2018年04月20日

来週は新宿「J」でライヴです

 
b1b5e871 少し肌寒かったりもしています。
 名残の春、初夏の始まり。。。

 暑い夏も寒い冬も私は好きですが
 今のこの季節の良さは格別ですね!

 嶋津さん・加藤さんのデュオも超楽しみな
 ライヴ、どうぞお出掛け下さい。


 ◆4月25日(水) 19:00 スタート(3セット) Mチャージ 2,500円
  新宿「J」 TEL: 03-3354-0335
   with  嶋津健一(p)・加藤真一(b)


        S&K


michikovocal at 12:50|Permalinkclip!日記:My Favorite Things 

2018年04月16日

扶養家族が増えまして。。。

 
先週、金魚の卵が孵化しました。

先々週、イクラ色のケシ粒くらいのものが桶の底にたくさん沈んでいるのを見つけ
た。無精卵とは思いつつスポイトで吸って別にして一応空気を送って放って置いた。

DSC_1922  数日してから、今日辺りは卵が白濁して
  駄目になってるだろうから捨てるかなと
  思って目を凝らすと小さい奴といきなり
  目が会ってびっくり。

  スイスイ泳いでます。100匹はいるかも。
  魚の孵化は初体験です。

  これも蜂蜜瓶ですが、いつまでもこれで
  飼える訳でなし。さて、どうしたもんか。

  コメットという尾びれの長い金魚の子です。
  二匹いたうちの一匹が桶の外にジャンプ、
  気付いた時は干乾びて死んでいた。残った
  一匹では寂しかろうと、ペットショップで
  一匹買い足したのが去年の今頃。

 君ら、いつの間に仲良くなってたん? 春だわねえ。
 全部もし育ったら、町内の夏祭りの時に子供相手に金魚掬い屋でもやろうかしら。

DSC_1920

michikovocal at 12:24|Permalinkclip!日記:My Favorite Things 

2018年04月11日

ヨーグルトのお伴に。煮物にも入れます。

 
蜂蜜を大瓶で何本かまとめて取り寄せています。瓶が大きいので小さい瓶に移し
替えて使います。大瓶を逆さにして出来る限りは滴り落すのだけれど、それでも
元の瓶にくっついている蜂蜜をどうするか、が問題でありまして。。。

DSC_1900 底の方に残ったのは柄の長いスプーンで
 掻き出す。上の方のはスプーンでカチャ
 カチャと取るか指で内側をぐるりとして、
 指もスプーンも舐める。お行儀が悪いと
 言われても最後はお湯を入れてすすいで
 全部飲んでしまう。

 今回は、ちょうど買った夏ミカンが目の
 前にあったので良い事を思いつきました。

 皮を一度に剥いて全部の実を瓶に入れる。
 ミカンに蜂蜜が絡んで汁が出て来て蜂蜜が
 ゆるくなるので、一滴残さず食べられます。
 これなら、"私ってケチだな"感も薄まる。

 夏ミカン大3個で瓶がちょうどイッパイに
 なりました。

宣伝のつもりはないけれど、気に入っているのでご紹介します:
滋賀県の 安土養蜂園 の純粋国産百花蜜 1,200g入り (税込)3,348円。私は一度に
4,5本送ってもらう。瓶入りで重たいので送料が高くつきますが、この大瓶ならば
蜂蜜自体はかなり割安。 蜂蜜ってこういう味だったよね、という味がします。輸入
物とは全然違います。

michikovocal at 22:24|Permalinkclip!日記:My Favorite Things 

2018年04月07日

4月・5月のライヴ、よろしくお願い致します。

 
 3f75f4f1.jpg
                (*クリックで拡大できます)

michikovocal at 07:37|Permalinkclip!日記:My Favorite Things 

2018年04月06日

今年の桜は見事でしたね!

 
早々と東京の桜は満開になり、でも、上野や千鳥ヶ淵のような人混みには出掛けたく
はなく、今年は見ずに終わるかなと思っていた3月31日朝、姉から電話がありました。

「近所の桜が凄くて3日続けて自転車で行っちゃった。まだ間に合うよ、おいで!」

行く!と即答、支度して伴侶と出掛けました。ウチから姉ん家までは自転車なら20分、
地下鉄なら7分+徒歩7分といった距離。勿論この日は地下鉄、目指す東大島は4駅先。

都営新宿線の東大島駅の長いホームの千葉に近い側の改札を出るとすぐに荒川の土手が
見えます。駅横の団地の桜もきれいですが、それは置いといて真直ぐ土手まで3分です。

DSC_1870
土手と団地の間に道路があり、その道路の両側にも桜が植えられている。満開〜い!


