2007年03月15日

不審電話

妹んちに不審電話が頻繁にかかり 頭に来てるらし〜
「もしもし、○○くん居ますかぁ」
と、出だしはいつも同じで息子の名前を言う。
「学校で友達でぇ〜どうしてるかなって…」
息子の友人やら同級生やらの名前がインプットされてる親には通じないんだよ、こんな台詞…。
今 いない 仕事だって答えると
「何時ごろ帰りますかぁ」と、聞きかえすと、友人知人じゃないのがばれる。
親元 離れ暮らしてるって、友人知人は衆知の事。
あんたらより確実に年上で 智恵も働く主婦を甘く見たらいかんぜょ。
逆襲開始!
「学校言うたら…中学の友達ね〜?あんたみたいな友達の名前聞いた事なかけど」
たりめえだ! こっちゃ全校生徒の名前言える位の小さい学校で…高校だって 狭い小さな高校だって〜んだ!
「中学やなくて、工業高校に友達がいて…その友達通じて友達になって…」と、段々怪しくなる。
「工業?どこの工業?こっちの中学から工業に行った奴は、たった一人!そのこはすぐに 退学して、うちの息子とは口も聞いた事なかよ〜」
もう 相手は完璧に負けてる
「いえ…違う工業です」と、とてつもなく掛け離れた土地の学校を言い、…「とにかく連絡取りたいから携帯教えて下さい」と…
「息子の友達なら携帯知ってるのが常識やろ! 親に聞くより友達の友達に聞け!」
と、まぁ…こんな電話が…。女の子だったり男の子だったり…。

以前 我が家にもかなり かかって来たもんだから、その対処は大道寺の関係者は万全ょ!
大道寺の家の娘らは…一流の大学…誰もが驚く東大を順調に卒業しキャリア官僚の職についたが、縁があり 一流商社マンと結婚し ニューヨーク支店の旦那について今 日本にはいない。
と…答えた事もある。
電話番号教えてくれと 敵も言うから… ダイレクトメール(これも怪しい海外宝くじのやつ)に印字されてる、海外のどこだか知らん番号を読み上げ、「まず…国際ナンバーを入れるとアメリカの局が出て英語の案内がペラペラ言うけど、それが終わったら、この番号入れてね…。…今、ニューヨークは真夜中やけん、時差を調べてから電話してね。電話料金高いから私もだいぶ話してないから、あなたからよろしく言っといてね」
と…
国内だと 通販のお客様相談窓口とか… 消費者生活相談とか… 週刊誌の裏なんかにある怪しげな開運グッズのお店の電話とか教えてあげるのもイイかも。
「オレオレ詐欺も頭打ちやし ネズミ講やらマルチやら…いろんな名簿が漏れだして、いろんな電話がかかる昨今。気をつけてね〜みなさん
うかつかに 情報の上乗せに乗らないように

「儲け話しです」の電話なら…金には困ってない と答えましょう。敵は言います。「運用しましょうよ」
「これ以上お金いりませんもの、それほど儲かるなら貴方…貴方頑張って儲けなさいまし、よろしかったら…紹介しましょうか?」
たいてい 着いて来ません。
家のメンテには「借家」と…。
健康食品には「医者」です。消費者相談の役員とか なんとか…
ダイエット下着だなんて…私は痩せて まだ 30代に見えると…
どっちが詐欺だがわからん!


[11:55]│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