過去の日記(2015年10-12月)

2015年12月30日

今年も一年ありがとうございました。

 
さてさて、2015年も押し詰まりました。 お勤めの方は昨日が仕事納め
でしたでしょうか。 私も本日でブログ納めといたします。

今年もライヴにお越しくださった皆さま、ブログを読んでくださった皆さま、
お世話になった皆さま、ありがとうございました。

新年まであと2日。 どうぞ、良い年越しをなさってください。


      ✿ ✿ ✿ ✿ ✿ ✿ ✿ ✿ ✿ ✿ ✿ ✿ ✿ ✿




michikovocal at 00:45|Permalinkclip!

2015年12月29日

つづき: Noh: Beyond Words, Beyond Borders

 
さて、一日遅れになりましたがつづきです。 ちょっと長いです。

バイリンガル能の本編では能楽喜多流シテ方の大島輝久さんと、シアター
能楽の芸術監督をしているリチャード・エマートさんがますは登場。プレトー
クとして、今回のプログラムの主旨が説明されました。毎月の職分会公演を
観にゆくと必ずお見かけする外人さんがエマートさんでした。

600年以上続く能を安易に変えることなく守り、しかも世界へ発信できる物に
することが今は求められると、大島輝久さんは言います。 そして、能の持つ
美と力は外国人にも充分に伝わると、エマートさんは話します。エマートさん
は40年以上も能の稽古を積んでおられ、能の芸術的な技は日本語でなくて
も表現できる可能性を持つと考え、シアター能楽という活動を15年に亘り続
けて来られました。 今回はそういう双方の想いが重なり、「アーツカウンシル
東京・伝統文化事業」の一環としてこの公演が行われたのでした。

エマートさんは日本語堪能で、外国人のために英語で話し、大島さんの話す
日本語を英語に訳し、自分の話は日英両方で話し、と大忙しでした。


プログラム: (日英2ヶ国語のツイッター解説が用意されていました)

 ◆仕舞 (日本語/英語の地謡で比較する)
   「敦盛」 佐々木多門 (地謡:日本語)、ジュビリス・モア (地謡:英語)
   「松風」 リチャード・エマート (地謡:日本語)、大村 定 (地謡:英語)

 ◆狂言 「しびり」
   太郎冠者: 茂山童司 (英語)  主人: 島田洋海 (日本語)

 ◆能 「黒塚」 (アイ狂言部分は英語で行なわれる)
   前シテ・里女、後シテ・鬼女: 長島 定  ワキ・祐慶: 安田 登
   ワキツレ・従者: 吉田祐一    アイ・東光坊の能力: 茂山童司
   笛: 槻宅 聡 小鼓: 田邊恭資 大鼓: 亀井広忠 太鼓: 小寺真佐人
   地謡: 狩野了一、友枝雄人、金子敬一郎、内田成信
       粟谷充雄、粟谷浩之、佐々木多門、友枝真也 
   後見: 中村邦生、高林呻二


仕舞では、詞を英語に翻訳し、地謡の節にそのままのせて謡っていました。
訳の逐一は分りませんでしたが、単に意味を訳すだけで済むものではない
と思われ、訳すだけでも大変でしょう。音節が多く、アクセントの強い英語の
言葉を、謡の節で謡うというのも難しそうです。けれども聴いていてほとんど
違和感はありませんでした。 何より、外国人だけで謡われる地謡の力強い
事、そして仕舞の上手な事にびっくりしました。 内弟子を経験している方も
いて、其々の方が稽古は20年以上続けているというからすごいですね。

大蔵流狂言方の茂山童司さんの英語での狂言「しびり」は、主人役の島田
洋海さんの日本語との掛け合いだった訳ですが、仕草と笑いのツボはどの
国にも共通したものがあるし、狂言のセリフは双方で同じ言葉を繰り返す事
が多いので、英語・日本語片方しか解らなくても No Problem です。

童司さんは狂言役者の家に生まれたというのに、師でもある父あきら氏の
考えでインターナショナル・スクールに入学させられたのだそうです。「多分、
父の策略です」とご本人は言っていました。時代を見越しておられたんでし
ょうね。そんな事で、童司さんはしっかり日・英のバイリンガルです。自分の
カンパニーを持ち、既にバイリンガル狂言や、新しい試みの演劇なども上演
しています。 トークコーナーで、「今回のプログラムのために、能 『黒塚』の
アイ狂言を英訳して覚えて来ましたが、ちょっとつっかえちゃいました(笑)」
と、落語家さんのような口調で気さくに話していました。 訳して、覚えた、と
簡単に言いますけれどね、演じながら、感情込めて、立て板に水のセリフ
です。 小さい頃からの稽古の積み重ねの上に可能になることなのでしょう。

