過去の日記(2012年1-3月)

2012年03月25日

最近一番の恐怖

ああ、嗚呼。。。。

このところ自宅のパソコンが突然勝手にシャットダウンしてしまうことがあり
段々それが頻繁になっておりまして。。。 立ち上げる度に怖い。

新しいパソコンを買いにいかねばなりません。セットアップが完了するまで
ちょっとブログお休みです。

昨日、24日(土)の吉祥寺ストリングスにはたくさんの方がお越し下さり
温かい気持ちいっぱい、アットホームなライヴでした。有り難うございました。

ライヴ報告はパソコンが復活してから改めていたします。

まずは御礼だけでもと、携帯からのUPです。




michikovocal at 21:17|Permalinkclip!

2012年03月23日

スカイツリーが雨に霞んでます

明日は吉祥寺ストリングスで嶋津健一さんとのデュオ・ライヴ。
明朝まで雨は残るようですけれど、夕方には上るらしい。

吉祥寺は成蹊大出の私には馴染みの街です。卒業してからも
4年程住んでいました。今も行く度にお洒落な街に変貌を続けて
いますね。 ライヴにいらっしゃる皆さま、少し早めにお出掛けに
なって、しばらく周辺を散策するのもよろしいかと存じますよ。

::::::::

成蹊大の同級の友達から、高知で桜が咲いたそうよとメールが
来ました。 花の春ももうすぐそこ。 桜と一緒に誕生日も巡って
きます。 また年をとるのだ!

68a8f397.jpg









先日の深川自転車散歩の時の写真です。
白梅は満開。濃いピンクの河津桜は六部咲、彼岸桜は三部咲くらい。
今年はどの子もゆっくり。




michikovocal at 11:44|Permalinkclip!

2012年03月20日

自転車でちょいとそこまで

深川江戸資料館へ戸田屋商店の「温故創新」展を見に行きました。
江戸手ぬぐいの染め・販売の老舗、創業140周年の記念イベントです。

家から深川へは散歩の距離ですが、暖かかったので自転車にしました。
自転車はひさしぶり。道を行ったり来たり周辺を余分に見て回れるから。
資料館周辺はお寺だらけです。彼岸のせいで通りはいつになく賑やか。
読経の声が線香の香りと共に流れて来て、臨時の花屋さんが道に出て
いたりもしました。 春のお彼岸はそぞろと心が軽い。

さて、手ぬぐいですが近頃はちょっとした流行りですね。可愛いものや
ユニークな柄のものが出ているし、専門の店もよく見かけます。今日は
「温故創新」展の最終日、祭日とあって会場はかなりの人出でした。

e647c098.jpg











手ぬぐいと共に浴衣も扱っていて、こちらも伝統的な柄から驚くような物
まで色々。 一番左は大胆な蛸柄、その隣は何とサーフィンをする骸骨
です。今どきのワル男子が喜びそうだワ。 茶色のは芭蕉の葉ですね。
男女どちらが着ても良さそうだけど、女子にはやっぱり少し柄の小さい
手前の葡萄柄が良さそう。古典的に見えて、実はあまり無い柄ですね。
地が紫色で洒落ている。 私、これ、好きだわ。

実は、戸田屋商店のご隠居は大のジャズ好きで時々聴きに来て下さい
ます。ワンセットだけで出て行かれたり、2nd セットからふらりとお見えに
なったり、ライヴのハシゴもお手の物という方なんです。

654bde7d.jpg 色とりどり、柄様々な展示の前で
 着物姿のご隠居と一緒に撮って
 もらいました。ご隠居は、NHKの
 「美の壷」で手ぬぐいの粋を紹介
 する回に出演された時に、「長く
 使って柔らかくなった、色のされた
 手ぬぐいというのも、これ又よい
 物です」と話されていましたね。
       ・・・・・・・

 他にも、手ぬぐいの生地で作った
 縫ぐるみや、使い方のいろいろ、
 作業工程の展示、染めを体験する
 コーナーもあり、私も染めの糊置き
 作業をやらせてもらいました。

落語の時間まであって盛りだくさん。亡くなった立川談志師匠のために
染めた手ぬぐいもありました。落語に手ぬぐい、切っても切れないです
もんね。

資料館自体はもう何度も見に来てますが、今日もとりあえずひと巡り。
昔の長屋や商店や船宿など、家財道具や商品の野菜まで並べた再現
展示が丁寧です。瓦屋根の上では三毛猫がウトウトしていて、時々
にゃーと鳴いたりします。堀割りの前には天麩羅屋の屋台があったり
して、以前見に来た時にはここで新内流しのお兄さんが二人、三味線を
粋に弾いて唄ってました。珍しい企画が時々あります。場所がらですね。

:::::::

春先の良い天気、お寺の梅は満開、彼岸桜もかなり咲いていました。
菓子屋でぼた餅とカステラ、向いのおでん種屋でつみれとはんぺんを
買って帰りました。




michikovocal at 20:23|Permalinkclip!

