad intentions. Maybe to that judge a 79 is a low score so it really is just that judges standard that is different from the other judges as to what a good score and a bad score is. 

でもWorld Round-Upの場合は5人のジャッジが居て、その5人の中の一番高い点数と一番低い点数を捨て、後の3人の点数をまとめて足します。例えば、
However in the case of The World Round-Up, there are 5 judges, and amongst those 5 judges the highest score and the lowest score are thrown away, and the remaining 3 are added up. For example:

Ryan Brynelson
 Judge 1: 85
 Judge 2: 74
 Judge 3: 76
 Judge 4: 73
 Judge 5: 60

そして、一番高い点数と一番低い点数を捨てて平均点となります。
And then the highest and lowest scores are thrown away and you have the average scores. 

Ryan Brynelson
 Judge 2: 74
 Judge 3: 76
 Judge 4: 73
 Total: 223

人はそれぞれ違うのでジャッジの意見がいつも完璧だと言えません。それは何のスポーツであっても。けれどこのようなジャッジの体制は一番公平で、ジャッジ達だけではなく参加者の意見にも反映します。
では、ジャッジはランを見る時に何を評価しますか?極端に言えば、足技やいいスタイルはなかったけど、ものすごく難しくとてもテクニカルなスタイルだった。その人の評価はこんな感じでした。
Everyone is different, so of course you can't say that a judges opinion is always going to be perfect no matter what sport your playing. However, this way of judging is the most fair and more closely reflects the opinions of the participants as well. 
But, when a judge is looking at the runs, what parts of the run are they judging? Well to put it in extreme terms, before someone who had no style but really hard tricks, the results were something like the following. 

 Variety: 0
 Technicality: 25
 Consistency : 25
 Style: 0
 Total: 50

その人は難しくて安定しているランしたとしても上記の点数は低すぎると思います。それにFreestyleと言っても、カテゴリーの一つが不足したらコンテストでは上手くできませんでした。それはFreeではありません。やっぱりFreeの訳語は自由でしょう。だから、一部のスケーターがそういうカテゴリーに束縛されるのは不公平です。フリースタイルには色々なスケートスタイルを持っている人がいますから。その古い体制を使うのは良くないと思います。だからWorld Round-Upではそういうカテゴリーで評価することなく、それぞれランを総合的に評価して的確な点数をつけます。総合的に評価したら皆に最も公平な点数をつけることができます。
Even though that person had a really solid and difficult run, I think that the above score is too low. In addition, even though it is called FREESTYLE if somebody does not meet the requirements of one of those categories, they wont do well. That isn't free. After all, Free's translation is 自由 , right? So having some skaters held back by those categories is simply unfair and I don't think that system is good since there are so many people with so many different styles. So the world round-up doesn't judge using categories, but by looking at each skaters runs as a whole and then giving a score. If the runs are looked at as a whole, everyone will be scored in the fairest manner. 

次はどうやってジャッジを選定しましたか?さっき書いたとおり皆の意見はそれぞれ違いますから、ジャッジを起用する時に様々な世代や国からの人を起用します。若手の意見も取り入れたいですから、アマチュアのジャッジも起用しました。そしてレジェンドと同じように上手く評価しました。こういう風にたくさんの考え方があるジャッジがいるけど、最終的にこの新しい体制を使ったらその5人の中に共通点は明かりかになって一番公平な評価ができます。
Next, how did we pick the judges? Just as I wrote earlier, everyone has different opinions so when we appoint the judges we get people from various generations and countries. We also wanted to take the opinions of the younger generation too so we appointed 2 amateur judges who did just as well as the other judges. In this way we have judges with many different waysof thinking but, in the end when we use the new judging system, the most common opinions became clear and it turned out to be the most fair way of judging. 

去年からこのジャッジ体制を実施して、前に参加していたコンテストより不満を言ってた人はいませんでした。逆にこの体制の方がいいと言っていた人は多かったですから、変更する必要はないと私は思います。それに皆の努力の結果が順位に表れたと言っていた参加者は多くて不満を言っているのは参加しなかった人ですから、誤解しやすいと思います。言葉の壁もあるからね。
We have implemented this judging system from last year, and nobody complained about it. Actually a lot of people said they liked this system better so I don't find any need to change it. Also, a lot of the participants agreed that the results matched the performances given by the skaters very well, and the only ones who are complaining seems to be the ones who were not at the contest so I think it is easy for there to be a misunderstanding. There is of course also a language barrier. 

参加者皆とスポンサーとMonty Littleに感謝いたします。このコンテストは楽しくて、もっと大手にフリースタイルは注目され、皆の支持のおかげで少しずつフリースタイルは広がっています。今年参加できなかった人はぜひ来年カナダに来てください。日本人のフリースタイルスケーターは大歓迎です。よろしくお願いします。
I would just like to thank the participants, sponsors and Monty Little. This was an incredibly fun contest and we were able to get the attention of a big company. Thanks to everyones support Freestyle will start to expand little by little. If you couldn't compete this year, please com next year. All Japanese Freestyle skateboarders are largely welcomed. Thank you very much. 

