過去の日記(2011年4-5月)

2011年05月31日

明日から6月 

6b0e4aa3.jpg 雨の恵みで緑は活き活きしてくる。

 降っても晴れても
 美しい季節のはずを。。。




2011年7月のスケジュールです。

●7月18日(月・祭日) 17:00開場 18:00開演
青山 MANDALA  (TEL) 03-5474-0411
梓薫会 shi・kun・e・second
MC: ¥4700 (ワンドリンク付)
※私(畑路子)はゲスト出演、一曲だけ歌います。
  内容の詳細は5月23日付のブログをご覧ください。

●7月28日(木) 19:00〜2セット
赤坂 リラキシン  (TEL) 090-9296-3617
畑 路子 (vo)、嶋津健一(p)
MC: ¥4500 (2ドリンク付)


michikovocal at 00:12|Permalinkclip!

2011年05月30日

今日の空とスカイツリー

b19a9bf8.jpg
 関東も数日前に梅雨に入ったそう。
 その最初からの台風。
 近年、台風が来る時期が早くなって
 いる気がします。
 地震の後の手当てが出来ていない
 被災地の雨も高波も心配。
 
 今日、東京でもまだ風が強く吹いて
 いますが、窓を閉め切っていると
 少し蒸し暑い。でも、湿気のせいで
 ちょっと肌寒い気もしたり。。。


6月8日(水)は、新宿「J・ジェイ」でライヴです。

Qいしかわさん、吉田桂一さん、佐々木悌二さんの演奏で歌います。

3月にこのメンバーで予定していたけれど、震災のすぐ後で中止に
なりました。 ようやく再設定できたライヴです。 このメンバーで歌える
のはとっても嬉しく、楽しみです。

ライヴのためにいそいそと帰ってきますんで、聴きにいらしてね〜。

  


michikovocal at 17:08|Permalinkclip!

2011年05月27日

ビルボードライヴ・東京

昨晩は、六本木ミッドタウンの「ビルボードライヴ・東京」に初めて
行ってきました。吹き抜けのように天井が高〜く、ステージの
後ろは全面大きなガラス張りで足場のように組まれた鉄パイプが
お洒落。少し離れた空間に浮かぶ高層ビルの夜景が背景です。

山中千尋(Piano)・東保 光(Bass)・岡田佳大(Drums)のトリオ。

山中千尋さんはアメリカで主に活動する他に、ヨーロッパのジャズ
フェスなどにも幅広く出演している若いピアニストです。とても
エネルギッシュな演奏。曲のアレンジ力、ピアノを弾く技術も
素晴らしい。若いジャズピアニストさんは、上原ひろみさんもそうだ
けれど、弾丸のように細かいフレーズを繰り出しますねえ。演奏は
力強いし、凄いね! アンコールでは、お客様から2曲リクエストが
あったのに応えて、「では両方弾きましょう」と大サービスでした。
入替えの前半だけを聴きましたが、一時間で充分に堪能しました。

私のお目当ては久し振りの岡田佳大さんでした。ちょくちょくお会い
する時には何曲かだけ叩くという場面がこのところ多かったので、
こうしてタップリ聴くと本当に彼の反応の素晴らしさと多様な演奏
スタイルに改めて驚きました。「なにも考えてないんだけどね。考え
ると駄目みたい」と言います。譜面は全く見ないし、曲の流れに繊細
に反応しているのでしょうが、ぜんぜん迷いがない。。。  しっかり
ダイナミックに叩いているのに何故か耳には優しく、音が美しい。
ドラムスの足元のテーブルで、あっけにとられて聴きました。

「ビルボードライヴ・東京」は高級ライヴハウスなので、メニューに
あるものはみな結構なお値段です。通しで2セット聴いていたら、
ワンドリンク・ワンフードという訳にもゆかないでしょうから、入替えで
良かったわ! そう度々行ける場所ではありません。ステージレベルの
席から吹き抜けを見上げると、3階・4階に一列に並ぶカウンター席の
お客様の首から上のお顔だけが暗い中に浮かんで見えて、ちょっと
不気味というか(笑)、その顔がリズムに合わせて揺れるのが
何かのパフォーマンスのようで可笑しかった。

終演後は、一緒に行った友達と気持ちよい夜の空気を吸いながら
赤坂まで話をしながら歩きました。地震で曲がってしまった東京
タワーのアンテナの先端(人がよじ登って直したそうだね)は確かに
真っ直ぐになっていて、オレンジ色に輝いていました。 でも、まだ
若干曲がっているように私の目には見えましたが。。。

::::::::

京都暮らしの準備もそろそろ始めないとなあ。 6月からは「京都
独り暮らし・初夏編 」(って、何度も行くつもりかい)をなるべく書こう
と思っております。 8日には「新宿ジェイ」でのライヴがあるので、
7日には一旦戻ってきます。

  


michikovocal at 15:50|Permalinkclip!