  DSC_1872
そこから土手に登ると、広い堤の上も桜・桜。染井吉野の他に枝垂れも咲いています。


DSC_1873
遠くにスカイツリーが見えます。違う種類の桜で色変わりのピンク色の波にうっとり。


  DSC_1875
広い堤の上にもランダムに、そして並木状に、桜が植えられています。満開+花吹雪。
木が立派に育って今年はお天気良いし綺麗!既に4日連続来た後なのに姉はまだ嬉しげ。


DSC_1876
先に見える橋の所までの1.5kmくらいに亘って桜並木が続いています。一段下は自転車
道路、川辺は葦の原。花見提灯も下がってなし、土曜の昼時なのにそんなに人出はない。


  DSC_1879
団地の中に大きな運動公園があってそこの桜も見事だと姉が言うので堤を下って行くと
雪柳が咲きこぼれていました。さて、運動公園とは言うもののそこは芝生の広場で。。。


DSC_1880
 サーカスが3つくらい来れそうな広さ。
 ぐるりと桜が植わっていて、さすがに
 ここは家族連れで賑わっていました。

 シートを広げたり、テントを張ったり
 若い家族が多いのか乳母車もたくさん。

 芝の広場は大き過ぎて、周りは賑わっ
 ているものの真ん中はすっぽり空いて
 いました。

 広場の横のスペースはバーベキュー可。
 よい匂いはするけれど皆さんお行儀が
 良いのでしょう、ゴミもなく酔っ払い
 も見掛けず、音楽も掛っておらず。。。

 この日見たうちで一番幸せそうだった
 小さな桜の下の小さなテント。


  DSC_1881
広場周辺は車は入れません。自転車はOK。チャリダーグループも随分来ていました。
広場の端から続くこの幅の広い橋も歩行者専用、それも平行して二本も架かっている。
写真真ん中に見える緑が広い大きな芝生の広場です。こんもりと桜に囲まれている。


DSC_1884     
二本の橋はたぶん防災用も兼ねて作られていると思う。こちら側からもう一本の橋を
みるとこんな感じ。もみじ橋と書いてあるのが読めるから、秋の紅葉もきっと良いの
だろうね。橋の下は旧中川放水路。この水辺もすっきり整備され桜の並木が見える。


  DSC_1883
組み立て式のカヌーを漕ぐ人達は、カヌーを芝の土手に上げてひと休みしていました。
長崎ペーロン(?)の練習に来ているグループもいました。 本格的なアメンボカヌーも。
この写真、ちょっとドローンで撮ったみたいに見えますが、橋の上からです。

商業的な店もボートの営業もなく売店も出ていないからゴミもなく、ブルーシートも
あまり見かけませんでした。そぞろ歩く花見派の私にはこの上ない場所でした。他の
人にも教えたい、でもあんまり教えたくない(笑) 観光バスには来てほしくないなぁ。 

家から地下鉄7分でこんな場所があるなんて全然知らなかった。お姉ちゃん、誘って
くれて有難う! 桜と春の陽気にむせかえるようなお散歩でした。

michikovocal at 10:34|Permalinkclip!日記:My Favorite Things 

2018年04月02日

10月 Boston - Salem ひとり旅

 
帰国の朝、beef bowl を食べようとポールが言い出し、作る事になりました。
炊飯器があるのでご飯を炊いて貰い、厚めの牛肉は細切りに、玉ねぎを炒めて
肉を焼き、テリ焼きソースをからめ、ご飯にのせました。日本からお土産に持
って行った日本茶を入れて朝ご飯。吉野家の牛丼と大分イメージ違いましたが。

DSC_1390 re
 出発準備を済ませてエンゾと別れを
 惜しんでいました。

 そこへジェニファーから電話があり、
 前の晩にネイサンに私があげた蛙の
 チャームを彼は枕元に置いて一緒に
 寝たんですよ、との報告が。

 一生大事にすると言っている、とも。
 なんという sweet boy!

