朧月夜*おぼろづきよ

のんびりロハスな暮らし 毎日、ちょっと思ったり感じた事

明日から四国遍路逆打に

3回目の四国遍路に出かけます。

1回目は2014年
会社を卒業したら四国歩き遍路に出かけたいと、卒業を少し早めて4月から出かけました。
この年は開創1200年に当たり、団体の方がとんでもなく多くて大変だった。
6回行ったり来たりの区切打で、途中夏が入って交通機関を使ったり歩いたりの歩き遍路もどきになりましたが、42日間ゆっくりとした時間の中で過ごせたので、一番印象に残っています。

2回目は2019年
この年はレンタカーで番外20か寺を含めた108のお寺を16日間かけての順打の通打で廻りました。
日々過ぎる時間も早くて、歩き遍路とは違っていました。

そして今回3回目
今年はうるう年で逆打すると3倍のご利益があるといわれているらしい。
ご利益はともかく、順打は2回、番外1回は廻ったので、逆打も行きたいということで。

1月から書き始めた御写経、納札も書きました。
1回の時から使っている白衣、輪袈裟、お数珠、金剛杖、菅傘も用意しました。

明日一番の飛行機で徳島に行き、レンタカーで逆打88番大窪寺からスタートです。
多分今回が最後のお遍路の旅になると思うので、しっかりお参りしたいと思います。
気を付けて行ってきます。

今回の京都旅は1泊2日

来週から3回目の四国遍路の予定を入れているので、今回は1泊2日の旅です。
それに季節柄と最近の値上げで、いつも利用しているJR東海のパックもすごく高くなって。
これじゃ〜、今後あんまり行かれない。
そんなわけで、1泊2日

昨日、目いっぱい歩いたので、今日はのんびり起きて。
持参したコーヒーを飲んで。
チェックアウトの11時前に荷物を預けて出発。
京都に来たときは必ず利用するホテルなので、覚えてくれているスタッフの方もいるので落ち着けてのんびりできます。

まずは、粒味噌を買いに山利さんへ。
去年暮れに来たときは、12月は忙しくて一般小売りはしてもらえなかった。
粒味噌で魚や肉を漬けて食べると、見違えるほど美味しくなって大好き。
保存がきかないので、小分けにして冷凍保存。

そしていつも行く「くりた」さんへ、お昼を食べに。
去年の12月以来。
お昼のコースなので、夜にいただくコースより品数がちょっと少な目。

20240401くりた1菜の花、ホタルイカ、鯛の子、琵琶湖で捕れる諸子やイサザなど春がいっぱいの八寸





20240401くりた2お造りもわさびの葉に乗せて、マグロの稚魚のよこわ、鯛のお刺身は大徳寺納豆が入っていてよいアクセントで美味しかった。





20240401くりた3鯛のあら煮と筍
中に入っていた海老芋がねっとり甘くてとっても美味しかった。
なんでも八百屋さんから大量に引き受けた海老芋を保存しておいて使ったら、メチャメチャ美味しくなっていたとと聞きました。



お茶請けは大将手作りの桜餅
果物デザートは、オレンジ、キウイ、京都産のいちご
お昼でも大勢のお客様が美味しいお料理を堪能されていました。
いつもながらに丁寧に作るお料理はとっても美味しかった。
ごちそうさまでした。

この後は、お土産を買いに。
久しぶりに錦市場に行ったら、大変なことに・・・・
インバウンドの立ち食いばかりで、とんでもない人出で前になかなか進めなくて大変だった。
とりあえず漬物を少し買って脱出。

大丸のいづうで鯖寿司、三嶋亭で安い牛肉、551で豚まん、鶴屋吉信で桜餅他
美味しいものをいただいて、美味しいお土産もいっぱい買ったので大満足

ホテルで預かってもらった荷物を引き取って、16時過ぎの新幹線で帰ってきました。
春休みのせいか満席。
昨日の疲れから熟睡でした。
琵琶湖疎水巡りは面白かったけど、蹴上までしか行かれなかったので、今度来たときには続きを廻りたいと思います。
短い京都旅だったけど、楽しかった。

第11回 歩き旅「琵琶湖疎水」

京都のMさんが主催する歩き旅
今回は琵琶湖疎水です。

いつものように朝一番の新幹線で京都に行き、ホテルに荷物を預けて集合場所の大津駅へ。
今日は日曜日なので歩け歩けの催しがアチコチであるようで、大津駅北口広場はすごい人。

私たちの歩き旅連も60人ほど参加なので、こちらもなかなかの人
以前から知った顔もいればまったく初対面の方も。
いつもHさんが作ってくれるネームプレートを着けて、Mさんの挨拶の後スタート。

20240331琵琶湖疎水120240331琵琶湖疎水2とりあえず大津駅から東海道を経て、琵琶湖の三井寺駅付近に「そすいさんぽ」のスタート地点を目指して。
途中にあった東海道は古い町並みが続いて、歩いたことがある道で懐かしかった。

