2011年12月08日

名前はまだない

Peter, Paul and Mary バンドの練習も少しづつしています。

先日の6日に自由が丘にある或る会社のクリスマスパーティで
歌わせて頂いたのですが、そのために練習にも身が入りました。
4時間練習しても、あっという間。2回目は6時間もしました(笑)

本番はもちろん楽しかったですけれど、練習がとても楽しいのは
三人でするからなんでしょう。それぞれのパートを歌ってハモると
いうのがいいんです。 歌の練習は一人もくもくとするのが私の
いつもの、とりあえずの基本なので、三人でああだこうだと言いな
がら演奏したり歌ったりするのは風通しがいいというか開放感が
あるのです。

コピーバンドというものに意味があるのか、という意見もあるよう
ですが、技術は真似から身につくのだ。 よいバンドのコピーは
出来るだけ同じにコピーすることが、やってる者にとっては喜び
なんです。

私達、まだ名なしです。 ピーター東氏、ポール井口氏、ともに
おつむの形がそのままなので、カボションズというのはどう?と
言ってくれたのは宝石デザインをしている友人。 角をつけずに
丸い山形に磨いた、水晶とか翡翠とか瑪瑙とかによく使われる
カットをカボション・カットというので。

ならば 「カボションズ・プラス・エム」とかはどうだろうね。それとも
Cabochon, Cabochon and Michiko で、PP&M ならぬ
CC&Mってのはどう?などとふざけておりますが、決定打がまだ
ありません。

只今、レパートリーは8曲ほどになりました。




michikovocal at 23:32│clip!過去の日記(2011年10-12月)