「赤沢代議士を囲んでの納涼会」

2017-08-18-19-58-4418日、自民党米子住吉支部による赤沢代議士を囲んでの納涼会が開催された。

納涼会では、お馴染みの「なんくるないさーず」の琉球ソングが披露され、リニューアルされた「新あぷりこ」の料理を楽しんだ。






2017-08-18-19-52-54「なんくるないさーず」をバックに十八番の「島唄」を熱唱する赤沢代議士。










2017-08-18-20-39-10支部長からは12月解散説が発表され、前回、前々回と続いた極寒の師走選挙を思い出し、一瞬心が凍りついた。

中締めでは、寒かろうが暑かろうが、支持率が高かろうが低かろうが、変わらぬ思いで支えることを確認し、お開きとなった。

「岡野氏と塚野氏の就任祝賀会」

2017-08-17-18-39-2417日、岡野雅行氏の代表取締役就任と塚野真樹氏のJリーグ理事就任の祝賀会に出席した。

主催者を代表して挨拶するガイナーレ持ち株会社の武海理事長。

鳥取市では80名程度と聞いたが、1万円の参加費にもかかわらず西部会場は200名近くの出席があり、ガイナーレが産声を上げた地だと感じた。



塚野氏は挨拶の中で、ガイナーレを支える理念について地域との割り勘と表し、1989年のSC鳥取誕生からの歴史を振り返った。

Jリーグ100年構想を踏まえた発言だと思うが、目標を達成するには更なる推進力が必要であり、その一つの形が岡野代表取締役なのだろうが、個のポテンシャルには限界があるのも事実である。

武海理事長は、塚野氏について、「Jリーグ理事に就任している場合ではない」とチームの低迷を嘆いたが、Jリーグに押し上げる為には第2、第3の新しい推進エンジンが必要だと感じた。

「三夜続きの盆踊り」

2017-08-13-19-51-4613日、迎え灯を済ませ、今年も各地区の盆踊りが始まった。

最初は上一自治会で、隣りには地区の墓地があり、賑やかな灯篭の灯を眺めながら、ご先祖様の共に踊る盆踊りである。






2017-08-13-20-19-32続いては伯母山自治会の盆踊りで、空き家問題が取り沙汰される中、若年世代の新居が増えている羨ましい自治会である。









2017-08-13-21-19-52祭の司会進行を務める女性スタッフ。

体面ばかりを気にする男性と違い、全ての集まりは女性の存在で華やぐものだと、ここでも実感させられた。







2017-08-14-18-07-4614日は御建自治会の盆踊りで、夕方からの雨に備え櫓は大きなシートで養生された。










2017-08-14-18-04-16子ども会が運営するかき氷のコーナーだが、ここでも男性の姿は少ない。










2017-08-14-18-02-30自治会のランチュウの養殖家が出すランチュウ掬いのコーナー。

1回100円のランチュウ掬いに子供たちは群がり、歓声が上る人気コーナーである。
















2017-08-14-17-20-28私はレギュラーポジションの焼きそばコーナーで、今年も汗と戦い、女性団員が揃いのポロシャツでパック詰めを行った。









2017-08-14-21-17-05夕方からは心配していた雨が強くなり、開始前に中止決定が出され、バザーの残りを肴に早い時間からの慰労会となった。









2017-08-15-20-19-3015日、夜見地区の盆踊りは中止となったが、芝谷自治会の盆踊りは時折降る雨の中で、中止となった他地区の鬱憤を晴らすかのように盛大に開催された。









2017-08-15-19-47-09主催の向かって右の自治会長と、祭りを取り仕切る同級生の防災部長。










2017-08-15-20-26-30河崎の中でも一番の団結を誇る芝谷の盆踊りが、雨にも負けず終了した。

三日三晩の盆踊りが終わり、県議となって3回目の夏も終わりを告げようとしている。
livedoor プロフィール
ギャラリー
  • 「赤沢代議士を囲んでの納涼会」
  • 「赤沢代議士を囲んでの納涼会」
  • 「赤沢代議士を囲んでの納涼会」
  • 「岡野氏と塚野氏の就任祝賀会」
  • 「三夜続きの盆踊り」
  • 「三夜続きの盆踊り」
  • 「三夜続きの盆踊り」
  • 「三夜続きの盆踊り」
  • 「三夜続きの盆踊り」