日記:My Favorite Things

2022年01月02日

明けましておめでとうございます。寅年ですね。

 
寅年 何回目とは申しませんが私、寅です。

 母が亡くなった年齢を超えて、
 まだまだ元気で過ごせていることに
 今までと違う感慨があります。

 その感じ方に驚いたりしています。
 それだけでも、年をとることには
 意味があるなと思ったりします。

 この2年、ジャズライヴで歌うことが
 ほぼありませんでした。

 じっと何もしていない訳ではないですよ。
 ふつふつするものはどこかでいつも動きます。

 ぷくっと吹き出しそうな時もあります。
 それが、歌以外の吹き出し口から
 出てくるのもまた楽し。
 換気口は彼方此方にあって、
 どこから出るも入るも自由ですよ。


今年がどんなふうに動いてゆくのか自分でもまだ解らないない。けれど、
やるべき毎日の大事は解っているつもり。それを、ゆるゆると大事にやってゆく。
父が亡くなった年齢は97だから、年は気にしない。

2022年が どなたにとっても 普通に 無事でありますように!


michikovocal at 22:38|Permalinkclip!

2021年12月04日

12月も半分過ぎて、さすがに寒くなってきました

 
クリスマスの飾り物がこまごまとあるので毎年出します。

今年はリースを買いたい気分になったけれどプラスチック製でも
それなりのお値段ね。要は、赤と緑と暖かい色の、まあるい物が
欲しいだけなのだ。。。

ならば作るを楽しむべし。新聞紙を丸めて、細い針金でざっと巻いて
リボンをたくさん結んだ。近頃は菓子箱に巻かれているリボンの質が
なかなか良くて捨てられず、アイロンを掛けてたくさん取ってあった。
その在庫整理にも最適でした。

軽いのがなにより。虫ピン2本で架けられました。

  ri-su

出窓には豆電球。夜、なんとなく暖かい気分になれればそれで充分。

DSC_1687 (002)

スーパーで買物した後、通りの向かいからしばし見上げて楽しんだりしてる。


michikovocal at 13:10|Permalinkclip!

2021年11月10日

秋の夜、静かな夜。。。

 
DSC_0123 またまた随分と間が空いてしまいました。
 7月の始め以来です。こんばんわ。

 しっかり秋が深まりましたね。昼間は随分と
 暖かかったりしますが、今日は風が強かった。

 このところコロナ感染者数が急激に少なくなり
 以前より気持ちが落ち着いて来たのは確か。
 でも、この減り方が不思議に思えて、まだ安心
 できません。先週末から再び微かに増えている
 ようにも見えるし。

 じっとしているのは良くないみたい。なんでも
 構わないから動いているのが宜しい。人間って
 一度に2つの事に集中できないらしくて、何か
 始めると5分後には前にしていた事は取り敢えず
 忘れて、今していることにはまってしまうとか。
 私について言えば、かなり当たっています。

 じっとしたままで頭の中だけが忙しく回転して
 いる状態で夜に突入すると、寝つけなかったり
 します。動物的な生理に合わないんだね。

ボンボン時計が二つ鳴った。眠れないなぁ、ああ三つ鳴った。今の一つは3時半、それとも
4時半? そんな夜もあります。結局はどこかの時点でぐっすり眠ってしまうのだけれどね。

よく効くのはやっぱり、身体でも頭でも、どこでも良いからさ、他愛も無く疲れることね。
さて、そろそろ寝るとしましょうか。 その前に歯を磨いて、目薬をさして、と。


michikovocal at 23:29|Permalinkclip!

2021年07月05日

何度もやり直しましたが、ようやくなんとか。

しばらく振りに書いています。書いてはみたもののアップできずにボツに
することが何度かあって、身体の何処かが若干挫けている感じだったかも
しれません。この一年、辛抱は上手になったけれど、何故かまとまった事
ができなくなっているようで。コロナのせいでなく、年のせいかも。

さて、金継のつづきです。
 
金を蒔く時の漆、薄いと金を固定できず、厚つ過ぎると金が沈んでしまう。
漆の乾き具合を見極めるのも難しく、姉にいろいろ訊きながら何度も漆を
研ぎ直したり、せっかく蒔いた金を削り取ったり (うう。。 勿体ない、一応
本金ですから)。

弁柄の入った漆を使うと金がきれいに光るとの事なので東急ハンズで探し
たところ、本漆なのにマニキュアのように手軽に塗れる物を見つけ購入。
材料を変えた分、気を取り直して取り掛かったのですが。。。

 DSC_1503 ← これです。

 マニキュアのように蓋に刷毛付き。
 扱い易く良いと思ったのだけれど
 何故か蒔いた金を咥えてくれない。

 漆が乾くと金がスルリと滑って
 全部落ちてしまう。タイミングを
 変えて2回試したが駄目でした。

 蒔絵用ではないのかもしれません。
 金継一年生の私には原因が判る筈
 もなく、使うのを諦めました。



再び普通の漆でやり直すこと3回。ようやく、何とかこれならという位に
仕上がりました。何度も失敗してやり直す途中、しばらく放って置いたり
したので長くかかりました。まあ、だんだんに上手になるでしょう。

DSC_1489
 手始めの第一作、3点です。
 印判に金ぴかは目立ち過ぎと
 思い金泥を使いました。
 光り具合が渋くて良いです。
 (と勝手に解釈しております)

 手前の皿2枚は自分のもの。
 右上の鉢は預かり物です。
 明日お届けの予定です。

    *****

 引き籠っている訳ではあり
 ませんが、家でする仕事も
 それなりに楽しくて、色々と
 やっています。

 ブログも、また書き始めます。


michikovocal at 00:05|Permalinkclip!

2021年03月07日

英国の春を象徴する花、黄水仙 Daffodils

 
花を買う度に、もう少し安いといいんだけどなぁと思う。ひと枝一輪でも上手
に活ける伝統が日本にはあるからそれはそれで楽しめるけれど、同じ花を同じ
色で一度に50本とかゴージャズに活けてみたい。

時々スーパーで、小さ目ながら程度の良いチューリップが3本350円なんて
のを見つけると奮発して3束買ったりする。それでも既に、千円越えだものね。
花屋でそれなりに買えば、それはもう凄く高い。余程血迷った時に限られる。

若い時に憧れたヨールッパの街角の花屋。。。 色とりどりに溢れんばかりの花を
並べた、写真で見ていたそんな花屋を、今では東京でも普通に見掛けるように
なりました。パリジェンヌは食事を抜いても花を買うとか読んだことがあるが
日本と比べて値段はどうなの?と思ったりして(笑)自分ながら情けない。

      ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
今のこの時期、英国では春の始まりを象徴する水仙が大量に出回るという記事
を読んだ。日本の楚々とした水仙ではなくて、Daffodil と呼ばれる 花の大きな
水仙です。スーパーでひと束15本程が1ポンド (約150円)くらいで買える
そうです。買い物ついでに皆さん気軽に1束2束とカゴに入れてゆくのだとか。
なんとも(涎が出そうなほど)羨ましい。

  20170216_Daffodil2
蕾で売られるのは、開くとかさ張るからでしょうね。咲くとこんなですって。
  20170216_Daffodil31
花のラッパ部分を数えてみると多分30本くらい。これで2束みたいですね。

※お写真を拝借したのは以下のブログです。ステキなので読んでみて下さい。
イギリス・春を待ちわびる花、春を告げる花 2017年に書かれた記事ですが、
今年他の方が書いた記事でも1束1ポンドほどと書かれていたので、お値段は
変っていないよう。つまるところ、花の値段ばかりが気になっている私です。

大量に出回るダファディルは英国産で (写真の束にもユニオンジャックの札が
ついている) 栽培しているコーンウォール地方には毎年刈り取りのために外国
から大勢の季節労働者が入るのだそう。今年はEU離脱の問題に更にコロナが
追い打ちをかけて雇い入れがかなわず、蕾の状態で刈り取る作業が追い付いて
いないとのこと。そのせいで満開の水仙の黄色が拡がる畑があちこちに出現し
て、えも言えず美しいとか。。。

景色は美しいに違いないけれど、刈り取られず飾られないままに、やがて畑で
朽ちてゆく水仙たち。切ないです。


michikovocal at 22:24|Permalinkclip!

2021年03月02日

金継ぎ一年生、ただいま苦戦中

 
金を蒔く時に刷いた漆が濃過ぎ、尚かつ多過ぎのようでした。金が沈んでしまい、
縮れも出来てしまった。薄めの漆を薄っすらと均一に塗らなくてはいけないんだ。
漆を筆に含ませた後、もう少ししごいて量を落とすんだった。

金を蒔くタイミング (漆をどの程度まで乾かすのか) も、まだ全然判らない。

155964010_1239390969797006_8824553344617848253_n  156837848_1239391009797002_4613478849395816047_n
(左)縁取りをした部分の漆が厚過ぎた為に金粉が沈んでしまったと思われます。
(右)多分、漆が均一な厚さに塗れていないせいですね。乾く段階で縮れました。

157001683_1239391049796998_8529042886710749273_n
 仕方なく研ぎ直しをします。
 これはまだ、研ぎの途中。

 金と漆を落してから
 やり直しです。

 どうせやり直すんだから、
 金色が鮮やかに仕上がるらしい
 朱漆を買って、この際だから
 試してみようかな。


 これは自分のお皿なので、失
 敗しても OK。


動画を見て自分なりにやっているので、一度で上手くゆく訳はないね。頼まれ物に
取り掛かるのはコツが判って上手く出来るようになってから。ゆっくりやります。
急ぎません。


michikovocal at 22:55|Permalinkclip!

2021年02月04日

金継ぎ:漆の下塗り

 
かなり大きな欠けのある鉢一つと皿二枚を手始めに、金継を始めました。

 印判の金継 一回塗り

欠けは、本式では漆と砥の粉を練ってパテ状にしたものを漆で張り付けて成形
します。この工程で私は「なんちゃって」を採用、エポキシ樹脂で欠けを繕う
方法を採りました。食器に化学物質を使う事はしたくないのですが、エポキシ
がしっかり乾いた後で本漆を塗り、その後に本金でしっかりと蓋をすることで
化学物質に口や食べ物が触れないようにする方法です。

大きな欠けを本漆で繕うためには、薄く何回も繰り返し重ねてゆかねばならず、
全てが乾くまでに日数が掛る事、そして手間をかけて完成した後でも、剥がれ
易いという事があるようなのです。それで、乾き易く丈夫なエポキシを使う事
にしました。一応、金継の指南書何冊かとネットで次善の方法として確認しま
した。最終的に目指すのは本漆・本金での金継ですが、今回は金継一年生なの
で、材料の扱いと手順に慣れるのがますは肝心ということです。

薄めに調整した本漆は透明の飴色ですが、乾くと真っ黒になるのね。ちょっと
吃驚しました。漆を乾かす時には温度・湿度を保つ箱 (風呂と呼ばれる) に入れ
ますが、湿度が70%位ないと乾かない。不思議ですね、乾燥という言葉と矛盾
している。日本の漆塗りの高い技術は湿気に富む気候の賜物とも言えるね。

さて、.┘櫂シ樹脂の張り付け
   欠けの形に削って成形
   漆の下地塗り
   ぢ竸絅據璽僉爾納燭鮓Δ出す

ここまで進みました。寒く乾燥した冬に風呂箱の中を湿度70%・温度25℃以上
に保つのは難しい。金継ぎには夏の方が適しているようです。。と書いていて
「雨の日はカラッと揚がらないとボヤく天麩羅屋じゃ、商売にならん」と言っ
ていた父を思い出した。雨の日に天麩羅を揚げていた母の言葉に対しての言葉
です。天の邪鬼と言うか、負けず嫌いと言うか、大人げなく理屈っぽいなぁと
子供心に思いました。今となれば懐かしくて可笑しい。

michikovocal at 21:18|Permalinkclip!

2021年02月01日

姉にしてもらった金継ぎ、いろいろ

 
姉はずいぶんと前から本漆・本金を使った本格的な方法で金継ぎをしています。
私の欠けた器もたくさん繕ってもらいました。

 DSC_0604

漆は古来からの接着剤。金継ぎは貴重なもの・大事なものにほどこして、飾って
眺める、あるいはここ一番という時に使ったと思います。そう考えれば、かなり
強度があるとは言え、毎日使っては洗剤をつけたスポンジでガシガシ洗うなんて
論外。そんな扱いをしたら、継いだ部分がぽろりと剥がれることも当り前に有り
得る。電子レンジ、食洗機はもちろん使用不可です。

 DSC_0606
特に上左のように何ピースにも割れた物を寄せて継いだ物は恐くてなかなか使え
ません。姉の丁寧な仕事が判りますし。時々出して、大事に眺めています。

0319b883 この皿の表側です (左の写真) 。
 働き始めた頃に、住んでいた吉祥寺の
 古道具屋で一枚だけ買ったもの。
5baaf635
余談ですが、2年前に京都の骨董店で同じ図柄・同じサイズのお皿発見(右の写真)。
さすが京都の方は染付の色が良く、絵付けも緻密で上手。格段に良い物でしたね。
買いませんでしたけど (塗りの皿を買ったので、快く撮影OKして下さいました) 。

  DSC_0605

漆はひと塗りしては乾かし、又ひと塗りしては乾かしを繰り返すので、出来上がる
まで時間がかかります。そして、出来上がっても喜んですぐに使ってはいけない。
乾く程に強度が増すので、三ヶ月や半年はそのままにして待つのが良いそうよ。

