2018年04月01日

10月 Boston - Salem ひとり旅

 
さて、満を侍してのセーラム観光の日です。しかし、街の人出は相変わらずなので
ポールが車でまずは私にセーラムの海を見せてくれることに。その後、仕事を済ま
せたスーザンをピックアップし、私とスーザンを街中で降ろし、今度は自分が仕事
を済ませに行き、私達が観光し終わった頃に迎えに来るという予定。綿密だ (笑)

雨女なのにずっと素晴らしい天気に恵まれていました。この日、初めて薄曇り。

   DSC_1800
この辺りは海辺の超高級住宅地区。子供の出生地がここだと書類に残したいが為に
家を買う若い成功者もいるそう。逆に維持できなくなり、売る人ありとも。
       DSC_1328

岬は入り組んでおり、場所によって表情の違う景色が現れる。America's Cup の
米国チームの初代ヨットはセーラムで作られたそう。ヨット倶楽部はいくつもあり
超高級から学生達のまで様々とのこと。実際、豪華なクラブハウスを見ましたよ。
       DSC_1355

DSC_1349


 エンゾとはもうすっかり仲良し。

 犬用ビスケットを私から貰いたくて
 仲良くしてくれているのかもね。
 私、あげるのを断らないから (笑)




 さて、セーラムの街中は。。。

街の中心部はハロウィーンの飾り物を売るテントが並び、コスプレの家族連れや若人が
そぞろ歩き、広場にパフォーマーも出て大賑わい。公園には食べ物の屋台も出ている。

  DSC_1364
         月末のハロウィーン本番が近付くにつれ人出が多くなるそうです。
      DSC_1364
 魔女博物館はこの日もやっぱり大行列。入場は諦めました。
           DSC_1383

ピーボディ・エセックス美術館にも行きました。交易で栄えたセーラムらしく海洋と船、
栄えた当時の生活に関連した展示が素晴らしかった。ボストン美術館には勿論敵いませ
んがモダンアートの特別展が面白く、市民の美術館という雰囲気に好感が持てました。
  DSC_1369
      DSC_1379
           DSC_1375

     - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

この日はスーザンの誕生日。スーザンの弟とその娘、娘の息子がお祝いの会をしに来まし
た。実は、スーザンの弟のスティーヴとはポール同様に昔から仕事での知合いなんです。
会うのは何年振りでしょう?懐かしかった!娘さん・ジェニファーは若くて美しいお母さん、
その息子・ネイサンは5歳のbeautiful boy。性格が素晴らしく愛らしい。私、もうメロメロ。
でも落ち着いた振りしていましたけどね。何という事か、全員での写真を撮り忘れました。