2016年12月06日

市ヶ谷の裏通りで発見

「今年は冬らしい冬」と書いたら、このところチョット暖かい良い天気が続いて
気持が好いですね。 さて、先日の暖かかった日、新宿からの帰りに市ヶ谷
の知合いの店に寄ろうと途中下車。ところが残念ながらお休みで、それなら
と家まで歩く事にしました。

その時、市ヶ谷から九段へ向かう裏通りの中華料理店入口で見つけた狛犬
です。 久しぶりに雄を発見、さっそく記録で撮影しました。

c1f397bc.jpg 931f437a.jpg
お印を確認しました、向かって右側が雄。 そうなれば、左側は明白に雌です。
ほとんど風貌は同じですが、オスは右手で玉を、メスは左手で邪気を押さえて
います。オスの方が胸幅が少々がっしりしている。ほぼ新品ですね。 きちんと
仕事がしてあるのを見つけると、人知れず嬉しい。 ただ、それだけだけど。


michikovocal at 15:39|Permalinkclip!日記:My Favorite Things 

2016年12月01日

12月だ!

あっと言う間に12月が来た。 今月は 代々木ナルと、麹町パコです。 どうぞお越しを。

◆15日(木) Qさんの「ほのぼの」とエリッチョの「素敵な大人具合」に挟まれて歌います。
◆20日(火) 小泉さんはフォークも好きな凄腕。 さて、どのような展開になるか、楽しみ。

  d7c18510.jpg


michikovocal at 22:10|Permalinkclip!日記:My Favorite Things 

2016年11月30日

ジャズでもフォークでもなく。。 久しぶりに

 
b45c2edc.jpg 1928年生まれというから、今年で
 88歳。オーストリア生まれのピアニスト、
 イエルク・デームス氏の演奏を伴侶が
 聴きにいったのは今月15日。

 どうだった?と訊いたら、まだまだ歩く
 のもしっかりしていて、ピアノも無理に
 早いパッセージを弾くとかはしないけれ
 ど素晴らしかった、とのこと。 伴侶は
 クラッシック好き。 私は殆ど聴かない。

 伴侶が持ち帰ったフライヤーで声楽家の
 阿久津麻美さんとコンサートがあることを
 知ったので行くことにして早速チケットを
 とりました。デームスさんならば、歌も一緒ならばという気持。 今日の夜です。

2008年にデームスさんが80歳で来日された時に、会社が定期的に開催していた
お客様向けの小さなコンサートに演奏に来て下さる事になり、猫に小判の私と違い、
伴侶はとても興奮して聴きたそうにしていた。 音楽関連の仕事の責任者だった私は、
そっと来て後ろの目立たない所で立って聴くのなら入れてあげる、と職権乱用しまし
た。小さな会場で間近かに聴いた事が伴侶には印象深かったようです。これだけなら
私にとっては「只それだけの事 (猫の小判もいいとこ)」だったのですが。。。

その次の週に伴侶と京都へ2泊3日の旅行をしました。昼に京料理屋さんへ向かうべく
歩いていた、観光客もいない裏通りの辻の斜向いにデームスさんがぽっかり佇んでい
らしたのです。 ええっ?と狐に化かされた気分でした。 会社の演奏会の後で80歳の
お誕生祝いパーティもしたので覚えていて下さって少し立ち話をして下さった。 その日、
京都で演奏会があり、昼のお散歩中とのことでした。

不思議なご縁を(一方的に)感じました。あれから8年、88歳。デームスさん、スゴイな。


michikovocal at 20:37|Permalinkclip!日記:My Favorite Things 

2016年11月27日

11月14日(月) 麹町パコでライヴでした

 
31274f89.jpg f4d116d6.jpg
スーパームーンの夜のライヴでした。雨もよいで月は見えなかった。見え
ずとも月は雲の上にある訳で、何やらの影響が誰にもあったことでしょう。

7738790f.jpg
いつも演奏前に少しだけリハをするのですが、どうしても音が取れない曲
があり、何度か試してみるも歌うのを取り止めました。前回は歌った曲だと
思うのだけれど。アカペラで歌えるし、和音の情報があれば更に歌い易い。
それがベースとだと難しい。 何故難しいかは解っている。段々分ってきた。

