2016年12月

「鳥取県縦断サイクリングコースの検討会」

image22日、米子市から岩美町まで鳥取県を縦断するサイクリングコースの検討会が、市町村や関係団体を集め県西部総合事務所で開催された。
(12/23日本海新聞)

山陰道の整備に伴い、交通量が減少する国道9号の活用策として鳥取県が提案したもので、愛媛、広島、島根、鳥取の4県に跨る広域ルートを目指し、西部工区から整備に着手する。



本年9月定例会でも、広島県の湯崎知事の発言を採り上げ、国道9号線を活用した鳥取県東部までのサイクリング道の整備を提言したところだが、この度の県のレスポンスの良さは大いに評価したい。 

(下記は9月定例会一般質問からの抜粋)

また本年8月には、平井知事と広島県の湯崎知事との間で「しまなみ街道」「やまなみ街道」「中海周遊ルート」をつなぐ、愛媛から広島、島根県を経て鳥取県に到る広域サイクリングルートを設定することで合意された。 更に湯崎知事は鳥取県西部から鳥取砂丘や浦富海岸に到る鳥取県東部まで、ルート延伸することを切望された。

 

そこで鳥取県東部までのサイクリングコースの延伸についてだが、平成30年の鳥取西道路の完成に伴い、交通量の減少が想定される国道9号線の新たな活用策として検討してはどうか。沿線商業の活性化やまちづくりの観点からも有効な施策だと思うが、知事の所見を伺う。

 

 



「11月定例会が閉会」

2016-12-19-13-25-3119日、11月定例会の最終日となり、補正予算案を含む全ての上程議案等を可決・承認して閉会した。

閉会後の知事以下幹部職員の挨拶回りも終わり、午後一番のJRで帰路に着いた。

もうすぐ冬至だが、これを過ぎれば一日一日と陽が長くなる。この様に、日々の変化を感じるのもJR通勤である。



2016-12-20-13-39-0520日、自民党に対する各種団体からの平成29年度当初予算要望の聞き取りが行われた。

各団体からは、先の中部地震に関連する要望も多くあったが、地震大国日本に在って、特に未来に繋がる復興の視点が重要だと感じた。






「お食い初め」

2016-12-17-11-24-5817日、長女の第2子の「お食い初め」を嫁ぎ先のご両親と共に祝った。












2016-12-17-11-25-278月生まれの長男はすくすくと成長し、将来の角界入りを予感させるほど丸々と太った。












2016-12-17-11-29-00箸を口に当てると母乳と違う味に顔をしかめ、その度に私たちの笑いを誘った。

6月に結婚した長男夫婦も子宝に恵まれ、来年4月には第1子が誕生するとのことで、我が家はベビーブームを迎えている。








「11月定例会の常任・特別委員会」

2016-12-16-09-05-4311月定例会も質問戦が終わり、15日に常任委員会、16日は特別委員会が開催され、それぞれの上程議案等を可決承認して終了した。

今週は懇親会があり13~15日と泊が続いたが、登庁時間は何時も通りで会派控室には一番乗りすることが多い。

16日、この日一番乗りの藤井議員と雑談しながらの一枚。

「第18回、日本バスケットWリーグ米子大会」

2016-12-10-13-27-30去る10日、11日、第18回日本バスケットWリーグが米子市と鳥取市で開催され、10日のJX-ENEOSvsトヨタ自動車の米子大会を観戦した。

JX‐ENEOSは、WNBAでも活躍した渡嘉敷を中心に吉田、藤岡等の日本代表が先発し、終始試合を有利に進めた。








2016-12-10-13-29-41トヨタ自動車は、日本代表の顔として活躍した大神が健在で、地元倉吉北高出身の馬を先発させた。












2016-12-10-14-00-50試合開始前のトスアップは、一般社団法人「鳥取県バスケットボール協会」の藤縄会長が務めた。

私は長女が倉吉北高バスケット部でお世話になり、インターハイ等の全国大会を含め3年間応援に明け暮れたのがバスケットとの縁の始まりである。








2016-12-10-15-48-40試合は地力に勝るJX‐ENEOSが、大方の予想通り76‐59の大差で勝利した。

後方のスタンドには、次女が社会人バスケットのチームメートと共に観戦に来ており、コートサイドの役員席で観戦する私を羨んでいた。








私の3人の子供たちは、長女と末娘がバスケットをやり、真中の長男がサッカーをしたが、3人とも大学4年間部活動を続け社会人となった今日も続けている。

今から思えば子供たちの試合観戦に明け暮れた日々だった。卒入学式の思いでは無いが、県内外の各地で行われた試合は今でも鮮明に覚えている。

子ども達にとってはさぞや迷惑だったに違いないが、私にとっては子供たちと過ごした濃密な青春時代だったと言える。

プロフィール



野坂道明(のざかみちあき)
昭和32年4月9日生

議員履歴
■鳥取県議会議員(2015-)
■米子市議会議員(2006-2014)
■鳥取県西部広域行政管理組合議会(2010-2014)

学 歴
昭和45年 米子市立加茂小卒
昭和48年 米子市立第4中卒
昭和51年 烏取県立境高卒
昭和56年 帝京大学経済学部卒

経 歴
■元(財)とっとりコンベンションビューロー西部地区企画運営委員会委員長(理事)
■元(社)米子法人会青年部会副部会長
■元米子商工会議所青年部会長
■米子市消防団河崎分団員
■河崎校区自治連合会顧問
■河崎公民館運営委員会顧問
■NPO法人やまつみスポーツクラブ顧問

http://www.michiakinozaka.com
E-MAIL
 mail@michiakinozaka.com
→Facebook

ギャラリー
  • 「最終日の一般質問」
  • 「最終日の一般質問」
  • 「4日目、5日目の一般質問」
  • 「4日目、5日目の一般質問」
  • 「河崎校区民大運動会」
  • 「河崎校区民大運動会」
  • 「第6回手話パフォーマンス甲子園」
  • 「第6回手話パフォーマンス甲子園」
  • 「舞立参議員議員との懇談会」
記事検索
アーカイブ