過去の日記(2013年1-3月)

2013年03月27日

明日はライヴ!

明日、28日(木)は 赤坂のリラキシンでライヴです。

小谷教夫さんのオシャレなピアノで歌いますので、どうぞ、聴きに
来て下さいね。7時30分からです。 又、寒くなるそうですけれど。

::::::::::

最近、普段も足袋を愛用しています。力仕事の人が地下足袋を愛用
するのがよく解る。靴下よりも格段にグリップがよいのですよ。

e10751f0.jpg

年のせいかな? ソックスの足首のゴムがキツイのが厭で、ちょっと
ゴムがゆるめのを買って履いていたんですが、冬用でふわふわと
厚めだったこともあるのか、足元に踏ん張りがきいていないような
違和感がありました。古い足袋がたくさんあるので ふと思いついて
試してみたら良い感じ。

ぴったりし過ぎて足が冷えるかと思いきや、これが案外あたたかい。
温かいというよりは、踏ん張ることが仕事になって足が自家発電を
するみたい。底が厚い布で出来ているのでスリッパいらず。ウチの
床は絨毯敷きですが、滑りもよくて滑り過ぎず動き易いです。

外出時も少し大き目の靴でOKの場合なら、足袋で靴を履いて行く。
パンプスでは無理だけれど、ウォーキングシューズなら案外大丈夫
です。 しっかりと歩ける。地下足袋で歩いている気分(笑) 靴をぬぐ
ことが予想される場合は靴下持参で。 でないと必ず 「えっ?」って
言われてしまいます。

老眼鏡に始まり、色々な物の力を借りないと年齢に打ち勝って行け
ないと、この頃 感じる事、多し。 やれやれ。。。






michikovocal at 14:02|Permalinkclip!

2013年03月25日

桜、桜、早過ぎだよ!

0cff46f0.jpg
 九州で開花宣言が出てから
 東京で満開になるまで一気
 だったですね。 びっくり。

 20日彼岸の墓参りに伊豆の
 伊東へ帰った時の写真です。
 池の前の八重桜はほぼ満開、
 本堂前のソメイヨシノは 九分
 咲きくらいでした。

 お墓参り、好きです。

 町の反対側の山にあるお寺の
 親戚の墓参りもしてきました。


まだ咲いていない桜の木も随分あって、種類と場所によるのかなぁと
思いつつ東京へ戻って来たので、東京の満開はもう少し先と予測して
いたんですけれどね。

それにしても、子供の時の記憶で「あそこのあの見事な桜」と思って
いた木々の花が寂しくなっていました。幼稚園横の川沿いの道路の
桜並木、伊東駅の裏の公園の桜、伊豆多賀の駅のホームの桜。。。
どれも、桜吹雪の頃は見上げていると口の中に散り入る程に見事だ
ったのに、本数も減り、花の勢いも衰えてしまっていた。  桜の木に
寿命があると聞いてはいたけれど。。。

この週末は白馬小谷(おたり)にスキー講習会/夜はジャズライヴと
いうイベントに行っていたので、東京の満開を見逃しました。 今日は
花に無情の雨になっちゃいましたし、残念だ。もうこれで散ってしまう
かしら。

:::::::::

今週の木曜、28日は赤坂のリラキシンでライヴです。小谷教夫さんの
ピアノで歌います。




michikovocal at 10:18|Permalinkclip!

2013年03月20日

年をとることを恐れていはいけないな

国立能楽堂へ行ってきました。17日、第一回 下掛宝生流・能の会。

ワキ方によるこういう公演は今までなかったらしい、なにせ「第一回」
ですから。 普段の能では見られないことがいろいろあって、興味が
尽きませんでした。

普段の能の会では地謡は勿論、仕舞や素謡もシテ方がして、その
時は紋付・袴ですからシテ方の紋付・袴姿は見慣れています。でも
ワキ方が登場するのは役として出る時だけですから、当然ながら
いつも装束をつけています。 今回は素謡も地謡も後見もワキ方が
したので、あの方やこの方の紋付・袴姿を初めて見たんですよね。
たったそれだけでもう、もの凄〜く 新鮮(笑) これは勿論、いつも
舞台で見ているあの方やこの方のお顔もお名前も判っているから
感じる新鮮さであった訳ですけれど、なによりもワキ方の皆さんの
「今日は俺たちの会だぜぃ」という勢いが全身から発せられていま
した。