2年前のリフォーム時に仮住まいに移って (六本木だったの・嬉) 、再び戻るという
2回の引っ越しを経験しましたが、その時に割ってしまったものがいくつかある事、
そしてコロナが長引いておウチ時間がまだ続きそうな事もあり、自分でも始める気
になりました。私は「なんちゃって金継ぎ」ですが、一応本漆・本金でやります。
困った時は姉に教えてもらえるので大丈夫だと思います。

    * * * * * * * * * * * * * 

さて、2月になりました。明日は「立春」です。

毎日が溶けて流れてしまうように1月が終わった。今日は感染者数が随分と減って
東京で判明したのは393人。月曜は少なく出るのが通例だとしても、この減り方は
なぜ? 明日はまた増えるのか? 一喜一憂せず、外出を控えて暮らすことにします。


michikovocal at 18:12|Permalinkclip!

2021年01月24日

ナンチャッテの一作目

 
前々から気になっていた金継というのをやってみました。欠けたり割れたり
した器がいくつかあって、でも捨てられず、ならば継ぐしかない。

本漆・本金を使う初心者向けのセット (6,600円) と、フグのマークの(なんで
河豚なの??)元祖「新うるし」(550円) を東急ハンズで購入しました。

 DSC_0594

これは「新うるし(言うならば漆のまがいもの) 」で継いだ第一作目です。

食器は安全第一。本漆・本金で継げば安心して使えますが本式は手間も時間も
かかる。いくつも工程をこなさなくてはいけないし、漆は乾くのに時間がかか
ります。漆は湿り気と結合して乾くんです、面白いね。もちろん漆の方が扱い
が難しい。それでまずは手始めに扱い易い「新うるし」で練習です。

新うるしは本漆に似せて化学的に作られた物なので、飾り皿などには良くても
口や食べ物が触れる食器に使うのは気になります。具合悪くなったという話は
聞きませんと説明されてもね。これは急須の持ち手部分なので舐める訳でなし、
まあ良いかなと思いました。なんとかサマになったので次は本漆でチャレンジ
します。

それにしてもです、洗っている時にツルリと滑って食器の上に食器を落とした
ような場合、勝つのは必ず安物の方なのはなんでだろ(笑)


michikovocal at 23:11|Permalinkclip!

2021年01月11日

真夜中に

  
寒いですね。北では大雪。ニュースを聴いても無意識にソフトフォーカス
フィルターをかけているのか、新年になってから更に自分の反応が鈍くな
っている気がします。気持ちが外へ向かない分、家の事に脈絡もなく変に
熱が入る。

DSC_0578

朝ご飯に温かいものを食べたい。このところ寒いからなお更です。今朝は
クリームシチューだった。その前の日はおでんだった。明日は酢キャベツ
とソーセージの煮込み。これを日付が変わる頃になって作り始めるのは、
夜ご飯を食べた後に猛烈に眠くなって(もしや血糖値スパイクというヤツ
だったらまずいが)3時間くらい寝てしまい、その後に目が冴えてしまう
からです。台所も寝室もひと続きの我が家で真夜中にごそごそ料理を作る
のは同居人にはさぞや迷惑なことでしょう。でも、大丈夫。布団に入って
2分で寝入ってしまう人だから。

        * * * * * * * * * 

また緊急事態宣言が、それも中途半端な宣言が出てしまった。発表した方
からは差したるメッセージも無く、締めくくりの言葉が「私からの挨拶と
します」だったから、あれは挨拶というくらいの軽い意識だったんだなと
がっかりした。こんな時にはどんな言葉を使うかはとても大事だと思うの
だけれど、なんと空疎だろう。正しく伝わるよう充分に準備して、自分の
言葉で誠実に話すべきなのに。大晦日の衝撃的な感染者数、そして年が明
けてからも過去最高という言葉を毎日聞いている。一ヶ月で状況が好転す
る可能性が1%でもあると考えているのだろうか。

        * * * * * * * * * 


さて、そろそろ3時! 私も本格的に寝ましょうっと。


michikovocal at 02:48|Permalinkclip!

2021年01月03日

 2021年 明けましておめでとうございます

 
 今年もどうぞ宜しくお願いいたします。歌う記事をアップできるかしら。

 よいお天気が続いてますね。箱根駅伝のゴールを見るとお正月も一段落。
 最後の2区間で、伴侶とワイン一本空けてしまいました。

  DSC_0559-2

  DSC_0558

 お正月飾りに鍾馗様を迎えるのは初めてです。しっかり睨んで頂きます。
 安心して暮らせる日々が一日も早く戻って来るように願うばかりです。


michikovocal at 14:00|Permalinkclip!