2018年10月

「鳥取県議会ベトナム訪問団」

IMG_920223日~26日の日程で鳥取県議会ベトナム訪問団による視察が行われ、午後ホーチミン国際空港に到着後、初めに日本国総領事館を表敬訪問し河上総領事他と面談した。








IMG_9214次にJETROホーチミン事務所を訪ね、滝本所長からベトナムの経済・歴史概要やホーチミン市近郊のビジネス情報について説明を受け意見交換を行った。











IMG_9205次に2年前に開店した高島屋ホーチミン店を視察した。

一日3万人が訪れ急成長するホーチミン経済を象徴する場所となっていた。

















IMG_9209食品売り場で価格を確認すると、日本と同等かそれ以上の価格帯で売られている物もあり、ホーチミン市近郊のアッパーミドルの増大を物語っていた。











IMG_92102017年7月現在、844,5万人と言われるホーチミン市の人口だが、ベトナム最大の経済金融拠点だけあって人口流入が激しく、実際には1300万人程度とも言われている。










IMG_9216ホテルの近くには、ビテクスコ・グループ所有の高さ265.5メートルの地上68階・地下3階建で、設計Carlos Zapata Studio、施工ヒュンダイE&Cが担当した超高層ビルがあり、賃貸オフィスや会議場・商業施設・展望台・ヘリポート等で利用され,ている。


















IMG_9220ホテル20階の展望ラウンジから眼下のサイゴン川を眺めると、リバーサイドには高層ビル群が林立し急成長を遂げるベトナムを実感した。



















IMG_924424日、最初に来春から日本留学生を受け入れる米子松蔭高校の提携先の一つ、「べト・ラボ日本留学センター」を視察した。











IMG_9237日本の大学や専門学校への留学を目指す学生達だが、皆が元気で明るく、意欲的に日本語の習得に励んでいた。











IMG_9238クーン代表からセンターの運営や学習プログラムの概要について説明を受け意見交換を行った。












IMG_9249次に平成29年鳥取県が開催した、「ベトナムへの食品輸出商談会」にも参加した日本食品の取り扱い商社、「AKURUHI GROUP」が経営するスーパーマーケットを視察した。









IMG_9248坂下セールス担当とヅウィCEOから企業概要や日本食品の販売状況について説明を受け、県産品の販売等について意見交換を行った。











IMG_9254次に平成28年開催の「鳥取グルメフェアー」の会場にもなった、㈱イートファクトリーが経営するホーチミン最大の日本食レストラン、「満マルホーチミン」を視察した。










IMG_9250鳥取駅前、米子駅前の「大阪新世界 山ちゃん」でもお馴染みのイートファクトリーはホーチミン市に2店舗出店しており、鳥取県食材の活用について意見交換を行い、夕方、次の視察地ハノイに向けて国内線に乗った。









IMG_9261

25日、初めに「ベトナム公衆医療大学」内のJIS人材開発株式会社の本社事務所兼教育センターを視察した。













IMG_9274来春開校予定の城北日本語学校は鳥取市や地元経済団体等と連携してベトナムからの高度人材を受け入れる事業を実施している。











IMG_9260JIS人材開発株式会社は提携する現地ベトナム留学生送出機関の一つで、日本語を学ぶ学生たちの眼差しは真剣そのものである。











IMG_9278続いて隣接の同大学の「医療センター」を視察。













IMG_9263介護留学を目指す学生が日本製の器具でトレーニングを行い、日本の介護技術等の習得する。












IMG_9276次にホアン・ロン人材派遣株式会社を視察した。

1999年にベトナム社会主義共和国の労働傷病兵社会省から事業認可を受け、その後、オーストラリア、中東、ロシア、アフリカ等へ約2万人の技能実習生を派遣している。








IMG_9266日本語の学習風景だが、2012年からは日本事業部を本格稼働させ、日本企業へ勤勉なベトナム人技能実習生を送り出している。











IMG_9292

次にハノイ市人民委員会を表敬訪問し、ディン外務局長労働局長他と、ベトナム人研修生や留学生の受け入れ問題を中心に意見交換を行った。

 












IMG_9294ベトナムは共産党の一党支配体制で、地方行政を担うのが人民委員会となっており、極めて官僚主義が強固なお国柄で、駐車場には黒塗りの高級車が並んでいた。










IMG_9298次にJENTOハノイ事務所を訪ね、査証緩和と個人所得の増加に伴い大きな成長が見込まれるベトナム人誘客の現状について調査した。











IMG_9295高橋所長からは、日本へのインバウンド・ツーリズムのプロモーションやマーケテイングについて説明を受け、鳥取県の課題と可能性について意見交換を行った









IMG_9300

夜はベトナム労働・傷病兵・社会問題省海外労働局のリエム副局長やハノイ市友好団体連合会アン副議長、ベトナム国元首相(チャン・ダイ・クアン氏)のご親戚のリエン氏他を囲んでの夕食懇談会に臨んだ。











IMG_9301会場の「Nam Phuong」は、2006年11月17日~20日にAPEC首脳会議出席及びベトナム公式訪問でハノイを訪れた際、安倍総理とベトナム大統領が会食したベトナム料理の名店である。