『黒塚』のアイ狂言では、童司さんの英語に、ワキ・祐慶役の安田 登さんも
英語で相対していたのにも驚きました。 才能プラス努力の人が目白押しの
芸能の世界... なんの違和感も無く見ていました。後で思うとその場面は
シェークスピア劇のようでありました。

ツイッター解説を使っている外人さんはあまりいなかったようですが、狂言も
能も(黒塚は能としては珍しく笑える場面があります)、解り易い演目を選ん
でいたとは言え、滑稽な場面では間髪入れず笑いがはじけていました。

アフタートークで、大島輝久さんが 「私、今回初めて見たんですが、どれも
全然違和感がありませんでした。それと外国の方の仕舞が大変お上手で、
と言う言い方は失礼かもしれませんが、ほんとに素晴らしくて驚きました」と
言っていました。そうか、輝久さんにもこういう企画は初めてだったんですね。
それと、ほんとうにきちんとしたお上手な仕舞でした。

最後に、能楽シアターの外国人出演者5人の紹介がエマートさんからあり、
メンバーだけで英語版地謡での仕舞があり、全プログラムが終了しました。

日本の伝統文化は特異だから、外国人には理解できないと考えがちですが
日本のものだけ特別と考えるのはある意味おごりですね。 バレエだろうが、
シェークスピアだろうが、オペラだろうが、日本人もあちこちで大勢活躍して
いるし、昨今では日本人以上に日本を知る外国人は珍しくない。 難しくても
興味と情熱を持つ人は知識も感覚も乗り越えて行く。鑑賞するだけに留まる
としても興味があれば、全く理解できないということはないのだと思う。 私も
英語でジャズなんか歌っちゃってる訳だし。

変わったプログラムでしたが、レベルの高い舞台でした。大変に面白かった
です。


michikovocal at 16:30|Permalinkclip!

2015年12月28日

Noh: Beyond Words, Beyond Borders

      能 − ことばを超えて、世界へむけて 


0c2d11c7.jpg  11月末に、いつもとは違うお能を
  観たので、遅ればせながら。

  バイリンガル能?? よく解らない
  けれど、面白いかも、とチケットを
  買いました。 「能」を外国人に紹介
  するプログラムだろうから、演目の
  解説が英語で行われるとか、イヤ
  ホンで英語の同時通訳を聞きつつ
  舞台を見るとか、そんなようなもの
  かと想像しました。

  いつもどおり着物を着てゆきました。
  外国人向けの体験コーナーがある
  と、チラシに但し書きがあったので
  開演の2時間前に到着しました。

 ◆笛・小鼓・大鼓・太鼓にさわって音を出してみましょう ◆装束をつけてみましょう
 ◆面をかけてみましょう、と3つのコーナーが準備されていて、既にかなりの数の
 外人さんが体験中でした。

35042473.jpg  日本人でも、能の稽古をしている
  人でも、触ったり身に付けたりは
  なかなかできない品です。羨まし
  い光景です。

  面は8つも出ていて、好きな物を
  かけてもらっていました。

  面をかけると視野がとても狭くなる
  そうです。どんなふうに見えるのか
  私も体験させて欲しい〜とワナワナ
  しつつ、年配の品の良いおば様に
  見えるよう、にこやかな顔で我慢
  しておりました。 ううう...

楽器コーナーからはポンポン、テンテン、ピュー、パツ、と楽しい音が聞こえます。

  a54628ff.jpg
男役・女役の装束が用意され着付けコーナーは大人気。若いお嬢さん、嬉しそう。

4da4ddeb.jpg  緋の大口袴に長絹を着けたところ。
  この後、鬘帯を額にかけて、後ろで
  結んでもらっていました。

526a2ddb.jpg

着付けを担当していたのは私の大好きな佐々木多門さま。 う.う.う.羨ましい。

指を咥えて(はいないけど)見ている私の横にスーツ姿の外国人女性がいらした
ので、しばらく話をしました。東京にお住いですかと訊くと、アメリカから来たのだ
そう。 ご旅行ですか?とうかがうと、このプログラムのために来ましたとの返事。