8b336f0d.jpg しっかりとメロディを歌えるだけでは
 なく 高低差を理解する必要がある。
2e2e2274.jpg
歌っていて気持いい〜というばかりには行かない。ベースと距離を置いて
歌う時と、味方にして歌う時の両方が必要。 そんなふうに感じている。

de2d40c0.jpg
真一さんベースに興味深々な方には休憩時間は質問タイムにもなっている。
始めは遠慮してましたが、最近は質問だけでなくリクエストもしてくれる(嬉)
皆勤賞と、ほぼ皆勤賞を差し上げねば! パコでのこのアングル、好きです。

72352ebd.jpg こんな風に何秒か見て、すぐ弾いて
 くれる。という言い方だけでは誤解が
 あるが、ジャズ演奏者は凄いです。

30b6d710.jpg
私はと言うとイントロで音を捕まえる時が最も緊張する。 毎回のライヴで
むむ。。と悩む場面が必ずある。ベースとの時は難しいのを楽しんでいる。

2ndセットではお客様からのご要望でベースは生で演奏することになりま
した。 実はリハ時に今日は生音でと加藤さんが提案していたのを、私が
却下したのでした。 私は2ndもマイクで歌いましたが、アンコールを歌い
終わって、あら私もいつの間にか生声で歌っちゃってました、と気付きまし
た。 パコさんでは演奏する方も聴く方も、生の音の方が自然なのかもしれ
ません。

b1a8cb25.jpg 歌うのはやっぱり楽しいです。

 皆様、今回も聴いていただき有難う
 ございました。

      * * * * * * *
 12月のライヴは:
  ◆15日(木) 代々木 ナル
     with Qさん(ts)、エリッチョ(p)
  ◆20日(火) 麹町 パコ
     with 小泉清人さん(gt)


  どうぞ聴きに来て下さいませ!
         よろしくお願い致します。

2016年11月20日

寝るほど楽はなかりけり、と申します

 
半年くらい前から、ふとん(我が家はベッドではありません)や枕がとても気に
なり始めました。どんな煎餅蒲団でも身体が痛くなったりしなかったし、どんな
枕でも平気でした。 ここへ来て、身体にフィットしていないように思いだしたの
は、身体が固くなったからでしょうか。エアウィーブを買おうかしら、とか悩んで
しまうくらいです。 取り敢えずは枕を買い替えることにして、デパートで親切に
してもらいながら色々試して、西川のものを買いました。

とは言うものの、短時間では分からないのよ。売場に一晩泊めてほしいと思っ
ちゃう(特に、エアウィーブなんて高級品を買うなら尚更です)。買って来た枕は
しっかり選んだつもりだったのに、数日使ってみたら少し違和感がありました。
伴侶が「今使っている枕がちょっと低い」と言っていたので、この枕を試してもら
ったところ気に入ってくれた。 枕と言えどもかなり高かったので、無駄にならな
くて良かった!

さて、私の枕はその後もちょいちょい調べては試し、柔らか目の天然ラバー製
のものを買った。今のところ気に入っています。 朝起きた時に首や肩が痛いと
いうことがほぼ無くなった。耳がつぶれたように痺れていることも無くなった。

f851dd87.jpg そんな訳で、今日は枕カバーを作り
 ました。形もサイズも最近は様々で
 今までのが合わないのだ。

 古くなった敷布団カバーが肌触りが
 柔らかくなって捨てがたかったのを
 再利用。こういうチェック柄は、布に
 目盛りが付いてるのと同じなので縫
 うのが簡単。 あっと言う間に2人分
 完成。

 雪の結晶の刺繍は、やはり古くなっ
 て捨てたパジャマのポケットに付い
 ていたのを切って取って置いた物。
 最近の枕は裏表と上下があるから
 目印にアップリケした。

 寝るのが大好きでこういう物を作る
 と更に楽しみになってまずいね。

michikovocal at 14:56|Permalinkclip!日記:My Favorite Things 

2016年11月19日

今日は寒くなりました。

 
昨日は朝早くから歌の練習でした。 明るい朝の陽射しの中を、高尾山に登る
らしき人や学生さんと一緒に電車に揺られて行くのは良い気分でした。 私は
朝がダメな性質なので、最近は用事がなければ朝から電車で出掛けたりしな
いのだ。自慢にはならないけど。