2012年03月19日

分かっちゃいたけれど

スキーから戻って。。。 あら大変!

顔の下半分がかなり陽に焼けてます。スキー場ではそれ程とは
思ってなかったのに、自宅の鏡で見たら明らかに黒ずんでます。
レッスンで滑った2日間、すごく良い天気でしたからね

スキーをしている人ばかりの間にいる時って気にならないのよね。
なにせ、ビール瓶のような色に焼けてる人もいるから、私などは
色白の部類です。

土曜はライヴなのに。。 迂闊であった。。 でも、日焼け止めを
いくら塗っても、私の日焼けが防げた例しはないから、まあ仕方が
ない。美白よりはスキーを選ぶ。

それにしても、今日歌のレッスンに行って、スタジオの鏡に映った
自分の顔を見て少しばかり焦りました(笑) まあ、せいぜいパナ
ソニックのナノケア・スチーマーで、土曜日まで頑張ってお手入れ
することにしま〜す。




michikovocal at 22:48|Permalinkclip!

2012年03月16日

憧れの。。。 スキー転戦!

北安曇郡の小谷(おたり)でスキーのクリニックを受けています。
レッスンなんて10年ぶりくらいかしらね。午前に2時間、午後に
2時間。 今はロッジに戻ってランチタイム中です。
(とりあえずここまでは携帯でUP)

8347679c.jpg













今日の先生は何と、全日本技術選手権9連覇(9連覇ですよ!)の
松沢聖佳さん。チャンピオンとは思えない可愛いお嬢さん(若奥様)
です。 昨日の先生は、聖佳さんの旦那様の寿さんでした。 彼も
何と!今季技術選第六位のナショナルデモンストレーターです。
お二人共、良い方で良い先生で、滑るのが楽しかった。

::::::::

晴天に恵まれ、雪も沢山で、贅沢な2日間でした。 私の滑り方は
何十年も前のオーストリア式とフランス式が適当にミックスされた
もの。今の技術はほとんどが「逆」で難しかったです。 しかしながら、
しっかり長時間滑ったにも拘わらず、いつもより疲れなかったし、
膝に痛みが来なかった。この滑り方なら無理がなくて、あと15年は
滑りつづけられそう(な気がする・笑)。 三浦雄一郎のお父さんは
90才を過ぎても滑ってましたからね。

一緒に滑った二本柳守さん・上野哲郎さん・大徳俊幸さん(みんな
スキーがとても上手)のトリオで、夜はライヴがありました。私も
参加させていただきました。盛上がって、踊り出した方多数、そして
よく飲みましたねえ。 お客様のお一人は二日酔で、今日の午前の
レッスンを辞退してました(笑) 

::::::::

さて小谷でのレッスン終了後、伴侶と私は野沢へ転戦。(選手じゃ
ないけど)スキー場からスキー場へジプシーするのは学生の頃の夢
でした。野沢へはひと山越えて車で2時間半の距離。 夕飯に間に
合う時間に到着。、この夜はエリッチョのソロピアノ・ライヴがあり、
ロッジの奥様の誕生日でもあり、しっとりした夜になりました。 ここ
でも一曲歌わせていただきました。

今日(土曜)は朝から雨でしたので 野沢でのスキーは諦めて、町の
温泉に浸かって、蕎麦を食べて、東京に戻りました。スキーとジャズと
温泉の3days。 今シーズンのスキーはこれにて終了です。

さて、明日の日曜は朝からPP&Mバンドの練習があります。







michikovocal at 12:47|Permalinkclip!

2012年03月13日

明日はホワイト・デイ。。 か!