「着付けをしている彼の大ファンなのでジェラシーを感じます」と私が冗談を言うと
「あなたもやってもらいなさい」と勧めてくれる。いえ、外国人の為の体験コーナー
ですから、と心の中とは裏はら、あくまでも澄ましている私でした。

会話が弾み、「今は何を稽古していますか?」と訊かれたので「八島」と答えると、
彼女は即座に日本語で「今日の修羅の敵(かたき)は誰そ。。。」と謡ってみせた
のでビックリ。話をするうち、彼女は米国で20年以上も稽古をしており、この日の
舞台に仕舞で出演するジュビリスさんという方だと判明しました。

・・・・・・・・・・

話が長くなったので(夜も更けたし)この辺で。明日また続きを書きます。興味が
あったら読んでくださいませ。


michikovocal at 01:15|Permalinkclip!

2015年12月24日

ほぼ40年前のセーターを今また着ています

 
仕事で初めてニューヨークに行った時、五番街のブルックスブラザーズで
買ったセーター。 トラッド物の有名店でこんな可愛い物も売っていました。
値段は覚えていないけれど20代の私にはかなり清水の舞台だった。

917205cd.jpg  一番小さいサイズを試着したが少し
  大きかった。ディスプレイされている
  物の方がサイズが小さいように思え
  たので、あれを試着させてと頼んだ
  時の店員さんの返事。。。

  「販売担当の私には、ディスプレイの
  担当者がした仕事にさわる権限がな
  いので、あれは試着できません。」

  それぞれの役割の線引きがキッチリ
  決まっていて、人の職務を侵害しては
  いけないらしかった。売れた方が店の
  ためじゃないかと思ったが、品の良い
  スーツ姿の店員はにべも無かった。

仕方なく、その少し大きい物を泣く泣く買った。 そうではないのだろうけれど
東洋人だから冷たくされたような気がした。 こういうのもカルチャーショックの
うちかしらね。 ほろ苦い買い物の思い出。

帰国してから、長すぎる袖だけでも短くしようと毛糸をほどいて編み直しまし
た。 それで愛着が湧いて溜飲が下がり、ずい分とよく着ました。

  af236f95.jpg赤いテープが可愛すぎる年齢になっ
  てから何度も処分しようとしてできず、
  今年とうとうテープを付け替えて再び
  活躍中です。

  フリースなんかの方が軽くて、ずっと
  暖かいのだけれどね。 今年の冬は
  今のところ暖かいので、風さえ無け
  れば近所の買物などはこれで充分。

  赤いテープはとってある。一応長命の
  予定なので、80過ぎたらまた赤い方
  に付け替えて着るのもいいかも。

  誰に迷惑かけるじゃなし。

michikovocal at 22:32|Permalinkclip!

2015年12月21日

16日(水) 麹町パコで今年のラストライヴでした

 
ベース・加藤真一さんと2人っきりライヴ、今年から始めた新プロジェクトの
3回目でした。 歌を習い始めた頃、ヴォーカルとベースのデュオというのを
何度か聴いて唖然。 曲の一部分だけとか、一曲だけをベースでという事は
あっても、ベースとだけで一晩なんて私には到底無理と思いました。 でも、
心のどこかに引っ掛っていたんでしょうね。 あれから幾星霜... 

写真をたくさん頂いたので、2015年の締めくくりで一挙掲載いたします!

  cd390306.jpg
色々を楽しんでやっています。が、全然慣れません。未だに音を捕まえるのが
難しい。ピアノやギターに比べて何ともベースは奥ゆかしい。なのに、しっかり
捕まえて歌えた時は、なんて野太くて頼りがいがあるの!と思うから不思議。

  fada42f9.jpg
これはエンディングの最後をベースが決めた瞬間ですね、きっと。
無事に歌い終えた時はこんなふうな顔ですましていられるんですけれど。。。

  ba218adc.jpg
疑心暗鬼になった時はこんな風な顔になってるんですね。イントロからの歌い
出しで、最初の音をどこで捕えられるのか自分で予想がつかない。 目の端に
トンボが見えた瞬間に網を掛けるような感じ。歌い出さない事には始まらない。

  575e82e7.jpg
曲途中の転調部で音が浮いたり、フェイクで思わぬ音を歌う自分に驚いたり...

