先生が呼んでます。

Gameを利用した 自己満妄想脚色リプレイ 等

copyright ©2011 All sentence/MIC-B.


 エモーション・クリエイターズのお話です。

 この感覚久々です。

20190712025955530

 今後のためというのももちろんあるんですけど、1シーン作るために数日がかりで建築!

 なんだコレ!で創作してた時代も、車やMAPを作るのに数日かかっていましたけど、エモクリでも同じ事が起きてます。
 こちらは改造とか全く関係ないので、公式のオブジェクトの組み合わせで建築するんですが、意外と何とかなるものです。


続きを読む


 エモーション・クリエイターズのお話です。

 みな様、エモクリライフは順調にお進みですか?
 好きなキャラで好きなシナリオを書いてそれを表現する。

 オリジナルのきゃらでオリジナルなシナリオ・・・それは全て素晴らしい。

 ですが、私がそれをするのはもっと後でいいのかもしれない。

 そう

20190709003850325

 今こそ、復活の刻!

 黒歴史と罵られようと、公式がその存在を闇に葬ろうとした事があっても・・・
 私は忘れない。

 腐ったりんごと罵倒され、段ボール箱に詰め込まれて道端に捨てられた彼女たち。
 雨に濡れて箱は腐り落ちても、彼女たちが真に腐ることなど無い!

 立ち上がれ!箱娘! 今こそリサイクルの時!

 はー、夢広がる!続きを読む


 エモクリのお話です。

 買ったはいいけど、ツクール系のツールは結局使わなかったり、話を最後まで完結できたためしがないよ~ という方いらっしゃったら挙手。



 はい(*・ω・)ノ

20190705220702

 オリジナルキャラを用いた旧作品のエモクリ化を断念して、ILLの公式キャラ(サンプル)を用いたオリジナルのストーリーの作成を行なっていたんですが

 これまた文書量が多くなりすぎたことや、結局1ヒロイン1男という2名構成の話になったのに、導入用のシトリーさんを含め3キャラ登録でよかった物を、MAX登録してシーンデータが肥大化し不都合が出まくる形になってボツりました。

続きを読む


 エモーション・クリエイターズのお話です。

 ハーレムメイトの時に持ち上がっていた創作ストーリーの

 ・Biological boost bracelet(BBB)™

 ハニーセレクトのバトルアリーナで出来上がった創作ストーリーの

 ・前略 勇者様™
 ・拝啓 勇者様™

 の、この3作品を、エモクリで作ろうと思ったんですよ、そう思ったの。

20190626112635

 やめました

 3作品とも、さほど長いお話ではないんですけど

 2段書き文庫本300ページ級6巻でも、実は話が完結していない

 という、事実に気がつき、エモクリで作るには文字数が多すぎるとわかったのです。


続きを読む


 エモーション・クリエイターズのお話です。

 これ、やっぱり楽しいです
 でも短編シナリオをもっていない私だと、どうしても1本が長くなりがちでほんと大変
  ILLの公式にデータをUPしてる方って、ほんと凄い。

20190623095241200

 エモクリ用に新たに何か考えるというよりは、自分の過去作品をエモクリ再現してみてます。

 なんですけど・・・

 そもそも長い物語なので、エモクリで作るのは至難

続きを読む


コイカツを遊ぶ事なく、エモーション・クリエイターズに飛びました。
そう、やっと数日前にヤマトの箱から出したのです。

20190616050953166

ちょっと使ってみた感じ

ハッピーエンドトリガーツクール かなぁ・・・いや、俺が主人公ツクール?
(最低限、ハッピーエンドトリガーみたいなものは、これで作れるはず)

すでに様々な御意見が公表されていると思いますので、今更私が何かいうことも無いんですけれど。使ってみた感じをちょっとかいておこうかと思います。


続きを読む


 世間ではコイカツ!の拡張パック(パッケージ版)が手元に届き

 「これからコイカツ!するえ!」

 という方も多いと思います。

20180831_000910

 前回から5年近く経過して、いまさら らぶ4 を読んでます。
 今回は奈々美先生ED(に、なったんだと思う)
 本編中フリーモードによる好感度変化を行なわなかったこともあり、すっかり忘れた話を再度追いかけたら何故かここになりました。
 (翔子EDを目指したはずなのに何故・・・)
 

 じつはこの作品、6ヒロイン登場するのですが、うち1ヒロイン分の話しか読んでいないのです
 当時は色々と、改○とか解析とかに急がしくて作品を楽しむ心をだいぶ忘れていましたけれど、そういったものが一段落している今なら、純粋に読み物として楽しめそうです。

↑このページのトップヘ