さて今日は雨だったし、やんでからも陽射しが無くて寒かったですね。 それで
遅まきながら、冬支度の残りをやっています。

  a27dd95c.jpg
十何年も前からほぼクリーニング屋さんを使わなくなりました。コートや、伴侶の
スーツは出しますが、その他はほとんど自分で洗います。 ドライクリーニングの
ケミカル臭が嫌いなせいもありますね。 セーターは自分で洗うと、ホコリ汚れで
水が茶色になりますから、キレイになったことを確認できて気持がよいです。冬
の終わりに仕舞う前に全部洗って、アイロン掛けは次の冬に出した時にします。

左と右のはもう35年くらいは着ています。真ん中のとっくりセーター(死語だね)
は新しい方ですが、それでも15年は着ている。よい毛糸はスチームを当てると
編み目が揃って艶が出て綺麗になります。 特にカシミヤは湿気を含むと柔らか
くふっくらと膨らんで新品のようになります。

左のカーディガンは、付いていた金色のボタンが古ぼけて来たので 貝ボタンに
変えました。 元はパジャマに付いていたボタンですが、ちょうど数が揃っていた
ので。 大き目のボタンが流行っている「今の気分」です。

michikovocal at 21:56|Permalinkclip!日記:My Favorite Things 

2016年11月16日

14日(月) ベースとのデュオライヴでした

 
この日はスーパームーンの夜でしたのに、残念ながら東京は雨でした。
ベースとのライヴに麹町パコへお越し下さった皆様、有難うございました。

少々ルナティックな気分だったような気がします、私。 いや、気のせいか。
写真を撮っていただいたので、レポートはまた改めて後日に。

  ae01b5a8.jpg

東北地方では見ることができたようですね。 これはネットから拝借した写真。
ネットで検索すると「ホントにこんな風に見えたの?合成でしょ?」と思うような
写真がたくさん出ていました。伴侶に訊くと、いつもより幾分大きいなくらいで、
そんなに驚くほど大きく見える訳じゃないよ、との返事でした。 次にこのくらい
見えるのは2034年だそうです。18年後かぁ! すれすれかもね。

一日置いた昨日の夜空には、黄身しぐれのようにほろほろに輪郭がにじんだ
月が出ていましたね。 湿度のせいでしょう。 甘そうで、美味しそうでした。

michikovocal at 15:43|Permalinkclip!日記:My Favorite Things 

2016年11月11日

メダカを湯煎する

まずはライヴお知らせです。

週明け、14日(月)は麹町パコでライヴです。ベースと2人きりのライヴです。
寒いけれど、どうぞお越しを!

◆11月14日(月) 19:30〜 (2セット)   MC: 2,100円
麹町
PACO  Tel: 03-3221-1780
畑 路子(vo)加藤 真一(b)


-------------------
寒いですね〜。 金魚はともかく、メダカは寒さに弱いのでヒーターを入れる事にした。
今いるのは2匹だけなので小さな鉢で飼っていてヒーターが入る余地がない。 それに
急な温度差もマズイだろう、どうしようかな、と考えていて湯煎を思い付く。

   5cf2d9a3.jpg
火にかけてる訳じゃないですよ。洗濯オケに張った水をヒーターで温めて、メダカの
鉢を間接的に温めてます。 少し動きに元気が出て、餌も食べるようになりました。

michikovocal at 12:47|Permalinkclip!日記:My Favorite Things 

2016年11月07日

最近とみに仕事が遅いのは。。。 年(笑)

ここ数日よいお天気ですね。 朝夕は寒いけれど、その気温が清しいね。

2dd37a09.jpg この間、先生(姉)が素焼きの
 窯を焚いたのに間に合わず、
 一つ残ってしまった轆轤で挽い
 た飯茶碗。 ようやく高台を削り
 出しました。