20240331琵琶湖疎水3さぁ〜、ここから琵琶湖疎水が始まります。
琵琶湖疎水は明治時代に琵琶湖から京都に5年の歳月をかけて作った水路




20240331琵琶湖疎水420240331琵琶湖疎水5途中にある急坂の小関峠を越えると、第一竪抗もありました。








20240331琵琶湖疎水620240331琵琶湖疎水7疎水の脇には桜の木がいっぱいあったけど、やっと咲き始めた感じでまだまだ。
そんな中だけど、車座になってお花見を満喫されている方もいっぱい居ました。

疎水の10か所くらいあるトンネルの扁額には明治時代に活躍した伊藤博文や井上薫、松方正義などが揮毫したものがいっぱいありました。

蹴上までは地図上では10kmですが、大津駅から歩いたのと✙&で既に18km近く。
蹴上に近づくとだんだん人も増えて、私も久々の長距離で疲労困憊。
どこでやめてもOKなので、我が家は蹴上で終了。

地下鉄で京都駅まで行き、伊勢丹で今晩の夕ご飯を調達してホテルにチェックイン。
16時から入れる大浴場でのんびり。
今日は久しぶりにめいっぱい歩いたので疲れたぁ〜
朝も早かったし、すぐに寝ま〜す。

葉山のル・カナリでランチ 20240314

久しぶりに葉山のル・カナリさんに行ってきました。
いつものように逗子駅から海岸べりを歩いて。 
今日の富士山は雲に隠れて殆ど顔を出してくれませんでした。

途中にある森戸神社にお参りして。   
今日はお天気が良いので、海側の道路には結構車が多かった。   
車に気を付けながら。
葉山御用邸前のトイレで、簡単に着替えてカナリさんへ。

去年の10月以来久しぶり。
20240314カナリ120240314カナリ2・肉の盛り合わせ(テリーヌ、豚のリエット、生ハム)
・マグロとワカメのお刺身サラダ



20240314カナリ320240314カナリ4・サザエのガーリックバター焼き
・新玉ねぎのポタージュ
半分づつにしてもらって。
メチャクチャ新玉の甘みがあって美味しかった。

20240314カナリ5・鯛とじゃがいものカリカリ焼き 海老クリームソース
食後のコーヒー
お土産にバスク風焼きチーズケーキ
お昼をいっぱいいただいた日はこのケーキが我が家の晩御飯になります。


食事の後で、シェフが先日タイとシンガポールに行ってきた話や我が家が以前行った熊野古道の話で盛り上がって。
今日も美味しくいっぱいいただきました。
ごちそうさまでした。

鈴廣如倶楽部「味噌づくり」

かまぼこの鈴廣主催の「加藤兵太郎商店」味噌づくりに行ってきました。
小田原で唯一の味噌屋さん「いいちみそ」の加藤兵太郎商店さんが来て教えてくれました。

我が家ではお味噌は重要な食糧で、お味噌汁のお味噌はもちろん味噌に漬けても美味しい。
基本、我が家では普通のお味噌汁には長野の井上味噌、魚や肉を漬けるのは京都の山利味噌
両店ともとっても美味しくてきちんとした作り方をしているので安心していただいています。

20240309鈴廣如味噌づくり1味噌は塩と麹と大豆からできています。
まずは用意された樽に塩と麹を混ぜて。





20240309鈴廣如味噌づくり2用意された蒸された大豆は袋の中で、豆の形がないくらいつぶします。
これが結構大変だった。
蒸されて柔らかい大豆だったけど、なかなか全部を手でつぶすのは大変でした。






20240309鈴廣如味噌づくり320240309鈴廣如味噌づくり4塩と麹を混ぜたものにつぶした大豆入れて混ぜます。
塩と麹、つぶした大豆を混ぜ合わせたものを綺麗な樽に空気を抜きながら移し、表面を平らにしてビニールの上を閉じて冷暗所で寝かせる事1年で、美味しい味噌ができるということです。




ランチはいいちみそを使った豚汁とご飯、おかずは鈴廣のかまぼこいろいろのご飯が提供され終了。

この後小田原から15分くらいの所にある、加藤兵太郎商店の店舗にお邪魔して、粒白みそがあったので魚や肉を漬けるのに使えるかと思ったけど、塩気があるのでやっぱり無理みたい。
一応試してみようかと買ってみました。
白みそと言っても信州みそくらいの白さ。
お店では奥様が丁寧に味噌の説明をしてくれました。
美味しいモノづくりの店は大事にしたいです。
また機会があったら伺いたいです。

自宅で早速豚汁を作ってみたら、あっさりしたお味でおいしかった。
他にもいろいろ小さいお味噌を買ったので、しばらく楽しみたいと思います。
何よりも手前味噌が1年後に美味しく出来上がっていることを願って