一年がかり

6c87219f.jpg 自分で帯に仕立てるぞ〜と
 去年の春に買った更紗の布。
 何もしないで夏になり、
 冬が来てもそのままでした。
 会社を辞めて、ようやく
 落着いて縫う時間ができて、
 ぼちぼちと3日がかりで、
 本日完成!

 一度も着ていない泥大島まがいに
 合わせるつもりで作ったのだが、
 写真を撮るには色合いが暗過ぎた。
 白っぽい紬を出してみたら、
 これにもしつけがかかったまま
 でした。 なんとまあ、親不幸。

 とりあえず、裁縫用のトルソーに
 着せてみました。

 秋が来たら、改めて着る練習を
 しなおさなくてはダメだわ。


::::::::::::::

唐突ながら、来月から一月半ほど一人で京都に住むことにしました。

いつか、何処か違う場所で暮らしてみたいと夢想していた機会が
勤めを辞める事になって、図らずも巡って来たのかも、と感じたので
伴侶に話してみたら、 「いいよ〜」と二つ返事でお許しが出ました。

ライヴのある時は深夜長距離バスで戻ってきます。

   


michikovocal at 01:56|Permalinkclip!

2011年05月24日

孔雀をしげしげと見れば。。。

996b44be.jpg

  4月に一人でハイキングに行った
  茨城の雨引(あまびき)観音様。

  境内で孔雀を飼っていました。

  御機嫌が良くて、参拝客が近づくと
  何度もディスプレイしてくれました。




  こちらは、裏山にいた別の孔雀。
  こんな近くで見ることはなかなか無い。

  改めて見ると、
  畳んだ時の羽根も美しいですね。

  ところで、
  ディスプレイの裏側はどうなっている?


  後ろに廻ろうとすると、警戒するのか
  私の動きに連れて彼の方も廻る。
  なかなか後姿が見られません。


  なんとか撮った横の姿はこんな感じ。
  羽根のカバーがはずれるとボディは
  想像したより余程短い。

  上半身の輝く瑠璃色に比べ滅法地味だ。
  伊達男ぶりに惚れたのに、脱力したら全く
  別人で、「あんた、誰よ?」って感じ(笑)

  人間にもよくある話だわさ。
  瑠璃色の羽根より茶色の羽根の方が
  きっと、省エネなんだね。

  そのうち参拝客が増えて周りを取り囲み、
  ステージ正面をどことも定められなくなっ
  た彼は、とうとう後方不如意となり。。。

  真後ろからの姿をついにゲット!

  広げた大きな長い羽根を短い羽根が
  支える構造。バレエのチュチュと同じね。
  舞台裏は(うふふ。。)少々気恥ずかしい。

  でも、黒いお尻と白いぽんぽん、茶色の
  飾り羽根。 「頑張れっ!」と声を掛けたい
  感じで、なかなかキュート。

  押し出しが立派だってだけで惚れる訳じゃ
  ないのよ、女は。







michikovocal at 14:49|Permalinkclip!

2011年05月23日

梓薫会供shi・kun・e・second)

d9a1c976.jpg1つ前のブログに書いた「梓薫会」のフライヤーです。
多才だった梓さんをどうぞ一緒に偲んで下さい。
・・・・・・・・・・ (以下、フライヤーから転記)
2009年7月の海の日に「栗本薫さん、お別れの会」が
行われました。その年の5月26日にこの世を去った
栗本薫・中島梓を偲んで、2000人を越える人たちが
集まり別れを惜しんだのです。
また、ミュージシャンとしての中島梓を音楽仲間が
集って偲ぶ会「梓薫会」が、翌年5月29日に南青山の
MANDALAで行われました。中島梓作曲による曲が
演奏され、在りし日の彼女を想い起こし涙するファンの
方も多く、来年もまたという声が多数寄せられました。
そこで今年は「お別れの会」の行われた海の日に
「梓薫会」を行うことになりました。

沢山の方のご来場をお待ちしています。

2011.07.18 (月・海の日) 開場 17:00、 開演 18:00
¥4700 (1ドリンク付き)

南青山 MANDALA  電話:03−5474−0411
東京都渋谷区南青山3−2−2 MRビルB1

出演:
花木さち子(Vo) 水上まり(Vo) 坂元理恵(Fl) 柚木子(Vc)
嶋津健一(Pf)  加藤真一(B)  藤井 学(Dr)

※「ニテロイの浜辺(On The Shore Of Niteroi)」を歌うために
 私(畑 路子)もゲストで出演することになりました。


チケット取扱:
梓薫堂 (6/7〜7/12) http://shikundo.ocnk.net/
南青山 MANDALA 店頭 (6/7〜7/18) 03-5474-0411

企画制作: 株式会社 天狼プロダクション

::::::::::::




michikovocal at 13:12|Permalinkclip!