 やっぱり子供と動物には勝てない。




    DSC_1396
ポールと一緒にエンゾも空港まで来る事になりました。スーザンとお別れのハグを
して、居心地の良いお宅をあとにしました。

ボストン・ローガン空港まで行く間も海の見えるキレイな場所にちょこちょこ寄って
名残は尽きません。エンゾは始終ビスケットを要求する。楽しい最終ドライブでした。

外国の空港って何故あんなに閑散としているのか不思議。静かなカフェで時間までお茶
をして、入場ゲートで見えなくなるまでポールと手を振り合って別れました。1週間の
旅が終っちゃいました、寂しい。

    DSC_1397
出発を待つロビーでこれを見つけて若い男性にシャッターをお願いしました。男性は
アレ?Tがないと怪訝な顔。私がそこに立つと、そうか!と大喜び。若者はいいね。

私がそんな事をしている時、車に戻ったポールは心配顔で待っていたエンゾの写真を
撮っていたのでした。後日送ってくれた写真です。何故一人で戻って来たの?ミチコ
は何処?とターミナルの方をずっと見ていたそうです。家に戻った後も、私が寝てい
た部屋の臭いを嗅いて、家中を探し回ってくれたらしい。うれしい、、、泣ける。

IMG_8533 FullSizeRenderIMG_3421 med
     - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

さてレポートの最後に、食べた物も記録しておこうと思います。
    DSC_1240
             DSC_1257
 DSC_1322
 夜ご飯の寿司ロール。太巻と、右上は鰻のタレ味、
 これで一人前。さすが盛付けはアメリカ風ですが、
 これが寿司?という怪訝な物ではなく美味でした。

 見た目以上のボリュームだった鮪のハンバーガー。

 大きな食品スーパーで私のリクエストが採用されて
 お買い上げ。メイン州に来たらロブスターです。


 そして、おみやげは何故なのかいつもチョコレートになってしまいます。
DSC_1414 DSC_1415
 包み紙に惹かれてイザベラ美術館で買ったチョコと、
 セーラムで見つけたゼンマイ式のフランケン人形。

 ロックポートのキャンディ屋のハロウィーンチョコと
 空港免税店でコインを使い切るべく買ったハーシーズ。


思い切って会いに行って良かったです。いつ来る?と何度も誘ってもらったお陰です。
滞在の間、とても良くしてもらいました。ポールもスーザンも元気で安心しました。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
長い長いレポートを読んで下さってありがとうございました。

2018年04月01日

10月 Boston - Salem ひとり旅

 
さて、満を侍してのセーラム観光の日です。しかし、街の人出は相変わらずなので
ポールが車でまずは私にセーラムの海を見せてくれることに。その後、仕事を済ま
せたスーザンをピックアップし、私とスーザンを街中で降ろし、今度は自分が仕事
を済ませに行き、私達が観光し終わった頃に迎えに来るという予定。綿密だ (笑)

雨女なのにずっと素晴らしい天気に恵まれていました。この日、初めて薄曇り。

   DSC_1800
この辺りは海辺の超高級住宅地区。子供の出生地がここだと書類に残したいが為に
家を買う若い成功者もいるそう。逆に維持できなくなり、売る人ありとも。
       DSC_1328

岬は入り組んでおり、場所によって表情の違う景色が現れる。America's Cup の
米国チームの初代ヨットはセーラムで作られたそう。ヨット倶楽部はいくつもあり
超高級から学生達のまで様々とのこと。実際、豪華なクラブハウスを見ましたよ。
       DSC_1355

DSC_1349


 エンゾとはもうすっかり仲良し。

 犬用ビスケットを欲しいせいもある。
 私、あげるのを断らないから (笑)





 さて、セーラムの街中は。。。

街の中心部はハロウィーンの飾り物を売るテントが並び、コスプレの家族連れや若人が
そぞろ歩き、広場にパフォーマーも出て大賑わい。公園には食べ物の屋台も出ている。

  DSC_1364
         月末のハロウィーン本番が近付くにつれ人出が多くなるそうです。
      DSC_1364
 魔女博物館はこの日もやっぱり大行列。入場は諦めました。
           DSC_1383

