2015年06月

「第60回自民党県連大会」

IMG_124728日、第60回自民党県連大会が米子コンベンションホールで開催された。

私は大会からの参加だったが、大会前の総務会では会長の選出方法をめぐり大紛糾したとの事であった。

報道でもあった通りだが、臨時大会に向けて大切な事は支部党員の意見に耳を傾ける姿勢であり、民意と乖離して政治は前に進まないだろう。

「叙勲祝賀会}

IMG_123228日、梅林良一氏の瑞宝小綬章の叙勲祝賀会が開催された。

世話人を代表して挨拶する、北村河崎地区連合会長。








IMG_1238来賓祝辞の後、お礼の言葉を述べる梅林氏。

永年国鉄に勤務され、米子駅長として、また退職後は自治連合会長として大活躍された。

また、平成18年の米子市議会選挙は事務局長として、それ以降この度の県議会選挙まで後援会長として、私の後援会活動の中心的存在である。





IMG_1242地元自治会の安来節師範による安来節の披露。











IMG_1245来賓は赤沢副大臣、舞立参議院議員、野坂市長、渡辺議長、岩崎市議、三鴨市議と豪華な顔ぶれで、自民党河崎支部長としての存在の大きさも感じる一コマであった。

毎年のようにエイジシュートを達成する現役ゴルファーで、高齢化社会に向けて健康寿命の延伸が叫ばれる中、生きた教材とも言える85歳である。




「五里が浜の海岸清掃」

IMG_122728日の早朝、毎年恒例のリンエイ会主催の海岸清掃に参加した。

回を重ね今年で20回目となったが、この間ゴミが確実に減少していると実感した。








IMG_1228鳥取砂丘が「日本一のすなば」で評判となっているが、五里が浜と呼ばれる弓浜半島も負けず劣らずの「日本一のすなば」である。

ジャパンエコトラック認定第1号となり、今後サイクリング道も整備予定だが、その知られざる魅力について、発信を強める必要があると感じた。





「鳥取県議会6月定例会が閉会」

0115月11日、9日の自民党代表質問に続き一般質問に立つ。

私は初日の5番目で、地方創生と国土強靭化について県議会初の質問に立ったが、質問時間を超過して議長から今定例会初の注意を受けた。






24-2「地域振興・県土・警察常任委員会」の副委員長として、これまた初の委員会審査に臨んだ。

市議会に比べ組織も予算規模も格段に大きくなったが、カルチャーは違うにせよ議会の本質は何ら変わらないと感じた。

知事の答弁力だけが頭に残る議会であったが、県議会の状況が把握できたのは、せめてもの慰めと言える。

「18歳選挙権」

選挙権年齢を引き下げて18歳以上にする改正公職選挙法が、17日の参議院本会議で全会一致で可決・成立した。

選挙権年齢の引き下げは70年ぶりで、来年夏の参議院選挙から適用される見通しとの事で、6月定例会でも長谷川議員が採り上げ知事と教育長に見解を求めていた。

この度の改正について、国は若年層の政治的無関心を是正し投票率を向上させる云々と言っているが、年齢を引き下げる前にやるべき事が多くあると言いたい。

参政権を求めて多くの血が流れた歴史を思う時、少年法をそのままに権利だけ与える羊頭狗肉的改正を素直に喜べないのは私だけか。

プロフィール



野坂道明(のざかみちあき)
昭和32年4月9日生

議員履歴
■鳥取県議会議員(2015-)
■米子市議会議員(2006-2014)
■鳥取県西部広域行政管理組合議会(2010-2014)

学 歴
昭和45年 米子市立加茂小卒
昭和48年 米子市立第4中卒
昭和51年 烏取県立境高卒
昭和56年 帝京大学経済学部卒

経 歴
■元(財)とっとりコンベンションビューロー西部地区企画運営委員会委員長(理事)
■元(社)米子法人会青年部会副部会長
■元米子商工会議所青年部会長
■米子市消防団河崎分団員
■河崎校区自治連合会顧問
■河崎公民館運営委員会顧問
■NPO法人やまつみスポーツクラブ顧問

http://www.michiakinozaka.com
E-MAIL
 mail@michiakinozaka.com
→Facebook

ギャラリー
  • 「最終日の一般質問」
  • 「最終日の一般質問」
  • 「4日目、5日目の一般質問」
  • 「4日目、5日目の一般質問」
  • 「河崎校区民大運動会」
  • 「河崎校区民大運動会」
  • 「第6回手話パフォーマンス甲子園」
  • 「第6回手話パフォーマンス甲子園」
  • 「舞立参議員議員との懇談会」
記事検索
アーカイブ