良い一週間でした

「あ・うん」でのライヴに続いて、19日(木)は赤坂リラキシンでピアノの
嶋津健一さんと久しぶりのデュオでのライヴでした。この日もお客様は
ちょっと寂しかったですが、男性の方ばかりでした。だからどうしたって
訳じゃないが。。。 皆様、お忙しい中を聴きに来てくださってありがとう
ございました。

よく来て下さる方ばかりでしたので、MCしていてもいつの間にやら話は
ステージとお席とで会話のようになったりいたしました。久しぶりの曲を
歌えば 「初めて聞く曲だけど新曲?」と質問が来る。 滑ったMCには
駄目だしが出る。 難しい曲 ”You Must Believe In Spring" を
歌ったら、「演奏は難しそうに聞えないけれど歌うのはとても難しそう」と
感想が飛んできました。「それはですね、ピアニストはベテランだけれど、
ヴォーカルがこの曲をまだ歌い慣れてないって事ですね」とネタバラシ。
するとすかさずピアニストから「いや、この曲は弾く方も難しい」とフォロー
が入ったり。

よく聴いていただいて、しっかり反応ももらえて、うれしいライヴでした。

::::::

土曜日は朝からピアノのレッスンがありました。 夕方からは、亡くなって
もうすぐ2年になる中島梓(栗本薫)さんを想うファンの方達の呼びかけに
よるライヴがあり、梓さんの作曲した曲や梓さんにちなんだ曲を、梓さんの
ピアノの師匠だった嶋津健一さんが演奏されるので聴きに行きました。
ヴォーカルの水上まりさんが梓さん作詞・作曲の曲を歌われ、私も一曲
歌うように依頼されていました。

私が歌った曲 「ニテロイの浜辺」は、梓さんが病気で亡くなる数ヶ月前、
ご自身のピアノトリオの最後のライヴをされた時に譜面をいただきました。
梓さんは書いた小説の数もすごいけれど、ミュージカルの脚本も曲も書い
ていたし、その他にも沢山の曲を書いてご自分で演奏していらした。(津
軽三味線の名取りさんでもあったなあ) 「ニテロイの浜辺」には歌詞は
ついていなくて、歌いたくなるメロディだねと私が話したら、「畑さんがこの
曲を歌うのを聴きたい。英語で歌う方が良ければ歌詞は畑さんが好きに
書いていいよ」と言ってくださった。

梓さんが少しだけ日本語の歌詞を書いてくれたのを見ると、私達二人が
曲に対して持っているイメージが似ていたので安心して歌詞を付けました。
英語の歌詞を書くのは私にとっては初体験でしたが、良い詩が書けたと
思います。出来上がる前に梓さんは逝ってしまわれた。聴いてもらう事は
叶わなかった。でも、梓さんの旦那様で編集者でもいらっしゃる今岡さん
には何度か聴いていただく機会があり、この日も来ていらしていて、7月に
「梓薫会 (shi・kun・e)」があるので歌って欲しいと言ってくださいました。

7月18日(祭日・海の日)に南青山のMANDALAで「梓薫会」があります。
梓さんの音楽仲間が、梓さんの作った曲や偲ぶ曲を演奏し、歌います。
本当に多才な方でしたから、小説家「栗本薫」のファンを始め、いろんな
方面のファンの方々が聴きにいらっしゃいます。私にとっては、梓さんは
どこまでも音楽を通じて知り合った「中島梓」、美味しい料理を沢山作って
ご馳走してくれた「梓さん」なんですが、そんなファンの集まるコンサートで
彼女の曲を自分の作った歌詞で歌うことができるのはとても幸せなことに
思えます。


michikovocal at 03:45|Permalinkclip!