  3a33eb9c.jpg
お客様と真一さんは面白がる、私は萎れてため息をつく、の図です。 ピアノと
ならコードの動きから引き出せる音も、自分でコードチェンジを歌っていないと
サビの部分で迷子になることを発見。楽器任せにして気を抜いてはいけない。

  d77e18e0.jpg
セカンドセットで気を取り直すべく赤い巻物を。 闘牛の牛でもあるまいけれど。

  820ea007.jpg
セット途中でベースのソロを。ベーシストの友達2人、乗り出して聴いてました。
前々回・前回は5弦ベースでしたが、今回は大きなベースでとお願いしました。
ボディを詰めた5弦ベースは音が明るい。年代物の大きなベースは超深い音。

  95d55edf.jpg
高い声で気張ると顔が壊れます。顔で声が出る訳ではない。課題の一つです。

  4ae17a83.jpg
パコでは天使が通り過ぎる瞬間があるらしい。天井付近の同じ位置に視線が。
志賀さんとの7月ライヴでも似た場面があったんですよ。

  7b2a2d1e.jpg
セカンドセット、無事に歌い終えたと安心した後のアンコールで、大事故が。
そういえば、前回もアンコールで同じような事故を起こしておりましたっけ。

  76757640.jpg
自分なりに、改善されていると思える部分あり。 弱い部分に気付く事あり。
ベースとのデュオでなければ気付かない事というのが、まだ沢山ありそう。

  81d2476e.jpg

JOYさん、大ちゃん先生、ご隠居とお友達、佇露、PP&M・FCのベーシスト
荒牧さんとサミー、写真をいつも撮ってくれるKOMさん、伴侶も、2015年の
最後のマニアックなライヴを聴いて下さって誠にありがとうございました。

ベースとのデュオ 来年も懲りずに続行致します。 次回は3月2日(水)です。

さて、2016年のライブもパコからです。ギターの志賀由美子さんとのデュオで
1月6日(水)に歌い初めます。 皆さま、来年もどうぞよろしく。

michikovocal at 22:44|Permalinkclip!

2015年12月19日

機嫌よい顔のお手本ですな

 
先日、ゴミ袋から生還して我が家の一員になったドラえもん君です。

   2c38f782.jpg
陶芸のお仲間からクリスマスのソックスを貰ったので、色合いもピッタリ
赤い椅子の上で記念撮影してみました。 ドラえもんて、口角がキュっと
上っていつも機嫌の良い顔ね。 この顔で毎日テーブルの向うから見つ
めていて、しばしば目が合います。


michikovocal at 11:47|Permalinkclip!

2015年12月18日

今年のライヴを納めました

 
16日(水)麹町パコでのベースとのデュオで2015年のライヴ納めをしました。

いつも私のライヴを聴いて下さる方達とベースファンの(というよりは加藤さんの
ベースが好きな)友人達が来てくれて、緊張しつつ楽しく歌いました。 KOMさん
に写真を撮っていただいたので、写真が届いたら改めてリポートいたしますね。

      * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

陶芸教室は今日が納めの日でした。 とりあえずキリよく下絵付けまで全部終了。
湯呑み、蕎麦猪口、どちらにも使えそうでしょ。 三つ共、徳呉須という同じ青色で
違う模様を描きました。 少々オーソドックス過ぎか? でも使いがっては良さそう。

  157c7a88.jpg

天気が良かったので張り切って自転車で行ったのですが、陽の落ちた帰り道は
自転車ではさすがに寒かったです。頑張ってそのまま森下町へ廻って、年末の
福引をしてきました。2回のうち1つは残念賞のポテトチップ、もう1つはお弁当の
引換券が当たったので鮪の漬け丼にして貰い、先ほど目出度く夕飯でお腹に収
まりました。

2015年が暮れて行く実感がだんだん湧いて来ました。今週末は納めのお能を
観に行って、月曜は歌のレッスン納め、24日はお能の稽古納めです。


michikovocal at 22:30|Permalinkclip!

2015年12月14日

16日(水)は 麹町パコで シンプルデュオ!


麹町のパコで、加藤真一さんベースとのデュオの3回目です。シンプル
過ぎて???と思う方もいらっしゃるでしょうと思いますが。。。 

 7e765c6d.jpg
これは前回の写真です、楽しくやってます。 私の今年最後のライヴです。
聴きにいらしてね〜!
お待ちしております。 麹町パコ、良いお店ですよ!

    ◆12月16日(水) 19:30〜 (2セット)
    麹町 PACO  Tel: 03-3221-1780
    千代田区平河町1−6−11エクシール平河町102 
    畑 路子(vo)、 加藤 真一(b)
    MC: 2,100円


michikovocal at 11:39|Permalinkclip!

