京都独り暮らし日記 (2011年6-7月)

2011年09月18日

季節はめぐる

8026eef8.jpg
 京都で参加したおばんざい教室。
 秋から冬にかけてまた開催されるので
 10月と12月に参加することにした。

 また京都に行くのだ!今回は町屋を
 改装した宿の安上がりのドミトリーに
 泊まることにして、宿泊予約も完了。

 一月半暮らした間に知合った人達や、
 よく通ったお店に、再会・再訪できる。
 嬉しい、待ち遠しい。

←修学院離宮で見つけた柱の虫食いです。
 (愛らしい。 ミロのようだわ)


さて、昨日はピアノのレッスンでした。

楽器の素養のない私にとって、このところの課題は音楽とは思えない。
コンピュータ・ゲームをしているみたいで、鍵盤上で即ゲームオーバー
状態になってしまう。 「もうそろそろ限界。癪だけれど、もう止めますと
言うべきか」などと考えながら、宿題は一応やって出掛けました。

このままだとピアノで音楽をする興味を失くしてしまうと、先生も察して
いたらしく、少し練習方向を変えましょうという事になりました。先生も
しぶとい。それで今しばらくは続ける気になりました。単純な性格。
他の人の何十倍も時間を掛けないと出来ないというのに、ピアノに
触っているのは好きなんだから、私も往生際が悪い。

それじゃ、ちょっとPの宿題、やってみるか。



michikovocal at 17:30|Permalinkclip!

2011年08月19日

京都で買った中古バッグ

c6c22cae.jpg 京都では、形の残る物は絶対に
 買わないと誓っていたんだけれど、
 グレイッシュピンクの色が気に入って
 古道具屋でこんなの買いました。
 この年でピンクのバッグ!とも思った
 けれど。。。 形も可愛いかったし。。。
 可愛いってのもナンだけれど、まあ
 いいじゃありませんか。

 ジッパーを開けるためのパーツが
 片方取れている所にも、何故か惹か
 れたのだ。壊れている物が愛しいと
 いう気持ちは何でしょう。 ”可愛そう
 だたぁ、惚れたってことよ” かな。


今は時間があるので、思い入れのある内に修理することにしました。
京都でも探したけれど、似たようなパーツは見つけられなかった。
先日新宿に行ったついでにユザワヤを見たけれど丁度良いのがなく、
渋谷に行った時にハンズで探したらお誂え向きのがありました。下側に
つける丸い金色のパーツも、何とか使えそうなのが見つかりました。

同じサイズになるように削って、蝋燭であぶって焦げ目を付けて、それ
らしくなったでしょう。 金具に嵌めるために上下に穴を開けるところまで
出来ました。元はボタンなので四つある穴を塞いで、最後はニスを塗る。
これは透明のマニキュアで代用できるかな。 この為だけにニスを一瓶
買う気にはなれません。

このバッグ、内側に「GUCCI」のタグが付いている。 グッチのバッグに
バンブーのシリーズが色々あるのは確かだけれど、これは明らかに
真赤な偽物ですな。 グッチがコンシールファスナーを使う訳がない(笑)

ま、ご愛嬌ということで修理しています。 こういう作業は、飽きてきたら
そこで止めるのがコツですね。 私の性格だと、飽きるとその先が雑に
なってきて、いい所まで出来たのに最後に結局駄目にしたりするから。

気長に、気長に。

::::::::

一緒に調達してきたスパンコールやラインストーンのブレードをステージ
衣装用に縫い付けるなんてことも、まったりとやっておる今日この頃です。
来週のライヴまでに間に合うかしら。




michikovocal at 16:36|Permalinkclip!

2011年08月13日

京都御苑のこと−3

5fc0e362.jpg 御苑には神社・祠がたくさんあります。

 見学には許可が必要な御苑内の仙洞
 御所の中にも小さな祠がたくさんありま
 した。これらはみな綺麗に整備が行き
 届いていて、良く見ると後ろ側に必ず
 大木が立っていました。

 他の庭園、例えば大覚寺の庭の祠の
 後にも大きな木がありました。してみると
 この場合、祠の神様は木なんですね。


 まずは木があり、それに神性を感じて
 祠を建てたってことです。祠を拝むのでは
 なくて、木を拝むための祠だったんです
(気付くのが遅過ぎ)。大木の前に鳥居だけ
 建っているというのも見かけますが、その
 鳥居が丁寧になったのが祠なんでしょう。


 古い大きな神社で拝殿の後ろに神殿が
 あり、建物が重なっていることがある。
 この場合は神殿に「神たる物」が祀って
 ある訳です。拝殿しかない事があるのは、
 御神体が後ろの山だったり瀧だったり
 するんですな。 なるほど。 


古来、私達日本人は手を合わせて拝むものに囲まれて生きていたという
ことですね。そもそも仏教のお寺の中に神社が同居していたりするのも、
明治の神仏分離令以前は当たり前のことだったそうで、神社でも寺でも
ともかくも手を合わせて拝みたくなるのは、自然の力に神を感じていた
先人の記憶が今も血の中に流れているのでしょう。宗教心はあまりないが
信仰心はある(私はそう)、というのはとても普通のことなんだと思います。



michikovocal at 14:47|Permalinkclip!

2011年08月07日

京都御苑のこと−2

b80b0abc.jpg 京都御所と御苑を一緒くたに考えて
 おりました、私。

 御苑の敷地の全てが御所であったわけ
 ではなく、明治2年に明治天皇が東京へ
 移る前は、御所を囲んで宮家・公家の
 家々が200程も建ち並ぶ公家町だった
 そうです。

 天皇が東京へ移るのに従ってほとんどの
 宮家・公家達が東京へ引っ越したので
 家々は空家となり、御所周辺は大変に
 荒れ果てた状態になってしまったそうです。


明治10年に明治天皇が京都を訪れた時に、そのあまりの様子を悲しまれ、
御所保存の沙汰を出したのが、公園整備の始まりとのこと。

荒れた屋敷を撤去し、周囲の石垣や土塁の工事、植樹などがされて、周辺の
道路の拡張等もされて大正4年にほぼ今の形となり、昭和22年には、新宿御苑、
皇居外苑と共に国民公園となったと、御苑の資料館となっている閑院宮邸を
見学して知りました。

自転車で隅々まで走ってみると、町を形成していただろうことが偲ばれます。
敷地の南側には、閑院宮邸(資料館・見学無料)や、九條家の庭が残って
いますし、今も名水が湧く梨木神社へ行けば、町の一角の鬱蒼とした森の
中にあった神社という雰囲気がします。 仙洞御所の中にも小さな祠が
たくさんありましたしね。 公家の家々が御所を囲んで並び建ち、そこここに
神社や祠がある様子がジオラマのように目に浮かびます。

(写真は仙洞御所の中の小さな神社です。)




michikovocal at 15:36|Permalinkclip!

2011年08月03日

京都御苑のこと−1

2bb3a4b4.jpg 京都のこと、想い出しつつ。。。

 御所のある京都御苑は自転車で隅々まで
 走ってみると、懐の広い公園でした。

 東・北側、仙洞御所の北から今出川へ
 抜けていく道は、うっそうとした森の小道で、
 昼なお暗くしっとりとして、ヨーロッパの森の
 よう (行った事ないけど)。 犬を連れた
 人や、ジョガーと、時折すれ違うだけ。

 石薬師御門近くに、木を払っただけの広場が
 ある。番小屋みたいなのは子供向けの本の
 無人スタンド。「てんとう虫のテム」、「おうむの
 しろ」なんて本が、ご自由に、と置いてある。

この日は平日だったので、倒木のベンチにじ〜っと座っているおじさんが
1人居たきりでした。 周囲の木々は、巨木と言っていいほど立派です。




michikovocal at 19:26|Permalinkclip!

2011年07月17日

山鉾巡行の日、京都を去る日

f344fbff.jpg 7月17日(日) 晴れ

 朝8時に家を出て地下鉄で
 四条へ向いました。
 地上へ出ると、交差点は既に
 かなりの人・人・人の波。

 写真は出発直前の長刀鉾。
 必ず巡行の一番手を執る事が
 決まっている鉾です。ちょうど、
 生き稚児が大人の肩に担がれて
 鉾の階段を登ってゆくところを見る
 ことができました。






michikovocal at 23:00|Permalinkclip!

待ちわびる

fae63e58.jpg

 地元の人のお勧め、大丸前で
 待つことにしました。

 出発点に近いせいか、人は
 河原町四条の方へ流れてゆき、
 比較的すいている。

 道幅が狭いので間近に見える。
 アーケードがあり、直射日光に
 当たらずに済む。

 確かに、穴場でありました。



昨晩の宵山は人で溢れ、道のあちこちにゴミが積み上がっていたのに、
朝が来る前にすっかり清掃されたんですねえ。清々しく綺麗になって、
朝日の当たる通りは巡行を待ちわびる人の期待に満ちた顔で溢れて
います。



michikovocal at 17:00|Permalinkclip!

やってきました

b96fa7a3.jpg


 東の八坂神社へ向いて
 進む山鉾は、朝の光が
 正面から当たって、
 まぶしいくらい輝きます。

 昨日、やはり地元の方から
 「車のなるべく近くに。。」と聞いた
 理由が、鉾が近づいて来ると
 よく解りました。




木で出来た大きな車輪が、道の凹凸を乗り越える時とても大きな音を
立てます。そして縄で組んだだけの鉾はきしんで大きく揺れます。
鉾の上の段に腰掛けているお囃子の全員もゆっさりと一緒に揺れる。
屋根の上、鉾頭までの長い棒が、揺れにつれてゆわんゆわんとたわむ。
見ていると少し怖いくらいです。

テレビで巡行の映像はよく見ますが、あの車輪のゴドロンという音こそが
祇園祭のように感じました。

写真は月鉾です。 稚児人形は「於菟麿(おとまろ)」というお名前。



michikovocal at 16:00|Permalinkclip!

山もたくさんある

d51a2c4e.jpg 山鉾巡行は昭和40年までは
 前祭(さきまつり)の17日と
 後祭(あとまつり)の24日と、
 2回に分けて行われていたそう
 です。車の交通を2日も遮断する
 ことが難しくなり、17日一日で
 行うように変更されたとのこと。

 現在は、30程もある山鉾が一日で
 巡行するのですから、賑やかですし、
 巡行する時間も長い。

 ちなみに、八坂神社の神輿が
 御旅所へ神幸するのが前祭で、
 御旅所から八坂神社へ帰還する
 のが後祭で、こちらが祇園祭の
 本筋と言えます。

 京都で知合った人達からは一様に、
 17日に帰ってしまっては、神幸祭も
 還幸祭も見られない。17日も泊まれ、
 24日も戻って来い、と言われました。
 どちらも行われるのは夜なんです。
 
 で、本当に祇園祭が終わるのは
 月遅れの疫神社夏越祭(えきじんじゃ
 なごしさい)が八坂神社で行われる
 7月31日なのです。


 写真は上から
 保昌山(ほうしょうやま)、
 太子山(たいしやま)、
 油天神山(あぶらてんじんやま)
 




michikovocal at 15:50|Permalinkclip!

目前を通り過ぎる

1dd521e2.jpg

 こちらは、一昨日登った函谷鉾
 です。

 お囃子の人達は叩く鉦(かね)の
 綱を握っているとは言え、下からは
 腰掛けているだけのように見えて、
 落ちはしないかと心配になります。
 それほどに、鉾は大きく揺れます。
 
 函谷鉾は、男衆の腰に巻かれた
 飾りの帯が色とりどりで綺麗でした。



まだビルがない頃は、家の屋根の向こうに巡行する鉾の頭が進んで
行くのが見えたそうです。お目当ての鉾や山は今どの辺り、と判った
ので、それを追って細い小路を走って先回りして見に行ったそうです。

鉾も山も今よりもずっと大きく見えただろうし、道路も今よりずっとデコ
ボコだったでしょうから、車輪の音も鉾の揺れも、どんなにか迫力が
あったことでしょう。




michikovocal at 15:45|Permalinkclip!