ワキ方による会に相応しく、ワキの登場人物が多い演目「檀風」は
筋運びと動きが能にしては現代的で目新しく面白く、これも出演者の
気概に満ち、子方はいかにも子供らしく微笑ましかった。 森 常好氏、
う〜む、良いお声!

そして香川靖嗣氏、友枝昭世氏の仕舞も(何故かこれだけは地謡も
全員喜多流)、いつもながらに端正で見とれましたけれど、この日
私が感動したのは何と言っても宝生閑さん、野村萬さん。 「さん」と
お呼びした方がしっくりするお二人なんですよ。 閑さんは78歳、
萬さんは年齢がはっきり分らなかったんですけど、弟の万作氏が
81歳ですからね、いったいおいくつなのでしょうねえ。

素謡でシテをされた閑さんの座る姿の極まって美しかったこと、(少し
ダミ声だけど)謡う声の良かったこと、扇を持つ白い手のセクシーだ
ったこと(お顔は更に白かった)。 そして萬さんは出て来るなり全身が
円満で、見ているだけでこちらの心が柔らかになります。 声に優しい
笑みが混ざっていて動きは滑らかに軽やかで(年を考えると)超人的。

お二人とも静かな佇まいの上に鮮やかに立ち上がる物が感じられ、
豊かに感情が押し寄せてくるのに、ふと こちらが引いて見れば、寂と
しているばかり。 ああ、年をとる事を恐れてはいけないんだなぁ と、
心から思ったことでした。

今回は超オタク的な話で御免下さいませ。

このところ若手の方(と言っても40代以上ですが)の舞台を見る事が
多かったのですが、この日は第一回という事もあって力の入った会で
あったのでしょう、流石の領域芸を贅沢に揃えて見せて頂けました。

年とることを恐れない年のとり方なんて無いにしても、年をとるという
ことを見つめつつ 忘れつつ、潔ぎよく励むという年のとり方があるの
だなぁ。 素晴らしい。




michikovocal at 00:35|Permalinkclip!

2013年03月19日

歌舞伎座オープン、もうすぐ

地下鉄東銀座駅を降りたら様子が以前と違った。この頃そういう事が
よくあります。 調布駅のホームが地下になって、あれ?って思ったし、
まだ行っていないけれど東急東横線の渋谷駅も地下4階?に一晩の
内に引っ越したんですってね。 次に行ったらきっと迷子だわ。

8aad53b5.jpg  さて東銀座駅ですが、改札を
  出て地上への出口へ向かった
  つもりが、歌舞伎座のビルの
  真下へスルリと導かれてしまい
  ました。目の先に大提灯出現!
  巧みな導線でありました。

  ホールには可愛らしい赤提灯も
  下がって、既に歌舞伎グッズの
  売店や喫茶店も開店。 時間が
  あったので覗くだけのつもりが、
  楽しい品揃えについつい買って
  しまった。開場前の商魂お見事!

cbfe389e.jpg  買いました物は、春らしい演目の
  絵葉書4枚(@100円)。 これは
  娘道成寺。桜が舞い散っています。
  それと 友達へのお土産に 隈取の
  焼印が押された桜餡パンを4つ。
  我ながらささやかな買物やな(笑)

  建物の地上の姿は以前と寸分
  変わらず再現されて、とても結構
  なことです。客席の列の幅と椅子
  の幅は多少は広く変更されたか
  しらねぇ。以前は身体の大きな人
  には少々辛いサイズでしたから。

 a67122ac.jpg
そうそう、売店には 最近若い人にも人気の木綿手拭も並んでいました。

ジャズがお好きであちこちのライヴを聴いて廻っていらっしゃる「ご隠居」
の店の「梨園染」の手拭も並んでいました。モダンな模様がいろいろ出て
いる最近の傾向の中で、梨園染は流石に役者さんお好みの伝統柄だわ。
粋でございます!




michikovocal at 12:53|Permalinkclip!

