2007年01月25日

日本生命、団体保険の保険料率改定へ 11年ぶり4月から

日本生命保険は24日、4月2日から11年ぶりに団体保険の3商品の保険料率改定を実施すると発表した。保険料を決める基準である「標準死亡率」が4月に改定され、男女ともに12〜18%低下するのに伴うもの。
 今回日生が保険料率改定に踏み切った商品は総合福祉団体定期保険、団体定期保険、団体信用生命保険の団体保険3種類。保険料率は改定後、30歳では男女1・7〜5%引き上げ、35歳では据え置きとなる一方、25歳と40〜55歳では1・8%〜9・6%引き下げとなる。


〜イザ!より
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/business/36318/

アリコに引き続き、日本生命でも保険料引き下げとなりました。4月の標準死亡率改定に向けて、今後各社で保険料の引き下げの動きが活発になるものと予想されます。

michi_shirube at 08:13│TrackBack(0)保険関連時事 

トラックバックURL