2011年05月19日

今日19日、リラキシンでライヴ

良いお天気。エアコン不要のこの季節は一番気持ちがいい。

今日木曜は赤坂リラキシンでライヴです。ピアノの嶋津健一さんとの
久し振りのデュオです。 夜に出掛けると灯りはどこも少し暗めですね。
出歩くのが控え目になっているのかな。 どうぞ、ライヴにはお出掛け
くださいな。 7時少し過ぎからです。 待ってますよ〜。

:::::::

一昨日の「あ・うん」でのライヴは少し寂しかった。 メールを下さった
ナベさんが来てくださって嬉しかったです。セイ坊もいつもありがとう。
初めて一緒にブッキングされた足立直子さんと2人、続木徹さんの
ピアノで楽しく歌いました。直子さんのお父さんは落語家さんなんだ
とか。歌う曲によって声や雰囲気が変るのが凄く面白い。続木さんは
「バークリースクエアのナイチンゲール」を弾く時に珍しく譜面を取り
出してました。この曲を弾こうと決めてらしたのかな。私も大好きな
曲で、あ!先に弾かれてしまったと、でも嬉しかったですね。

休憩時間の話題は地震以前とは変りましたね。 これから5年くらい
の間に色々な事が変ってくるに違いないと皆で話しました。それ程に、
今回の地震に始まった一連の事によって私達の中の何かが変化した
こと、それがある方向性を持っていることを確かに感じます。

ライヴで演奏する・歌う、そしてそれを聴きに来て下さる方たちの
気持ちも変って行くのでしょう。 私にとっては歌うことが更に大事な
ことになるのでしょう。

  


michikovocal at 12:29|Permalinkclip!

2011年05月17日

何でもない日々が一番大事

今夜は西新宿の「あ・うん」で歌います。
足立直子さんとのダブルボーカルで、ピアノは続木徹さんです。

なるべく出来るだけ、普通の気持ちで人と会おう、歌おう、と思う。


:::::::

今日は少し曇りぎみです。 光は明るい。
薄着でもちょうど良い空気の流れを感じます。
でも悲しいことに、風が吹いても雨が降っても
天の恵みを感じる前に、放射能。。。と思ってしまう。

もう原発は全廃しよう。 コストパフォーマンスが良いなんて、
どの時点までの話で言っているのでしょう。使用済み燃料の
処理(結局、埋めるだけで処理なんて出来ないのに)や
原子炉を壊すまでの費用まで計算してはいないでしょう。
一旦今回の様な事が起これば保障の費用は莫大だし、国土
失うに等しい。それ以上にそこに住んでいた人達の想いは
金銭には換算できない。

それだけのお金があれば、全てのビルや個人の家にソーラー
発電の装置を付けられるだろうよ、と素人の私は考えて
しまう。その方向に進むことさえ決めれば、その為の装置は
原発を作るよりずっと簡易な技術で出来るに違いないと思う。
止めたいと考えた時にすぐ止められないような機械は要らない。

エンジンを切っても停まらない車や、コンセントを抜いても熱を
出し続ける電気コンロなんてものがあったら、販売できるはずが
ない。原発というのはそういう類のものなんだと今回はっきりと
解ったのだから、もう全て廃止すべきです。

  


michikovocal at 12:46|Permalinkclip!

2011年05月13日

来週、 ライヴが2つ

今月のライヴはどちらもピアノとのデュオです。
夜風ももう冷たくはないし、どうぞお出掛け下さい。


●5月17日(火)  19:40〜 3セット
西新宿 「あ・うん」  TEL: 03-5386-6063
畑 路子&足立直子 (ダブルVo)
続木 徹 (Piano)
MC: 男性4800円 ・女性3500円(1ドリンク・チャーム付)


●5月19日(木)  19:00〜 2セット
赤坂 「リラキシン」  TEL: 090-9296-3617
畑 路子(Vo)、 嶋津健一(Piano)
MC: 4500円 (2ドリンク付)





michikovocal at 15:12|Permalinkclip!

片付けたり、チラかしたり。

勤めながら歌っているのを良い事に、見ない振りをしていた事が
家にいればアチコチと目につきます。All or Nothing な性格なので
一旦始めると止まらない(笑)

先週はレンジ周りが気になり、換気扇は今や頬づりできるくらい
ピカピカよ。今週は裁縫にのめり込んでおり、ミシンを掛ける前に
まずボビン釜を調整、アイロンの前にアイロン台の長年の熱で
茶色に変色したカバーを作り直すなんてことから始める私は、
本題に入る前に時間がとってもかかる。 とりあえず服の手直し
の針仕事は終了したけれど、今度は針箱や手芸材料を入れて
ある箱が気になり、昨晩は捨てる物の選り分け作業に没頭して
しまった。 「もうこんな時間だから寝なさいよ〜」と伴侶に言って
おきながら、自分は缶に溜めてあるボタンを吟味、整理している。
この先使うかどうか判らないボタンを真夜中に選り分ける意味は
あるのか?と自問しながら、しかし止められない。

家の中にはブラックボックスになっている物が多々あり、片付か
ない事だらけなんだけれど、まあ、どちらのしろ全部は無理だ。
今週はここらで一時撤退。

::::::

Q・いしかわさんのライヴで知り合って仲良くしていただいている
小岩コチの常連スーさんにお願いして、ノートパソコンを中古で
買ってもらった。お仕事がコンピュータ屋さん(らしい)。私は
使う方はできても、システムは全ったく解りません。やりたい事を
説明して必要なものを揃えてもらい、昨日は秋葉の喫茶店で
お会いして、メールやインターネットの設定をしてもらいました。
「どこでもコンピュータ生活」というのは全く望むところではない
けれど、少々もくろんでいることがあり必要になりました。

物を減らしたいと言いつつ、増やしているな。。。。

  


michikovocal at 14:57|Permalinkclip!

2011年05月12日

外に出る日、家にこもる日

昨日は午後から、有楽町に姉の友人の絵画展へ。夕方の光に包ま
れた波の絵が綺麗でした。私の絵を描いてくださる予定もあるらしい。
くれぐれも、美人に、よろしく。

その後、人と会う約束があり新橋へ。会社的お話で一時間の面談。
駅に戻ると夕刻の丁度良い時間。友人がやっている店が駅ビルに
あるので顔を出して筍と、茄子の漬物でビールを少し。そのうち誰か
知った人が来るだろうと思っていると予想通りK宮さんがやってきた。
しばし、おしゃべり。義捐金の事、相撲のこと、退職について等々。

8時過ぎ、嶋津健一さんのソロPを聴くために赤坂に移動。ゆったり、
美しい演奏を聴いて小雨の夜は更けました。

:::::::

今日は一日ずっと家にいました。玄関のドアを開けたのは宅急便の
お姉さんが来た時だけでした。 ほとんど、ミシンかけで一日が終わ
った。丈ツメやら修理やら、いろいろ。

   


michikovocal at 00:52|Permalinkclip!

2011年05月09日

今日から5月が本格始動、でしょうか

6b917ee5.jpg 連休最終日の昨日、ニシピョンさんのお誘いで
 セッション+呑み会に青山まで行きました。 
 2時間半程、とても自由なセッションを楽しんで、
 私も2曲歌わせていただきました。 久しぶりに
 お会いできた方もあり、うかがってよかった。

写真が呑み会で出たお酒4種。

私はあまりいける口ではありませんが、皆さんのハカの行く事と言ったら!
特に、「森 伊蔵」の一升瓶が出た時は、かなりテンションが上りました。
「そんなに稀少なお酒?」とお聞きしたら、他の酒もかなりな物なんだそう。
それなら写真を撮らにゃあ!ということになり空いた瓶ともども並べました。

左から:

◆野可勢 のかぜ (諏訪宮坂酒造・真澄・純米吟醸)
原料米 県産・美山錦99%、兵庫産・山田錦1%と書かれているが
この山田錦1%にすごい思い入れがあるのね、きっと。

◆森 伊蔵 (鹿児島森伊蔵酒造・芋焼酎)
ネットで買うと、この一升で¥24,000くらいするんですって!

◆玉の光 (伏見玉乃光酒造・純米大吟醸)

◆強力 ごうりき (鳥取中川酒造・純米酒)


「森 伊蔵が出るだけで凄い。一升瓶を見たのは今日が初めて」と皆さん、
口を揃えておっしゃっていました。 (ふ〜ん。。。そうなんだ。。)

焼酎は苦手だし、特に芋焼酎は匂いが駄目なんだけれど、「森 伊蔵」は
旨かった。焼酎のコクはそのままにさらりと水のようであり、匂いも上品。
鄙には稀な美少女というか、やまがに降り立った天女のように清らかな
お味でした。 お酒の味は判らないが、いっちょまえに言うとそんな感じ。
どんな物でも、格段のものというのは判る気が致しますです。 もっとも、
呑めないながら少しづつ、最近は勉強の回数が増えて来たと言うか。。。

さて、お休みモードから気分を切り替えましょう。
   


michikovocal at 14:23|Permalinkclip!

2011年05月07日

泣いております。。

e314b571.jpg 明日はレッスンの日だけれど
 宿題が進まない。 たったの
 4小節をどれだけ考えた事か。
 それで、まだ出来てないのよ。
 私はピアノを目で弾いている。

 ◆6月や読めねど譜面美しき
     堤 一巳 (つつみ かずみ)

 随分前に好きになった句だけれど
 あれから何年。。。 譜面を見ると
 今も 「美しい」と思う。 で、未だに
 「読めねど」のままです。
 嗚呼!日付けが変ってしまった。

  


michikovocal at 00:15|Permalinkclip!

