20120325162441_8dhKt

図書館から出てきて、ひそかにの日になってしまった灰蒙。夕暮れ時のあのひとしきり夕立、今夜の空気になった少しの清新。夜、静かでもひときわ!
駅広場に眺めながら、時々振り返る交差点牛欄牌回收、バスは来ない。論点は時折吹いて夜風、レイトンさわやか感。夜の散歩と帰っても失わない1件の事を楽しむさま、いっそのことも放棄した車の念を待ち続ける。
街燈が映っている木の葉の影は淺く澄みきっているし、濡れたアスファルトに。私はちょうど背を向けて、それはひとつが動いて、私の目の前から後ろへ走って行った瞬間。
ずっと慣れない都市の的、なんだかそれあまり騒ぎ立てる!そこで、舎てた車の通る近道を探して、わざわざ少し離れた莞樟道。環状線線ではないので、道の両側店舗、全は芝生。往来の車は多いのに、とても静かなようには、都市の中心道ほどにぎやか。
緑の道道路の側で植えて大きな菩提ガジュマル、茂った枝は完全に住んでいた次の道をおおう。svenson 史雲遜護髮中心夜風が吹いて、雨が滴り落ちるの身で、とても涼しい。
夜、静かな水のように!今夜、このひとときせっかくの静かさ、それは遠いと深い。心に突然の1種の清明の感を持って、草むらの虫ほど有名ではない。1足を止めて、それが聞こえる〓〓の音。
今、私の心は喜びが溢れた!私は笑顔で、見つめて向こうのすべての通行人。間もなく近付いた刹那、頭を下げて彼らとすれ違い、お互いの小刻みな足音が消えた夜の静かに!地面に、しなやかな樹影が動いている、似てた誰かの生命の中のあれらの美しく……
歩いていると、前に突然が騒がしい。もとは、知らず知らずのうちに、もう転進工業区。
寮に帰って、心はまだ淺い静か。こんな感じ今晩はもう存在した道!この道を集めた、それは私に多すぎる些細な閑愁。私は短い時間を得、バラバラに配置の情緒が羅列で筆文字の中に静かな牛欄牌奶粉
ただ、私がはっきりしない:今晩は一体に入ったこの静かな夜、それともこの夜から私の心の中に入っ!