IMG_167210日、美保基地の毎年恒例の賀詞交歓会が盛大に開催された。

塩川指令と伊木米子市長と写真に納まり、自衛隊への感謝と共に国の安寧を祈願した。







美保基地は大型ヘリやC-2輸送機の配備に続き空中空輸機の配備も計画されており、緊張を増す安全保障環境の中で質量共に重要度を増している。

自衛隊に関し災害派遣等に対する感謝の声は多く聞くが、本来の防衛上の問題になると消極的、否定的な意見に変わる国民が少なくない。

我が国において自己完結できる組織は自衛隊だけであり、日常機能が喪失した災害地においても独自で機能する組織になっている。

一番過酷な状況が戦闘地だとすると分かると思うが、日頃の訓練成果の一部が災害派遣の活躍だと理解すべきである。