2013年03月15日

White Day

eaa26933.jpg 会社に勤めていた時は義理にしろ、季節行事にしろ、
 ヴァレンタインにチョコレートを幾つかは買いました。

 今年は、えーと。。。 3つだけしか贈りませんでした。
 そのうちのお一人から頂戴しました。 ホワイトデイの
 チョコレート! デパートのお菓子売り場に行ったら
 男ばかりの大混雑に吃驚したそうです。義理堅いに
 しろ、何にしろ、ピンクの綺麗な包みをいただくのは
 嬉しい。男性達が慣れない売場でウロウロする図を
 想像するのも楽しい。

 ちなみに、我が家は誕生日もお互いお祝いしません。
 忘れてる事すらある(笑) ましてやヴァレンタインをや。


 ヴァレンタインには 伴侶も幾つかのパッケージを嬉しそうに持って帰って来ましたので
 「お返しはした?」と昨晩、心配になって訊いてみましたら 「ちゃんとしたよ〜」と これも
 嬉しそうな返事でした。何にしようか?と月始めから呟いてましたもの。 大変に宜しい。
 よく出来ました(ハナマル)





michikovocal at 16:11|Permalinkclip!

2013年03月13日

震災から2年

 
 57a5a579.jpg

3月11日の前後の数日は新聞もテレビも震災関連の記事・番組が特に
多かった。東京にこうして暮らしていると、忘れている訳ではないけれど、
自分のあまりに無事な状態が無力に感じられて、ここに何か書いてみよ
うとやってみたけれど、どれも「違うな」と思うばかりでUPできなかった。

震災以降に日本各地でたくさんのデータが検証されるようになって、今や
日本列島は明らかに新しい地殻活動時期に入ったのだ、と伝える番組も
随分やっていた。海底の地形変化が続いているとか、地震の頻発の事や、
マグマの活発化、新しい活断層の発見とか。

そんな恐ろしげな報告が続々とされている最中に、原子力発電を徐々に
減らして行くとしていた政策を反故にするような事を安倍さんが言い始め
た。意見聴取会や国民の意見公募が行われて「原発に依存しない社会の
実現を望んでいる国民が過半数を占める」と結論づけたあれはどうなって
しまったんだ。 重大な件として議論した結論もこういう風に簡単にひっくり
返ってしまうのか。 福島の原発事故の後、対応がどんなに脆弱だったか
という番組も放送されてその内容はとても恐ろしかったし、事故の処理に
何の道筋もついていないことを考えても、原発はやめるべきだと私は思う。

第二次大戦後に日本が主権回復した4月28日を記念して政府主催の
式典を開くことを決定したというニュースも、同じ時期に流れた。こういう
事はすぐに決まる。 これって、今、突然にやらなくてはならないことに
何故なったのだろう? 領土問題や何やらでキナ臭いこの時期に。
それともキナ臭い時だからこそ必要だという論理なのか。
 
なんだか、どうにも、優先順位がチグハグに思えます。








michikovocal at 23:01|Permalinkclip!

2013年03月09日

夜の美術館 再び

f52ba799.jpg エル・グレコ展に行って来ました。
(上野・東京都美術館 4月7日まで)

 金曜の「夜8時まで開館」システムは
 大人にとって ホントに素敵。 今回も
 混雑はなく、ゆっくりと落着いて見て
 廻れました。

 外は見えないのだから昼でも夜でも
 展示室の状態は同じだと思う。でも、
 夜の気配は天井から床へとゆっくり
 流れくだり、絵の人物の背景までも
 ひたひたと満たしているふうです。

)出口近くに記念写真用のステージが作られてあったので、さっそく撮影。
今回の大目玉「無原罪のお宿り」の構図に合うように私もS字形にポーズを
決めて溶け込んでみました。