2015年12月13日

昨日12日、横浜アドリブでライヴでした

 
思ったよりも暖かい夜でした。関内駅の周辺は飲む場所がたくさんある
のでたいがい賑わっています。忘年会らしき若い人達もいましたが常の
土曜より少し賑やかという程度だったような。最近は家飲みや、飲まない
人も増えてるらしいから、師走の街へ繰り出す人が減っているのかも。

 9b14e650.jpg

さて アドリブの階段を昇ってまず顔を見せてくれたのは若様、嶋津さんの
生徒さん達も来てくれました。そして前回もふらりといらした年配の男性が
今回も聴きに来てくれました。その後、伴侶もおっつけ到着。 フィギアスケ
ートのグランプリファイナル女子のテレビがある夜だったのにね、皆様来て
下さってありがとう。

12月ですから数あるクリスマスソングのうち、たいがいはThe Christmas
Song と Have Yourself A Merry Little Christmas を歌うのですが、
今年は両方共キーを下げて歌いました。他にもキーを下げて準備した曲が
あったのですが、それは下げずに歌った方が声が立つようだったので変え
ないことにしました。年と共に声も変って行くので、キーは大事。嶋津さんの
ピアノで楽しく17曲を歌いました。

スタートが早めの6時30分でしたので 11時少し過ぎには家に帰り着いて、
ちょっとビックリでした。


michikovocal at 23:41|Permalinkclip!

2015年12月11日

明日(土曜)は横浜でライヴです

 
今朝、ブラインドを開けたら窓の外の世界全部が深い靄に包まれている
ように見えた。 空気全部が曇りガラスになったみたいな不思議な感じ。

どういうこと?と思って二重窓の外側もガラリと開けて見たら、外は良い
天気の青空!今朝までの雨の湿り気で窓ガラス一面に針の先のような
細かい水滴がぴっしりと付いていたのでした。その水滴に光が反射屈折
して、景色は全く見えないというのに部屋の中が明るくて幻想的でした。

ベランダに出たら南からの風に乗って雲がどんどん飛んでゆく。 今日は
暖かそうですね。

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、明日(土曜)は横浜関内駅からほど近い「アドリブ」でライヴです。
嶋津健一さんのピアノとのデュオです。クリスマスソングも歌うつもりです。

新聞で見ると明日は東京も横浜も「くもり時々晴れ」らしい。でも、気温は
今日よりも低そうです。 夜6時30分からのライヴ。寒い中をどうぞお越し
下さいと言うのも気が引けますが、お時間あったら聴きにいらして下さい。

このところ、夜な夜な譜面を書き直したりしています。曲によってはキーを
少し下げた方がよいかもしれないので。

40c87f0b.jpg40c87f0b.jpg



2015年12月05日

夜は寒いですけれど。。。ぜひよろしく!

 
今度の土曜の横浜アドリブはピアノの嶋津さんとデュオ。 そして、その次の週の
水曜は麹町パコで加藤真一さんベースとデュオ。冬の夜のシンプルなライヴ2つ。

 21434e22.jpg

   今年のシメのライヴとなります、どうぞ聴きにいらしてください。



michikovocal at 23:21|Permalinkclip!

2015年12月01日

12月だ!!

 
今年もここまで来てしまった!と、去年と同じことを言っています。 去年よりも
今年の方が更にまた早く月日が過ぎたように思う。これから先は毎年どんどん
月日の過ぎるのが加速して行くのだろう。 どうにも敵いませんが、詮無いね。

それはそれとして。。。 Beatles のシングルヒットのベスト盤「Beatles 1」が
出るという広告が新聞に出た時に、DVD付きだと言うし、音源が最新の技術で
ミックスされていると言うし、買うべきかどうか考えて、そのうちに忘れた。

忘れた事も忘れた先日、伴侶が買って来た。 ふーむ、Beatles に興味のある
人だったのか。 私はこのところ曲を覚えようと思って昼間にPP&Mを聴く事が
あり、余談ですが、下の写真をスマホで撮ったのを思い出しました。

  8ed80171.jpg
ライヴハウスの壁に掛かった額を撮ったので硝子の反射で少々ぼやけてしまい
ました。 後ろ左はエド・サリバンね。 右の2つのサインは多分 PeterとPaul の。