ピーボディ・エセックス美術館にも行きました。交易で栄えたセーラムらしく海洋と船、
栄えた当時の生活に関連した展示が素晴らしかった。ボストン美術館には勿論敵いませ
んがモダンアートの特別展が面白く、市民の美術館という雰囲気に好感が持てました。
  DSC_1369
      DSC_1379
           DSC_1375

     - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

この日はスーザンの誕生日。スーザンの弟とその娘、娘の息子がお祝いの会をしに来まし
た。実は、スーザンの弟のスティーヴとはポール同様に昔から仕事での知合いなんです。
会うのは何年振りでしょう?懐かしかった!娘さん・ジェニファーは若くて美しいお母さん、
その息子・ネイサンは5歳のbeautiful boy。性格が素晴らしく愛らしい。私、もうメロメロ。
でも落ち着いた振りしていましたけどね。何という事か、全員での写真を撮り忘れました。

2018年03月31日

10月 Boston - Salem ひとり旅

 
明け方、ポールの奥さんのスーザンがそっと部屋に入って来て上掛けを直してくれ、窓の開き
具合を確かめ、又そっと出て行った。おぼろげで幸せな感覚。寝坊助の私も6時半には起床。

カリカリベーコンと卵とコーヒーの朝食。この日は北へ60kmほどのRock Portへ連れて行って
くれるとのことで Enzoも一緒に車で出掛けました。そうそう、Enzoのことを書かねば。

DSC_1242 エンゾはイタリア系の名前ね、
 黒い大きな雄のプードルです。
 写真では何度も見ていました。

 猫派の私と仲よくして貰えるか
 心配でしたが、私が着いた時に
 臭いを確かめると即座に友達と
 認めてくれました。Smile!と
 言うと口をずらして笑う、フレ
 ンドリーでとぼけたヤツです。

さて、ロックポートへ車で行くのならフリーウェイが速いのですが、この日も景色を楽しむ為に
海沿いの一般道を走ってくれました。綺麗な場所で休憩とランチをとりながら3人と1匹急がず。

   DSC_1261
          DSC_1252

ロックポートは可愛い港町。観光地なので土産物屋多数。とは言ってもせいぜいが2階建の木造なので
ノンビリとしています。キャンディ屋の前に車を停めて、エンゾを連れて突先の堤防までぶらぶら散策。
DSC_1315DSC_1282DSC_1285DSC_1267
何処へ行っても路地とか隙間とかが好きです。この町では隙間の向こうに明るい海が見えて格別でした。

   DSC_1275
         DSC_1275
              DSC_1275
   DSC_1275
        DSC_1275
                DSC_1275 re

 こんな小さな港町ですが劇場がありました。Shalin Liu Performance Center。ステージの奥は

      DSC_1321-rere
 ガラス張りで海の景色が背景です。演劇・ダンス・音楽。。。毎月いくつか公演があり、夏には毎日
 のように催しがある。8月には一週間のRockport Jazz Festivalがスケジュールに載っていました。
 有名な Newport Jazz Festival の向こうを張ったのでしょうかね!

         - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

さて、ロックポートから戻り、セーラムの街を車の中から少しだけ案内してもらいました。セーラムは
大航海時代から海運で大いに栄えた街で、その頃からの波止場が歴史地区として保存されています、と
ガイドブックに書かれていました。でも、セーラムをもっと有名にしたのは17世紀末の魔女狩り裁判。
魔女・悪魔・呪い・処刑・墓場・化け物屋敷... そんな連想でセーラムはハロウィーンの聖地になったらしい。
私の滞在はハロウィーンの10月とは言えまだまだ上旬。にも拘わらず街は既に大変な人出でした。魔女
博物館は長蛇の列だし、車を停めるのも大変、というので郊外へのドライブを計画してくれた訳です。

街を走った後に、街をはずれた場所に寄りました。19人(男性1人含む)と犬1匹が処刑された場所で、
最近改めて犠牲者の名を刻んだプレートなどが整備されたとのことでした。この時代にはこういう事は
セーラム以外、米国以外でも起こっており、時代のヒステリックな風潮やそれを都合よく利用した組織
もあったのでしょう。私はビビりなので、車の中からふんふんと眺めるだけで充分でした。

