2016年05月27日

5月16日(月)麹町パコでライヴでした

 
ベースとのデュオ、面白い!という方も、まだやるの?という方もいらっしゃる。

 7e99d7c8.jpg

    2be14d3a.jpg
歌っている私は、少し動悸が激しくなるけれど面白い。 よいストレス具合です。

dd84cb08.jpg しばらく歌ってない曲のキャンペーンは
 勝手に続行中。 When Sunny Gets
 Blue を今回は引っ張り出してみました。
 ジャズヴォーカルを習い始めて、最初の
 発表会で歌った懐かしい曲。

 The Good Life も歌いました。 どこか
 で聴いたことがあるけど、誰か日本語で
 歌っていたかな?と質問がありました。
 日本語で歌われたかどうかは分りませ
 んが、多分ジュリー・ロンドンをお聞きに
 なったのではないかしら。私もこの曲の
 メロディは小学生の頃から知ってました。
Call Me Irresponsible と同じレコードに入っていたような記憶があります。
ジャズのレコードは数枚しかなかった我が家です。 You'd Be So Nice To
Come Home が流行った頃なので、ニューヨークの溜息のキャッチフレーズ
に惹かれて兄が多分買ったのでしょう。The Good Life はあのハスキーな声
で歌われると特に印象的でしたもの。

9ffff4aa.jpg 真一さんには勿論ソロで弾いて貰います。
 このデュオの時は加藤さんのソロを楽しみ
 に毎回来てくれる方がいます。

 Mexicoを弾いてくれましたが 「加藤さんは
 脳ミソと演奏の一体化が半端ない、凄い!」
 と、翌日メールを送ってきてくれました。

 真一さんのオリジナルClouds In Green
 を Skylark と合体して歌うのもやりました。
 以前はClouds In Greenも私が歌ってい
 ましたが、今回は間奏部分として演奏をして
 もらいました。譜面を見ての急な思い付きを
 リハの時に提案! 良い思い付きだったと思
います。 これには、「墨絵の濃淡みたいだったよ」と チョロ氏が喜んでくれました。
真一さんの曲には皆さん「和」を感じるんでしょうねえ。Skylark を歌うと私の頭に
はヨーロッパの麦畑が浮かぶのだけれど、Clouds In Green と合体すると急に
5月の津軽の風景に変わるような気がします、「林檎追分」みたいな気分になる。
美空「ひばり」だし。。。Skylark。。。 閑話休題。

    6f956b7a.jpg
シャウトしておりますな(笑) この日は伊東から同級生が旦那様と聴きに来てくれ
ました。大学の同級生も旦那様と一緒に急に現れて吃驚。JOY氏からはリクエスト
を2曲いただき、ヴォーカル仲間の若ちゃんが2ndセットに駆け付けてくれました。

71bb6a8b.jpg 残業お願い!とアンコールをいただき、
 「アルコで是非」とリクエストしてくれた
 のはKOMさんだったでしょうか?

 どの曲をやろうか、More Than You
 Know はどう?と相談中です。 結局、
 嶋津健一さんオリジナル曲 Midnight
 Dance Hour を演奏しました。

 アンコールの弓弾きには、ベーシストの
 サミーも大いに喜んでくれたのじゃない
 かしら。

 弓弾きだと情報量が格段に増えて、何て
 歌い易いんでしょう(笑) 突然、オーケス
 トラで歌っている気分。 明るい曲で楽しく、
 今回は無事に歌い収めました。

    b7bf424a.jpg
皆さんの携帯から緊急地震警報が一斉に鳴り出した時はビックリしました。あの音、
東京ではしばらく聞いていなかったですから。 パコの厨房の吊るされたグラスが
ぶつかりあって音を立てましたが、幸いすぐに収まって良かったです。

皆さま、聴いて下さって有難うございました。KOMさん、今回も写真をありがとう。 

さて、まだやりますよ。 ベースとデュオの次回は、8月29日(月)です。