キャベツ 3個

ご近所さんからキャベツ3個いただきました。
息子さんが会社の友人から頂いて、いっぱい持ち帰ってきたそうです。
それで、3個我が家におすそ分け。

今が旬の春キャベツは三浦に行くといっぱい売ってます。
春キャベツは生で千切りにしてもいいし、さっと茹でて塩昆布で食べてもいいし、スープ、炒め物となんでも
今回からし漬けの素があったので、ざく切りにして漬けてみたら意外とイケました。

キャベツは日持ちするけど、せっかくのフレッシュキャベツなので、せっせと食べてます。

横浜市博「證菩提寺阿弥陀三尊像修理完成」

横浜市歴史博物館で開催された山本勉先生による「仏像が語る横浜の平安時代―向導寺阿弥陀如来像と證菩提寺阿弥陀三尊像修理完成を機に―」に行ってきました。

20240302證菩提寺阿弥陀三尊像1山本先生の講演はいつもわかりやすく仏像のお話をしてくれます。
今回は向導寺の阿弥陀仏と證菩提寺の阿弥陀三尊像のお話で、横浜市内にもこんなに素晴らしい仏様があると知りました。
一般人が普通のお参りで仏様を拝観できるチャンスは少ないですから。


20240302證菩提寺阿弥陀三尊像220240302證菩提寺阿弥陀三尊像320240302證菩提寺阿弥陀三尊像4

箱根の温泉

しばらく温泉に行っていないねぇ〜、と言うことで箱根の保養所に行ってきました。
最近箱根の保養所を予約した日は大体お天気が悪くて・・・
11時ごろ自宅を出て小田原でお寿司でも食べて宿に入ればと思って、小田原駅裏にある天史朗鮨へ行ったら5.6人並んでいたのでお寿司はあきらめて、鈴廣のお蕎麦に変更。

ここから宿に行ってちょうどチェックインの時間。
すぐに温泉に入って。
寝る前にも温泉に入って。
朝起きて、朝風呂も堪能して。
やっぱり温泉はいいね。

朝ごはんのバイキングをしっかりいただいて、10時チェックアウトまでのんびり。
富士屋ホテルのピコットでパンを買って。

12時過ぎには自宅に到着。
温泉往復の旅でした。

中尊寺金色堂と室生寺

岩手県にある中尊寺金色堂は国宝で、まぼゆいばかりの金のお堂です。
私は2回ほど行ったことがありますが、今回建立900年を記念して、東京国立博物館で1/23〜4/14まで御開帳されているということで行ってきました。

嫌な予感はしていたけど、まず前売りを買いそびれてチケット売り場で長蛇の列。
ようやく中に入れたら、展示会場は本館の入ってすぐの狭い場所なので限られた物の展示しかできないので、昔行った奈良の正倉院展と同じで人の頭の上から眺めるという感じ。

藤原清衡が眠るといわれる中央壇にある阿弥陀三尊像と地蔵菩薩、増長天と持国天の二天像
素晴らしい像でしたが、やっぱり見るのは大変でした。
ちょっと疲れました。

今日はここから新橋へ移動。
まず、銀座8丁目にある天国で天丼ランチ。
天丼ってあんまり食べないけど、天国の天丼は好き

近くの奈良 まほろば館で今日は「室生寺のお地蔵さま」のお話を室生寺 教務執事 網代裕康師
室生寺のお地蔵様は平安前期に作られた重要文化財
久しぶりに室生寺に行きたくなりました。

東京に出たらと今まではいろいろ欲張って回りましたが、最近はいろいろ回ると疲れてしまって。
特に今日の東博は混んで人・人・人で、とっても疲れました。
今後の東博の展覧会は考えなければと思います。

有田焼深川製磁T h e H o u s e 六 本 木

昨年5月に九州を廻ったときに有田焼の工房深川製磁に寄りました。
その支店がT h e H o u s e 六 本 木にあります。
元々こちらのお店がとっても気に入って、時々寄らせてもらっています。
今回はこちらの店に本店から磁器の絵付け職人さんがくるというお知らせをいただいたので行ってきました。

そして1年ぶりに会う友人のHさんと一緒に。
彼女は福岡出身なので、有田焼はなじみがあるし。
六本木の駅で待ち合わせ。

そして素敵なマンションの中にあるT h e H o u s e 。
今日も素敵な器をいっぱい見ることができました。
絵付師の方は面相という絵を描く筆で丁寧に絵付をして、いろいろな質問にも答えてくれました。
会社に筆屋さんが来てそれを選んで会社が買ってくれるということでした。
さすが職人さんだと思ったのは3cmくらいある穂先の筆を最後には5mmくらいまで使うということでした。
物を大事に最後まで使う姿勢はすごいと思いました。
友人は結局素敵なお茶碗と長いお皿と小鉢のセットを購入。
私は去年いっぱい買ったので、今回は目の保養だけ。

雨が降る寒い日だったので、あまり移動せず近くのお店でランチ。
他の店でコーヒーを飲みながら、近況報告。
私より先輩だけど、まだ弁護士事務所で働いているので平日はなかなか会えない。
でも1年ぶりにいろいろ話せて楽しかった。
月別アーカイブ
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: