2018年05月28日

金魚の赤ちゃん、育ってます。

 
4月の始めに孵化した金魚の赤ちゃん、順調に育ってます。水替えの度に一、二匹が
死んでいるものの大きくなってきたので却って増えているような気がする。毛抜きで
取った糸屑のようだったのが今は6mmから1cmくらい。随分と大きさに差がある。

   DSC_2047
洗面器に移して水を替えるのですが、注意していても小さいのは縁に貼り付いたり、
容器の裏に流れた水と一緒に流されたりで結構大変です。つまむと潰れそうだし。

DSC_1974
 これは先々週。小さい
 瓶に入っていた時です。

 窓際の明るい水の中で
 小さいのがチラチラ動く
 姿はなかなか可愛い。

 思わず目が行ってしまい
 ます。

 数えた訳ではないけれど、
 70匹位いるのではないかな。



少々過密状態と思ったので、蜂蜜の大瓶から梅酒用の中瓶に先週お引っ越をしました。
朝は皆で水面に浮いて来て、上を見上げてエサをくれと言っているように見えます。

   DSC_2065

先程、小さいのが食べられている場面を目撃。Face Book の友人が「大きくて丈夫な
個体を残そうとする自然の摂理だから 悲しいけれど仕方ないね」と慰めてくれました。
小さい方は丸いお腹に細い尾っぽでまだオタマジャクシのような姿でしたが、食べた方
の大きいヤツはいっぱしに魚の形になって、少し赤みがかって来ています。

   _20180528_133505

姉からも以前「最終的には5匹くらいになるよ」と聞いていたけれど、こういうことで
したか。生まれたのが全部が育ったら町内会のお祭りで金魚すくい屋が出来ると思って
いたが夢は潰えました。自然の摂理も目にすると複雑な気持ちですが、全部が育ったら
どうしようとも思っていたから少し安心もしました。見守るとしよう。

DSC_1943
 朱色一色の方が父さん、朱に白が入った
 のが母さん。

 どちらも尾の長いコメットという品種
 だと思いますが、父さんはヒレ全てが
 ディズニーのアニメに出てきそうな位
 ヒラヒラと長い。

 一方、母さんは尾っぽだけが長い。

 さて、子供たちがどんな色に育つのか
 楽しみです。


michikovocal at 15:38│clip!日記:My Favorite Things