エル・グレコは「件のギリシャ人」というような通り名で、本名は長くて難しい
(覚えられてません・笑)。 日本には 大原美術館に「受胎告知」、国立西洋
美術館に「十字架のキリスト」のたった2作品しかなく、特に大原美術館に
収蔵されていることは奇跡と言われているそうです。一昨年、倉敷に行った
際に見ましたが、本館の展示で記憶に残っているただ一点、と言えるくらい
特異な美しさを感じました。1920年代にフランスに絵画の勉強に渡っていた
児島虎次郎がパトロンである大原孫三郎の収集の為に買い付けたもので、
虎次郎さんの審美眼は大したものだった訳です。 因みに大原美術館には
この虎次郎作品のための分館がありますが、彼の絵がまた大変に素晴ら
しい。

さてグレコに戻りますが、ギリシャからイタリア、スペインへと移り住む間に
画風が変わっていったことを示す展示が解り易く、グレコの人間味を伝える
説明も興味深かったです。どの作品も今日仕上ったばかりのように美しく、
教会の持ち物であったことが幸いしているのだろうと思いました。 もちろん
丁寧な修復作業の賜物でもあるに違いありません。

スペインに定住した頃からの作品はグレコ独特の縦に長く引き伸ばされた
構図と共に、セザンヌのような印象派を思わせる近代的なタッチがあって、
1600年代の始めにこんな絵が描かれたのは驚き。だって関ケ原の戦いと
同時代なんですもの。 マリア様の横顔なんて、まるで現代マンガの少女の
ようにデフォルメされた形に描かれています。

「無原罪のお宿り」は3mほどの作品で、最後にドーンと飾られていました。
しゃがんで見上げると マリアは煌めく音楽に包まれて天空に吸われて高く
昇って行きつつも、いつまでも見える場所に存り続ける存在でありました。
宗教画ばかりですが、人物画の作品展として見ても充分に楽しめました。

この展覧会に限らず、どうぞ 金曜の夜の美術館・博物館をお試しあれ。


追記:
受胎告知などに登場する 服を着た女性の天使の背中の翼は、服からどう
いうふうに出してあるのかしら? 服にそれ用の穴が空いているのかしらね。
(一緒に行った姉が 出口で呟いた疑問です。 どなたかご回答ください。)




michikovocal at 15:27|Permalinkclip!

2013年03月06日

寒さも もう少しの辛抱だよ

 09b27d9e.jpg

いいお天気! 確定申告の書類、昨晩がんばって
作り終えたので気分もすっきり。 ネットで作業して
郵送する派です。  さて、投函して来ます。

写真についてのご注意:
猫だけ見ていては片手落ち。写真はクリックすれば
拡大できるので、じっくり読むべし。




michikovocal at 12:28|Permalinkclip!

2013年03月03日

喉によいもの

 
208a16ca.jpg 定期的に出掛けている新宿で安い
 八百屋さんを2軒も発見。同じ通りに
 あるので、行きに値段を見比べて、
 帰りに気に入った方の八百屋で買う。

 先日は金柑が安かった。金柑喉飴
 ってのがあるのだから、きっと喉に
 良いんだよね。 ビタミンCも摂れそ
 うだし。 甘露煮にしてみました。

 大概のものは、ネットで検索すると
 誰かが丁寧に写真入りで作り方を
 書いてくれている。便利な時代です。
 種を取るのだけが少々面倒ですが
 後は超簡単。甘くて美味。見た目、
 Fauchonのミラベルの瓶詰もどき。

それにしてもこの2日ほど風が強かったですね。 乾燥していたので
ちょっと雨が降ってくれたのは有難かったものの、又の大風ですぐさま
元の木阿弥でした。 あ!今日はひな祭り。






michikovocal at 09:03|Permalinkclip!

