August 04, 2011

英国旅行記 7日目 ロンドンアイからバッキンガム宮殿へ

.
2011/7/30

DSC01902

真っ青な空にロンドン・アイが浮かびます
息子はこれを楽しみにしていました。

DSC01919

ロンドン・アイは高さ135メートルの巨大観覧車で、2000年のミレニアム事業の一環として登場したとのこと。

32のゴンドラは開閉式のカプセル型になっていて、一つのカプセルには25人乗ることができ、この定員も世界一なのだそう。
下から乗って一周するのに30分、135メートルのトップ辺りからの眺めは素晴らしく、晴れているとロンドンのかなり遠方ウィンザー城やヒースロー空港あたりまで見渡せるのだそうです。

DSC01904

この世界一の観覧車 ロンドン・アイは、テムズ川沿いのサウスバンクにあるジュビリー・ガーデンズ内にそびえています。泊まったホテルからすぐに歩いていける場所です。

DSC01903

ただ日中はかなりの混雑。チケットを買って乗るまで2時間待ちは当たり前で私が行った時もすごい行列でした。
なので夜は比較的すいていることのことで、この日の夜に乗って、素晴らしいロンドンの夜景を楽しむつもりでした。つもり・・・です。

なぜつもりかというと・・・
DSC01909

「この観覧車の一番の特徴は、ほぼ360度の視界が開けていることで、上空に達すると空中に浮いているような感覚になります。中は広くて空いていると歩き回ることもできて、視界を遮るフレームのようなものもないので、まるで空中を歩き回っているような浮遊感覚が体験できます」・・・という観光案内にも書いてあるように・・・

DSCF3764

このゴンドラ、真下で見たら、シースルー構造が足下まで回り込んでいるのです。

私は、高所恐怖症です。
観覧車はもちろん、小さな遊園地のジェットコースターも怖いです。
デパートのガラス張りのエレベーターでも結構怖いです。
でも飛行機は落ちても仕方ないと腹をくくって乗っているので大丈夫です。

要は、建造物の安全性を信用していないと言うことなんですけどね。

DSC01917


と、私はこの状況にちょっと恐怖を感じましたが、ここはロンドン・・・息子の願い・・・そう思い、気合で乗るつもりでした。(ホントです、笑)

が、息子は到着するなり、あっちこっちに走り回って、ロンドンアイの機械部分やゴンドラなど写真を撮りまくってロンドン・アイがどういうものか把握したら満足したのか「もう別に乗らんでいいね、人が多いしね~」と一言。
私は心の中でガッツポーズを決めながら(笑)、乗るのは夜だし、人も少ないけど本当に乗らなくていいのかどうか再確認をしたところ、息子は大してゴンドラに乗ることには興味がなかったらしく、「もう見たけん、いいと~!」とあっさり言っておりました。

DSC01918


でもロンドンにはいくつか超高層ビルがありますが、高層ビルに展望台施設を持つビルはありません。
ですからこのロンドン・アイは一般に上がれる展望施設としてはこれが一番高所に上れて素晴らしい景色を見ることの出来る施設です。
ロンドンに行ったのなら、ロンドン・アイには絶対に乗っておくべきだと思います(高所恐怖症でなければ・・笑)

ロンドンアイ


さてこのロンドンアイのある川岸からはビッグベンが対岸によく見えます。
写真を撮るならここが一番きれいにとれるかもしれませんね。

DSC01912


DSC01922


DSC01923


これからウエストミンスター寺院を左手にバッキンガムへ向います。

DSC01924

これは正面のウエストミンスター寺院
なぜこんなに人が多いか分かりますか?

DSC01925


ここウエストミンスター寺院は、先日、ウイリアム王子とキャサリン妃の結婚式が行われた場所なのです。

この写真はバッキンガム宮殿の一般公開のチケット売り場に飾られていた写真です。
DSC01947

私も世界中に生中継されたあの結婚式をテレビで見ましたが、ダイアナ妃の時とはまた違った素敵な結婚式でしたね。キャサリン妃も美しかったです・・・

DSC01949


バッキンガム宮殿に到着です。

DSCF3769


さてこれから衛兵交代です・・・




記 2011/9/2
.

    • 0 Comment |
    • 0 Trackback |
    • Edit

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/micamica2006/51932170 

トラックバックはまだありません。

コメントはまだありません。

絵文字
 
星  顔