A Time To Keep

手芸 料理 観劇 読書など・・・ 私にとって大切な時間 (拍手のところにあったひとことメッセージ機能が廃止されました。 お気軽にサイドバー右のメールフォームをご利用ください。)

*ひと言メッセージ機能が廃止されました。よろしければサイドバー右のメールフォームをご利用ください。*

うすぐもり

今日はあまりに疲れたのでもう書かない。
でも、ジムも行ったし、頑張ったよ、私w
測定してもらったら筋肉量が増えてた。
が、体脂肪も増えてたっていうのがオチ!

軽井沢高原文庫 その2

鬼女山房軽井沢高原文庫敷地内に移築された野上弥生子の夏の山荘の離れ「鬼女山房」。
1933年(昭和8年)建築。
どの別荘もいい感じの名前がついているのですよね。
作家自身の愛着を感じますよ。
知的できりっとした、この方らしい雰囲気が漂います。
横から個人的には畳に座るのはひどく苦手なのですが、こういう品のある佇まいには憧れます。
この方の録音した朗読を聴いた時、とても上手くて淡々としてるのに聴かせる方なんですよね。
才女だなぁとその強さに憧れますが、この家を見ると女性らしさも感じます。
立原道造詩碑高原文庫内には中村真一郎の透明でおしゃれな文学碑もあるのですが、私の目当ては立原道造のこちら。
「のちのおもひに」の一節が、彼自身の文字で刻まれています。
(乙女な文字でしょうw)
彼の記念館は以前都内にあったのですが今はなく、その後長野県内の別の場所に移設されたかと思ったらそこも閉館?だったか、紆余曲折あってここにこんな形で名を残しています。
全体像実はここ、高原文庫の入口より手前の左端にちょこんとある詩碑で、入館を急ぐ私は見逃していて、帰るときも見逃して、駐車場に戻ってから地図で場所を確認し「やっぱりもう一回行ってくる!」と走ったものでした。
そうそう。ミッチーの「ゆうすげびと」が好きで、軽井沢で「ゆうすげ」を見たい!とずっと思っていましたが、思えば私は夕方の軽井沢を散策していないので、夕方花開くゆうすげを見るわけがないのでした。
軽井沢高原文庫パンフなどこちらのお土産コーナーではミッチー記念館のグッズが少しお買い得価格になって販売されています。
ヒヤシンスハウスの設計図とかなんか妙に欲しいものが揃っていて散々悩みましたよ!
手作りのような詩集など全て欲しくなりましたが、悩みに悩んでこれを購入。
だって犀さんグッズも可愛くてね。室生犀星ミュージアムで扱っているものがいくつか置いてあるようで、ついつい購入。猫好き犀さんグッズはかわいい。
杏っ子お菓子になった「杏っ子」。
6個入りだったか?の大きな箱入りのを購入したかったのですが、杏で最中はたぶん私が全部食べることになるであろうと思うと恐ろしく、1個だけ頂きました。
この箱にも犀さんの一節が入っていて嬉しい。(大きな箱のは別なものが書かれていたはず)
杏餡は密閉した袋に入っていて、自分で絞って挟むスタイル。
甘すぎず、酸っぱすぎず、爽やかな味でした。
軽井沢の犀さんの家は今年1年かけて改装中。来年ぜひまた軽井沢に立ち寄りたいなぁ。
☆観劇予定☆
《2018年2月》
ザ・スライドショー14
オペラ「魔笛」の魅力
シャンハイムーン
《3月》
オペラ「魔笛」
《4月》
ノートルダムの鐘
《6月》
MOZART!
《7月》
エビータ
《8月》
メタルマクベス
《9月》
現代能「陰陽師 安倍晴明」
〜晴明 隠された謎…〜
読書、お好きですか?
Net Galley
プロフェッショナルな読者
記事検索
Categories
Archives
Profile
michakoです。
毎日更新を心がけています。
ですが、只今多忙につき、皆さまのところに訪問、またコメントを残すことが難しくなっています。
すみません!!
メッセージ

名前
メール
本文
お天気確認
  • ライブドアブログ