 こうして持つと、今がちょうどの
 大きさでしょう? ということは、
 素焼きをすると(多分)子供用
 サイズになってしまいそうです。
 下ぶくれに顎が張ってしまった
 のは、意図したわけではなくて
 単に轆轤の腕がないからです。

michikovocal at 13:22|Permalinkclip!日記:My Favorite Things 

2016年11月05日

11月14日(月)はベースとデュオライヴ

0d2eb189.jpg
ベースとだけのデュオです。 このところ寒くなってきたので、ホットする
温かい演奏をお送りします。加藤さんのベースで歌って、私も暖たまる。


michikovocal at 22:56|Permalinkclip!日記:My Favorite Things 

2016年11月01日

2017年 1月のスケジュール


◆2017年1月13日(金) 19:30/20:30/21:30 (3セット)
麹町 PACO 
千代田区平河町1-6-11 エクシール平河町
TEL: 03-3221-1780
畑 路子(vo)、 志賀由美子(gt)
MC: 2,100円

michikovocal at 02:22|Permalinkclip!1月のスケジュール 

2016年10月25日

ほっとして、さて旅でも。。。の気分です

 
最近、旅が足りない。少しばかり遠くへふらりと一人で行くのが理想だけれど。。。
かなり出不精になっていて「ふらり」とはゆかなくなってきています。一応は目玉と
なる何かが無いと腰が上らない。

自分にハッパを架けるべく夏前に予約した福山での能「道成寺」を12月に見に行く
旅。 ほぼ旅程が決まってきたので、掌で転がして楽しんでいます。フリー・プランに
ホテルがセットになったパックを使うつもりでしたが、福山下車で尾道・宮島・広島と
廻る乗車券・新幹線を計算すると、自分で手配した方が良い事が判明。パック旅行
のホテルって面白みがないしね。

朝早い(と言っても6時半くらいだから大して早くはないが)、新幹線で一路福山へ。
福山でお能を観て、夕方に尾道に移動。夜は地元の飲み屋へでも行って美味しい
魚でも食べよう。 泊りは尾道水道に面したホテルを取った。 部屋から港が見える。
本当はチャリダー御用達のモダンなホテルに泊まりたかったが、残念 満室だった。
泊まれなくとも、港の際のそのホテルの、パンが美味しそうなカフェに朝ご飯を食べ
に行く事にして、2時ごろまで尾道観光。 山陽本線で宮島口まで行って夕方には
宮島に渡る。

最初、宮島対岸のホテルを取ろうとするも喫煙室しか空いておらず、怪我の功名で
宮島の中に小じんまりと良さそうな、ご飯の美味しそうな手頃な宿を見つけたのでし
た。部屋毎に檜のお風呂付き・ 一日3組限定! (一泊ウン万円の岩惣などは贅沢
過ぎてもっての外の私達。 きっと落ち着いて眠ることができないに違いないのだ)。
日暮れと朝早くの宮島散策も楽しみだな。

 be42235c.jpg

      0e72884a.jpg
                               (ネットから拝借した写真です)

次の日は厳島神社を見てから、平和記念館へ行くために広島へ。6時過ぎの新幹線
で東京へ戻るという2泊3日の旅。 さて、ゆっくり回るだけの余裕はあるかな?

翌日が仕事の伴侶だけを広島から帰して、一人私だけ何処かへもう二泊、なんて事も
企んでおります。 京都で私だけ下車するとかもよいかもな。 パックツアーでないから、
それも可能なのだ(笑)

元は広島方面に私が一人で行くと言ったなら、「戦艦大和〜!」と騒ぎそうな伴侶の事
を考えて、一緒に行く?と訊いたのが始まり。 お能のチケットも2枚予約して、さて旅程
を決めようと相談したら、呉にある大和ミュージアムよりも、厳島神社と平和記念館に行
きたいと予想外のご希望でこうなりました。もう一泊できれば呉にも寄れるけれど、まあ
それはsome other time に。