620f48bc.jpg










買い物を頼まれて日本橋三越まで出ました。

地下鉄の通路から直接入った所にある菓子売場が、今まで
見たことないくらいたくさんの男性でワイワイと大混雑していて
びっくり。 ちょうど昼休みの時間。 お返しのお菓子をランチ・
タイムを利用して買いに来たのね。

連れ立って来た仲間と「俺、こっちにするわ」とか、かぶらない
ように相談し合っている若いグループもいて、皆んなで来れば
怖くないってところかしら。 かなり微笑ましい光景でした。

色とりどりのマカロン、パッケージの可愛らしいチョコレート、
和菓子をアレンジしたもの、小さなフルーツケーキ。菫の花を
チョコレートコーティングしたもの。。。  いいわねぇ、と私も
とりあえず売場をひと回り。

ヴァレンタイン・デイやらホワイト・デイやら、あまり関心のない
私ですが、経済活動の一つとして、季節の新しい行事として、
宜しいことであります。菓子売場や花屋さんを男性が楽しげに
賑わす日が年に一度でもあるなら、それも目出度いし。。。




michikovocal at 19:15|Permalinkclip!

2012年03月10日

今日の冷たい雨

12fdaa7f.jpg お日様が出ないと寒い。
 でも、気温は少しづつ
 春に向っている、と思う。
 今日も雨が残って空は灰色。
 明日は晴れるかしらね。

 とうにお雛様は仕舞ったのに
 ここ二日くらいで、ようやく
 桃の花が開き始めました。
 我が家は寒いとみえる。
 昼間、暖房を切っているせい
 でしょうか。

 震災から一年。思い出しはする。
 けれど、関心が薄れつつある
 自分がいます。




michikovocal at 17:34|Permalinkclip!

2012年03月08日

着物地のドレス

90bf65e8.jpg
 着物をほどいた布を使ったドレスを
 デザインしている友人の展示会です。
 昨日7日が初日、お客様モデルによる
 ショーがあったので銀座まで見に行って
 きました。

  ::::::::::

 着物のリフォーム服、最近ちょくちょく
 見ますが、直線裁ちで簡易服的な物が
 多いですよね。彼女のはちょっと違うな。
 よく見ると、「成る程、着物だったのね」
 と思う、そんな服。

 今回のテーマはヘップバーン。映画で
 お馴染みの服のイメージを再現して、
 私達の年代の着る服として提案して
 います。「いつまでもお洒落心を失くさ
 ないでね」というのが彼女のメッセージ。


気に入った服がありました。シンプルなサーキュラー・ワンピース。
今月24日の吉祥寺ストリングスのライヴで着ることにしました。

夏の海辺で着るようなデザインです。コットンだと子供っぽくなって
しまいそうですが、着物の絹地の重さが作るフレアが綺麗です。
黒とも見える深い緑の地に、白、ピンク、灰色、それに赤が少々、
山と雲が大き目に描かれています。まったくもって着物の柄ですが
どことなくエミリオ・プッチのようでもある、かな。 

:::::::::::::::

展示会は11日(日)まで。 「三村はじめ 3d-238(スリー・ディメン
ショナル)」 10日(土)の3時から、もう一度ショーがあるそうですよ。
会場はギャラリー悠玄。(銀座6−3−17 電話:03-3572-2526)




michikovocal at 16:23|Permalinkclip!

2012年03月06日

3月ライヴを追加しました

3月30日(金) 西荻窪・奇聞屋(きぶんや) 19:30〜

演奏は前田正一さん(b)のグループ。初めてお誘いを受けました。
山口和与さんはベースではなく、別の楽器を演奏なさるらしい。
はて? どんなライヴになるのでしょう。 私にもわからない。
行ってのお楽しみ!です。

詳細は3月スケジュールをご覧ください。





michikovocal at 22:11|Permalinkclip!

2012年03月05日

桃の節句のお茶会

大学時代の友人が家に招いてくれる恒例のお茶会。

床の間に内裏雛が飾られ、お花はもちろん桃に菜の花。軸には
「和敬静寂」と書かれていましたが、同級生4人の女子会なので
かしましいという程ではないものの、静寂とは参りません(笑)

c8647949.jpg
 いつも素敵なお道具を
 選んで待っていてくれます。

 立ち雛や貝合せの柄の
 お茶碗が出て、いかにも
 桃の節句は女の子のため
 のもの。可愛らしく華やぎ
 ます。


お義母様が能の稽古をしていらしたせいでしょう、去年の桜の会では
「湯谷(ゆや)」の茶碗を出して下さいましたが、今回は桃の実の描か
れた「西王母(せいおうぼ)」の茶碗も登場。 とても愛らしい。


63f5525c.jpg

 棗は、胴が筒型で、
 置蓋のものでした。

 春の野を写して
 蒲公英や土筆、
 蕨の金蒔絵です。





 裏側には赤い花も
 描かれていました。
 何という花でしょう?

