IMG_993912日、平成最後で任期最後の2月定例会が開会し、平井知事から3182億円余の骨格予算を含む議案等の提案理由の説明があった。








平井知事は、鳥取県中部地震を含め全国で多くの災害が発生した4年間だったと振り返ったが、首都直下地震や東海・南海地震が30年以内に7割以上の確率で起きると言われる状況において、東京への一極集中を止め地方分散型の社会を構築しない限り、日本の未来は描けないだろう。

真の地方創生に向けて、覚悟をもって臨む議会にしたいと提案理由の説明を聞きながら思った。