この旅行の頃は随分寒くなっているだろう。などなど、旅程を反芻する頭のてっぺんで
牡蠣・アナゴ・お好み焼き・・・美味しそうなものがチラチラ点滅する今日この頃です。

michikovocal at 15:16|Permalinkclip!日記:My Favorite Things 

2016年10月20日

9月29日(木) 麹町パコでライヴでした

 
ずっと遅れていたパコ・ライヴのレポート、ようやくようやく追い付きました。

志賀由美子さんとのアコースティックライヴは何を変えている訳ではないの
ですが、ゆったり・ほっこりするような気がします。この日はリハをしていると
店の前に出ている看板を熱心に見ている男性が窓から見えました。ママの
陽子さんが出て行って、何か話をして、そして戻って来ました。 志賀さんと
私はお客様なら良いな、まだ時間が早過ぎるけど、と見ていました。 近くの
会社にお勤めとかで、お金をおろして時間になったら来ます、とおっしゃった
そう。 そう言って、戻って来ない方もいらっしゃいますが。。。

  420d878e.jpg
ちゃんと早めの時間に戻って来て下さいました。そうこうするうちにJOYさん、
KOMさん、伴侶もやって来て、そしてパコは何度目かだという男性お一人、
初めて来たと言う男性お一人がいらして、お話しからいつの間にか演奏が
始まっていた、というライヴでした。 お一人づつ来て下さるって嬉しいなあ。

 良い感じにふわっと笑う志賀さんです。 MCはほとんど私がしているけれど、
e1a8dffc.jpg 時々話す志賀さんは力の抜けた
 面白い事をふっと言ったりする。

 f5ed2209.jpg
ジャズシンガーにあるまじく指を鳴らすのが下手で、、という話の後で 懸命に私、
指を鳴らしながら歌っております。 よい音が鳴るとカッコいいんですけれどね。

f1bdba52.jpg ポール牧のように両方の指が鳴る方が即席指導を
 してくれたのですが、すぐに上手になる訳もなく。

 涼しい顔でギターを弾きつつ、指の鳴らない私を見て
 笑い出す志賀さんです。
 
 22d7e7ee.jpg
   休憩時間に、今度はマラカス・シェイカーの話になり店のを試す。何故かそれがパンダとカエルで!

   お金を下してから来てくれた方は、「さて、また仕事に戻ります」と会社へ帰って行かれ
   ました。少しはホッとしていただけたかしら。 この夜は、新曲のToo Marvelous For
   Words、夏の名残にSummertime も歌いました。 皆さま、ありがとうございました。

      5d90b3d6.jpg
        志賀さんとの次回ライヴは(なんともう来年!)、1月13日(金)です。


2016年10月18日

スマホを見過ぎてはいけない

 
着信があると、スマホの上左側に2.5mmくらいのブルーの光が点滅します。
どこのスマホも同じですか?

夜などに目をつぶると左目の瞼の上側の左端に、このブルーの光が点滅
して見えることがあります。最近気づいたのですが、目を開けている時にも
たまに頭のどこかにこの光が見える事があります。 この時は見えているの
ではなくて、頭のどこかに点滅を感じると言った方がよいかしらね。

剣呑、剣呑。。。 このところパソコンもスマホもじっと見ている時間が長かっ
たから、網膜に焼きついたかも。

そんな事を考えていたら、自分の目がそのうちターミネーター(シュワルツェ
ネッガー)の赤い目になってしまうような気がした。 顔の皮膚が破れた時に
現われた赤い光を放つ眼球は強烈だったからね。そう言えば、赤い光の方
も時々目の奥に点滅して見える。こっちは電池残量が少ない時の赤い光の
残像なのかも。

今でもそうなのかどうか知りませんが、会社でパソコンが一人一台になった
頃、スクリーン・セイバー機能を使うようにと言われました。 同じ画面のまま
長時間置くとその模様がディスプレイに焼きつくので、作業せずに一定時間
が経つと画面を変えるためにスクリーン・セイバーがあるのだと教わった。

機械の機能は、人体の機能を研究して真似て進化してきたから、逆向きに
考えれば、機械で起こる作用が人体で同じように起きないとも限らない。

先日は、暗い道を向こうから歩いてくる男性の俯いた顔がフランケンシュタイ
ンのように青白くてぎょっとした。近づいて来て分かったのだが、その人は手
にしたスマホの画面をじっと見て歩いていたのでした。 私も同じようにしてい
たら、すれ違う人には青白いフランケンシュタインに見える訳だ。

