IMG_0136去る4月24日、クィーンエリザベス号が初めて境港港に寄港し、境港管理組合議会議員として船内見学と歓迎セレモニーに参加した。










IMG_0140世界で最も美しいと言われるクィーンエリザベス号の前で、新任の森田事務局長との一枚。




















IMG_0142内装は天然木材が使用され、寄席木細工のクィーンエリザベス号が出迎えてくれた。




















IMG_0143手摺も天然木材が使用され、床は大理石張りか厚い絨毯が敷かれていた。




















IMG_0144クィーンエリザベス号に関する数々の歴史資料が展示され、世界一の豪華客船の証となっている。。











IMG_0145エリザベス王女を冠とするだけあって、肖像画が展示されていた。











IMG_0146舞踏会が催されるダンスホール。












IMG_0148世界一有名な時計塔「ビッグベン」を模して製作された時計。











IMG_0150図書館も重厚な雰囲気。












IMG_0151美術館。












IMG_0152浴室。












IMG_0155フィットネスクラブ。












IMG_0158最後尾の最上階にある展望ラウンジ。












IMG_0162プール。












IMG_0169平井知事、島根県の藤原副知事、地元中村市長を筆頭に、初寄港を祝い歓迎セレモニーに臨んだ。











IMG_0171安来節の披露。












IMG_0172どじょう掬いの披露。

来年は3回の寄港が予定されており、ターミナルビルの供用開始と合わせ、境港も新たなステージを迎えることだろう。