2013年02月28日

25日(月)「J」でライヴでした

寒い夜だったにも拘らず 週始めから皆様お運び有難うございました。
今回も 加藤真一さん(b)と嶋津健一さん(p)の素晴らしく ビビッドな
演奏で歌えて幸せでした。

943725df.jpg

今回初めて聴いて下さった方が、加藤さん・嶋津さんの演奏がとても
素敵と言ってくれました。他の方からも、音の粒立ちが際立っている、
という感想をもらいました。 大好きなデュオですから、そう言っていた
だくと私はもの凄く嬉しい。

今回も写真を撮って下さったKOMさん、毎回来て下さるJOYさんには
その度の何もかも判ってしまうことでしょうね。初めてのお友達を誘って
来て下さったさんもジャズ・ヴーカルをよくご存じ。 40歳を過ぎてから
ジャズに出会った私は、皆さんの話を聞くと曲もたくさん知っていらして
ビックリすることが多いです。

d56f157f.jpg

マッキ−、サミー、ミヤしゃん、お誘い合わせてありがとう。 まりちゃん、
ハッシーさんもお忙しいのに来て下さってありがとう。 けい子さん今回も
お顔見られて嬉しかったです。 先生、遠くから(笑)有難うございました。
もうすぐアメリカに行ってしまわれるよう子さん、お元気でね。 ウーノさん
買って下さったCD、車で聴いて下さいね。しばらく振りでお目にかかった
サノさんも、ふらりと来て下さったJのお客様、声を掛けてくれた外人さん
カップル、そして伴侶も、ありがとう。

毎回のライヴに課題が満載な私は、歌うということの中でもう少し目標を
絞るべきと、今回とても感じました。

:::::::::

さて、3月のライヴは28日(木)に赤坂の「リラキシン」で小谷教夫さんの
軽やかなピアノで歌います。小谷さんのピアノにはミュージカルの一コマを
感じさせる味わいがあります。是非、お聴きになってください。





michikovocal at 23:47|Permalinkclip!

2013年02月27日

ウメ子のしっぽ。 半世紀!

 
dd1c1c2d.jpg 見つけました。(2/18の記事の続き)
 小田原城址公園の動物園の写真。

 私がスモック上着を着ていないし、
 他の写真を見ると洋一兄も写って
 いるから、幼稚園の遠足ではない
 らしい。母と写っているという事は、
 兄が撮ってくれたものでしょう。
 ウメ子ちゃんはお尻と尻尾のみ。
 人物優先(笑) ウィキに載って
 いた通り、柵は確かに木製です。

 ウチの家業はカメラ店。父の趣味
 が昂じて金物屋から転業しました。
 なので、スナップ写真がすご〜く
 たくさんあります。


大きく引き伸ばした写真も随分あるし、ネガもちゃんと保存されている。
半世紀以上前の写真も、記憶に残っていさえすれば かなりスンナリと
見つけ出すことができます。

 bce2f33f.jpg

こんな古いネガケースも残ってます。ひとコマづつに切ってパラフィン紙の
袋に一枚づつ収めてある。表面に薔薇の花を型押ししたケースもあって、
昭和20〜30年代でも写真はまだとても大事なものだったことが分ります。
ケースの中のネガには、父が撮った親戚の人達や近所の人達が写って
います。人を写したものでも背景に当時の暮らしが一緒に写っていて懐か
しい。

知っている人や自身が写っていて感情移入するせいでしょうが、良いな!
と思う写真がかなりある。父の愛情を感じる。モノクローム写真という事も
昭和の幸せな感じをかもし出しています。

今や、携帯電話のお陰でいつでも誰でもカメラを持ち歩いている時代。
だからどうこう、と云う事は言わずにおきましょう。 ブログを書くのには
大変便利であることは間違いない。


 :::::::::

「J」でのライヴレポートは、今回もKOMさんが写真を送って下さったので
次に書くことにいたします。

 :::::::::

6189c05d.jpg
 二宮金次郎の像が写った写真も
 出てきたのでついでにUPします。

 伊東市立東小学校で桜の時期に
 撮ったもの。物見が丘公園と隣り
 合って、ゆったり建っていた木造の
 小学校。今はもう建て替わってしま
 いました。海を見下ろせる、綺麗な
 温かみのある学校でした。

 最近の小学校にはないのかしらね、
 二宮金次郎さん。









michikovocal at 10:18|Permalinkclip!

