ひらめきノート

夫NPO職員、私任期付大学教員、子ども3人。綱渡りだけど楽しい家族の日々。

雨の日曜日

雨の休日が好きです。
目の前のことに集中できるから。
今は博士論文に向き合う時間が楽しい。
こんな自分に本当にびっくりしています。
半日机に座っていても平気。
先が見えてきたからかな。
でもきっと完成までには自分の範疇では想像できない苦労が
待っているんだろうな。それも楽しむつもりで
日々コツコツと進めていきたい。

雨だけど、いぶきはソフトの練習へ。
なぜこんな日に?
よくわからないけど、何か精神的な部分を育てることが
意図だったら、賛同できない。
丸一日何もない休日、子どもにも必要。
こんな日こそゆっくり休んだり
家族と過ごせればいいのにね。

夫は映画へ。半年のビジネススクールで
無事最後の課題を終え、「自分へのご褒美だ!」と
出かけていきました。Enjoy!

長男は宿題に追われています。
春から3年生になるからか
これまでの復習のような問題集が
学校から配布されているようで。
がんばれ!



自分で自分を肯定すること

夕方、母からのグラタンの差し入れ。
玄関で子ども達と受け取る。
立ち去り際に母
「川崎の事件ひどいね。どう思う?」と
憤った様子。唐突な質問に私たち何も答えられず。

でもその後夕食をいただきながら
息子達と3人で話をしました。
自分で自分を肯定できなくて
自分を肯定してくれる人が
他にいるんだけど、その人には許せない部分もある。
そんな時、どんなにその人がひどくても
その人に依存して、離れられないかもしれない。

事件のことはよくわからないけど
そんなことを話しました。

「どう、思う?」の問いかけ大事。
そう思った2月最後の日。

娘の旅立ち

7月2日、娘がマレーシアへ飛び立ちました。
これから約3年間
Sunway Universityの付属高校
Sunway International Schoolへ通います。

出発の数日前までは寂しさもそこまで感じなかったのに
スーツケースに荷物を詰め始めると
実感が沸いて来ました。

前日の夜、準備に追われあたふたしている中
夫は2階の部屋で数時間作業をしていました。
娘に渡す家族のアルバムを作っていたのです。
翌朝それを見て、涙が止まらなくなりました。

そして、出発間際に実家に手紙を届けると言い始めた娘。
その手紙の中には、亡き父に宛てたものもありました。
のんびりマイペースな性格なのに
実はいろいろ準備をしていたことに驚きです。

まだ16歳という若さで
言葉もよくわからない新しい環境でやっていけるのか
危険なめに合わないのか、この段階になって
不安が次々生まれてきて、夫も私も
やっと今になって、私たちを海外に送り出した
親の気持を理解し始めました。
今ならネットですぐつながり
様子を逐一把握することができるかもしれないけど
当時は電話もままならない。
そんな中送り出してくれた
私たちの親の勇気と、私たちを信じてくれた気持に
本当に感謝しています。









バレンタイン一揆鑑賞

今日は娘と母と一緒に、
日本の高校生と大学生の女の子3人組が
チョコの原料であるカカオの生産地を訪れる映画
「バレンタイン一揆」を観に行きました。

いまだに100万人の子どもがカカオ生産に
従事しているガーナ。
頭に20キロのカカオをのせ
炎天下のもと1日何時間も歩き
作業場にたどりつくと、うず高く積まれたカカオの実を
黙々と加工する。それが終わればまた運ぶ。。。
こうやって1日中働いて
もらえるのはたったの130円程度。

訪れた大学生の一人は、

途上国と私たちは一つのチョコで
つながっているはずなのに・・・
私たちは途上国よばわりして
彼らを切り離している
と目をうるませていました。

15歳のガーナの少年は
「僕たちはボイスレス(声を持たない)なんだ」と。

彼女達の一人が、村の中学生に
尋ねます。

「みんなの夢は何ですか?」

「教師」「医者」などなど、活き活きとした
表情で答える彼ら。

そして「あなたの夢は?」と尋ね返された大学生は
その質問に答えることができませんでした。

困難な生活の中で夢を描くガーナの子ども達。
満たされな生活の中で模索する日本の若者。

豊かさについて、改めて考えさせられる時間でした。




幸せな時間

予定の無い一日。
読書三枚で、時折うとうとして。

窓の外から聞こえてくるのは、子ども達がはしゃぐ声。
長男の友達と末っ子が、ボールを追いかけ
大笑いしている。4つも年下の末っ子と
一緒に遊んでくれる長男の友達にも感謝。