巡行経路はどこもいっぱい

e91bdccc.jpg 山鉾が過ぎるのは一瞬ですが
 要所要所で儀式や見せ場があって
 停まるので、巡行は長時間続きます。
 炎天下、見る人達も大変ですが、
 山鉾に付き添う人達はもっと大変。

 私は1時間半ほど見て、引き上げました。
 家に戻って、しばらくしてTVをつけたら
 すでに2時近かったのに、まだ巡行は
 続いていました。

 写真は、家に帰る時に横切った御池通り。
 団体さんが先導されて集り始め、巡行の
 到着を待っていました。有料の観覧席です。
 道幅が広く間近に見えない、席によっては

陽当りがキツそう。 お金を払って、この場所に縛り付けられるのもちょっと。。。
という感じです。 



michikovocal at 15:30|Permalinkclip!

たった一晩の夢みたい

52bb9ff7.jpg 宅急便で荷物を送った後、
 「ひだまり」さんへ顔を出して
 今回最期のカレーを食べました。

 京都の町について、少しは
 詳しくなっただろうけれど、
 こんな過ごし方で、はたして
 良かったのかしらと思います。

 でも結局、名残が惜しいのは
 お寺や神社よりも、町よりも、
 知合った人達なのかもしれない。
 「ひだまり」のお姉さんが、店から
 出てずっと手を振ってくれました。


最後に、帰りの新幹線まで時間があるので、昨日16日にリニューアル・
オープンした京都国立博物館の「百獣の楽園−美術にすむ動物達」を見に
行きました。

博物館に着いて、私、かなり疲れているのに気付きました。見て廻る部屋の
中央の椅子に座り込んで眠ってしまいそうでした(笑) でも、ここでも発見が。
意匠に動物が使われた色々な美術品が並んで、当然狛犬も何組かあり。。。

狛犬とひとくくりに呼んでいましたが、頭に一角があるのが狛犬、角がない
のは獅子だそうです。始めは狛犬と獅子が対で置かれるのが決まりだった
ようですが、だんだんに獅子だけの対になっていったらしい。展示されて
いる何対かの狛犬さん・獅子さんは、ほとんど雄でした。写真を撮る事が
できないのが残念でした。 ここまで来ても、まだそんな所を見てる変な私で
したが、お陰で少し眠気がさめました。

6時の閉館で外に出ると、まだまだすごい陽射し。京都は夕日が特にキツイ。

国立博物館の向いは三十三間堂。 6月1日の到着初日に最初に見たのが
ここでした。あの時はまだ梅雨の最中で雨の日が多かったし、肌寒くもあった。
舞台が転換した程に季節はすっかり変りました。でも、一ヶ月半、あっと言う間。

長い夏休みと思っていたのに、あまりに短く思えて、たった一日、たった一晩の
夢だったような気がします。


(載せ切れなかった記事を、これからも時々UPいたします)


michikovocal at 15:00|Permalinkclip!

2011年07月16日

まだ夏本番はこれからだけど。。。

d54b5b67.jpg 7月16日(土) 晴天

 朝11時から一保堂さんで抹茶のミニ
 レッスンを受けました。手軽にお茶を
 楽しみましょうという提案。私にあてが
 われたお茶碗はカフェオレカップでした。
 お茶とそんな風に付き合うのも良いね。

 午後は自転車で、できる限り走り回り
 ました。随分と北の詩仙堂、修学院の
 辺りまで。 名残り惜しい。。。

 夜は宵山最終日。一昨日の比ではない
 すごい人・人・人の波。 一人でお祭りを
 見て回るのってかなり寂しいもんです。


一番南に位置する太子山は聖徳太子が御神体の子供の知恵の神様。四条通り
周辺の喧騒から少し遠く、静かで子供の数も多い。 一人でしみじみ見物するには
恰好だった気がします。 蝋燭を献じる台が置かれていました。そう、子供達が粽を
売る店番をする時の歌にも「蝋燭一本献じられましょう。蝋燭一本どうですか」という
フレーズが出てきます。 私も、もう少し知恵をいただきたくて一本灯してきました。

::::::

さてさて、明日の山鉾巡行は朝の9時から。 祇園祭りの一番華やかな部分を
見たら、私の夏休みもお終いです。荷物を宅急便で出して、夜の新幹線で東京へ
帰ります。




michikovocal at 23:55|Permalinkclip!