2018年03月30日

10月 Boston - Salem ひとり旅

 
何という事、5ヶ月半も経ってしまっている。さて、後半をようやく書きます。
Boston から Salem へ移っての4日間をレポートします。
       - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

ボストン4日目、友人のポールが車でホテルまで来てくれました。歴史を巡る
Freedom Trail の要所を車中から説明してくれ、僕の父親がここで・あそこで、
と生い立ちの一端を話してくれました。

チャールズ川沿いのバックベイ地区は高級住宅地。屋根や窓に趣味を凝らした
古い建物群を見ながらケンブリッジ側へ橋を渡ると、所々に各大学のボート部
の立派なクラブハウスが建つ他はあまり大きな建物もありません。陽射しに輝
く川を挟んでボストンの街並みがすっきりと見渡せます。心が晴々するような
美しい眺めでした。川は両岸とも公園と散策路が整備され、走る人・歩く人も
見掛けます(と言うくらいに人数は少ない)。時間があれば歩きたい場所でした。

DSC_1195 ケンブリッジ地区で観光客が必ず行く
 のはハーバード大学とMIT(マサチュ
 ーセッツ工科大)ですね。

 秋の陽射しを浴びてハーバード大学の
 構内を歩きました。

 創設者ジョン・ハーバードの像です。
 左足に触れると幸運に恵まれるとかで
 左足だけがピカピカになってました。
 私も一応ね、観光客なので。

 20代で来た時に講演を聞いた教室は、
 構内が広く建物が多すぎて、記憶も
 曖昧で見つける事ができなかった。

DSC_1193
 生協の一つ、大きな本屋です。

 生協は街のあちこちにあって、
 Harvard のロゴ入りシャツや
 キャップ、マグカップ、何でも
 ござれ。学生向けというよりは
 観光客のお土産用の品揃え。


次は、独立戦争の戦場となったバンカーヒルへ。昔は海に突き出た岬だったようですが、
今は埋め立てが進んで開けた海までは少し遠くなっています。

bb0fc373
 ボストンはどこも茶色い煉瓦の古い
 街並みをしっかりと保存して残して
 います。昔のままなので道路は狭い。
 駐車スペースを見つけるのが大変。

 見えてきましたよ、正面にバンカー
 ヒルの記念塔。

 目指したレストランの前に幸運にも
 車を停める事ができたので、楽しい
 ランチタイム。入口に星条旗が下が
 った、古い作りを残したレストラン
 でした。



4f041eac2f85cfecc

バンカーヒルの記念塔は67m。尖ったテッペンまでは294段の狭い螺旋階段で上ります。
無料です。中学生くらいのグループが、塔に登る前に歴史の説明を受けていました。

     DSC_1222

狭い階段の端に除けて何度休んだ事か。元気な生徒達大勢に追い抜かれました。数人しか
居られない小さな最上部の4隅についたガラス窓から、港と街がぐるりと眺められます。

     DSC_1226

古い家並みを見ながらバンカーヒルを下り、古い帆船が停泊する公園も見せてもらった後、
一路セーラムへ。ボストンからは車で40分ほど、ボストンの高層ビル群が霞んでなんとか
見えるくらいの距離です。高速道路もあるけれど美しい海沿いの道を走ってくれました。

 DSC_1248

          DSC_1236 re

セーラムへはこの海岸からほんの少し山側へ入ります。そして街からちょっと離れた住宅
地は軽井沢のような雰囲気。別荘のような可愛い色合いの家々が林の間に建っていました。

     DSC_1241

ポール夫妻の家もとても素適、なんという広さ! 私が泊めていただいたのは、十代の頃に
憧れていた、正にそんなお部屋。興奮していたせいか、眠れぬセーラム第一夜でした。