今日唯一出掛けたのは
近所のスーパー。精米と買い物。
30キロのお米を自転車の荷台に乗せ
ちょっとぐらぐらする自転車を
夫と手で押さえながら歩く。
話題は最近の女性一般の元気のよさ。

企業の人事担当者も口を揃えて
「女の子の方が優秀」と言うし
留学プログラムも、申し込んでくるのは
女の子がマジョリティー。

「女の人はお得感があるんだよね」と夫。
頼んだことの120%をやるのだと。

これは幼稚園の父母会でも感じてた。
みんなが他者の立場にたって
余分目に仕事をしてくる。
もしくは、みんなが楽しく仕事できるような
心配り(お菓子を持ってくるとか、家から役立ちそうな備品を持ってくるとか)
をする。よって、作業のプロセスも楽しめるし
仕事内容も充実したものになる。

じゃあ男にもっと頑張ってもらわないといけないのか。。。

というとそれも違うと思う。
男の子がもっと自分を肯定できるような
社会になることが求められているんじゃないかな。
今はうまく表現できないけど。。。




今一番幸せな時間

最近は家族で過ごす時間が本当に楽しい。

週末は1泊2日で島をめぐる旅でした。
母を含めて車で6人の珍道中。
目的地まで黄色い車を何台見るか賭けたり
宿や船の中ではトランプで盛り上がり
お腹を抱えて笑いました。

そして一夜明け
今日は18時から20時まで研修でした。
研修開始前、仲間に「研修後みんなで食事も」と誘われました。
以前の私なら、あまり深く考えずOKでしたが
今日は「30分考えさせてください」と答え、結果お断りしました。
家族みんなでの時間を今は1分でも多く味わいたい気分です。

雨だったので自転車をおいて電車で帰宅。
でも途中乗り継ぎが悪くて
駅で30分の待ち時間。その時間ももどかしくて
40分かけて徒歩で帰宅。

家に戻ると、リビングに灯がついているのに
誰もいない。なんと長男は食卓の向こうに隠れていました。
中2で最近は反抗期まっただ中って感じなのに
身を潜めて驚かすとか
まだまだかわいい。^^

長女も2階からおりてきて
今日の出来事をあれこれ報告してくれて
その後一緒に英語のスピーキング練習を。

末っ子はもう寝てしまっていたけど
食卓には、普段より◯が多くついた国語のテストが置かれていました。
みてほしかったのかな。

やっぱり早く帰ってよかった。

娘よ、その調子だ!

昨晩は久しぶりのリーダーズ・スクールの授業。
テーマはポジティブさとリーダーシップ。

最近巷に溢れかえるポジティブな生き方を提唱する
自己啓発本。なぜポジティブか。
ポジティブと組織の業績の関係性は。
ネガティブは必要ないのか。
ポジティブですり減ったらどうするか。
などなどを紙芝居形式でお話しさせていただきました。

終わったら、4月に劇的な出会いをし
今ではすっかりマブダチ(なつかしい^^;)の
ともさんがおつかれさま会を催してくれました。

予告も無い遅い帰りに
みんな先に寝ちゃったよね〜
と家に戻ると、娘の置き手紙。
ありがとう(涙)

娘、我が子ながら最近頑張ってます。
一般的な高校入試をしないと決め
自分の行きたい場所を決めてから
計画的に勉強をすすめています。
親としては、まわりと違った方向を選び
よく不安にならないな、と思いますが。
どこ吹く風。決心は固いようです!