2011年05月05日

今日は早夕飯

295e682a.jpg 伴侶が作ってくれました。
 ボンゴレ・ロッソですな。ブタの容器に
 入っているパテも伴侶の作です。
 そのまま、サラダなんかと一緒に
 食べても、パンに付けて食べても旨い。
 ワインは森下の山利喜から来たもの。
 手書きのラベルがなかなかラブリー。
 伴侶は調理師免許を持っている。 が、
 私のために料理してくれるのは珍しい。

 早めの夕飯を済ませたのは、これから
 一緒に神宮前のジマジンにライヴを
 聴きに行くからです。加藤真一さんの
 ソロ・ベースです。そろそろ連休も終盤。


  


michikovocal at 18:22|Permalinkclip!

自分を連れ出す

e53f0481.jpg 会社へ行かなくなったので
 引き籠もりにならないように
 気をつけています。
 そうは見えないかもしれないが、
 土・日に一歩も外へ出ない
 なんてこともよくあります。

 家にいるの、好きなんです。
 予定を入れて、
 自分を外へ連れ出さないと、
 自宅で根が生えちゃう性格。
 

今夜はコチに吉田桂一、佐々木悌二、渡辺文男を聴きに行きました。
いつもより少し離れた席で聴いたら、客観的な耳で聴けたのかしら、
とても自然で滑らかな音の流れに、改めて「職人だなあ」と思った。

28日は、リラキシンに嶋津健一、加藤真一、鈴木ひろゆきの
ダブル・W・ベースを聴きに行って、ベースというのは繊細で難しい
楽器なんだなと楽しかった。

明日は、ジマジンにソロ・ベースを聴きに行くぞ。

写真は、コチの演奏終了後に桂一さんと。
演奏中はジャケットを着ていたし後ろ向きだったから気付かなかった
けれど、「アレ、ほとんど一緒」とジャケットをぬいだ桂一さん、まるで
お揃い。 「マリンで若作りのおじさんとおばさん」と桂一さん。
「シャツも心もヨコシマな2人」と私。 はたまた、陽気な囚人2人か。


  


michikovocal at 01:50|Permalinkclip!

2011年05月03日

まだまだ、体育会系

ようやく乗れるようになりました。持ってく?と友達があっさりとくれた
ブリヂストンのロード・レーサー。 もらったのは20年くらい前です。

498993a1.jpg

錆を落としてタイヤが付いて、しばらく良い調子で乗っていたらパンク
しました。チューブレス・タイヤなので趣味的な自転車を扱う店でしか
修理ができず、でもその頃はそういう店は近所には見当たらず。。。

東急ハンズでタイヤを買って自分でリムに貼ったけれど、均一に付ける
のはなかなか難しい。乗っているうちに少しづつゆがんで来たものらしく、
ある日走っている時にパッカリ外れた。危なく自転車ごとツンのめって
コケそうになった。 それ以来、タイヤのない走れない自転車になって、
ベランダで10年も土ぼこりをかぶっていました。 ごめんね。

時間ができたら一番にやりたいことの一つでした。 錆落しのブラシで
磨いてゆくと、元がよい自転車なので錆びているのは表面だけ。かなり
綺麗になりました。最近のブームでスポーツ車を扱う店をアチコチで見か
けます。小川町に部品が豊富に揃ったマニアックな店を見つけていた
ので相談しに行きました。

説明すると、修理担当の40歳くらいの男性は「面倒臭いな」という顔で
「車から降ろしてここへ持ってきてください!」と、とてもぶっきらぼう。
タイヤがないので持上げた状態で運んでゆくと、ぐるりと自転車を見て
急に親切になった。チューンナップと交換部品のことを相談し、順番待ち
のため、作業に取りかかれる日に改めて持ち込むことになりました。

昨日の朝11時半に持って行きました。夕方遅くには仕上がるとのこと
だったので地下鉄で早めに小川町まで行き、会社帰りの伴侶と待合わ
せて2人で軽く一杯やってから、いそいそ受け取りに行きました。

錆を落とし切れていない部分があるのが恥ずかしくて、「乗るだけだった
ら新品のママチャリ買う方が安いんだけど。。」と言い訳がましく話したら、
件の男性が「このタイプに乗ってる人、今は珍しいです。僕なんかには
とても懐かしい。すごくいいと思いますよ」と笑顔で言ってくれました。
付け加えるに 「あそこの鯛焼き、旨いですよね」ですって。角の鯛焼屋で
ほかほかを買ってザックに入れて持っていたのが匂いでバレたらしい。
「並んで買ってるのが、男子ばかりでビックリした」と私が言うと、僕も
あんこ大好きです、と御機嫌です。 最初の時のぶっきらぼうは何だった
のかしら (笑)。