気を付けよう。 ターミネーターにもフランケンシュタインにもなりたくない。

  a398e6f3.jpg
   コーヒーにリトルミイの残像が?
  「朝ご飯なんてしゅっと済ませて、さっさと片付けるものでしょうよ!」



michikovocal at 23:58|Permalinkclip!日記:My Favorite Things 

2016年10月16日

バトンタッチ (正しくはバトンパスね)

すっかり10月。 秋も深まってきて清涼の趣あり、の今日この頃です。

8月のリオ・オリンピックの感動も少し薄れつつあります。日本選手の活躍で興奮の
熱い長い夏でしたのにね。 メダル獲得の話題の中で「あれ今更?」と意外に思った
のは、ジャマイカに次ぎ銀メダルを獲得した男子400mリレーのバトンタッチのこと
でした。

中学の時バスケット部だった私は陸上の大会があると陸上部にシフト、走り幅跳び
と400mリレーと(そしてなんと)砲丸投げにエントリーしていました。 競技の指導は
体育と社会の村上先生(赤銅色に焼けた漁師のような風貌の通称・カミさん)がして
いて、言われた言葉は今も結構覚えている。 砲丸投げは遠くに投げるのじゃなくて、
上方45°に向けて投げろと毎回言われた。「上45°にエイッ」そればっかりだった。

東京オリンピックで砲丸投げのフォームがそれまでと変わって、サークルの後ろぎり
ぎりの位置に後ろ向きに腰を低くして構え、前方向に螺旋を描いて廻りながら伸び上
って投げるようになったのよね。 ソ連のタマラ・プレスという体格の良い女子選手が
(妹のイリナ・プレスと共に)けっこう話題になっていて、中学生でも彼女のフォームで
練習する人が出てきていた。 けれど、カミさんは回転しないで良い、横向きの構えの
まま前に出て投げろと一環した指導だった。伊豆の東部大会で、砲丸投げの選手の
中で一番背の低かった私は一人だけ皆と違うフォームで投げて10mを超え、入賞で
きた記録だったのに、「いい記録出たみたい」と投げた砲丸に見とれてサークルの前
から出てしまい、失格になった(笑) 投擲の後はサークルの後ろ半分から出なくては
いけない。写真を見ると、円の半分の所にちゃんと印の線が引かれていますよね。

   c008d6f5.jpg

それで本題、リレーのバトンタッチですが、カミさんの指導はこうでした。バトンを受ける
制限ラインぎりぎりで受け取れるように前の走者の速度を測り、どこまで来たら自分が
スタートするか印をつけておくのはリオと同じ(印をつける位置を予選より桐生選手は靴
4分の1足、ケンブリッジ選手は靴半足分広げたと言ってましたね)。 で、肝心のバトン
タッチですが、受ける方は普通に腕を振って走るフォームで全力スタートする。 バトンを
渡す方は渡せる距離に来た時点で「はいッ」と声を掛け、受ける方はその時初めて振っ
ていた腕を掌を上向きに腰に付けて出す、というものだったんです。この受け渡しで私達
チームはバトンタッチの度に他のチームを引き離して優勝してしまいました。私、アンカー
だったので気分よかった (普通は最速の人がアンカーらしいが、ウチの中学は逃げ切り
作戦だった)。 優勝旗も私が受け取ったみたいです、写真を見ると。

なので、「村上先生、画期的だったんだね!」とリオ・オリンピックでは改めて思ったので
した。もっとも、日本チームはお家芸のアンダーパスで、手は後ろに伸ばしてましたね。

あれから半世紀も経っているのに、他の国はバトンタッチをあまり研究してこなかったの
かしら。選手のスピードが驚異的に伸び続けていたので、バトンタッチの小さな時間の差
は見過ごされてきたのでしょうか。 これからはどこのチームも練習するようになるでしょう
から、2020年東京オリンピックは面白い勝負になるでしょう。

伊東のひぐらしコンサートの記事で金太郎云々と書いたので、写真があったのを思い出し
たのでした。アルバム、写真の整理はとても良い私(他の整理はからきしダメ)です。


michikovocal at 15:55|Permalinkclip!日記:My Favorite Things