2016年03月

「ダイキン工業の研修施設の視察」

2016-03-26-14-10-03午前中の開通式典に続き、午後からは青谷町に移動して、ダイキン工業の研修施設を視察した。

研修施設と言うより、リゾートホテルと言った方が適切な豪華な内外装を施した建物であった。








2016-03-26-14-05-252階ロビーは広々とした板張りの空間が、窓越しに海へと繋がり、訪れた人の心を掴む設計となっていた。










2016-03-26-13-30-37展望フロアーからは、施設の直下に広がるプライベートビーチが一望できる。











2016-03-26-13-37-46海を眼下に、ゆったりとした時を過ごすラウンジスペース。











2016-03-26-13-41-17VIPルームは一部屋ずつデザインが異なり、選ぶ楽しさと遊び心が演出されていた。











2016-03-26-13-50-23一般の部屋でもクオリティーはセミスウィート級で、利用者のモティベーションは否が応でも上がるだろう。










2016-03-26-13-44-58各部屋には海を眺めるバスルームがあるが、温泉の大浴場も完備されており、コミュニケーションに一役買っている。










2016-03-26-13-47-12世界各国から職員が集まるので、和の空間も大切にしてある。











2016-03-26-13-57-43今では生産ラインから引退した機会だが、各工程の基礎を学び、ダイキンイズムを身をもって体験する教材として活用されている。










2016-03-26-14-08-02各部屋は勿論の事、廊下やロビーの壁には著名な作家の絵画等がさり気無く飾られ、その名を見るだけでも驚かされる様な作品が数多く掛けられていた。

1兆円企業となったダイキン工業を、精神面で支える施設が青谷町にあり、そのスピリッツが鳥取の自然の中で誕生している事実に、私たちはもっと注目した方が良いだろう。




山陰近畿道「岩見道路」開通式典。

2016-03-26-09-37-3426日、山陰近畿自動車道、岩見道路(石見IC~浦富IC)の開通式典が開催され、担当の常任委員会の副委員長として出席した。










2016-03-26-10-00-57主催者を代表して挨拶する平井知事。

鳥取県の自然や食の魅力を発揮するためにも、立ち遅れたインフラ整備が急務と述べ、今後の事業の進展を訴えた。








2016-03-26-10-11-18来賓挨拶をする舞立参議院議員。

休日は鳥取県内を東奔西走しているが、島根県との合区になると、1日で回るのは物理的に不可能となり、本人はもとより有権者にとって名実ともに縁遠くなる。







2016-03-26-10-19-11続いて来賓挨拶をする地元石見の榎本町長。

岩美町の歴史に触れながら、注目を集めている「瑞風」の東浜駅の停車や、TVアニメ「FREE」を紹介し、岩美町にとって又とないチャンスと語った。








2016-03-26-10-28-42来賓挨拶をする、国交省中国地方整備局の坂本副局長。











2016-03-26-10-32-10県議会を代表して挨拶をする藤縄副議長。

岩美町生まれで榎本町長とは同級生と、岩美町との縁を披瀝した。









2016-03-26-10-38-16来賓挨拶の最後は、鳥取豊岡宮津自動車道整備推進協の深沢鳥取市長。

6番目を充分に意識された簡潔な挨拶で、人柄が伝わってきた。








2016-03-26-10-57-323月末で定年退職される長谷川県土整備部長と、トリピを挟んで記念の一枚撮った。

1年に満たない期間であったが、4回の定例会と臨時会を通し、有意義な議論と活動が出来た事に感謝を申し上げ、地方創生の前提となる社会資本整備について決意を新たにした。