2013年02月22日

25日(月)は 「J」 でライヴです

週明けの25日(月)、新宿 「J」 でライヴです。 どうぞ聴きに来て
下さいませ。

24bf17db.jpg

しばらく歌っていなかった歌、特に数回歌ったきりの曲の歌詞って
のは忘れるものですねえ。 どんどん忘れる。。。(汗)

それでもマッサラに忘れてしまう訳ではなくて、かなり大きなカケラで
脳の何処かの引出しにしまわれているらしく、まだ今のところ修復は
可能です。(そのうち、覚えたことも忘れてしまうようになるかも。)

忘れない為には、しっかり覚えている為には、In-Put するだけでは
駄目で、なんたって Out-Put の頻度が重要なんでございますね。

(なにを今さら川端柳 ♪ 〜)
分ってはいるんですよ。すご〜く良く理解はしているんですけれどね。

ま、「一度覚えて、そして忘れて、また覚えなおす」の繰り返しです。





michikovocal at 20:21|Permalinkclip!

2013年02月20日

屋上に緑あり

肌寒くとも陽射しが力を増しつつありますね。

このところ新宿へ出る機会が増えて用事と用事の間に時間が空くことが
しばしばある。時間をつぶすために最初はデパートの売り場をうろうろと
見て回ったりしましたが、それにも飽きて屋上に直行してみました。

 507ef275.jpg

屋上緑化が流行っているらしい。新宿伊勢丹の屋上も小規模ながら木や
花や芝生が植えられて、一息つくにはとてもよろしい。屋上に登れば空が
広い。あまり混んでないのも嬉しい。植え込みに区切られて、ちょっと陰に
なった隅の方に落ち着いて座っていられるベンチもあり、お天気の良い日
なら歌詞を覚えたり、習った事を確認したり、半端な時間を使うのに丁度
いいです。

::::::::::

さて、来週の月曜 25日は新宿 「J」 でライヴです。 嶋津健一さん(p)と
加藤真一さん(b)の演奏で歌います。 週の初めはお忙しいでしょうが
どうぞ聴きにいらしてください。




michikovocal at 10:06|Permalinkclip!

2013年02月18日

小田原・箱根 女子会

17日から一泊で小田原・箱根に行って来ました。大学時代の仲良し
四人の女子会です。 前日の強い風はすっかり収り、穏やかな日和
でした。ロマンスカーで小田原へ。箱根の前に梅見という計画です。

駅ビルにある富士屋ホテルの出店レストランでまずは早めの昼ご飯。
大きなフォアグラの乗ったハンバーグステーキ、美味!スープとライス
付き2100円也。食べ終わって店を出た12時時点ですでに外の椅子
には7、8人が空き待ちしていました。隣の海産和食の店にも行列が
できていました。こちらも良さそうでしたよ。

小田原は曽我の梅林が有名ですが駅からは少々遠いので、お城の
周辺を散策することにしました。伊東生まれの私は幼稚園の遠足で
小田原城に来たことがあります。小田原は身近な町ですが、お城の
天守下まで来たのは、その時以来かもしれない。

b64fdad8.jpg 天守は小さ目ですが、綺麗なお城
 です。お堀も、そこに架かる赤い橋も
 復元整備された白壁の塀や、立派な
 門も清々しい。

 お城の周りでは昔の遺構の発掘が
 今も進行中で、掘り出された立派な
 石垣の石が並べられていました。
 残っている石垣の石積みは、勿論
 とても美しい。

 城址公園の中には小さな遊園地と
 動物園もあります。幼稚園の遠足で
 来た時は象さんがいました。 今は
 もう象はいません。


陽射しはすっかり春。日曜で人はかなり出ていましたが、それでも
混雑というようなものではなくて、のんびり・ゆっくり見て回れました。
私達の年代にはお馴染みの二宮尊徳を祀った神社が城址公園の
中にあります。日本全国、どこの小学校にもあったんじゃないかな?
薪を背負って、歩きながら本を読む貧しくとも勤勉な少年の像。又の
名は二宮金次郎。彼は江戸時代後期の小田原の生まれで、成長の
後は小田原藩に登用され、財政立て直しや領地・農地の復興に尽く
した郷土の偉人です。  尊徳神社の境内の白梅は八分咲き。