2011年07月15日

あと2日。祇園祭もクライマックス!

f1ea1f23.jpg 7月15日(金) 今日も晴れ!

 祇園祭りは、どこかで一日は雨が
 降るのが例年のことらしい。でも、
 今年はずっと晴れマークです。

 :::::::::

 (室町辺りは今夜もこんな賑わい
  だったろうな。)

 :::::::::

 今日も今日とて、もう朝の7時から
 すごい陽射しでした。


野暮用があって朝の8時には自転車に乗っていましたが、目がクラクラしました。
野暮用のあと家にもどり、午前中は撤退準備・荷造りをしました。 残り2日だ。

午後から予約の黄粉餅を受け取りに行き、友達ご推奨の俵屋の石鹸を買ってから
(石鹸も消えものだもの)、それから細見美術館へ回りました。大きな帽子、首には
タオル、黒のアームカバー。 草取り作業のおばさんか、といういでたちです。でも、
この格好、京都では流行って?いますから大丈夫。

美術館では、ちょうど祇園祭屏風というものも展示されていました。江戸時代の屏風
ですが、これは長刀鉾、これが橋弁慶山と判ります。今の物とほとんど同じですから、
すごいもんです。

美術館を出ると陽射しは暴力的ですらありました。この後、北へ走ったのは西日を
避けるため。行くとはなしに東山三条北の金戒光明寺を目指していました。

自販機でお茶を買い、建物の影で1時間ほど休みましたが、作業の人以外は誰も
居ない境内のお隣のベンチに本を読む男性一名。 この方もきっと一休みなのね。

塩分補給に、遅い昼のご飯はチャーシュー麺、800円。 お味は今ひとつだった。

家に戻り、心惹かれたけれど、今夜の宵々山はパスすることにしました。 明日も
宵山がある。 やり過ぎてはいけません、と自分に言い聞かせました。

::::::::::

京都独り暮らし、あっという間だったけど、日数が足りなかったけど、名残は惜しい
けれど、でも、そろそろ帰るということで少しほっとする気持ちもあります。

夏休みにはお終いがなければなりません。



michikovocal at 23:30|Permalinkclip!

2011年07月14日

いよいよ夜も。。。

1ffdd2e5.jpg










7月14日(木) 晴れ  今日は祇園祭り、宵々々山でした。

昔は16日宵山・17日山鉾巡行の二日間だけだったのを、あまりの混雑に
15日宵々山、更に14日宵々々山と、山鉾を見られる日を増やしたそうです。

夜の山鉾は提灯に灯が入りとっても立派。通りのあちこちに立っているのが
見えて、否が応でも見て回ってしまいます。周囲の家やビルが照明をおとして
いるので、家々の軒の提灯が薄闇の中で一層艶やかで、心も華やぎます。
写真は、右側に伯牙山(はくがやま)の提灯飾りと、そのお飾り所となっている
おばんざい教室の杉本節子先生のお宅です。

夜店もそりゃたくさん出て、すでに今日からすごい人出でした。ゆかた姿の人
(年配の方はちゃんと着物)がたくさんいました。 さすが、京都です。
でも、まだ序盤。 宵山では、狭い通りは身動きならない程になるそうですよ。

鉾ってね、組み立てた躯体を倒しておいて、長い鉾を屋根に取り付けてから
起こすんでって。知らなかった。近頃はクレーンを使って起こしているようです。
この作業をしている日、私はまだ信州に居たので見られなかった。 残念!

(下へ続きを書きましたよ)




michikovocal at 22:32|Permalinkclip!