「じゃあね」と地下鉄入口で伴侶と別れ、もちろん私はスイスイと夜道を
自転車で走って帰ってきました。

今日は島忠にヘッドライトとサドルカバーとポンプとワイア・キーを買いに
行き、装備完了。置く場所も何とか玄関に確保しました。 これからの季節、
乗るのが楽しみです。 ちょっとした距離のお使いもこれなら楽勝だわ。
乗り易いようにハンドルをドロップ型から普通の型に付け替えたものの、
タイヤが細く、サドルも小さく、サスペンションも硬くて、街乗りには少し
不向きです。でも何と言っても軽い。肩に担いで階段もスタスタと登れる程
です。フレームが細くて華奢に見えるところが気に入っています。

:::::::

さて夕飯も済んで、夜はこれからピアノの練習をしなくては。 歌の譜面も
書くんだったわ。




michikovocal at 21:37|Permalinkclip!

連休の真ん中で

毎日、色々なことがあり続けて時間は繋がってゆくのだな。
2月からいろいろがあり過ぎる。頭の整理がついて行けない。

自分の毎日・自身の考える事・感じる事、それが生きている人の
数だけ存在して、時間は流れてゆくのだ。 似ているものもあれば、
違うものもある。理解を超えるものもある。

9・11の首謀者と言われているヴィンラディン氏を「殺害」したと
米国が発表した、とTVが言うのを聞いてすごい違和感があった。
9・11はひどい事件だった。地下鉄サリンの時もそう感じたけれど、
人としてやってはいけない事の程度を測る装置があったならば、
その針が振り切れる先まで人間が踏み込み始めてしまったという
感じ。恐怖というのと少し違う、不気味な感じがした。

でも、国家が他所の国家へ武力を持って入って行って、「容疑者」を
「殺害」してもいいのだろうか。 その死を知って、あれほど興奮して、
喜び、勝利を叫ぶ気持ちになれるものなのだろうか。勿論、ニュース
が伝えない所に、私と同じ違和感を感じた人もたくさんいたと思うが。

歴史評価があらかた定まったナチスの行為についてなら、ヒットラーが
(自殺ではあったけれど)死んだ事を「良し」と肯定している私の神経と、
今回のヴィンラディンの事への違和感は、何が違うのだろうか。

誰かが解説してくれたら、少しは感じ方が変るのだろうか。


  


michikovocal at 12:14|Permalinkclip!

2011年04月29日

連休初日です!

4月末日で退職です。

有給休暇が残っており、既に会社へは行く必要がなくなっていました。
ゴールデンウィークのこの時期なので、知らぬ間に会社から卒業して
いたわ、ということになりそうです。

それでも連休ともなれば、ちょっとテンションが上りますね。
で、何をしているかと言えば自転車のサビ落し。 パンクしたまま何年も
ベランダに放っておいたロードバイクを磨いて、とりあえずタイヤをつけて
もらいに自転車屋へ持ってゆこうと思いました。

さて、またサビ落しの続きを。。。。 


   


michikovocal at 13:31|Permalinkclip!

2011年04月27日

思い立ってハイキング

0361bdb9.jpg 急に決心して、一人で茨城まで
 里山歩きに行ってきました。

 花曇りの水戸線岩瀬駅をスタートして
 15分もすると、北西の方角から
 流した墨が広がるように空がどす黒く
 染まってきて、雨もポツポツ落ち始め
 ました。 気にする程でもなし、雨具も
 ないので、そのまま歩き続けました。
 ひどくなれば次のポイントの山倉神社
 で雨宿りすることにしよう。。。

 そうこうする内に、家々が切れた辺りで
 小さな石の鳥居があるのを見つけました。
 多分これが山倉神社だなと、頭を屈めて
 鳥居をくぐりました。枕くらいの石を横幅
 1mくらいに並べた寂しい石段が十数段、
 目の前に迫った山の方に登っています。
 10cm程しか蹴込みがない石段に
 爪先だけ掛けて、よろけながら上がる。
 遠くから雷鳴が近づいてきます。

 次に現れたのは、今度は大きな墓石を
 倒して積んだような、一段が40cm以上
 もありそうな階段。膝に手を当てヨイショと
 身体を持上げなければならないほど高い。
 雷の音が段々近く大きくなり、木の葉に
 当たるせいで雨音が激しくなりました。