bcee375a.jpg

早咲きの彼岸桜の小さな花はもうすっかり満開。

af9e75fa.jpg

9d8b9832.jpg
 尊徳神社の左側の狛犬さんは雄。
 微妙ながら、確かにお印が確認
 できました。

 狛犬があれば必ず私が確認する
 ことは、友達みんなに知れている
 ので 「路子さ〜ん、居るわよ〜」と
 先を歩く友が教えてくれる(笑)

 右側の狛犬はちょっと新しいように
 思えました。こちらにはお印らしき
 気配すらありません。 雌、或いは
 石工さんに根性がなかったものと
 判断いたします。


そうそう、境内の池には寄って来ると盛り上がる程にたくさんの鯉が
いました。頭を撫ぜても逃げません。 こういうくらいに馴れた鯉を
伴侶と私は「金ちゃん」と呼んでいます。 親戚の旅館の庭の池にいた
金ちゃんという名の鯉が人懐こく、手で触われたんです。松江に旅を
した時にも出雲蕎麦を出す店の池によく馴れた鯉がいて頭を撫ぜさ
せてくれました。 以来、鯉が寄ってくれば触われるかどうか試して
みるようになった次第。

さて、城址公園の隣の学校はお城の景観と統一感をもったデザイン
になっていました。周辺には蕎麦屋、洋食屋、鰻屋など美味しそうな
店多数。グルメ散策にも良さそうです。春はお堀端の桜が素晴らしい
そうです。歌舞伎「外郎売り」で有名な外郎屋も近くにあり、この店も
お城のような造りでした。「外郎売り」は先日亡くなられた団十郎さん
の十八番(おはこ)でしたね。

ちなみに「外郎」というのは仁丹のような丸薬で今も販売されています。
ひと箱141粒入りが1000円。「10〜30粒を日に三回服用」と書いて
あったので3日程でなくなってしまいます。かなり高価ですよね。本来は
薬屋だった訳ですが、今は菓子の外郎も、練り切りのような和菓子も
売っています。

市内のあちこちの店や、文化財として保存されている建物で雛人形を
展示する催しもされていましたので、おしゃべりしながらの散策時間は
あっと言う間に過ぎました。最後の方は速足で駅に戻り、箱根湯本へ、
そしてバスで仙石原の温泉へ。

宿では、部屋へお弁当を持って来てもらうサービスをお願いしてあった
ので気兼ねなくゆっくり過ごしました。お部屋もステキ、お風呂も最高で
したしね、友人が手配してくれたお蔭で贅沢な思いができました。

7d4064c7.jpg

籠に入った素敵なお弁当。手の込んだ料理が丁度良い分量で、お結び
と赤だしも美味しくて嬉しかった。

一夜明けて、今日は朝から雨でしたが、雨の露天風呂も風情がありまし
た。ゆっくり朝ご飯をいただいてから、帰りは強羅から登山電車で下って、
夕方の早い時間には家に戻って来れました。 楽しかった!

::::::::::

さて、幼稚園の遠足で私が会った象さんはウメ子という名だったそうです。
小田原にやって来たのは私が生まれた年で、その時3歳(推定)だった
とのこと。ずっと動物園の主役として愛されて、亡くなったのは2009年。
いろんなエピソードや事故があったことが ウィキに書かれていました

ウメ子ちゃん、波瀾万丈だったんだね。 私達、同じ年月をほとんど同じ
年齢として生きて来たんだね。もし数年前に来ていたら会えたんだねえ。
母が撮ってくれた、ウメ子の柵の前に立っている私の写真、どこかに
あるはず。 探してみようと思います。




 
 



michikovocal at 21:25|Permalinkclip!

2013年02月14日

St. Valentine's Day

e881a31a.jpg

心からの愛と尊敬を込めて、ホットチョコレートをあなたに。




michikovocal at 05:45|Permalinkclip!