From: Kevin Harris






手広くやっております!
「クリーニングミック」

ってのはもちろん嘘でw 

ゆりゆり
送ってくれましたw
(・∀・)

←川越にあるらしい








デッキも入るスーツケース

スケート目的ではない渡航で
数年前に購入したものだけど
今では海外トリップに
かなり役立ってくれてる

準備のために押し入れから
出してみたけど
ほとんど手付かず..w

カナダトリップは1週間後!
やっと実感してきたーw
Σヾ( ̄0 ̄ ノ 焦るー!






そして〜
毎回欠かさず持って行く
アイテムと言えば
←コレ
トリップ前には大人買いです!

スケートでも観光でも
翌日に疲れを残したくないので

あと、これも必須!
日本の味が恋しくなるのですw





地元の友達以上に海外のスケート仲間には頻繁に会ってる気がするな〜
頻繁といっても年に一回だけど。
コンテストに観光に楽しみがいっぱい!

帰国後も楽しみ抱えてるから「早くコンテスト終わらないかなー?!」って
気持ちが実はいっぱいです( ̄▽  ̄) ww


 


2週間後のカナダトリップ
何にも準備してません
直前に焦るタイプです、きっと

デッキもウィールも大会
合わせて変えたつもりだったけど
若干早すぎた感が.... 汗

そして、GWで詰め込んでます
1分×3パターンのMYルーティン
そろそろ練習に嫌気がさす頃ですw 






地元スケーターでデザイナーの
Inkmysticとコラボった
←新しいグリップ 公開☆★

彼のブログに詳しく?載ってるんで
そっちを見てください!
(他力本願..・Д・) 

何度も修正してもらって
描き直してもらって
苦労をかけましたが。。
かなりお気に入り!!!

好きなものに囲まれてスケート
できるのが嬉しいヾ(´ω`)ノ 






あ、そうそう
腰まであった髪を切りました!
軽っ!

がしかし。。
会社ではひとっこひとり
気付いてくれない。。w


かーなり短くなったんだけどな〜
おかしいなー(´・ω・`)




あらー
明日から4月じゃないですか!
早いっ(((( ;゚д゚)))

そして..
治りが遅いのは歳のせい?
1週間経つけど痛みが引かない
この足。。
久々に手のひら大のアザを
作ってしまって
未だに一箇所麻痺ってる。。

安静治療ってゆーか、、放置
ま。なんとかなるしょ(・∀・)!
な〜んて、のんきに考えてます




そうそう、
ストリートの楽しさが
今になってようやくわかってきて
まだクルーズしかしてないけど
パークじゃ感じれない楽しみが
いっぱいあるんだろうな〜って
わくわくしてます!

ストリートでも楽しめるスキル
身につけたいっ(`・ω・´)★

←この日は家から川沿いを
クルーズしてたら、なんと!
お台場に着いちゃったw
そんなびっくりした一日でしたw




←これは近所で見つけた
楽しいスポット★
(昼間は滑れなそうだけど)

軽く撮ってもらったけど
どうもかっこよく滑れなくて。。
スピードのないスケート姿は
かっこ悪いなー( ・Д・)と実感した
そんなお花見夜スケな日

かっこよく滑れるように
スピードにビビらない
訓練をしよう!そうしよう!





近所を流れる目黒川は
この時期花見客で賑わう桜の名所

そんな花見客を横目にKIMONOで
スケートしたりもして
撮影もしてもらいつつ
お花見したりサクラで遊んだり
楽しい一日でした(^^) 

実はこの着物、母が若い頃に
自分で作ったものなのです!
手縫いで着物作るとか
まじやばい!リスペクト★

普段着としてサラっと着たいくらい
実は着物が大好きなのです
また近々着たいな〜♪
 


 

ようやく春めいてきましたね!

デビュー2年目の花粉症は
先手を打っていたからか
まだまだオオゴトには
なっていませんっ!

そんな春が見え隠れしている
関東をよそに、micの地元・新潟は
こんな感じでした

←2週間くらい前かな? 

@実家の玄関先 






さてさて、あと2ヶ月!
去年も参戦したカナダの
このコンテスト

若干、航空券取る日程を
間違った気もするけど..

まーなんとかなるっしょ
(たぶん、きっと) 








先日無事に(?)エントリーも済ませました★
今年は毎年一緒に海外トリップしてるTKCの他に
今グイグイきてる期待の若手、こやのっち&Se-yaも一緒に行きます
カナダ在住のYutaも参戦予定!去年より楽しくなりそーだ★

5月には他にもトリップ予定なので
今からちょこちょこ節約してお小遣い貯めておかないとっ!

楽しみいっぱいで幸せーっ(・∀・) ♪*** 

Check it out! 去年カナダ・バンクーバーで撮影したときの映像です
主にTKCとStefanだけど、micもちょこっと出てます★サムネもGet!w
トリはShiguetoがばっちり決めてるよー!