 十段ほどの階段を六分どおり登った所で
 目を上げると、先の道が見えました。もう
 石段はなく、2mくらいの幅の山道が、
 藪の間を真っ直ぐ上へと続いています。
 社(やしろ)はまだ見えません。

 風がどうどう吹いて、真上の空で雷が
 パリパリいっている。何か出てきそう、
 翁の亡霊とか平将門の怨霊とかさ。。。
 先へ進むのが何やらはばかられる。

 取り敢えず、もう数段を登ってみると、
 自動車用なんでしょう、一台がようやく
 通れる幅の泥道が横切っているのが
 見えました。道の所は開けた分だけ
 明るいので少々ほっとしました。

 石段を登り切り、その道に立ち止まって
 この先へ行くのはよそうと思いました。
 神社の影も形も見ておらず心残りでは
 あるけれど、かなり怖い(私、気が小さい
 のよ)。 雷が落ちないとも限らないし、
 雨もひどくなるかもしれないし。。。

嫌な予感もして、道の左右を見回したら。。。ああぁぁぁぁ。。。 

2センチくらい口を開けた亀裂が3、4m 黒い蛇のようにくねくねと道に
沿って伸びていました。 きっと、3月の地震でできた地割れでしょうね。
下る傾斜の大きい方へ、その道を一目散に後にしました。

急な雷雨といい、暗い林を揺する風といい、蛇のような地割れといい、
まるで 社の主に 「之より先は入ることあたわず〜」と言われたようで、
道をくだりながら心臓がバクバクしました。

後で知った事ですが、この日、茨城方面を強い積乱雲が通過、竜巻も
発生したんだそう。それにしても、あの場所であのタイミングって、どう
なのよ。。。 嘘のような本当の話でございます。

::::::::

田んぼがひらけた所まで下って来ると、もうすっかり晴れてきて、後は
日焼けが心配なくらいの良い天気になりました。

廃線になった関東鉄道筑波線の鉄路跡を整備したサイクリング道路を
たどるハイキングです。豊かな畠、田植えの済んだばかりの田んぼ、野
の花々、鳥の声、蛙の声、長閑な空気。 長く伸びた田園の両側には、
東側は少し高い、西側はあまり高くない、いわゆる里山が途切れること
無くいくつも続いています。 山は丸い樹形の大木に覆われていて、ふわ
ふわと優しい形をしています。その中に、この辺りの特徴である山桜が
数多く見られ、まだ多少咲き残っていました。 あと10日早ければさぞや
と思わせる眺めでした。

地震のことがあって来るのを躊躇っていたのです。 実際、電車で小山
から水戸線に入ると、瓦屋根にブルー・シートをかけた家が多かった。
多かったと言うよりは、瓦屋根の家のほとんどがどこかしら被害を受けて
いましたし、このサイクリング道路を歩き進む時も、そういう家をたくさん
見かけました。 農作業をしているおじさんとか、自転車で追い越して行く
おじさんが時々声をかけてくれて、地震の時のこと、山桜のことなどを
話してくれました。

筑波線が有った時に「雨引(あまびき)」という駅があった所まで行き、
そこから東へそれて、雨引観音のある山へ向いました。車でも行け
る舗装道路を2km登り、そこからは車道を外れて歩き用の急な登り
道を行きました。

この観音様も地震の被害を受けていて、立派な朱塗りの仁王門には
足場が組まれていましたし、シートに包まれた建物もありました。幸い
本堂と美しい多宝塔は無事だったようです。 そして、里からかなり
登った所にあるため、本堂前の2本の桜の大木は満開でした。想像
したよりもずっと立派でした。境内に孔雀もいたし、高台には梅の林
もあって、遠く景色を眺めるにも絶好の場所でした。

観音様の山を降り、帰りは再びサイクリング道路を辿って、夕映えの
中を岩瀬駅へ戻りました。昼12時に歩き始めて、約5時間半のハイ
キング。 山からの下り坂は膝の悪い私にはかなりきつかったし、駅
までの最後の行程ではかなりヘロヘロの状態でした。

電車の中とか歩く途中とか、練習中の曲を聴こうかな なんて思って
プレイヤーとイヤフォンをザックに入れて持ってゆきましたが、一度も
取り出すことは考えませんでしたねえ。

          * * * * * * * * * * * * * * *

雨引観音には孔雀が2羽いました。羽根を開いてサービス全開でした。
孔雀のお尻、見たことあります?興味のある方は こちらもご覧下さい





michikovocal at 01:37|Permalinkclip!