IMG_9305ハノイ市友好団体連合会のアン副議長と鳥取県での再会を期して固い握手を交わし夕食懇談会を終えた。

22日の成田での前泊で始まったベトナム視察も明朝の帰国便に乗るだけとなり、ホテルに帰って荷造りをした。







「米子市戦没者慰霊祭と遺族大会」

IMG_919522日、米子市戦没者慰霊祭が開催され、主催者の伊木市長に続き、地元国会議員や県知事の代理、稲田県議会議長、渡辺市議会議長、県市の遺族会会長当が、先の大戦で散華した英霊に対し哀悼の言葉を送った。











IMG_9196続いて米子市戦没者遺族大会が開催され、戦争体験を語り継ぎ恒久平和を目指す。政府要人等の靖国参拝の定着、戦没者遺族に対する処遇改善、遺骨収集事業や友好親善事業の拡充等を決議し閉会した。










米子市戦没者遺族会の理事となり初めて迎える大会となったが、戦後73年が経過し戦没者遺族が減少する中で、次世代に継承する意味においても会のあり方や活動が問われている。

「自民党総裁選の報告と選対委員会」

IMG_919221日、自民党総裁選の報告会と鳥取県連の選挙対策委員会がはわい温泉のホテルで開催された。

石破代議士は総裁選を振り返りながら、全国一の得票率だった本県の支援に対し改めて感謝を表明し、次回の挑戦に向けて決意を語り、赤沢代議士、大臣政務官に就任した舞立参議員議員と続いた。








IMG_9194次に県連の選挙対策委員会が開催され、鳥取・島根の合区の選挙区候補に決まった舞立参議員議員が合区選挙に臨む決意を語った。












IMG_9193次に来春の県議会選挙の公認・推薦の扱いについて協議され、石破会長から現職公認、新人推薦が提案された。

特例を求める反対意見が出たものの賛成多数で会長案で決定した。






反対意見が多く出るようであれば、前回の県議会選挙における公認推薦の実態と選挙結果について追求しようとも思っていたが、その必要もなく決定したことは喜ばしい限りである。

「水木しげるロードで酉の会」

IMG_918720日、米子YEGのOB同級生会「酉の会}が今夏リニューアルオープンした水木しげるロードの「みずき屋」で開催された。










IMG_9186妖怪と夜は切っても切れないし、近年注目されるナイトエコノミーの観点からも大変有意義な改修だと思うが、今後は夜の営業店舗を如何に増やすかが大きな課題だと感じた。









IMG_9191水木しげるロードへはキタロー列車で往復したが、世界に発信するオンリーワンとして、米子駅霊番ホームからのストーリー性も一工夫が必要だと感じた。

「なでしこ会総会」

IMG_918020日、赤沢りょうせい後援会女性部「なでしこ会」の平成30年度総会が開催され、初めに舞立参議院議員が来賓挨拶に立ち、内閣府大臣政務官就任等の報告を行い、鳥取・島根の合区で臨む来夏の参議院選挙への決意を述べた。








IMG_9181次に伊木米子市長が挨拶に立ち、国とのパイプ役として赤沢代議士の存在の大きさを語った。











IMG_9182総会後の講演会で総裁選の報告を行う石破代議士だが、党内の批判を恐れず総裁選を支えた赤沢代議士を国にとって重要な政治家と熱く語った。










IMG_9183赤沢代議士の国政報告では、総裁選を振り返り防災省の必要性を災害事例を挙げながら訴えた。










「来夏の参議院選挙は衆参ダブルの可能性が2~3割はある」とした石破代議士の発言を受け、予定の時間を10分超過し質疑応答の時間が無くなるほどの熱弁だった。
プロフィール



野坂道明(のざかみちあき)
昭和32年4月9日生

議員履歴
■鳥取県議会議員(2015-)
■米子市議会議員(2006-2014)
■鳥取県西部広域行政管理組合議会(2010-2014)

学 歴
昭和45年 米子市立加茂小卒
昭和48年 米子市立第4中卒
昭和51年 烏取県立境高卒
昭和56年 帝京大学経済学部卒

経 歴
■元(財)とっとりコンベンションビューロー西部地区企画運営委員会委員長(理事)
■元(社)米子法人会青年部会副部会長
■元米子商工会議所青年部会長
■米子市消防団河崎分団員
■河崎校区自治連合会顧問
■河崎公民館運営委員会顧問
■NPO法人やまつみスポーツクラブ顧問

http://www.michiakinozaka.com
E-MAIL
 mail@michiakinozaka.com
→Facebook

ギャラリー
  • 「伯備新幹線の総決起大会」
  • 「伯備新幹線の総決起大会」
  • 「伯備新幹線の総決起大会」
  • 「伯備新幹線の総決起大会」
  • 「伯備新幹線の総決起大会」
  • 「伯備新幹線の総決起大会」
  • 「鳥取県戦没者慰霊祭」
  • 「鳥取県学生議会」
  • 「全日本Challengedアクアスロン皆生大会」
記事検索
アーカイブ