 この花の赤い色と
 蓋に飛んでいる
 螺鈿の蝶の青が
 効いています。

 優しいお棗ですねえ。


お道具を選んだり、炉や炭の準備も大変なことだと思います。
招かれる方は毎回楽しいとこだけ頂いて申し訳ないようですが、
ご亭主をしてくれる友人は「準備も楽しみ」と言ってくれます。

炉からは懐かしい炭の匂いが流れて来て、お釜からは湯の湧く
音(松風と呼ぶそうです)が聞こえて、心落ち着く楽しい一日でした。




michikovocal at 22:59|Permalinkclip!

2012年03月03日

2日(金) 新宿J でライヴでした

c81be060.jpg









雛祭り前日のライヴ。 雨降りで心配でしたが夕方には小降りに。
早大のダンモ(モダンジャズ)研OBバンドのライヴに久し振りに
ゲスト・ヴォーカルで呼んでいただいて歌いました。

このバンドではいつも常連さんがお越し下さいます。私のお客様も
来て下さって落着いた楽しいライヴでした。前回呼んで頂いたのは
一年以上前かしら。ちょっと聴いただけでも、上手になってるなぁと
今回も思ったことでした。

早稲田大学モダンジャズ研究会は創立50周年。昨年の10月に
記念コンサートが開かれ、日野皓正さんや鈴木良雄さんを始めと
して、そうそうたるプロミュージシャンが出演、もちろん中洲産業
大学教授の森田一義(タモリさんですよ)も出演して大盛況だった
そうです。小谷教夫さん、寺下誠さん、上羽康志さんも早大モダン
ジャズ研出身だったんですねぇ、知らなかった。 そして、今回の
ライヴのリーダー佐々木さん、J店長の幸田さんを含むメンバーも
I Dig Silver というグループで出演していました。

:::::::

さて、私が歌わせていただく時は佐々木良廣(b)・宮前幸弘(p)・
吉田武弘(d)のトリオ。皆さん、ヒロが付くので「ヒロちゃんズ」と
呼ばせていただく事にしました。そこへ関根修一郎(ts)、清徳
宣雄(tp)、バードマン幸田(as)の諸氏が加わり、「一度に5つ
以上の名前は覚えられない」などと、もの覚えが最近怪しい私を
イジってくれるので、リラックスして楽しく歌えましたワ。 演奏の
ニュアンスで 「イェー!」と思った場面が歌っている最中に何度か
あって嬉しかったです。 またゲストで呼んでくださいませ。

::::::::

写真はささやかな私のお雛様。レコードプレイヤーの上に飾りました。
その横にあるのは大きなオープンリールのテープデッキです。こんな
のがまだ家にあるなんて珍しいでしょう?




michikovocal at 23:21|Permalinkclip!

2012年03月01日

待っていましたよ

74ae67ef.jpg
 3月が来るのを。

 何かの区切りが
 繰り上がる時を
 いつも
 待っている気がする。


夏が来るのを、花が開くのを、月が満ちるのを、歌うライヴの夜を、
カレンダーをめくる時を、人と会う日の朝が来るのを、雪が降るのを、
雪が融けるのを。

気持ちが訳もなく沈む時や、待ち望む事が待ちきれずにじれる時も
うわべでは 「なんちゃあない」って顔をして待つ。 気分のすぐれない
日はあっても、機嫌の悪い日なんてない、というふうに。

人生は全部、待つことで出来ている。 待っても、遂にやってこない
ものがあるのも知っているけれど。

なにはともあれ、
私に、今年の3月はやってきた。




michikovocal at 18:01|Permalinkclip!

2012年02月28日

3月になれば。。。

f8940849.jpg 閏年だから、もう一日あるけれど、
 おお。。。 3月がやって来るぞ。

 今年は 何年か振りに小さな
 お雛様を飾ろうと思います。

 とりあえず、自作の吊るし飾りを
 出してみました。

 母が残した着物地のボロ布で
 数年前にちくちく作りました。
 写ってないけれど、もっと下まで
 1m以上、長いのよ。

(揺れてるのを撮ったのでピンボケ〜)


吊るし飾り、或は 吊るし雛。 お雛様と一緒に飾ります。
たくさん下げた赤い飾りが、雛飾りを一層華やかにしてくれます。
いかにも女の子の節句物。可愛らしいでしょ(自画自賛)

最近はデパートでも売ってたりします。 九州の柳川あたりが
発祥でしょうか。伊豆では熱川で盛んに作られて、このところは
全国あちこちに広まりつつあるようです。




michikovocal at 14:52|Permalinkclip!

2012年02月27日

やりすぎた!

