2017年03月25日

このところ話題の清澄白河周辺 - その2

 
さて、深川江戸資料館を出てお天気の良いのに任せて周辺をウロウロ歩きました。

周りには、ビックリするほどお寺があります。こんなに固まってお寺がある場所は珍
しいと思う。畑さんち寺がある白金魚籃坂周辺にも密集していますが、あそこは広い
道路に面している。清澄白河の寺のある所は道が狭いので「密集している感」が強
い。本堂のデザインも色々で面白い。 塔婆の立った墓地も道から見えるし、墓石屋
とか仏具屋、仏花を扱う花屋さんも目立ちます。

そんな中、昭和頃の建物が残っていて、カフェやバルや、洒落た雑貨店等になって、
数を増やしている。このトタン張り木造の二階は雑貨店。 元はアパートだったようで
型ガラスの入った木のドアや、板張りの廊下など、懐かしい良い味が出ていました。

 10bf68b8.jpg
意図的に停めてあるような黄色い、ちょいクラッシックな車が目を引きました。一階は
左がカフェ。 右側は「リカシツ」という店で試験管、フラスコなどの理科実験用ガラス
製品が揃っています。使い方次第でオシャレな感じになりそう。 且つ、スゴク安い。

 15f370ed.jpg
 61e58c42.jpg
規格工業製品とは言え、試験管は一本100円位です。 トイレの一輪挿し用に、私も
つい一本買ってしまいました。 歯医者さんの匂いを思い出す茶色の小瓶もあります。

深川江戸資料館が出来た頃、それまでの店の間に「深川飯」の店が何軒か出来たり
しましたが、最近はモルタル木造の建物がかなり残っているのが店舗として面白いと
注目されるようになり、改装され始めています。清澄庭園の正面入り口の左に連なる
戦後の復興住宅の(いわゆる)店舗付き、という建物。 30軒くらい並んでいます。

 bd653150.jpg
 34b0ebde.jpg
照明の色がレトロで良い雰囲気。 そのうち全部が店舗になってゆきそうな勢いです。

***  清澄周辺の記事、つづきます。

michikovocal at 19:30│clip!日記:My Favorite Things