写真は娘の手紙と最近の私。
12、3年前に編んだけど
だれにも使用されることのなく眠っていた
マフラーを、引っ張り出して
仕方なく巻いている・・・の姿。13-12-05_00146

父の鍋

今日はおでんを朝から仕込む。
久しぶりに登場の我が家の鉄鍋。

この鍋は、確か7、8年程前の誕生日に
父に買ってもらったもの。
欲しいものをたずねられ
リクエストしたのです。
当初熊猫研究所で
チリビーンズの出店などやっていたので
その道具としても活用したかった。

「みっちゃんが鍋ね〜。アクセサリーとかじゃないんかね。
 みっちゃんはお母さんになってしまったんやね」

と、父がしみじみとつぶやいたのを今も覚えています。

私が末っ子ということもあり
父は私が大人になっても、女の子としての
ファンタシーを抱いていたのか
そういえば、妊娠したときの
赤ちゃんのエコー写真なんかも
一切見ようとしなかったな。。。

てなことを思い出しながら
おでんをクツクツ煮込む一日でした。鍋image

生まれ変わったら

二人で夜道を歩いていると

「ねえ、生まれ変わったら女になりたい?
 それとも男になりたい?」
と末っ子(9歳)。

「そうやねぇ、やっぱ女かな。いぶきは?」
「ぼく女。男振り回したい」。
「え!!いぶき男が好きやったん?」ってきくと

末っ子いわく、周りの友達がみんな女の子に振り回されて
苦労しているからだとか(自分は彼女も好きな子もいないと強調^^)。

にしても、4年生で女の子に振り回されるか・・・。^^;

ついでに聞いてみた。
「ねえ、芸能人でいうと誰が好き?」。
ここだけの話。あまちゃんのヒロインの能年さんなんだと。
一緒にいて面白そうなところが良いとか。

へぇ〜〜。
いろんな発見があった今宵。

最高の誕生日

今日は44回目の誕生日。
なんだか最高の気分での目覚め。

今日はみんなのために美味しい朝ご飯を
作るんだと、昨晩から決意していました。
普段はなかなか買わないピタパンに
チキン、チーズ、卵、きゅうりをはさむという
贅沢な献立。

朝食が終わると夫が改まって
「お誕生日おめでとう!」と
部屋着のフリースのポケットから取り出したのは
清楚なたたずまいのピアスでした。
アクセサリーをもらうなんて
何年ぶりだろう?
この週末は夫の団体に大きなイベントがあったから
きっと忘れているか、うやむやになてしまうと
予想していただけに、ただびっくり。
そして本当に嬉しかった。

もう一つのプレゼントは
子ども達全員とのお出かけ。
成長と共に関心ごとがずれてきたり
部活だったりで、一緒に遊ぶことがへっていたのに
今日は長男も偶然部活が休み。
「ねえ、みんなで身体動かしたい!」
という長男のリクエストに
めずらしく全員が賛同し、ラケットボールへ。
その後は娘と美術館でミュシャ展を鑑賞。

誕生日にこんな偶然あり?!
笑い転げてお腹空かせて
家に帰って塩おにぎりをほうばりました。
たまたま家にあった粗塩で
始めて握ってみたら、これが大好評。
最高においしくて、ランチだけでなく
夕飯後にもリクエスト。
午後9時過ぎから再び塩おにぎりほおばる。

そして
3つ目のプレゼント(と勝手に思ってる)は
いよココロザシ大学の「空想美術館」。
母も一緒に、重要文化財萬翠荘に投影された
300枚以上の絵を楽しみました。
ココロザシ大学のスタッフの方々と
様々な企業、団体の方の力で実現されたのですね。
その場に立ち会えたことが光栄です。

最後は、兄や旧友からのメッセージ。
遠くにいても想っていてくれているという
その事実が何より心を熱くしてくれます。
感謝。

IMG_1212imageIMG_1217image-1image-3


QRコード
QRコード
最新コメント
最新トラックバック
山崎直子さんのこと (ブログの口コミ、通販検索)
動機は様々
ビリーズブートキャンプとは (ビリーズブートキャンプ体験記)
改革スタート
今日の拾い物(VIP画像) (2ちゃんねる@ニュー速VIPクオリティまとめブログ)
これぞ大学教育
今治 タオル関係 (今治バリバリリンク集)
パンダ スナック
ダイエットの決定版!! (ダイエットに関する情報)
何でもあり
化粧品のふようのの生活を美顔器・美容品の通販店から (化粧品のふようの美顔器・美容品の通販店)
まだまだ
化粧品のふようのの生活を美顔器・美容品の通販店から (化粧品のふようの美顔器・美容品の通販店)
まだまだ
【今年1年という時間】他 (日刊!YouTube情報)
fast car
  • ライブドアブログ