3d1d725d.jpg









土曜日、能を3時間半観た後で 目黒駅近辺をうろうろ歩いていて、
気になる映画が上映中なのに出くわした。 よい具合に上映時間が
すぐだったので、そのまま二本立を見るという暴挙に出てしまった。

「プール」と「東京オアシス」。
ヒットした「かもめ食堂」同様に女性監督による映画で、小林聡美、
もたいまさこが出演している点や、特に筋という筋のない、淡々と
した日常を追うところが共通している。

淡々と進んでゆくところは能も似ているかな。(まあ、能の方は淡々
と見えて、内実は非常に激情的・ドラマチックなんだが。。) 兎も角も、
筋を忙しく追うものではないので、観ている人の側に自分の越し方を
重ね合わせて考える時間が交錯します(あくまで私の場合ですけど)。
見終わってほっと暖かい気持ちになったり、安心したり、ちょっと諦めの
気持を感じたり。 生きるってこういう事かも、とか、人も自分と同じに
色々を抱えて生きているんだ、とか思いつつ映画館を出てくるような、
そういう類の映画です。

前の日の深夜にBSで東北のある村で小正月に紙風船を上げると
いう番組を見たのだけれど、「プール」ではタイの村で全く同じ習慣
があるのを見て、二つを見たタイミングの偶然が少し不思議でした。
紙風船とは、紙を貼り合せた風船(人間が入るくらいの大きさ)を
燃料の熱で膨らませて夜の空に放つ、熱気球のようなものです。
東北の村では「雪蛍」と呼んでいるそうです。

写真は映画館で売っていた「限定・焼きたてシナモン・ロール」。
「かもめ食堂」を見た方なら、シナモンの良い香りが画面から漂って
来たように感じて食べたくなったのを思い出すんじゃないかしら。
館内の座席の所まで、トレーに載せて売りに来た若いおねえさんが
良い感じの方で、ついつい2個購入した。

:::::::

翌・日曜日は。。。ちょっと気分が疲れた。 やりすぎはよくないな。
映画を見てほっとしたつもりだったのに、自分に投影し過ぎて頭が
疲れてしまったみたいです。 最近、行動するよりも、無為に考えて
ばかりいる方へ偏りがち。

珈琲を淹れて食べたシナモンロールは、疲れた頭に美味しかったよ。




michikovocal at 23:05|Permalinkclip!

2012年02月21日

今日は暖かかったですね

172eea2d.jpg











陽射しは春なのに、気温は冬の中でいっとう低い。 2月の事を
「光の春」と呼ぶそうです。 去年も同じことを書いたな(笑)
3月並の気温だったそうですが、自転車で走っていたら首まわりが
冷たくなってしまい、甘味屋さんに入って暖まることにしました。

錦糸町から両国に向う途中で見つけた「北斎茶房」。和菓子屋か
お茶を扱う店だったような古い木造の建物を改装したお店です。
間口いっぱいにガラスの引き戸が入っていて、中の様子が良く
見える。 一度入ってみたいなと前々から思っていました。

シンプルでエコな雰囲気。お抹茶も出しているから、カウンターの
中では茶釜がしゅんしゅん湯気を立てていて、珈琲もそこから
柄杓で湯を汲んで一杯づつ淹れていました。

「大納言あずきの餡蜜」を注文。寒天と餡と大きな求肥、バナナが
少し、黒蜜がけのシンプル餡蜜。そういえば錦糸町の駅の近くに
求肥を専門に作っているお店がありますよ。 珍しかないですか?
求肥屋さんて。

(餡蜜の左にあるのは友達からもらったペルーの手袋。アルパカの
毛糸製でとても暖ったかい、お気に入り。)

:::::::::

先日、嬉しいことがありました。 ヴォーカル・レッスンを受けている
友人が次の発表会で歌う曲を私のCDの収録曲の中から選んで
下さったそうで、車での移動中に私のCDを毎日聴いているとの事。
練習用のカラオケを同じような感じに作ってもらったんですって。

ああ、思い出しますねえ。CDを作ると決めて歌う曲を選んだ時から、
どんなアレンジ゛にするかどんな風に歌うか、5ヶ月くらいの間ライヴを
する度に歌って、いつもずっと考えていました。 だから、気に入って
聴いてもらえるのは凄く嬉しいし、歌のレッスンを受けている方が参考
にして下さるなんて、更に嬉しいことです。

初レコーディングで一発同録なんて無謀、と言われたのを押し切った
ものだから、「ホントにいいんだね!」と念を押されて 録音の手配が
始まってしまった後は、毎日心臓が痛かったことも思い出します。

レコーディングかぁ、楽しかったな。 またしたいな。



michikovocal at 18:50|Permalinkclip!