「鳥取県・ウエストモアランド県の姉妹提携祝賀会」

2016-03-24-18-39-4324日、鳥取県・ウエストモアランド県姉妹提携記念レセプションが鳥取市で開催された。

主催者を代表して歓迎の挨拶をする平井知事。

本来であれば、流暢な英語での挨拶となるところだろうが、大半の参加者を気遣ってか通訳を介しての挨拶となった。














2016-03-24-18-48-22続いて県議会を代表して、歓迎の挨拶をする斉木議長。

通訳を介しての挨拶で、呼吸が合わないところも見受けられたが、それ以上に知事の後のスピーチは大変だと感じた。

















image訪問団を代表して挨拶をする、ジャマイカ・ウエストモアランド県のバーテル・モーア知事。

ジャパンのJとジャマイカのJを挙げ、陸上チームのキャンプ実績等、お互いの縁の深さを語った。








2016-03-24-19-01-10駐日ジャマイカ大使、リカード・アリコック閣下。

3回の訪県を語りながら、鳥取県はセカンドホームだと述べた。









2016-03-24-19-15-38外務省中南米局、橋場中米カリブ課長の乾杯の挨拶。

中米カリブ地域で日本初となる姉妹提携は、今後の両国の友好関係において大変意義深いと語った。








2016-03-24-19-58-03暫しの歓談の後、ジャマイカ側を代表して、日本在住でジャマイカ観光親善大使を務める、ジョン・ルーカス氏による歌の披露があった。











2016-03-24-20-08-04鳥取県側からは、しゃんしゃん鈴の音大使による「しゃんしゃん傘踊り」が披露された。











2016-03-24-20-43-29平井知事からの記念品贈呈に続き、深沢鳥取市長による中締めの挨拶で、記念すべき鳥取県とウエストモアランド県の、姉妹提携を祝う会はお開きとなった。








昨年の安倍首相による初のジャマイカ公式訪問でも話題となったが、鳥取県が育んで来た交流が国をリードする形となって結実した。

2020東京オリパラ大会のジャマイカ陸上チームの事前キャンプ誘致に、大きな弾みが付く記念すべき1日となったが、それ以上に積極的平和主義を唱え、常任理事国入りを目指す日本にとっても大きな追い風となったに違いない。

「野党共闘」

 夏の参議院選に向けて、共産党が擁立を決めていた改選1人区の内、9選挙区で立候補を取り下げ、他の11選挙区での統一候補化も含め野党候補の一本化で合意したとのことである。

 

その内の一つに鳥取・島根選挙区があるのだが、先日の新聞で、自公連立政権を引き野党統一候補を正当化する報道があった。

 

国会は言うまでも無く地方議会を含め政策面での違いは、自公に対して比べようも無い程かけ離れているのが共産党を含めた野党連合であり、選挙向けの憲法9条の看板だけで、安全保障やエネルギー、食糧や経済、災害等々、地球規模で巻き起こる難題に立ち向かう勢力に成れるはずも無い。

「政府機関の地方移転問題」

国が地方創生の目玉政策として打ち出した政府機関の地方移転が、文化庁の京都移転が辛うじて決まった程度で、政府の本気度に疑念を抱く状況となっている。

 

鳥取県は要望していた3機関の内、果樹研究所と職業能力開発総合学校の移転が決まったが、常駐職員を置かない等、極一部の機能移転に止まり、地方移転とは名ばかりの感が否めない。

 

今後30年の内に70%の確率で起きると言われる首都直下地震や東南海地震に備えるべく、国家百年の大計として国土強靭化計画も策定されたが、このままでは全てが絵空事と言われても仕方あるまい。

 

プロフィール



野坂道明(のざかみちあき)
昭和32年4月9日生

議員履歴
■鳥取県議会議員(2015-)
■米子市議会議員(2006-2014)
■鳥取県西部広域行政管理組合議会(2010-2014)

学 歴
昭和45年 米子市立加茂小卒
昭和48年 米子市立第4中卒
昭和51年 烏取県立境高卒
昭和56年 帝京大学経済学部卒

経 歴
■元(財)とっとりコンベンションビューロー西部地区企画運営委員会委員長(理事)
■元(社)米子法人会青年部会副部会長
■元米子商工会議所青年部会長
■米子市消防団河崎分団員
■河崎校区自治連合会顧問
■河崎公民館運営委員会顧問
■NPO法人やまつみスポーツクラブ顧問

http://www.michiakinozaka.com
E-MAIL
 mail@michiakinozaka.com
→Facebook

ギャラリー
  • 「自衛隊家族会の記念講演と懇親会」
  • 「自衛隊家族会の記念講演と懇親会」
  • 「自衛隊家族会の記念講演と懇親会」
  • 「自衛隊家族会の記念講演と懇親会」
  • 「自衛隊家族会の記念講演と懇親会」
  • 「自衛隊家族会の記念講演と懇親会」
  • 「自衛隊家族会の記念講演と懇親会」
  • 「自衛隊家族会の記念講演と懇親会」
  • 「鳥取・台中チャーター便就航記念式典」
記事検索
アーカイブ