2018年03月18日

3月7日(木)麹町パコでライヴでした

 
志賀由美子さんとのライヴ、毎回ほぼほっこりとお送りしています。

s-IMGP3120  s-IMGP3127

 しんみりした曲の時は2人とも神妙になってます。バラードを歌うのは大好き
 だけれどお客様が寝てしまうと困る。バラードだけを歌う訳にはゆかない(笑)

  blud

siga「志賀さんの情熱を見たい (笑)」と
 私の友人が以前言っていたことが
 あったなあ。

 クールな志賀さんがアンコールの時に
 リズムを変えて突然情熱的に豹変。
 面白くて、待ってましたと乗ったら
 歌が少々荒くれて、楽しかった。

 曲は "Gee, Baby" でした。
 乗せられ易い性格ってのは幸せです。


 初ライヴの時は半音が歌えなかったのを思い出しつつ、久しぶりに I Will Wait For You を
 歌いました。半音の持つニュアンスは凄く大きい。半音を歌うのは思うより難しい。

      s-IMGP3118
   この大爆笑!何があったのか忘れました。お客様が笑わせてくれたのだったか?

サービス残業のリクエストも、楽しく演奏しました。 JOYさん、KOMさん、GUCCHIさん、
KUNIさん、初めて来て下さった KAZさん、もうお一人の初めての方、伴RYOどの、皆様、
寒い中をお運び、ありがとうございました。

2018年03月15日

次はシンプルに!

 
魚の皿が仕上がり、今度はシンプルな楕円の皿を作っています。 板状の湿った
陶土(タタラと呼びます)を型に被せて叩いて形にします。ぐるりに描いた模様を
尖った道具で削って線描き。まだ土が乾いただけの状態、これから素焼きです。

 DSC_1810
左の2枚は葉っぱの連続模様。右の二枚は幾何学模様。よし出来上がった、次は
素焼きだ!と一段落を喜んでいたのに、この写真を撮った後に右下の皿を割って
しまった。いい模様が描けていたので、よくある事ながらショック。軽く作るに
は薄い方がよいが過ぎれば割れ易い。まだ土が乾いただけの状態ですからねえ。

ま、仕方ない。 素焼きが上ったら、カリカリと削った線の中にさっぱり目に色を
差す予定です。そして透明の釉薬を掛けて本焼きします。まだまだ先は長い。

  DSC_1803
この2枚は魚の皿と一緒に上がったもの。左のはタタラが中途半端な大きさだった
ので小皿に作りました。レトロ・ポップな右の皿はケーキを食べる時にいいかな。


michikovocal at 15:58|Permalinkclip!日記:My Favorite Things 

2018年03月14日

パコ・ライヴ、ありがとう!

 
3月7日のパコでのライヴ、お馴染みのお客様と初めてのお客様に聴いて頂き、
志賀さんと2人、たのしく演奏しました。皆さま、ありがとうございました。

   28951590_881492668690829_2776878504429363935_n
バンド仲間が撮ってくれた写真です。カウンターからだとこんな風に見えるん
ですね。どのお席も近いので始めは緊張しましたが、今はこれが気持良いかも。

ライヴ・レポートはまた改めて。

michikovocal at 14:45|Permalinkclip!日記:My Favorite Things 

2018年 6月のスケジュール

 
◆6月7日(木) 19:30〜 (3セット)
麹町 PACO  Tel: 03-3221-1780
千代田区平河町1−6−11エクシール平河町102 
畑 路子(vo)、 志賀由美子(gt)
MC: 2,100円


michikovocal at 00:47|Permalinkclip!6月のスケジュール 

2018年03月02日

パコでライヴ、志賀さんとのデュオです。

雨降る毎に少しづつ春に近づいています。ライヴ、どうぞお出掛け下さい。

 ◆3月7日(水) 19:30〜 (3セット) MC: 2,100円
    麹町 PACO  Tel: 03-3221-1780
    千代田区平河町1−6−11エクシール平河町102 
     with 志賀由美子(gt)

  2833dcd6
北海道は雪嵐。東京は春の陽射し。沖縄で地震。春の始めはいろいろな
事が不安定になるのでしょうか。インフルエンザもまだ流行ってますね。
「春、遠からじ」もうしばらくの辛抱!

michikovocal at 11:16|Permalinkclip!日記:My Favorite Things 

2018年03月01日

2018年 5月のスケジュール

 
◆5月10日(木) 19:15 〜 (3セット)
代々木 ナル   Tel: 03-3370-8154
渋谷区代々木 1-36-12 中央防雷ビル B1F
畑 路子(vo)、清水絵理子(p)、成川修士(gt)
MC: 2,900円


michikovocal at 20:10|Permalinkclip!5月のスケジュール