話を戻しまして、そんな訳でここ数夜、Beatles 1 とクリスマス・ソングが流れて
います。 クリスマスの方はシナトラ、ナット・コール、はたまたロッド・スチュアート
など。その合間に脈絡なくBirgit Nilssonのトリスタンとイゾルデが挟まったりも
致します。只今は Love Notes のDVDで井上真紀ちゃんがThe Christmas
Songを歌ってます。 全てはマメな伴侶による気の向くままのセレクション。

これからはクリスマスに向かって 「素晴らしき哉、人生!」、「34丁目の奇跡」が
繰り返し放映となり、「私をスキーに連れてって」で年末カウントダウンに突入する
のが伴侶の年末ルーティン。 おっと!今、「白い恋人たち」 が突然上映開始。

よい気持ちで最後の一ヶ月を過ごしませう。


michikovocal at 22:58|Permalinkclip!

2015年11月27日

11月17日(火) 代々木ナルでライヴでした

 
先回に続きピアノは八木隆幸さん。 そしてベースは岸徹至(てつゆき)さんでした。

 227bb87b.jpg
弾く人でピアノって違うものだと吃驚したのは随分前のこと。他のどの楽器も演奏
する人で変わるとだんだんに判ってきました。 岸さんのベース、存在感たっぷり。

   6793c8a0.jpg
この日はいつも聴いて下さる方の他にも、思わぬ方や知らない方が随分来てくださ
いました。ご友人を誘って来て下さった方も。中学・高校一緒だった同級生も来てく
れましたが、髭のせいでしげしげと顔を見るまで誰だか判らなかった。前回もすぐに
は判らなかった、吉郎君ごめん。 男子は髭があると立派になって変わりますね。

e42d51f5.jpg 歌詞を変えると喜んでくれる方が
 いらしていて、逐一ウケました。
 歌詞をよく知ってらっしゃる。

 同じ曲でも色んな面で少しづつ
 変えて歌うように試みている
 この頃です。

 少しづつでも変わって聴こえて
 いるかなあ。 

             6bf9ca91.jpg

セット始めの演奏をピアノの後ろから見ていて八木さんの左手の使い方が面白い
なと思いました。綺麗な単音が良いタイミングでメロディを引き立てて鳴ります。
    81736b5e.jpg

弓弾きで、と曲の途中で囁いたら、素晴らしいソロを聴かせてくれた岸さん。最後の
セットではエレキベースも演奏してお客様を楽しませてくれました。 面白かった!
    a9de7d37.jpg

終演後はいつも集合写真を撮ってもらいます。一度消した明りをすかさず点けてくれる
んです。スタッフの女性が優しい。 この日、忘れ物をした私を追いかけて、小雨の中を
走って来て「あぁ、良かった間に合った!」 なんと譜面を全部置いて来ていた。有難う。

   54f2c099.jpg

皆様、たくさんのご来場ありがとうございました。 次回の代ナルは1月25日(月)です。


michikovocal at 22:24|Permalinkclip!

2015年11月26日

国立 「はっぽん」で、カボションズ!

 
祝日の23日、国立「はっぽん」でカボションズの演奏をしてきました。

 116591fe.jpg
Brothers Fourのカバーバンド、「アラハッツ」さんとのジョイント・ライヴ。
それそれのバンドのお客様大勢にお越しいただき早々に満席となりました。

 d968f4b5.jpg
カボションズは、前回北九州と同じ阿左美氏(ベース)を迎えて、アンコールも
いただき、シングアウトまで15曲を歌いました。 当日の演奏をYou-tubeに
UPしていただきました。 こちらをクリックして お聴きください。

皆さま、賑々しくのご来場、誠にありがとうございました。

michikovocal at 18:01|Permalinkclip!

2015年11月23日

12月スケジュールに少々間違いが!

 a31ddb8f.jpg
麹町パコでのベースとのデュオ・ライブの日付を、12月17日と記載していた時期が
一時ありました。 その後、12月16日と訂正致しましたが、今度は曜日を間違えて
おりました。 以下が正しい日程です。 お詫びして訂正いたします。

12月16日(水) 19:30〜 (2セット)
麹町 PACO  Tel: 03-3221-1780
千代田区平河町1−6−11エクシール平河町102 
畑 路子(vo)、 加藤 真一(b)


尚、12月12日(土)横浜・関内アドリブでのライヴの記載には間違いはありませんが、
こちらのライヴは開始時間が午後6時半と、普段より早めにスタートいたします。

どちらのライヴもどうぞよろしくお願い致します。



michikovocal at 21:07|Permalinkclip!