2018年04月02日

10月 Boston - Salem ひとり旅

 
帰国の朝、beef bowl を食べようとポールが言い出し、作る事になりました。
炊飯器があるのでご飯を炊いて貰い、厚めの牛肉は細切りに、玉ねぎを炒めて
肉を焼き、テリ焼きソースをからめ、ご飯にのせました。日本からお土産に持
って行った日本茶を入れて朝ご飯。吉野家の牛丼と大分イメージ違いましたが。

DSC_1390 re
 出発準備を済ませてエンゾと別れを
 惜しんでいました。

 そこへジェニファーから電話があり、
 前の晩にネイサンに私があげた蛙の
 チャームを彼は枕元に置いて一緒に
 寝たんですよ、との報告が。

 一生大事にすると言っている、とも。
 なんという sweet boy!

 やっぱり子供と動物には勝てない。




    DSC_1396
ポールと一緒にエンゾも空港まで来る事になりました。スーザンとお別れのハグを
して、居心地の良いお宅をあとにしました。

ボストン・ローガン空港まで行く間も海の見えるキレイな場所にちょこちょこ寄って
名残は尽きません。エンゾは始終ビスケットを要求する。楽しい最終ドライブでした。

外国の空港って何故あんなに閑散としているのか不思議。静かなカフェで時間までお茶
をして、入場ゲートで見えなくなるまでポールと手を振り合って別れました。1週間の
旅が終っちゃいました、寂しい。

    DSC_1397
出発を待つロビーでこれを見つけて若い男性にシャッターをお願いしました。男性は
アレ?Tがないと怪訝な顔。私がそこに立つと、そうか!と大喜び。若者はいいね。

私がそんな事をしている時、車に戻ったポールは心配顔で待っていたエンゾの写真を
撮っていたのでした。後日送ってくれた写真です。何故一人で戻って来たの?ミチコ
は何処?とターミナルの方をずっと見ていたそうです。家に戻った後も、私が寝てい
た部屋の臭いを嗅いて、家中を探し回ってくれたらしい。うれしい、、、泣ける。

IMG_8533 FullSizeRenderIMG_3421 med
     - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

さてレポートの最後に、食べた物も記録しておこうと思います。
    DSC_1240
             DSC_1257
 DSC_1322
 夜ご飯の寿司ロール。太巻と、右上は鰻のタレ味、
 これで一人前。さすが盛付けはアメリカ風ですが、
 これが寿司?という怪訝な物ではなく美味でした。

 見た目以上のボリュームだった鮪のハンバーガー。

 大きな食品スーパーで私のリクエストが採用されて
 お買い上げ。メイン州に来たらロブスターです。


 そして、おみやげは何故なのかいつもチョコレートになってしまいます。
DSC_1414 DSC_1415
 包み紙に惹かれてイザベラ美術館で買ったチョコと、
 セーラムで見つけたゼンマイ式のフランケン人形。

 ロックポートのキャンディ屋のハロウィーンチョコと
 空港免税店でコインを使い切るべく買ったハーシーズ。


思い切って会いに行って良かったです。いつ来る?と何度も誘ってもらったお陰です。
滞在の間、とても良くしてもらいました。ポールもスーザンも元気で安心しました。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
長い長いレポートを読んで下さってありがとうございました。